【木の器展・作品紹介】おおらかなフォルムと繊細な使い心地のカトラリー

渡邊浩幸さんの木の器展が、12月6日(水)からはじまりました。
あたたかみのある作品が店内に並び、とても素敵な雰囲気です。

初日は、たくさんの方がお立ち寄りくださいました。
ありがとうございます。

今回の展示会では、器、カトラリー、インテリアを彩るもの。
本当に様々な種類の作品を作ってくださった渡邊さん。
今日は、届いているカトラリーの事をご紹介します。

展示のたびに大人気のレンゲ。
口に触れる部分が、薄く薄く作られていて、
今までのレンゲの概念がひっくり返ってしまうような使い心地の良さ。
前回の展示会でも、人気の作品でしたが、
今回は新しいサイズも登場し、3つの大きさが並んでいます。

一番大きなサイズは、お食事に。
中くらいは杏仁豆腐などデザートに。
そして一番小さなサイズは、小さなお子さんに。

私は大切な友達が結婚するたび、
お祝いにプレゼントでも使わせていただいている大好きな作品です。

スプーン、フォーク。
ジャムスプーンにバターナイフ、そしてデザートフォーク。
カトラリーも様々。

アジアのカトラリーにヒントを得ることもある、とお話くださった渡邊さん。
どこかそんな雰囲気も漂います。

シンプルに見えますが、実際に手に取っていただくと、
そのフィット感に驚かされます。
手にあたる部分が、沿うようにやさしく丸く彫られているのです。

あら、かわいい♪と、
思わず笑みのこぼれるスプーンたち。
ベビースプーン、調味料スプーン、マドラー。

ベビースプーンと調味料スプーンは、上手にすくえるよう少し角度がついている心遣い。

そして。
中川ちえさんがご紹介されていたこちらの記事を読んで以来、
気になっていた味噌べらも届きました。
これからの季節、お味噌を仕込む方もいらっしゃるのでは。
味噌しごとが楽しくなりそうな作品です。

お茶の時間が嬉しくなるものも。
ミルクピッチャーとコーヒーメジャースプーン。
コーヒーメジャースプーンは、使うとだんだんと色が移り
程よい色合いに育っていくそう。

メンテナンスオイルはお手入れにひとつあると便利なアイテムです。
平澤まり子さんのイラストのシールが貼られた素敵な佇まい。

渡邊さんの本も販売していますので、ぜひご一緒にご覧ください♪

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

会期中、たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)で、
渡邊さんの器を使ってお食事がいただけます!

本展示に関するブログ一覧はこちらから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です