【春のkata kata展】カラフルな作品が揃いました

4月5日(水)から型染や注染など、
昔ながらの染色方法でオリジナルの染布をつくるkata kataさんの展示がはじまりました。

天井からは、色とりどりの手ぬぐいをディスプレイ。
春の日差しに照らされ、気持ちもぱっと華やぐ店内です。

1枚ずつ丁寧に染め上げられた手ぬぐいは、
モチーフも様々。

kata kataさんの手ぬぐいには、
ひとつずつタイトルがつけられています。
そのタイトルから想像して広げると…
なるほどーと思うものや、想像通りと思うもの。
わくわくする世界が広がっています。

1枚ずつサンプルをご用意していますので、
ぜひお気軽に広げて、ご覧になってください。

がま口やティッシュケース、ハンカチなど、
オリジナルの染布を使った小物も届いています。

今回の展示案内のおハガキの猫は、お皿に。
トラネコ、黒猫は豆皿に、
青猫はすこーし大き目なサイズ。
愛らしい表情が大人気。

もうひとつ新作の豆皿は、オランウータン。
個人的にかなりツボです。

これからの季節に活躍する扇子。
kata kataさんの絵を、90年以上も京扇子を手づくりしている
京都の大西常商店さんが扇子へと仕立てています。
クジラ柄もあり、どちらも素敵。

昨日は、kata kata松永武さんが東京からお越しくださり、在店くださいました。
オリジナルのテキスタイルで仕立てたお洋服で一緒にパチリ。
武さんが「ざりがに」、わたしが「おおかみ」のテキスタイルです。
テキスタイルは、50センチ以上10センチ単位で量り売りしています。

スカートはもちろん、エプロンや帽子をつくろうかなと
じっくりお選びくださっています。

「おおかみ」のブルーのテキスタイルは人気でご用意分が完売してしまいましたが、
ご予約をお受けできることになりましたので、お声がけくださいね。



春のkata kata展
4/5-4/17

(4/11は定休日です)

【春のkata kata展 紹介ブログ】

春のkata kata展(2017年 4/5-4/17)
カラフルな作品が揃いました
少し先の夏を楽しむ道具
スタッフのお気に入り-手ぬぐい編-
スタッフのお気に入り-器・紙モノ編-
手ぬぐいなど、新アイテム入荷しました!
4月17日が展示最終日です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です