【渡邊浩幸 木の器展】いつまでも使い続けたい器

こんにちは さかいです。

シエスタラボでは、12月18日(月)まで、今年最後の企画展
『渡邊浩幸 木の器展』を開催中です。

今日は、私が使っている器たちと届いている器のことを・・・

私が使っている「スープボウル」。
ぷっくりとしたフォルムが気に入って選んだもの。
できるだけ毎日具だくさんのお味噌汁を作っていて、
いつもは、もっぱらお味噌汁用に。
この日は、寒くなると食べたくなるシチューにしてみました。

お気に入りのポイントは、カタチのみならず実用性。
木の器は、手にした時に外側まで熱くなりにくいので、汁物にもぴったり。
どんぶり用にも、サラダボウルとしても・・・
どんなものにも合うので、出番の多い欠かせない器なのです!
あまりに使えるので、もうひとつあったなら—と悔やまれることもしばしばです。

そして、白漆の器。
白いお菓子をのせてみました。
小ぶりの器は、お菓子用にちょどよい大きさ。
いつものお菓子が、ちょっとおめかしをしたような感じがします。

今回届いている器では、プレートもおすすめです!
12cm~24cmまでのパン皿は、大きさ違いで選ばれる方も。

木がトーストしたパンの湯気を吸ってくれるので、
カリッとしたトーストが楽しめることはもちろんですが、
大きいサイズのプレートは、ワンプレートに盛り付けるのにも十分な大きさです。

その他、オーバル皿やトレイも・・・

手になじみが良く、毎日の食卓に・・・でも大切に使っていきたくなる器です。

12月8、9日は渡邊さんが在店してくださりワークショップを開催しました!

参加のみなさんが作られたカトラリー、みなさんそれぞれに形を決めて
楽しそうに、黙々と彫られていました。
出来上がりは、もちろんすばらしくうらやましい!

今週中には、
京都 yugue(ユーゲ)さんよりお菓子が届きます。

パッケージもかわいい、おいしいお菓子です。お楽しみに♪

———

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
本展示に関するブログ一覧はこちらから。

 

会期中12月16日(土)まで、たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)で、
今月のごはんに、渡邊さんの器やカトラリーを使ってくださっています。

さっそく先日、お店スタッフでいただいてきました!
手にした時の木のあたたかさ、そして思わずおいしいね!と口にしてしまうごはん。
なんとも良いお昼時間でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です