【限定商品】北海道の海の恵みを使ったスキンケア(ウェブショップ:9/5・21時~,直営店9/6より販売開始)

朝晩、ぐっと涼しくなったこの頃。
うちの娘は、朝起きてくると「寒いー」と開けている窓をしめていきます。
朝の気持ちのいい空気をもう少し楽しみたいんだけどな…と苦笑。

今週のはじめ、東京へ行ってきたスタッフからはまだ34度をあったと聞き、びっくりしつつ、札幌は一足早く季節が変わったことを感じています。

9月の限定商品は、海藻や塩など、北海道の海の恵みを使ったシリーズをつくりました。石鹸、スキンクリーム、シュクレ、バスソルトをご用意しています。

そして!!
サボンデシエスタ初のリップクリームも登場します。

実は、去年、9月になった途端、「急に乾燥するようになって、シエスタさんならあるかな?と思って」とお店にリップクリームを探しに来てくださる方が急増したのです。
その時から作ろう!と決めて、1年越しで準備を進めてきました。
みなさんに気持ちよく使っていただけるリップクリームができたと思っています!!
特徴などは、別のブログで詳しくご紹介しますね。

9月の限定商品もどうぞ楽しみにしていてください。

——————————
ウェブショップ:9/5 21時~
直営店、お取扱店:9/6~
——————————

さて。今日は石鹸の事をじっくりとご紹介させて頂きます。

ご用意したのは「塩と海藻の石鹸」。
「あれ?知っている?!」という方も、いらっしゃるのでは。
2014年末まで定番石鹸としてお作りしていた石鹸でとても気に入っていましたが、ラインナップ見直しの際に泣く泣く廃盤に。
再び作るのを私自身とても楽しみにしてた石鹸です。

うっすらと褐色がかかった色は、利尻産の海藻由来。
海藻に含まれるぬめり成分(多糖類)は、水分を保ち肌の潤いをキープしてくれる保湿成分。泡立ちも良くなり優しくもっちりとした泡になり、すべすべとした洗い上がりが特徴です。夏の終わりから秋にかけてぴったりの使い心地。

さらにミネラル豊富なオホーツクの天然塩を配合しました。
夏の疲れた肌をきゅっと引き締めてくれます♪

泡立てるとふわりと広がるのは、ゼラニウムとローズウッドのほのかにローズを感じさせる甘い香り。どちらも不安定な気持ちを落ち着かせるといわれる精油です。
秋のはじまりは、気持ちがちょっと落ち込みがちになることもありませんか?
そんな時にサポートしてくれるやさしい香りです。

新しい季節の始まりに、どうぞお試しください。

▼はじめての方へ。石鹸サンプルご用意しました!お申込みはこちら


【札花蜜】札幌のはちみつで作った直営店限定石鹸!

こんにちは さかいです。

みなさんは、実店舗「Siesta labo.」でしか買えない限定石鹸『札花蜜』(さっかみつ)があることをご存知でしょうか??
発売してから、1年が経ちました。

札幌近郊にお住まいの方だけでなく、
「普段はお店には行けないけれど・・・札幌訪問の時には!!」と
わざわざお店へお立ち寄りくださる方も多く、うれしい限りです。
(みなさま、ありがとうございます!!)

私たちのお店のある札幌は、
四季の変化も感じられ、自然豊かな過ごしやすいところです。
ぜひ一度、北海道へ、札幌へ、ご旅行に来ていただきたいな。
その時に、札幌のおみやげになるものを作りたいな・・・
という想いで2015年に店舗スタッフ、製造スタッフを中心に
シエスタの近くで採れたはちみつを使った石鹸を作ろう!と企画して
作ったのがこの石鹸『札花蜜』です。

2016年には、原料となるはちみつの巣箱や採蜜の様子も見学させてもらいました。

販売から1年が経ち、ただ今、パッケージのリニューアルを企画しております!!
実はサボンデシエスタには、イラストが得意な製造スタッフがいたり、
デザインを形にできるオンライン担当のスタッフがいたりと、みな多才!

それならば!!今回のリニューアルはパッケージデザインを自分たちの手で作ってみよう!と、素材や色を選んだり、ワイワイと企画会議を重ねています。
パッケージの紙質や厚さ、色、文字フォントなど決めることがたくさん!

この「札花蜜」は、使い心地がバツグンな石鹸です!
実は、スタッフの間でもトップを争う人気の石鹸と言っても良いかもしれません。
さらりとした洗い心地なのに、はちみつのおかげで保湿も〇
使用しているひまわり油は、肌への刺激も少ないオイル。
お肌にやさしく、バランスの良い石鹸なのです。
トドマツの精油で、ほんのりさわやかな香りにリラックスできます。

シエスタの定番や限定の石鹸と同様、「札花蜜」も製造スタッフが1つずつ丁寧にお包みして完成します!

リニューアル発売までは、あと一歩のところまで来ています!
企画を進めているスタッフで毎週ブログも更新予定です!
パッケージが変わる新しい「札花蜜」。どんな風になるのかお楽しみに♪

—————————–
●札花蜜の石鹸
価格 1,512円(80g)、324円(プチ)
販売場所 直営店Siesta Labo. 店頭のみ
—————————–

【関連ブログ】
【新商品】直営店Siesta Labo.限定『札花蜜』発売!(2016年7月6日)
【札花蜜】北海道の3素材を使った石鹸をこんな風に作っています


【muku展】遠いリトアニアに想いをはせて。

直営店で開催中の「muku 秋のはじまりに」も後半がはじまりました。

muku=無垢という響きから、日本のブランドだと想像される方もいらっしゃるのですが、実はリトアニアのブランドなのです。

今日はmukuの作り手のことをご紹介したいと思います。

デザインするのは、ドーヴィレとミンドウガスというよきパートナーでもある二人。
二人にはかわいい女の子がいることもあり、
最初は子供服からブランドがスタートしたmuku。

シエスタラボでの初期の展示の頃は、大人服に並んで、子供服も販売していました。
今思い返しても、とてもかわいい子供服でした!!

今は、大人服を中心でデザインしていますが、全て生地の状態で洗いをかけてから、一枚一枚ハンドカットで裁断し、丁寧に縫製。母親がこどもの服をお手製でつくってあげるような、暖かさあふれるお洋服です。

リトアニアは、国土の1/3は森林で、中世まで、日本と同様に自然崇拝の多神教の国だったそう。
二人は、自然の中にサマーハウスを持っていて、長い休暇はそこで過ごしています。
いつか訪ねたいと願うとても素敵な場所。

コツコツと直しつつ、今の形にしたサマーハウス。
屋根裏を整理する中で見つけたのが、この小屋の前の持ち主の方の古い写真。

こういった昔の人々の服装や、リトアニアの伝統的な民族衣装が、mukuのデザインのアイディアとなっています。
mukuの服はファッションというよりも暮らしの道具だと2人は言いますが、
そういった背景もあるのかもしれません。

例えば、今季の印象的なストライプの生地。

上の写真の女性たちのスカートや、エプロンとあわせて装う民族衣装のスカートに雰囲気を感じつつ、mukuらしいぴりりとした仕上がりに。

小さな襟、前ボタンのシンプルなワンピース。

後姿には、細かなギャザーが寄せられています。

実はこの雰囲気もリトアニアの民族衣装のシャツからインスピレーションを得ているそう。

遠いリトアニアから届くmukuの服。
ぜひこの機会にご覧ください。
「muku 秋のはじまりに」は、9/4まで開催しています。

▼mukuのその他のお洋服は、こちらからもご覧いただけます。


【頒布会】シエスタアイテムのある風景フォトコンテスト結果発表!!

皆さま、こんにちは。
ウェブショップ担当のスズキです。

今日は今年の頒布会会員様のための限定参加型企画『シエスタアイテムのある風景フォトコンテスト!』の結果発表をさせていただきます!

シエスタには時々、お客様から「こんな風に使っています♪」と、ご自宅での様子がメールで届くことがあります。商品をお渡ししたり、送らせていただいたりしてからは、私たちは商品のその後の様子を知ることができませんので、いつも楽しく拝見していました。そこで、ぜひ皆さまの元に届いたシエスタのアイテムがどんな風に使われているのか、どんなところに置いていただいているのかを知りたい!と思い、今回のフォトコンテストを企画させていただきました。

石鹸のパッケージを再利用している方、使い終わった容器に違うものを入れ替えて使っている方、ひと手間加えてオリジナルの物を作っている方など、たくさんのシエスタアイテムのある風景を送ってくださいまして、皆さま本当にありがとうございます!

スタッフ一同、「へえ~~!こんな使い方があったのか~」「ここまでしてくれるなんて…嬉しいね~」と楽しんで拝見させていただきました。どれも素晴らしい写真ばかりで選ぶのが難しかったのですが、スタッフ全員から投票をしてもらい、上位3名が決定しました!

それでは発表します!まずは3位から!!

北海道千歳市にお住まいのT様の「ステンドグラス&花瓶」が3位に選ばれました!おめでとうございます!!
T様からいただいた写真の説明をご紹介します。

「玄関の小窓に、石鹸の包装紙を当ててみました。光で程よく透けてステンドグラス風になりました!毎日の癒しです!ボディスプレーの容器を壁掛け花瓶にしてみました。色合いも綺麗で軽く、割れる心配もいらず。娘が摘んできたお花を飾っています!」

スタッフからは「一輪挿しとは!考えたなぁとビックリです」「ステンドグラスは思いつきませんでした」「ボディスプレーの容器まで使ってもらえるなんて!」という感想がありました。他にも空き容器を再利用してくださっている方の写真が、たくさんありました。T様、ありがとうございます!

続いて、2位を発表します!!

北海道札幌市のI様「小豆カイロ」が2位に選ばれました!おめでとうございます!!
I様からいただいた写真の説明をご紹介します。

「頒布会で頂いた手ぬぐい。とってもかわいいので日々の暮らしで使えるいい方法はないかなぁと考えていました。そこで思い付いたのが以前から気になっていた小豆のカイロ、小豆枕です。作り方は簡単。手ぬぐいを折りたたみ、周囲をぐるりと縫うだけです。手縫いでチクチク作ったので縫い目はガタガタですが。中に小豆を入れて綴じれば出来上がりです。使い方は電子レンジでほどよく温めてから、目や肩、お腹など好きな場所にポンと乗せるだけ。小豆の温かさがじんわりと伝わり、ホットタオルのようで気持ちいいのです!繰り返し使えるところもお気に入りです。」

スタッフからは「ナイスアイディア!」「実用的で、真似したいなと思いました」「私も欲しいなぁと思いました」という感想がありました。手ぬぐいの活用法として、とても参考になりました!I様、ありがとうございます!

お待たせいたしました!最後に1位を発表します!!

北海道札幌市のS様「スクラップブック」がほぼ満場一致で1位に輝きました!おめでとうございます!!
S様からいただいた写真の説明をご紹介します。

「今まで使ってきたSiestaさんの石鹸の包み紙やクリームのラベルなど…綺麗でもったいない!コレクター気質の私はクラフト紙のノートにペタペタ貼って、とっておきました。そのアイテムの香り、使い心地、自分にとって好みかどうか、またリピートしたいか…。またその季節に感じた空気感や、気に入った製品のコンセプトなど、なんでも書きこんで。これまた膨大なコレクションのマステなども 思いのまま貼ったりして。だんだん自分の好みの使い心地、香りが分かってきました。次はこの系統の石鹸やボディオイルが出たら多めにキープしよう、とか あの友人には あの石鹸とバスソルトを組み合わせて贈ろう…とか計画できて、便利な覚え書きとして活用しています」

スタッフからは、「そこまで…と感動です」「気が引き締まります。ラベルをこんなに綺麗にはがしていただいて…」「すごいです!そして嬉しい!シエスタと共に暮らしてくれているのが伝わりました」という感想がありました。ひとつひとつ丁寧にコメントを付けてスクラップしていただいて、スタッフ一同感激しました。
S様、ありがとうございます!

受賞者の皆様には、9月の頒布会商品と一緒にプレゼントを贈らせていただきますので、もう少々お待ちください。

皆さまのシエスタ愛がとても伝わってきた、今回の企画。本当に身の引きしまる思いを強く感じております。これからも、皆さまの暮らしに寄り添っていけたらとても嬉しく思います!

このように頒布会では、毎年色々な企画を考えて、皆さまに楽しく参加していただいております。来期のお申込みはもう少々お待ちいただくのですが、少しだけ試してみたい、今期の申し込みを逃してしまった!という方へ、頒布会トライアルコースをご用意しております。


★お申込みはこちら

会員様限定の特別な商品
トライアルコース予約受付(8/21・21時~)
【8/21より急募】頒布会トライアルコース(半年分)
【緊急告知!】半年間の『頒布会トライアルコース』をご用意します。

お申込み締め切りは明日までですので、ご検討中の方はお早めにお申込みください!


【新入荷】ウェブショップに曽田耕さんのバッグが入荷します!

先週、ブログで少しご紹介をさせて頂きましたが、ウェブショップに曽田耕さんのバッグが8月29日21時から入荷いたします。

とても人気のある曽田さんのバッグですが、ひとつずつ手作りで作られるので、入荷まで時間がかかり、私たちも首を長くして楽しみに待っていました。

今回届くのは2種類3サイズのバッグです。

SPLTトート

ラスカバン Sサイズ

ラスカバン Mサイズ

ヌメ革を1点ずつ加工しながら作る曽田さんのバッグは、
他にはない個性を感じつつも、洋服を選ばずに使うことができ、
季節問わず大活躍します。

いつものお洋服も、曽田さんのバッグを持つと、
雰囲気がぐっと良くなり、コーディネートの仕上げに。

ちょうど今直営店でご紹介しているmukuのお洋服にもぴったり。

また曽田さんのバッグはヌメ革ゆえの、経年変化も楽しんでいただけます。

左が新品のバッグ、右側が7年ほど使い込んだもの。
飴色に変わり深い色合いになっているのがお分かりいただけます。
新しいものと比べると、こんなに変わったのか!とびっくりするほどですが、
なんとも言えない、味わい深い色に。
色の変化も曽田さんのバッグの愉しみだと思います。

直営店シエスタラボでは、10月に曽田さんの個展も予定しています。
その前に、ウェブショップでも作品をご紹介しますね。
明日のアップを、どうぞお楽しみに!!
(数量がそれぞれ限られておりますことをご了承ください。)

—————————
曽田耕 バッグ 限定販売

ウェブショップ:8月29日(火)21時より
—————————