【特集】紫外線をブロックする散乱剤と吸収剤

紫外線特集

UVケア商品を開発する中で、
改めて実感した紫外線からお肌を守ることの重要性。
連載形式で、UVケアの大切さをご紹介しています。

▶もくじ

第1回.紫外線の正体を正しく知りましょう!
第2回.紫外線をブロックする散乱剤と吸収剤
第3回.シエスタの「SUN PROTECT LOTION」の紫外線防止メカニズム
第4回.SPF、PAってどれぐらいの値のものがいいの?
第5回.紫外からお肌を守って「光老化」を防ぐ

第2回は、紫外線防止のために化粧品に配合される成分について説明したいと思います。

story02

日焼け止めやUVケアのスキンケアに配合される「紫外線防止剤」。
じつは2種類の成分があります。
『吸収剤』・『散乱剤』と呼ばれる成分なのですが、
違いをご存知ですか?

UVを防止する方法が異なり、
「吸収剤」は紫外線を取り込み、
「散乱剤」は鏡のように紫外線を跳ね返す
という特徴があります。

私自身もUVケアを開発する前は、その違いがあまりよく分からず、
毎回選ぶとき、どちらがいいのかな…と迷っていました。
それぞれ長所、短所を知ると、選びやすくなります。

● 使い心地はよいけれど、敏感肌の方は使いにくい紫外線吸収剤

紫外線吸収剤

UVを自らに取り込み、熱エネルギーなどに変えて放出させることで、
お肌を紫外線から守る吸収剤は、化学合成された成分です。
長所として、白浮きせず、さらさらとなめらかな使い心地のよさが挙げられます。

短所として、吸収できるUV量に限りがあるので、定期的な塗り直しが必要だったり、
化学反応で熱を放出するタイプの吸収剤は、その熱や、化学反応で変化してしまった物質により、人によっては、刺激を感じてしまうことがあります。

● 肌に優しいけれど、白浮してしまう紫外線散乱剤

紫外線散乱剤

鏡のようにUVを跳ね返す散乱剤は、吸収剤と違って化学変化を起こさないので、
敏感肌や乾燥肌の方も比較的安心して使いやすい成分です。
酸化チタンや、酸化亜鉛などの、天然成分が使われています。

ところが、紫外線散乱剤には、大きな短所がいくつかあるのです。
それは「白浮き」することと、滑らかな使い心地にならないこと。

酸化チタンも酸化亜鉛も真っ白な成分なので、
どうしても肌に色がついてしまうのです。
またこってりとした重い使い心地で、夏にはちょっと肌が苦しく感じるテクスチャー。

● 一長一短の紫外線防止剤

「吸収剤」「散乱剤」、どちらが良いというのはなかなか言いづらく、
それぞれ長所と短所があります。
肌への安心さをとるか、使い心地の良さをとるか…
市販のUVケア用品は、両方を組み合わせたものも多くみられます。

シエスタのUV製品は、敏感肌の方が使いやすい製品にしたかったので、
当初は紫外線散乱剤である酸化亜鉛を使った開発を進めていました。

酸化亜鉛を使った試作品第1号。
できた!という喜びとともに使うと、なんとなくお肌が白く浮く残念な使い心地。
肌への負担を減らしたいけれど、きれいになれなかったら意味がない!と、
開発はいきなり暗礁に乗り上げてしまいました(涙)

どうしたものか、と開発スタッフで頭を悩ませ、出した答えは…こんな想い。

『UV効果も大事だけれど、毎日使うものだから、
お客様がキレイに、楽しく使ってもらえるものを作りたい!』

もう一度、素材を見直して、イチから考え直しました。
何度と試作を繰り返し、出来上がったのが「UV PROTECT LOTION」。

次回は、UV効果×使い心地の良さをクリアした、「UV PROTECT LOTION」の仕組みをご説明したいと思います。

160707-UV5
石鹸で簡単に落とせるUVケア。
はじめての方も安心の無料サンプルをご用意しています。


【Q & A】SUN PROTECT LOTION

SAVON de SIESTAの紫外線ケア製品『SUN PROTECT LOTION』につきまして、お客様から頂いたご質問等に回答させていただきます。

160707-UV4

Q1:容器に対して容量が少ないように感じますが、問題ありませんか?

初回生産品は、輸送上の気圧の変化等に考慮した上での安全性等を考慮して、40mlの内容量に対して大きめの容器(50mlサイズ)を使いました。そのため、お手元に届いた段階で、内容量が少なく感じられるかもしれませんが、容量は表記通り40mlで間違いありませんのでご安心ください。

Q2:モニター製品と使い心地が異なるような印象がありますが、中身が違いますか?

モニター製品を500名以上の方にお試しいただき、約300名様からアンケートをいただいた結果『つっぱり感』があると問題点を指摘されていた方が何名かいらっしゃいました。そのため、製品化の際には『つっぱり感』を感じないように若干の改良を行って製品化しました。

Q3:使用期限がありますが、保管条件はどうなりますか?

本製品は、合成保存料等を使用しておらず、長期間の保存には向いておりませんが、常温(25度程度)の適切な湿度(60%前後)で1年以上劣化が生じないことを品質試験により確認しております。保管の際には、直射日光の当たらない、高温多湿を避けた場所で保管ください。また、冷蔵庫で保管する場合は、使用前に常温に戻した上で良く振ってからご使用ください(※)。

※冷蔵庫での保管は、長期間使用しない場合に限っておすすめしております。頻繁に低温と常温の温度変化を繰り返す場合、かえって劣化を早める危険性がございますため、ご注意ください。

Q4:開封後の使用期限はどうなりますか?

開封後は、1~2か月の期間を目安になるべく早くお使いください。長期間ご使用にならない場合には、冷蔵庫での保管をおすすめいたします(Q3の回答をご参照ください)。

Q5:推奨の使用量について教えてください。

お顔に塗っていただく場合には、3プッシュ(約0.75ml)をおすすめしています。
手の甲(片手)では1プッシュ(約0.25ml)、腕(片腕)には4-5プッシュ(約1~1.25ml)のご使用をおすすめしています。無料サンプルとしてつくったパウチサイズは1袋に2ml入っておりますので、上記を目安にご使用ください。

1製品(40ml)で約150プッシュご利用いただけますので、お顔だけにお使いいただいた場合には約50回分、顔・手・腕にお使いいただく場合には約12~13回分となります。

Q6:しばらく保管していると色が変色(茶色っぽく変化)しましたが大丈夫ですか?

使用している原料が天然成分のため、製造直後は透明な黄褐色であった製品が時間の経過とともにやや不透明な茶褐色に変化することがございますが、品質には問題ありません。その他に、粘度が変わった、使い心地が変わった、異臭がするなどの変化があった場合にはただちに使用を止め、ご一報ください。

Q7:しばらく置いてから使ったら匂いが変わった。使用を続けて問題ないか?

ノズルに付着した内容物が長期間放置されると、保管条件によっては固まったり、匂いが変化することがございます。そのため、しばらく使用をお休みする場合には、ノズルに残っている付着物をきれいにふき取って保管してください。また、再度使用する前には、もう一度あたらしくプッシュし直してからご使用ください。

ただし、何度かプッシュし直しても異臭を感じる場合には、使用を止め、ご一報ください。

new! Q8:天然成分のみでできている日焼け止めでしょうか?

本製品は天然由来成分のみでできているUVローションとなります。

new! Q9:本製品は通年販売でしょうか?

一年を通して販売いたします。

UVケアは紫外線が特に多い6-8月に重要となりますが、シワやたるみの原因となるUV-A(紫外線A波)は一年を通して比較的少なく、夏以外の季節にもしっかりとケアすることが重要です。そのため、通年でご利用いただければと思います。

new! Q10:塗り直しはどのくらいの頻度で必要ですか?

SPF17相当の本製品は、紫外線B波(UV-B)によって肌が赤くなるまでの時間(通常20分前後といわれています)を17倍遅らせる効果があることを意味しています。そのため、2-3時間を目安に塗り直しをしていただくことを推奨しています。

ただし、本製品を下地にしてファンデーションをつけている場合には、ファンデーションの上からの塗り直しはおススメしておりません。必要な場合には、ファンデーションを落としてから塗り直ししていただくことを推奨いたします。

以上、その他に何かお問合せやご質問がございましたら、下記にご連絡ください。

▼お問合せ(メール)
こちら

▼お問合せ(電話)
TEL: 011-206-1580(10:00-17:00/土日祝休)

▼無料サンプル&ご購入

160707-UV5


【メディア掲載】プレゼントは500円まで(天然生活9月号)

image

私の周りには、「贈り物上手」な友人がたくさん。
おいしいおすそ分け、旅行のお土産。
頂いたものも嬉しいけれど、その気持ちが嬉しく、家に帰って広げてはほんわかした気分になるのです。

発売中の天然生活9月号に、hal後藤由紀子さんが、
「プレゼントは500円まで」という特集を組まれて、
そんな贈り物にぴったりの「ちょっとした、いいもの」を紹介されています。

image

その中で、Savon de Siestaのバスソルトも載せて頂きました。

今回の、掲載のお話をいただいた時、びっくりしつつ、
本当に嬉しかったのですが、実際の誌面に添えられた後藤さんの言葉に感動。

お仕事が大変そうな人に、『お風呂くらいは、のんびり入ってね』

大切な誰かを考えたときに、一緒に使っていただけたら、
そう考えていたことが、実現していました。
作ったものが、誰かの気持ちを心あたたかくする贈り物になったと思うと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

後藤さんが選ばれた、小さなプレゼントたち。
そして贈り物を選ぶ自分が、実は一番楽しいと書かれていた後藤さんの文章。
とても素敵な特集でした。
ぜひ書店でお手に取ってみてくださいね。

ssbs10111
ホッとする安らぎのバスタイム。
SAVON de SIESTAのバスソルト、お買い物こちらから。


【キエリ舎陶展】スタッフの愛用品-花小皿-

こんばんは。
お店スタッフさかいです。

昨日からキエリ舎さんの展示がはじまりました。
初日は、主催の牧野さんご夫妻も在店してくださり、楽しいひと時でした。

実際に作られている方のお話を伺うと、
作品への想いも深まります。

私が愛用しているキエリ舎さんのお皿は、お花に茎と葉がついている花小皿。
手のひらサイズのお皿です。

このお皿を見て これ、ほしいなぁ・・・と思ったのは
こんな感じで使いたいな。と浮かんだから。

お花部分が、少し深みのある小皿になっているので・・・
ここに、あんやジャムをのせて、茎と葉の部分にスプーンレストとして使用。

image
ある日の朝食のあんバタートーストの時に・・・

image
毎日の食べているヨーグルトの時に・・・
この日のお供は、京都に行ったときに買ってきた「夏みかんとセロリのジャム」!
セロリをジャムにするなんて、斬新!!
ほんのりセロリの風味があり、さわやかなとってもおいしいジャムです!

image
お茶時間の時にも、登場します。
小ぶりですが、使い道がたくさん。
早くも使用頻度大!!の小皿になっています。

スタッフの愛用するキエリ舎さんの作品。
こちらでご紹介しています。
▶スタッフ荒木の愛用品-アネモネの豆皿-(7月23日)
▶スタッフ柚原の愛用品-とりの豆皿-(7月25日)

展示では、その他、キエリ舎さんの作品がたくさん並んでいます。
どうぞお立ち寄りください!

キエリ舎
キエリ舎陶展 7月27日~8月1日


肌が弱い方にもおすすめ、オーガニックコットンボディタオル

ssot00401_01

Savon de Siestaオープン以来の隠れたベストセラーの「オーガニックコットンボディタオル」。

先日のタオルフェアの際に、いつもシエスタを愛用してくださっているお客様から、こんな質問を頂きました。

「ボディタオルってどれくらい泡立つの?」

…ご質問を頂いて、確かに今まできちんとご説明をしたことがなかった!と気がついた私たち。
実際に泡立てた様子などを写真と共にご紹介したいと思います。

色々な種類のボディタオルがある中、私たちがこのボディタオルをおすすめするのには、いくつか理由があります。

ひとつめは、安心して使える素材だということ。
環境と健康に配慮した無農薬有機栽培綿(オーガニックコットン)を使用し、柔らかな肌触りの「からみ織り」のタオルです。

オーガニックコットンボディタオル (1)

また、素材がよくても使い心地がいまひとつだとがっかりしますよね。
このタオルに出会うまで、ナイロン素材のものから、天然素材のシルクやタオル地のもの…色々なものを試してきましたが、このボディタオルは泡立ち×すすぎなどお手入れのしやすさが抜群によかったのです。それはこんな特徴があるから。

◆おすすめポイント
・メッシュで泡立ちが良い
・柔らかい素材で肌を傷つけない
・すすぎが楽で乾きやすい
・肌をすべらせる感触がスルスル、フワフワ気持ちよい

スタッフも愛用するこのボディタオルの使い方をご紹介したいと思います!

◆使い方ワンポイント
オーガニックコットンボディタオル (2)
はじめて使用するときは、タオルを保護するための蜜蝋がついているので、柔らかくなるまでお湯でよく洗ってください。

オーガニックコットンボディタオル (3)
水よりお湯の方が石鹸がよく泡立ちます。少し時間がかかるかもしれませんが、石鹸をよく泡立ててください。

オーガニックコットンボディタオル (5)
メッシュ地のおかげて、モコモコした泡ができあがります!

オーガニックコットンボディタオル (6)
優しく肌を滑らせて洗ってください。

オーガニックコットンボディタオル (7)
すすぎは石鹸が残らないように、しっかりと揉み洗いし、風通しの良いところで乾かしてください。実際に使うと、綿素材に関わらずすすぎが楽なことにびっくりします。

◆ボディ用として一緒に使うスタッフオススメの石鹸

夏はさっぱりした使い心地の「アズキ石鹸」、乾燥する時期はしっとりする「ヤギのミルク石鹸」。いずれも固めの石鹸なので泡立てやすく、たっぷりの泡ができます。
反対に「マルセイユ石鹸」や「ラベンダーの石鹸」は柔らかい石鹸なので溶けやすいのですが、きめの細かいクリーミーな泡を作ることができます。

オーガニックコットンボディタオル (4)
写真は「アズキ石鹸」を使用しています。アズキの粉末が毛穴の汚れや古い角質を落として、つるつる艶肌へ磨き上げます。

お客様からは「お尻がツルツルになった!」という感想も頂いています。泡を含んだタオルの柔らかな肌触りはお風呂タイムを心地よいものにしてくれると思います。ぜひお試しください。

ssot00401
【オーガニックコットンボディタオル】のご注文はこちらから