【GIFT展】今村知佐さんのあたたかさを感じるガラス作品

imamura4

GIFT展にご参加くださる作り手のみなさんを紹介するブログ。
3人目は、ガラス作家・今村知佐さんをご紹介します。

東京にアトリエを構える今村さん。
美大では金属を専攻し、その後ガラス作家の道に進まれました。

はじめて今村さんの作品に心惹かれたのは、
金属の蓋がついたガラスの入れ物。
異素材の組み合わせがとても素敵で、
冷たいはずの素材に不思議なあたたかさを感じたのです。

いつか会いたいなぁと念じると通じるものですね。
なんと主人の学生時代の友達の奥様の親友だったのです!
札幌のお店に寄ってくださって、お名前を聞いた時は、本当にびっくりしました。

函館では展示を毎年されていますが、
札幌での展示ははじめて。
初日の12/7は終日在店してくださることになっています。

img_5948

今回の展のお打合せに、11月に工房に伺ってきました。
ちょうど、展示に向けて新作の製作真っ最中。

夏にお会いした時に、「家族や友達とお鍋を囲むときに、ビールを飲むのにちょうど良いグラスが欲しいなぁ」と話したことを覚えてくださっていたのです。
ちょうどよいとは、お互いにビールをつぎあえる少し小さめの『ちょうどよさ』。

吹きガラスの手法で作品を作られている今村さん。
デザインされたものを、アシスタントさんと共に
息と手の動きで、形にされていきます。
一瞬一瞬に目が離せないとても素敵な制作風景でした。

ss161211

作ってくださったグラスがこちら。

ss161211_04
アワユキ。

ss161211_03
シモバシラ。

ss161211_02
りんご。
タイトルもかわいい作品。
こちらの3点はウェブショップでもご紹介します。

その他、足つきのグラスやピッチャー。

imamura1

imamura2

工房で同じく試作の真っ最中だったオーナメントやキャンドルホルダーなど、
この時期にぴったりの作品が並びます。

imamura3

そして、私が心惹かれた蓋つきの入れ物も。
組み合わせで幾通りも表現できると語るこの作品。
当日、どんな作品が並ぶのか、楽しみにしています!

———

昨日のブログでご紹介させていただいたdans la natureさんの焼き菓子ですが、
数量が限られていること、
また、できるだけ多くの方にお楽しみいただければという想いから、
おひとり様4点までとさせて頂きます。
どうぞご了承ください。

———

【関連ブログ】
ss161202
12/3 カオリーヌ菓子店さんのチーズケーキ

p9224473
12/4 dans la natureの焼き菓子

imamura5
12/5 今村知佐さんのあたたかさを感じるガラス作品

15328383_1222592377818357_1888480038_n
12/6 中川久美子さんのアクセサリー・重なりの美しさ

ss161212_code
12/8 yourwearのあたたかなニット小物


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です