石鹸を置いていただいているお店が増えました。

昨日の夜アップした、ヘンプシードオイルの石鹸
たくさんの方からご注文いただいております!
本当にありがとうございます。
今回の石鹸はモニターに参加してくださった方からも、『泡立ちもいいし、溶け崩れもしにくくて使いやすいです。使った後の肌の調子もいい!!』と感想を頂いています。
私も個人的に、今回の石鹸は本当にいいな…と思っています。
そして定番石鹸の仲間入りをさせたい!とも。
よかったらお試しください★
また石鹸を扱っていただけるお店がひとつ増えました。
ブログでも何度か紹介している、北見の香遊生活さんです。

北見はかつてハッカの世界最大(!)の生産地だった場所。
空気もとても澄んでいて、お水キレイな場所。
そんな北見で無農薬・無化学肥料によるオーガニックハーブを栽培している香遊生活さん。
最初、北海道でオーガニックのハーブを栽培している場所はないの?と検索をしたのが、香遊生活さんを知ったきっかけでした。
それから去年の9月に北見までお会いしに行って。
本当に素敵な出会いだったと思っています。
ブログでも何ども熱く語っていますが、コチラのハーブティーを飲むと、他のハーブティーが飲めないくらいおいしい!!
(コチラのお茶の事を語らせたら熱いワタシなのです…(笑))
北見のお店も木の香りが漂う素敵な場所です。
北見まで行かれる際はぜひ行ってみてください。
スタッフの方も優しい方たちばかりです!


初めての教室。


キレイに晴れた昨日の土曜日。
初めてのハンドクリーム教室を開きました。
場所はBCSさん
今までお友達に教えたことはあったのだけど、
きちんと『教室』を開くのは初めて。
今回の生徒さんは、WEBのお客さんとBCSさんのお客さん5名の皆さん。
普段インターネットを通してやり取りだったので、
初めてお会いする皆さんとちゃんとお話できるかな?と朝から緊張、緊張!!
そしてハンドクリームの手順のイメージトレーニング。む〜★
開始時間の14時。
最初は自己紹介から。
私がとっても緊張していたの、気付かれたでしょうか??
でもスタートしてしまうと不思議なくらい、するっと緊張が解けて、あとは本当に愉しい時間を過ごすことができました。
今回は材料をオイルはアボガド・ホホバ・スイートアーモンド・オリーブの4種類、ミツロウも精製のものと未精製のもの、そしてエッセンシャルオイルも10種類ほど用意して、皆さんとお話しながらそれぞれにあったものを作っていきました。
完成した6種類のハンドクリームはひとつひとつ違った、まさに世界でひとつだけのクリーム。
どれもいい香り!
皆さんでそれぞれの香りを交換してワイワイ。
1時間半が本当にあっという間でした。
参加してくださった皆さん、本当に愉しい時間をありがとうございます!
これからもこういったお教室をやっていきたいな〜と思います。
充実した週末でした♪
さて、写真は金曜日の製作風景。
8月の石鹸の試作を行っています。
新しい石鹸を販売する前には何度も試作を繰り返して。
写真は石鹸の色味をみているところ。
小さい頃の図工の時間を思い出して面白いのです。

初めての教室。 の続きを読む


気持ちのいい1日。

札幌の5月の風景。ライラック。
ここ数日、札幌は本当に気持ちのいい日が続いています。
自転車に乗りながら、
ふんふん〜♪と鼻歌を歌いそうになってしまう。
車から自転車に乗り換えると、いろんなことに気付くから面白い。
車だとあっという間に通り過ぎちゃうのに。
自転車だと季節を感じられていいなぁ。
札幌は今、ライラックが満開。
藤色のキレイな花が咲いています。
自転車をキキっと停めて写真をパチリ。
さて、私の1日の自転車移動距離。
最近10キロ。
いい運動じゃない!
広島の風景印。ステキっ!
そうそう、それから。
先日おぉっ!と思う素敵な手紙を頂いた。
広島から。
消印のところに、『風景印』が。
風景印というのは消印の代わりに、
その場所を象徴するスタンプが押されたもの。
広島は原爆ドーム。
…札幌は?とまたまた自転車を走らせて郵便局へ。
窓口で聞いてみると、
時計台とテレビ塔のスタンプだった。
これまた、素敵。
今度手紙を出しに行くときは、私も風景印を活用しようっと。
みなさんの住んでいる場所の風景印はどういうのでしょう??

気持ちのいい1日。 の続きを読む


ヘンプシードオイルの石鹸。

ヘンプシードオイルの石鹸
ヘンプシードオイルを使った石鹸を作りました。
ヘンプシードオイルというオイルがあることを知ったのは、
香遊生活さんとお話をしていて。
ヘンプ=大麻。
…ちょっと怖いイメージがあったのです。
でもお話を伺っていると、ヘンプは化学肥料や農薬を大量に使わなくても
きちんと成長していく植物だということ。
森林伐採問題や砂漠緑化の解決策として注目されている
LOHASな素材だということを教えてもらいました。
茎からはしっかりした繊維が取れるし(珈琲の入っている麻袋!)、
種は七味唐辛子にも入っている。
な〜んだ、意外に身近な素材。
ヘンプシードオイルにはアミノ酸のリノール酸、αリノレン酸、
またアトピーに有効とされるγリノレン酸がバランス良く含まれています。
肌表面の水分を保ち、うるおいバリアを強化してくれる頼もしいオイル。
また肌や髪にすばやく浸透する保湿力の高い美容成分として
注目されている成分でもあるのです。
完成した石鹸は清潔感のある色。
そして香りも今回はエッセンシャルオイルを一切使用していないのですが、
素材そのものの爽やかな香りがします。
つるん!とした洗いあがりの気持ちのいい石鹸が出来ました!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6月限定石鹸第1弾、ヘンプシードオイルの石鹸は
5月29日pm9:00より受付開始いたします★

ヘンプシードオイルの石鹸。 の続きを読む


オーガニックコットンって?

前回の記事でオーガニックコットンを使った
オリジナルタオルの販売のお知らせをしました。
メールなどで思いのほか、多くの方から興味を持ったとのご連絡をいただきました!
その一方で・・・
そもそもオーガニックコットンってどういうもの?
と、思った方も多いのでは?
そこで、今日はそんな方のためにオーガニックコットンについて詳しく書きますね。

★オーガニックコットン(無農薬栽培の綿)とは、


■3年以上農薬や化学肥料を使用していない土壌で栽培し
■雑草管理は手で抜き取ったり、被覆作物を植えて行い
■害虫駆除にはてんとう虫などの益虫にお願いして
■堆肥や天然肥料などで土壌に栄養を与え

ながら大切に育てられた綿のことをいいます。

★製造工程にもこだわり

収穫したコットンを製品にする際も、
製造全工程を通じて化学薬品ではなく天然の物質が使われています。
例えば染色剤の代わりに果物のジュース、化学ワックスの代わりにミツロウなど。
だからとっても地球に優しい素材であること。
そして同時に使用する私たちにもとても優しいのです。

★化学薬品を一切使用しない

通常、綿を栽培するときは、多くの化学薬剤が使われています。
種を虫から守るため、除草のため、化学肥料、そして収穫のときにコットンボールに葉が混ざらないよう枯葉剤を使用しています。
その量は、地上の1%の面積の綿畑で、
全殺虫剤消費量の25%が使用されているといわれるほど。
それに対して、オーガニックコットンは農薬を使用せず、
人の手そしていい虫の力を借りて、コットンを育てているのです。

★1枚1枚違う顔。

従来のコットン製品は、
同じ形、同じ色、そして大量に安く作るという目的にしてきました。
本来は不ぞろいであるはずの自然の材料に、
多くの化学処理工程によって一定の規格製品に仕上げてきたのです。
オーガニックコットンタオルはそういった処理を一切していません。
タオル1枚をとっても、少しずつ色や風合いが違うかもしれない。
でも「何も足さない、何も引かない」ありのままの姿のタオルもいいのでは…と思うのです。
世界にひとつしかないonly oneのタオル、それも素敵だな、と思います★
ぜひいちどお試しください。
今月末、入荷予定です。