週末の小さな旅。冬の洞爺湖へ。


今日は、東京でも積雪の予報。
札幌も寒い日々が続いています。
雪が降ると、遠出をするのもしんどくなるのですが、
今年はエイッと出かけてみました。
週末の小さな旅。
行先は、去年の夏に訪れて以来、お気に入りの場所、洞爺湖。
おじゃましたのは、洞爺湖の湖畔にあるパン屋「ラムヤート」さん。
手作りの石窯で毎日丁寧にパンを焼き続ける、素敵なパン屋さんです。
※ちょうどその後、3月末まで長期休暇に入られるとのことでした。

石窯から出てきたばかりのパンは、
素朴だけれど、とってもおいしそうな香り。
小麦粉・水・塩と酵母だけを原料にしたラムヤートのパンは、
300年以上前と同じ作り方だそう。
Savon de Siestaの石鹸の作り方「コールドプロセス製法」も、
400年前からある伝統的なものなので、
なんだか通じるものがあるなあ…なんて、ちょっと嬉しく思ったり。
そして入口には、
「この町に移り住み3年目。
 一度もこの町を嫌だと
 感じたことはありません。
 旧洞爺村の逆さ読みで、
 ラムヤート。
 この店はまだ2年目。
 どうか今年度もよろしくお願いします。」

と書かれていました。

さらに、ぶらりと洞爺散歩。

お昼はゴーシュで、プレートランチをいただいて。
豆のポタージュが体にやさしくて、おいしい。
根が生えたように(笑)、時間を過ごしてしまう。
窓からの景色も最高。

それからgla_glaさんにもおじゃましました。
作品を作るところを見ていく?と声をかけていただいて工房へ。
溶けたガラスが、だんだんと形を変えて…
最後にぱっと花が咲くようにガラスのお皿に!
難しいことは分からないのだけれど、
大介さんのビシビシっとした集中力が伝わって、とにかく凄かったんです。
私も頑張らなくては!そんな気持ちをいただいてきました。
夏も、冬も。
洞爺という土地には、いつ訪れても変わらない、
あたたかな人の輪があるような感じがします。
そしてゆるりと暮れていく時間の流れに、
ココロの底からリラックスをして。
「洞爺に移り住みたい…」と何度も口にしたワタシ(笑)
また来れて、本当に良かった。
春になって雪が溶けたら、また訪れたい場所です。

2月の丸井今井さんのハンドクリーム教室の日程が、
 2月14日、15日 → 2月7日、8日
に変更になりました。
只今ご予約、承り中です!
詳しくはコチラ