アスペンホテルのアメニティに…

アスペンホテルのお部屋
札幌駅から歩いて数分。
札幌アスペンホテル』というホテルがあります。
お部屋のアメニティとしてSavon de Siestaの石鹸が置いていただけることになりました。
今回アメニティのお話を頂いてから、何回もホテルの方とお話を重ねてきました。
打ち合わせの中で、ホテルの名前になっている「アスペン」がポプラの仲間の木で、
ホテル全体にたくさんの木を使用していること。
「シマフクロウ」のモチーフが館内に飾られているワケは、
アイヌ民族に守り神として愛されてきたシマフクロウを通して、お客様に『安心と安全』をお届けしたいというホテルの想いなど色々教えていただきました。
シマフクロウ
フロントの後ろにもシマフクロウが…
そんなホテルの方とのお話から、今回下記の石鹸をアメニティとしてご用意させていただきました。
 ・モミの木の石鹸 (美肌の素として、ロシアの女性に愛されるモミオイル配合)
 ・サボン・デ・ピノ (肌の透明感をアップさせる炭をプラス)
どちらも北海道下川町から取れた素材を使用しています。
また森林保全のため毎年寄付をしている石鹸でもあるので、
シマフクロウが住める森を一緒に守っていけるかなぁ…とも思ったのです。
Savon de Siestaの石鹸がアメニティとして用意されているプランはコチラです。
実は。
私も1泊ホテルへ泊まってきました。
札幌に住んでいて、札幌のホテルに泊まる…
ちょっと不思議な感じだったけれど、新しい札幌の魅力を発見するきっかけになりました★
そちらは明日。
書こうと思っています。


久しぶりの札幌

昨日の夜、札幌に帰ってきました。
何日ぶりかな〜と手帳を見ながら数えてみたら、なんと20日ぶりの帰札!!
こんなに札幌を離れていたのは久しぶり。
札幌を出るときは、まだ夏だったこの街。
帰ってきたら、すっかり秋のニオイのする街へと移り変わっていました。
真夏の格好で、札幌駅に降り立つわたし…ちょっと浮いていました〜(笑)
さぁ。
明日から札幌で色々とやりたいことが山ほど。
がんばりまっす!!
ラクダ
展示会のあと、お休みをとって行った「市原ぞうの国」。
ラクダがなんとも可愛かったのです。
もちろんゾウさんも!


ありがとうございました!


日曜日で、9日間の展示会が終わりました。
札幌からたくさん持ってきた石鹸も、最後は10個を残すのみに。
本当にたくさんの方が、Savon de Siestaの石鹸を手にとって下さったんだな…
と最後の片づけをしていて、しみじみそう思いました。
本当にありがとうございました!!
この9日間は、毎日お客様とお話をして、心から楽しかった日々。
終わってしまうのがちょっと寂しい気もしますが、
また次の新しいステップに向けてがんばります!!

暑い中足を運んでくださった皆様。
素敵な展示会の機会をくださったShingosterLIVINGさん。
札幌のスタッフのみんな。
そして、毎日展示会が終わって帰宅した後、美味しいご飯を作って待っていてくれた両親へ。
たくさんの感謝の気持ちを込めて。
「ありがとうございました!!」


ラスト2日です。


今回の展示会の限定石鹸「オホーツクの塩と海藻の石鹸」。
通常の半分くらいのサイズの石鹸を、井上陽子さんのペーパーで包みディスプレイ用で飾っています。
これが…かなりカワイイ。
いらしてくださるお客様にも「これは売っていないんですか?」と質問されることが多いのです。
あと、展示会も残り2日ですが、この小さなブロックのような石鹸。
ちょっと目に留めていただけたら嬉しいです♪
コラージュの良さが、すごーく分かる包みになっています。
オホーツクの石鹸も、予約を承っているので、ぜひお気軽に声をかけてくださいね。
そして、昨日札幌から届いたアズキ石鹸
即日完売になりました。
ありがとうございます!!
本当はもっとご用意したかったのですが、web shopでも完売のように、アズキ石鹸の人気がすごくて、札幌にも在庫がないのです(涙)
石鹸の残りも少なくなってきましたが、ひんやりハッカの石鹸など、夏向きの石鹸もまだあります。
ぜひこの週末、シンゴスターリビングさんまでお越しください。
お待ちしております!!
それでは・・・いってきまーす!
(昨日の夜からブログの調子が悪くて、デザインを少し変えました。
きちんと表示されていますか?ちょっと心配…)


3年間ありがとうございます。

実は昨日はSavon de Siestaをスタートさせて3年が経った日でした。
あっという間に駆け抜けたような3年。
実際、1年目・2年目はその日を意識することなく、過ぎていました。
でも3年目は。
ひと月前くらいから頭の片隅でその日を意識していました。
始めたばかりの頃の日記を読み返したり、今までに作ってきた石鹸を思い出したり。
そして、心に浮かび上がってきたのは「アリガトウ」という言葉。
シエスタの石鹸を愛用してくださっているお客様。
いつも頑張ってくれているスタッフ。
そして支え続けてくれている家族や友達。
たくさんの方へ「アリガトウ」という気持ちを伝えたいのです。
本当にありがとうございます。
あまり書いたことがなかったのですが、
Savon de Siestaを始めようとおもったきっかけのこと。
ひとつは、お肌に優しくて、安心して使っていた頂ける石鹸をお届けしたいという気持ち。
それからもうひとつは、私自身の経験から。
製薬会社に勤めていた頃、とても忙しい日々を送っていました。
朝早く家を出て、終電がなくなるまで仕事をして。
もちろん仕事は楽しかったけれど、すごーく疲れていました。
そんなとき、気持ちを和らげてくれたのが、たった1個の自分で作った石鹸。
泡をたくさん立てて、顔を洗って、フーっと深い深呼吸をする。
それだけのことなのに、気持ちがオンからオフに切り替わるのです。
お届けするのは石鹸。
でもそれが使ってくださるひとりひとりの方にとって、リラックスだったりリフレッシュだったり、
気持ちを優しくするものになりますように…
そんな思いも込めてスタートしたのがSavon de Siesta。
これからも、その最初の気持ちも忘れずに石鹸を作り続けていきたいと思います。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
そして。
3年間のありがとうの気持ちを込めて、作りたいと思っている石鹸があります。
たぶん、お届けできるのはもう少し先(秋から冬くらい?)になると思いますが、
楽しみにしていてください。