記憶のカケラを拾い集めるようなジュエリー。

浜辺で拾った桜色の貝殻
お気に入りの柄の包み紙
帰り道で見つけた、変わったかたちの木の実

「子どもの頃に 拾い集めてきた自分だけの美しいもの」
荒井美乃里さん、丸岡勇太さん、八木麻子さんによる
ジュエリーブランド「playground」の作品は、
そんな記憶のかけらをふっと思いだす、
あたたかみを漂わせています。

関東に工房を構え、ひとつずつドローイングをするように、ガラスを溶かして削り、
シルクの糸でつないで作られたネックレスやブレスレット、
ひとつひとつ仕上げられた耳飾り、指輪やピンブローチなどの小さなジュエリー。

playgroundさんの作品は、
札幌でははじめてのご紹介となります。

装うたびに ワクワクするような
愛おしい宝物の作品がシエスタラボに下記の期間、並びます。
5月31日は、playgroundのみなさんも、在店くださいます。


playground 記憶のカケラ
2017年5月31日(水)-7月3日(月)※火曜定休
期間限定販売 @Siesta Labo.

紹介ブログ
心おどるガラスのアクセサリー

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です