2月・3月の限定石鹸

こんにちは、ツケシバ(オット)です。
気がつけば年明けからもう1カ月、早いですね〜
来週からは札幌大通公園では「さっぽろ雪まつり」がはじまり、東京では新宿伊勢丹での札幌スタイルフェアがはじまります。いずれも、Savon de Siestaの商品を販売するので、今週はこれらの準備をしています。
この2つのイベントがひと段落すると、いよいよ実店舗Siesta Labo.の移転となるのですが、それと併せて、2月の限定石鹸「雪肌石鹸(酒粕配合)」も発売予定です。

この「雪肌石鹸(酒粕配合)」は、小樽の田中酒造さんの酒粕を配合して、洗い上がりの肌が見違えるほどしっとりする仕上がりになりました。
田中酒造さんは、北海道産のお米だけを使って、小ロットで日本酒を製造している小さな酒蔵で、札幌から小樽に通じる5号線沿いに築100年以上の石蔵を改装した工房と直営店を設けています。生産量が少ないので、ほとんどが直売。そして、年間を通じて生産しているところが見学でき、季節毎の限定酒もつくっている、なんとなく、シエスタと共通するところが多く、とても親しみを感じています。
お酒はもちろん抜群に美味しく、昨年末から今年の正月は、ほとんど毎日こちらの日本酒をいただき、しあわせな年末年始を過ごさせていただきました。笑。
きっと、この石鹸を使った方は、私と同じように幸せなひとときをお楽しみいただけること間違いないと思います。
発売は2月19日(水)の21時からを予定しています。今回は、ホワイトデーの焼き菓子セットとともにご紹介させていただきます。
そして、3月の限定石鹸は、春の香りを感じるミモザの香りの石鹸です。

今年のミモザの石鹸は、昨年のものと大幅に変え、特に、香りにこだわりました。ふわっと花畑をイメージするような甘くて気持ちが明るくなる香りで、春を感じていただければと思います。
こちらは、先日から会員数限定で販売を開始した頒布会「ツキ・イチ・せっけんの会」の早期受付特典にもなっています。この頒布会はシエスタでは初めての試み、4月からの1年間分の石鹸が、毎月10日頃、ツキ・イチで届くとてもお得な新サービスです。
1月末(明日)までにこちらをご注文いただいたお客様には、このミモザの石鹸をおひとつプレゼント!3月10日頃にお届けさせていただく予定です。
期限まで残りわずかですので、ご希望の方はお早めにご注文くださいね。

===============================================
イベント出展のご案内

さっぽろ雪まつり
札幌で最大の冬の祭典、さっぽろ雪まつりの「札幌スタイルブース」にSavon de Siestaも出展させていただきます。定番石鹸、バスソルト、初雪を販売する予定です。
日時:2月5日(水)〜2月11日(火)
   9:30〜22:00
会場:さっぽろ雪まつり 
   大通公園西7丁目会場北東側
札幌スタイルフェア
新宿伊勢丹本店で開催される大北海道展に合わせて、札幌スタイルフェアを開催いたします。Savon de Siestaは、石鹸、バスソルト、フレグランス、紙石鹸などを販売予定です。
日時:2月5日(水)〜2月10日(月)
   10:30〜20:00
会場:新宿伊勢丹本店 本館6階催事場

企画展「冷えとり小物」、はじまりました。

東京の出張から帰ると、
娘が風邪をひいて40度の発熱。
「あらら」と思っていたら、オットがぎっくり腰でダウン。
動けない人たち二人を抱え、「あらららら」の日々でした。
本当は事前にもっとお知らせをしたかったのですが、
木曜日から今年最初の企画展「冷えとり小物」が始まりました。

店内はずらりとたくさんの靴。
22.5センチから25センチまでサイズ豊富に今回はサンプル靴を送っていただきました。
靴下を重ねて履くと、普通の靴が履けない。
そんな思いを感じてもどかしく思っている方の力になれたらな…
そんな想いからスタートした今回の企画。
同じ気持ちでいらしてくださる方が多く、本当に嬉しく思っています。
靴のフィッテクングをお手伝いしながら、冷えとりをはじめての良さや
困っていることなど、「そうですよね!」とおしゃべりも盛り上がる、そんな時間です。
(試し履きに使っていただく冷えとり靴下を4足目までご用意しております。)

上質なイタリアの牛革をつかっているCo.&Kokoroneさんの靴。
右側が新品、左側が3か月ほど履いたもの。
味わい深く革が変わっているのが分かると思います。
工房で、室根さんが半年履かれていたものを見せていただいたのですが、
それがまたかっこいい!
こうなるんだ、という形を見せていただくと、履く楽しみも増えます。

また革の色はたくさんの中からお選びいただけます。
外側の牛革が7色から、内側には豚革を使うのですが、こちらは5色から。
どれにしようか悩んでしまいます。

同じスリーホールでも、色味で雰囲気もがらっと変わります。
人気は、右側のキャメル×青の組み合わせ。
(私もこの組み合わせにしました)

4階のエフロクブンノイチさんの冷えとり小物も少しご紹介させていただいています。
左の絹のレギンスは、本当にいいですよー。
実は他のメーカーのものも試したことがあるのですが、エフさんのがダントツの履き心地の良さ。さらりとしていて、パンツの下に履いてもごわつかず、あったかくて気持ちいい。
大人買いしたいところですが、少しずつ揃えていこうと思います。
(「冷えとり」のことはエフさんのこちらのページに詳しく書かれています)

店内には、冷えとりの靴ができるまでのお話や、実際に履いたときのポスターも張っています。
モデルは、Co.&Kokoroneの奥さま・香子さん。
日曜日は、ご夫妻で東京からお越しくださいます。
こちらから、フィッティングのご予約を頂くと、スムーズにご案内できます。
もちろん、ご予約なしでも大丈夫ですので、遊びにいらしてくださいね。
エフさんでご紹介されている、えみおわすさんのお洋服もとても素敵です。
ぜひ両方のお店をご覧くださいね。
また今回の展示、冷えとりをしていない方が履く、普通の靴の展示はないの?と
お立ち寄りくださる方もとても多いのです。
Co.&Kokoroneさんの定番の靴もとても素敵なのですが、
今回は冷えとり靴のみの展示となっています。
ご説明が不足していて、申し訳ございません。
また別の機会にご紹介することができたらなと思っています。
その時を楽しみにしていてくださいね!


美味しいお菓子と珈琲と

こんにちは、かみおです。
先週はバレンタインギフトや、石鹸頒布会にたくさんのご注文をいただきありがとうございます。
厳しい寒さが続く札幌ですが、
先日一足お先に森彦さんの焼菓子とコーヒーをいただきました。

(画像をクリックするとオンラインショップの商品ページに飛びます)
ヘーゼルナッツの濃厚で豊かな風味とチョコのリッチな味わいを楽しめる
【モエル・ショコラフレーズ】
やわらかくしっとりとした食感、メープルの優しい甘さがバターの香りを引き立てる
【フィナンシェ メープル】
レモンの酸味をほんのり感じ、口当たり軽やかで食感が楽しい【ポルボローネ】
コーヒーとの相性抜群、カリカリッと程よいかたさとナッツの食感が楽しい【ビスコッティ】
ローストしたアーモンドを丸ごとキャラメリゼしてスイートチョコレートでコーティング。そしてフリーズドライのイチゴパウダーをまぶすというとっても手の込んだ一品
【アマンドショコラ】
自宅ではなかなか一緒に夕飯を食べることができない夫と
時々『夜お茶』をして一緒の時間を過ごしています。
美味しいお菓子と丁寧にドリップしたコーヒーがあれば
他愛もない話でも楽しいひと時を過ごすことができます。
いつもと同じ一日でもちょっとだけ夜更かししていただくお菓子は
特別おいしく感じますよね。
シエスタラボ バレンタイン
この日はアマンドショコラとモエル・ショコラフレーズをいただきました。
一緒にいただいたコーヒーは森彦さんのバレンタイン限定珈琲ショコラティエ
しっかりとしたほろ苦い味わいに、バニラのような甘い香りの余韻が楽しめます。
大切な誰かと、
自分へのご褒美に、
美味しいお菓子や珈琲はいかがですか?


ヤドリギ

先日、ふと上を見上げると、
街路樹にたくさんのヤドリギが。
夏あいだだとわかりにくいこんな風景が、冬の間は気づくことができます。

今日は日帰りで東京出張。
来週から展示が始まるCo&Kokoroneさんの工房へ伺ってきました。
今回は奥さまの香子さんにもお会いできました。
とても素敵なお2人です。
26日は、在店してくださるので、どうぞお立ち寄りください。

千歳空港から札幌に向かう汽車の中。
久しぶりのiPhoneからの更新ですが、ちゃんとアップされてるかな?


冷えとりの小物たち。


今年最初、
そして今のお店で最後の企画展は、冷えとりの小物にまつわる展示会を開きます。
シエスタラボでは、冷えとりの靴を作られるCo.&Kokoroneさんの靴を、
エフロクブンノイチさんでは、オリジナルの冷えとり靴下、レギンス、
重ね着にぴったりのえみおわすさんのお洋服をご用意いただきます。
 
冷えとり、もしかするとはじめて聞かれた方もいらっしゃるかもしれません。
「冷えとり」とは。
下半身をあたためて頭寒足熱の状態にすることで
自己治癒力や免疫力を高めて健康になるという健康法のこと。
具体的には、半身浴をすること、食べ過ぎをしないこと、心おだやかに過ごすこと、
お風呂以外は靴下を履いて足もとをあたたかく保つこと。
靴下は、基本は絹5本指→綿5本指→絹靴下→綿靴下を重ねて履きます。
はじめて、そのことを知ったときは、「靴下を4枚も履くなんてー!」とびっくりしました。
でも、ちょうど妹も冷えとりを始めていて、調子がいいよーと勧められたのです。
元々、体が冷えやすくて、いつも足はびっくりするくらい冷たい。
はじめて行った内科の先生に、おなかをさわられて「内臓が冷えてるから気をつけなさい」と言われたり、
ちょうど、婦人科系の病気にもなって、自分を見直すタイミングだったのです。
冷えとりをした感想は、きっと個人それぞれの感想があると思いますが、
私は、身体の基本的な力が高まったなぁと思っています。
疲れにくくなったり、お肌の調子がよくなったり…
「なんだか調子が悪いんだよねー」と感じることがなくなりました。
ただぶつかるのは靴の壁。
靴下を重ねて履くと、いつものサイズの靴は履けません。
長さはあまり変わらないけれど、足回りが大きくなるのです。
サイズを大きくてしても、しっくりくる感じにはならなくて、4枚重ねるのはおうちで、
普段は2枚~3枚をということを続けていました。
そんなときに出会ったのが、Co.&Kokoroneさんの冷えとり靴。
Co.&Kokoroneさんは、東京で活躍される靴作家さん。
こちらをご覧いただくと、よく分かるのですが、冷えとりを実際にされている方と座談会を行いながら靴を作っていかれた工程が、書かれています。
「わかるーーー!」と思うところがたくさんで、興奮してしまいました(笑)


冷えとり靴ギリー(ベロあり:44000円 ベロなし:42000円)
今回の展示では、2種類の靴を持ってきていただきます。
ギリータイプは、足首の靴下のだぶつきを隠せるようにハイカット。

スリーホール 39000円

レギンスやレッグウォーマーと重ねてもかわいいスリーホール。
お色は、どちらも、赤 / 青 / 緑 / 黄 / キャメル / こげ茶 / 黒の7種類からお選びいただけます。
さらに内側の革の色も ミモザ / オレンジ / アオ / ミドリ / キから選ぶことができます。
期間中、23日~25日はサンプル靴を履いていただいて、問題なければそのままご予約を頂けます。
また26日はCo&Kokoroneの室根さんが在店されて、20分ほど時間をかけてフィッティングをいたします。
フィッテングは事前にこちらのご予約フォームからご希望のお時間をお選びください。
お渡しは、4月頃とお時間をいただきます。
次回はエフロクブンノチさんのアイテムについてご紹介いたします。
冷えとりをされている方も、これからやってみようかなと思う方も、
自分の体にじっくりと向き合える企画展です。
寒い中ですが、ご来店お待ちしております。