旅するもみじ市、ありがとうーー!!

週末の「旅するもみじ市in北海道」、無事に終わりを迎えました。
全力で走りきったような2日間。
1日おいて、ようやく気持ちも落ち着き、こうして日記を書くことができています。
いらしてくださったみなさん、ありがとうございました!!
2日間とも、いいお天気に恵まれて、
11時のオープン前から並んでくださる方もたくさん。
cholonさんの店内で自己紹介を兼ねたミーティングをしながら、外の様子をちらちら見ては、心臓が期待と緊張でバクバク(笑)
(写真もきちんと撮れていない位緊張していたみたいです。てぶれ写真ばかりで(汗))
2日間ともお客様が途切れることなく、
たくさんの方とおしゃべりをさせていただき、本当に嬉しかったです。
永井さんの日記を見て、2000人近くもいらしてくださったんだ…と改めてびっくりです。
もみじ市の様子
楽しくて、おいしくて、素敵なものもたくさん見て、
そして何かココロにプラスされたような時間を過ごしてもらえていたとしたら。
とても嬉しいです。
もみじ市
実際、私にとってはそんな2日間でした。
東京チームの皆さんに混ざってブースを頂いていたのですが、
普段なかなか見れない作家さんたちの作品、そしておしゃべり。
フガー!!っと刺激をもらいました。
もっともっと頑張りたい!そう思ったもみじ市でした。
またSiesta Labo.のあるspace1-15にもたくさんの方が足を運んでくれたとみんなから聞きました。
たくさんの人が歩くspace1-15…見てみたかったです。
打ち上げ
夜は、サッポロビール園で打ち上げ。
(危うく札幌ファクトリーに行きそうになったうっかりさんは私です)
2日間の緊張がほろほろとほぐれ、お肉とビールがオイシク感じるのです。
そして作家さんやボランティアスタッフのみんなと何度も乾杯を繰り返して(笑)
最後は、cholonの菊地さんの挨拶を聞きながら涙が止まらない〜。
こんな素敵なイベントに「出ませんか?」と
声をかけて下さったcholonさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
またこんなイベントが札幌で開かれますように…
さぁ、明日からの「いつも」の日々。
新しい気持ちで過ごしたいなぁと思います!!


お肌になじむオーガニックコットン

シエスタのタオル
Savon de Siestaでお取り扱いしているオーガニックコットンは、3種類。
  両面ともふわふわパイル地のプレーンタイプ
  表がガーゼ地、裏側がパイル地の水玉ガーゼのタオル
  茜という植物から取れた染料で模様付けが施された、両面ガーゼの葉っぱのタオル
Savon de Siestaをはじめるとき。
お風呂で気持ちよーく石鹸を使ってもらったら、
その後、体を包み込むタオルも優しいものであって欲しい…
という想いから、一貫してタオルはオーガニックコットンのものを選んできました。
タオルの原料になる綿花を育てるのには、一般的にはとてもたくさんの農薬を使います。
世界でも最も農薬が多量に使われている作物が綿花で、2番目に多いのがコーヒー。
この2つの作物が無農薬で生産されたら、
世界の農薬使用量は3分の2に減少するともいわれています。
オーガニックコットンとは、綿花を育てるときに一切農薬を使わずに栽培された綿花のこと。
人のお肌にも優しいのはもちろん、なによりも育てる大地、つまり地球に優しいというのが特徴。
オーガニックコットン…なにやら素敵な響きもするけれど、
実際どういうものなのか知っていただけたらとても嬉しいです。
難しいことはさておき。
使ってみると、その気持ちよさはやみつきになります。
私にとっての最初のオーガニックコットンは、
自分の誕生日にご褒美に★と買ったバスタオル。
お風呂上りに、このタオルで包まれると「ほぉー」とため息が出ちゃうのです。
それは主人も一緒だったみたいで、気づくと使われてしまっていることも(笑)
それからすこーしずつ我が家でも枚数を増やしています。
直接さわっていただけるSiesta Labo.でも、オーガニックコットンは人気者。
もうすぐ出産を控えたお客さまが、水玉ガーゼのタオルを
生まれてくれる赤ちゃん用に!とお腹を優しく撫でながら買ってくださったり。
お肌が弱い旦那さま用にと選んでくださる方がいたり。
不思議と、誰からのためにと選んでくださる方がとても多くて、
手にとって下さった方が、きっとその「誰か」のことを考えて優しい表情なのが印象的。
その瞬間、私もホワッとシアワセのお裾分けを頂いているような気がします。
明日は、新しくタオルケットが登場。
お値段はけして安いものではないけれど、
ずっと長く使うものとして選んでいただけたらと思います。


もみじ市限定の石鹸

週末は久しぶりに札幌で開いたハンドクリーム教室。
いらしてくださった皆さん、ありがとうございました。
今回はHOPさんという素敵なモデルハウスで。
広々とした空間で気持ちよくお教室をすることができました。
7月もまたお教室をしようと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。
ダーナラホースの石鹸
(photo:mio yoshimura)
さて。
もみじ市がいよいよ今週末に近づいてきました。
もみじ市限定でダーナラホースの石鹸を製作しています。
この形の石鹸が出来上がってくるのは、本当に可愛い。
作っていてもとても楽しいのです。
自然とニコニコしてしまう…そんな石鹸です。
(この石鹸はウェブ販売は予定しておりません)
もみじ市に参加されるほかの作家さんとお話していると。
みなさん準備に一生懸命。
とってもおいしいカレーを作ってくれるチムチムさんは
60キロものたまねぎを刻んでいたり!!
(すごい量ですよねーー)
ぜひ次の週末、「旅するもみじ市」にお出かけください。
スタッフブログでは24日新発売の
オーガニックコットンのタオルケットをお知らせさせていただいています。


レモンバームとよもぎの葉

レモンバーム
今日のお店のお花は、バラ。
それからもうひとつ。
お花屋のヨシエさんが一緒に飾ってくれたのが、レモンバーム。
5月の木もれ日〜しろつめくさのハチミツの石鹸〜」にあわせて添えてくれたのです。
シンプルなハーブもバラと飾るととても素敵です。
レモンバームの葉を手で揉むと、ふわーり石鹸に使っている精油・メリッサと同じ香りがします。
お料理に使ってもいいし、
ハーブティーにしてもおいしい。
そして、石鹸や芳香浴に使うとココロにも優しい。
とっても素敵なハーブです。
それからもうひとつ。
ヨシエさんが、今日石鹸をお店で買ってくださったのですが、そのときに一言。
「夏至も近いし、ヨモギ石鹸にしよう!」と。
「??? 夏至だとなんでヨモギなのかなー?」
私の頭の中にはクエスチョンがいっぱい。
お話を伺うと、
北欧では、ヨモギ、ビョウ柳、玉シダのグリーンだけの
ブーケを飾りキャンドルを灯すのがお約束だそう。
ヨモギをブーケにするなんて…とびっくりしたけれど。
そんな習慣もいいなぁー。
北欧の習慣は、自然と共にある気がします。
今年は、夏至の日にヨモギの石鹸を使ってみようと思います。
もみじ市
ライブもオススメです。

手作り石鹸のSavon de Siesta


オーダーブロック石鹸のご予約受付はじまります!

毎日すっきりしないお天気が続く札幌です。
先ほど、ニュースで6月の日照時間は例年の40%ほどだそう…
そろそろ、キラキラ輝く太陽が見たいなぁと思うのです。
照る照る坊主をつくろうかなぁ。
オーダーブロック石鹸
昨日のスタッフブログでお知らせさせていただきましたが、
先月予約注文をいただいたオーダーブロック石鹸。
着々と出来上がっています。
お届け予定日の7月末まで、丁寧に熟成させますね。
楽しみにしていてください。
明日18時からは、8月末お届けのオーダーブロック石鹸のご予約がはじまります。
今回のご予約期間は6/17〜7/1 朝9時まで。
石鹸11個分が石鹸9個分のお値段でお買い求めいただけるので、とってもお得です。
毎日Savon de Siestaの手作り石鹸を使ってくださっている方にはオススメですよー。
もみじ市
楽しいイベントがやってきますよー