内田可織さんが在店くださいました。

151030-uchida03

今日は内田可織さんが在店してくださったシエスタラボ。
こんなお料理が合いますよ、とお客様へ使い方を色々とお話してくださって、そばで聞いていた私たちスタッフもなるほどー!と楽しい1日でした。

土鍋や器は、ぜひ手に取って、使っている様子をイメージしていただけたらなと思います。
手に取ることではじめて、見た目の美しさだけではなく、
持ち手の感じ、蓋の開けやすさ…使いやすさに気づかされます。

151030-uchida01

今回は耐熱の器以外にも、マグカップや鍋の取り鉢など日々のくらしに馴染む器も並んでいます。

151030-uchida05

マグカップのサイズはこんな感じ。
持ち手の形が3種類。
どれにしようかな、と迷ってしまいます。

151030-uchida04

てびねりの器。
少し高さがあるので、実際に盛り付けると本当に映えるのです。
果物をおいても素敵。

151030-uchida02

土鍋のふたを開けると、きれいに色づいた紅葉やほおづきが顔をだします。
なにが入っているかな?そんな楽しみもご一緒に。

いのふ

昨夜は札幌に到着された内田さんとスタッフで円山のいのふへ。
はじめてししゃものカルパッチョをいただきました。
おいしく楽しい夜でした!!


sasakihitomiさんのワークショップ

内田可織

ひんやりと雪が降りそうな空気になってきましたね。
実店舗では内田可織さんの展示を開催していますが、
あたかたな食事が恋しくなるこんなお天気にぴったり。

uchida02

私も今回、写真のグラタン皿を自宅用に選びました。
グラタン皿という名前ですが、お鍋の取り鉢にもおすすめと内田さん。
直火にかけられるので、先日はごぼうの柳川を作ったのですが、
そんなお料理にもぴったり。
あたたかさがキープされる土鍋の土で作られているので、
食卓に載せてもしばらくクツクツ。
とっても使いやすく、活躍しそうです。

明日・31日は内田さんも15時まで在店してくださっていますので、
ぜひ遊びにいらしてください。

sasakihitomi

今日は次の展示のご案内を。
11月11日からsasakihitomiさんのアクセサリー展を開催します。
その際に、sasakiさんにお願いしてワークショップを開催していただくことになりました。

sasakihitomi

写真のモチーフからお好きなものを選んで、
金づちでコンコン、模様を打ち付けていきます。
出来上がったモチーフは、一度sasakiさんにお預けして、
金沢のアトリエでブローチに仕立てて、後日お渡しいたします。

猫や鳥のモチーフを作る前に、
まずは練習で葉っぱかダイヤのモチーフからスタート。
こちらもブローチに仕立ててくださるので、1度のワークショップでふたつの作品を作ることができます。

普段のsasakiさんの作品作りの様子が垣間見えるこのワークショップ。
とても楽しそうです!!

sasakihitomiワークショップ -ブローチ-
【日時】11月12日 ①11時~/②18時~
【参加費】4000円(税込)
【お申込み】11月2日11時よりこちらの専用ページにてご予約をスタートいたします。


11月の新シリーズは、「王妃の水」からヒントを得て。

Savon de Queen

11月の新商品の準備がだんだんと進んでいます。
実店舗は11月4日~、ウェブショップは11月5日~販売するシエスタのQUeenシリーズ。

「王妃」と名前のついたこのシリーズは、
贅沢にハーブとワインを使ったシリーズ。

中世ハンガリーでは「王妃の水」と呼ばれ、化粧水や香水として愛用されていた液体がありました。身体を元気づけるハーブといわれるローズマリーを、アルコールにつけてエッセンスを抽出するのです。ハンガリー王妃エリザベート1世が若返りのためにお肌につけ、美肌を取り戻したというお話も。

「シエスタのQueenシリーズ」は、このハンガリアンウォーターからヒントを得て作りあげました。石鹸には、ローズマリー、ラベンダー、そして北海道かみでファームの野バラ(ハマナス)の花びらを北海道ワインで抽出したエキスを配合。

クリーム、バスソルトは香りのトーンを合わせて、ローズマリー、ラベンダー、そして上質なローズゼラニウム精油で香り付けしました。

洗練された雰囲気の漂う今回のシリーズ。今日はご用意したアイテムを一気にご紹介して、明日から、ひとつずつ丁寧にご説明していけたらと思っています。

Savon de Queen

限定石鹸 Savon de Queen

上記で説明したハーブエキスに加え、お肌の乾燥を防ぐふたつのオイルを配合しました。

ひとつめは「奇跡のオイル」と呼ばれるホホバオイル。お肌の表面に潤いのヴェールを作り、しっとりハリのある明るい素肌に導いてくれます。

ふたつめは肌や髪が必要とする栄養素に富んでいるシアバターが、洗顔後のお肌に潤いを与え、やわらく、ツルツルとシルクのように洗いあげ滑らかな肌を作ってくれます。

冬の乾燥が厳しい季節におすすめの洗い心地です。

ss151103

限定バスソルト Salt de Queen

バスソルトの王様とも呼ばれ、ミネラルを豊富に含む死海の塩。「塩」という名前ですが、お料理に使うお塩とは違い、塩化ナトリウムの配合率が低く、塩化カリウムや、マグネシウムを豊富に含んでいます。

マグネシウムは、お肌を引き締めつるつるに、塩化カリウムは湯あたりを柔らかくして、体をぽかぽかと温めてくれます。死海の塩100%で作ったバスソルトは、お風呂上がりのお肌を乾燥から守り、すべすべに保ってくれます。
これからの寒い季節、好きな音楽を聴いたり、本を読んだり…じっくり体をあたため汗をかく半身浴がおススメです。

Cream de Queen

限定クリーム Cream de Queen

北風にふかれ、気が付くとお肌がかさかさ。そんなときに活躍するのがスキンクリーム。さらりとした使い心地のアーモンドオイルがお肌に潤いをプラスしてくれます。
ハンドケアからボディケアまで全身にお使いいただけます。使いやすいスティックタイプなので、こまめにケアして、きれいなお肌をキープしてください。

シエスタのQueenシリーズ、冬のスキンケアのおともにぜひお使いください!!


お好みの香りでスキンケアアイテムをオーダーしてみませんか?

オーダーの会

11月、今年2回目のオーダーの会を開きます。

人それぞれに感じ方の違う香り。
好きな香りが個々あるのはもちろん、
目に見えないからこそ、鼻をふっとかすめたときに、
頭に浮かぶ大切な景色もあるかもしれません。

そんな「大切な香り」をくらしの中に石鹸やスキンケアアイテムとして取り入れるお手伝いができたら、と思ってスタートしたオーダーの会。

リストから好きなアイテムを選んでいただく形にした前回。
ご自分のため、だんなさまのため…
みなさん素敵なお話とともに、オーダー会に参加してくださいました。
本当にとても楽しいひとときでした。

オーダーの会は、完全ご予約制で、おひとり1時間ずつかけながらじっくりお話を伺っていきます。
その後、お店に併設された工房でお作りして、バスソルト・クリーム・精油・マッサージオイルは12/21-、石鹸はじっくり熟成をさせて2/8-のお渡しを予定しています。

ゆっくりとした時間を過ごしにいらしてくださいね。

シエスタ・オーダーの会 ~大切な香りでスキンケアアイテムをつくりませんか~
【日時】
11月6日
①11時~/②12時~/③17時~/④18時~

11月7日
①11時~/②12時~/③15時~/④16時~/⑤17時~/⑥18時~

11月8日
①11時~/②12時~/③16時~/④17時~

【オーダー可能アイテム】
下記からお好みのものをお作りいたします(すべて税込価格となります)

・石鹸900g(定番石鹸11個分)14,256円
・スキンクリーム 25g 2,640円
・バスソルト 400g(約10回分) 3,546円~4,312円
※容器によってお値段が変わります
・マッサージオイル 70ml 2,376円
・ブレンド精油 3ml 1,663円

【お申し込み方法】
専用ページをご用意しました。こちらからお申し込みください


内田可織さんのお鍋をかこんで。

151028-uchida

今日から内田可織さんの陶展がはじまりました。
店内は、色づいた木々の葉を飾り、あたたかな風景になっています。

151028-uchida2

町田に窯をかまえる内田可織さん。
人柄もふわっとやさしい雰囲気の方。

2月に工房へお邪魔してきました。
ちょうど作っていたのは土鍋。

おしゃべりをしながらろくろを回す内田さん。
内田さんの土鍋で好きなのは、持ち手。
その工程が見ることができてとても嬉しかったのです。

【内田可織 プロフィール】
1974年 東京・八王子生まれ
1996年 多摩美術大学 絵画科陶芸専攻卒業
1997年 同大学 陶芸コース研究生

151028-uchida3

展示は今日からですが、昨夜はスタッフで内田さんのお鍋を囲んで我が家で夕ご飯を食べました。土鍋がふたつ並んでいますが…

151028-uchida6

手前のお鍋は堺のもの。
2人用の土鍋で、今日はまぜご飯を。
ご飯を炊くときは、2合くらいがちょうどいいサイズだそう。
パーティーの時などに、こんな風に出したらかわいい!!と盛り上がりました。

151028-uchida4

大きい方は我が家で約10年近く使っている土鍋。
シンプルに水炊き。
3-4人サイズくらいの大きさなのですが、我が家では2人家族の時から、これでたっぷり頂いています。もちろん友達が遊びに来た時の鍋にもぴったり。
蓋の形が気に入っているのです。

151028-uchida7

ご飯の最後は、甘いもの。
スタッフが持ち寄ってきてくれたデザートと、ちょうど誕生日当日だった娘のバースデーケーキ。

杏のコンポートが添えられたあんみつと、
山椒の効いた道明寺粉のお餅。
みんなお料理上手で、私も見習わねば!

今日も展示にいらしてくださったお客様と、お鍋を前に、どんなお料理が合うかお話をしていました。
簡単にできるグラタンのレシピを教えてくださる方もいらしたり、内田さんの器は手に取ると、どんなお料理を作ろうかふわふわっと思い描けるから不思議。

展示は11月2日までとなります。

【おまけ】
151028-uchida5

昨夜のご飯会でおいしかった調味料的なもの。
まぜご飯はべにや長谷川商店さんの豆ごはんの素。
小さい子もパクパク食べてくれるので、我が家のお気に入り。

お鍋にはマザーウォーターさんのラー油。
スタッフみんな大絶賛。
おすすめです。