【輝きのヒント】自分をほめてあげることを大切に(BlueBird tamamiさん)

SAVON de SIESTAのコンセプト『毎日の暮らしに、ココロがホッとするひとときを贈る』。『輝きのヒント』は、そんな暮らし方・仕事をしているみなさんに、お話を伺っていくコーナーです。

今回は、直営店Siesta Labo.で個展やワークショップの他、ベビー小物の販売でお世話になっているBlue Birdのtamamiさんにお話を伺いました。

Vol.02  BlueBird tamamiさん

BlueBird tamamiさん

今回お話を伺ったのは、高校時代の友人・hitomiさんと1999年に立ち上げたユニット『BlueBird』で素敵な布小物やお洋服を製作しているtamamiさん。直営店Siesta Labo.でも個展やワークショップのほか、ベビー小物の販売でお世話になっています。

実は、代表ツケシバアヤコが、tamamiさんがHPに掲載される素敵な暮らしぶりや、考え方に大学生の頃から憧れていた方でもあるのです!
私たちの出会いについてや、「BlueBird」の作品、お気に入りの暮らしの道具について、tamamiさんの素敵な自宅におじゃましてインタビューしました!
(インタビュー:ツケシバアヤコ)

─『BlueBird』で活動するきかっけを教えてください。

hitomiとは高校一年生のときに席が前後だったんです。仲良くなって、どちらかの家に行っては、ペンケースや、布のクリスマスリース、ティッシュケースなどを作っていました。その後、進学で一旦離れましたが、hitomiと共通の友人のウェデイングベアをふたりで作ってあげました。それを見た友人たちからも作ってとリクエストが来るようになったんです。どんどん注文が入ったのをきっかけに「BlueBird」を立ち上げて、お仕事として活動するようになりました。

そののちにウェディンググッズや、生活雑貨などをネットショップで売るようになりました。当時は今のようなオンラインショップなんてなかったので、メモ帳にhtmlを書いて自分たちで『BlueBird』のホームページを作って…大変でした(笑)

そのホームページをCHECK&STRIPE(※)の社長が見てくださって。それからCHECK&STRIPEの布で作品を作ったり、キットデザインをしたりと、お仕事を頂くようになりました。もう15年くらいのお付き合いになりますね。

※CHECK&STRIPEは、神戸発信の生地屋さんです。tamamiさん通じて、直営店Siesta Labo.では、年に1度、企画展も開催させていただいています。

BlueBird tamamiさん
─私(ツケシバアヤコ)は、大学生の時にtamamiさん個人のホームページを偶然見つけてからの大ファンなんです。会ったことのないtamamiさんのセンスの良さに憧れ、CHECK&STRIPEのことや今に繋がるたくさんの楽しみを教えてもらいました。

そのうち、アヤちゃんとやり取りをするようになったのだけれど、初めて会ったのはSiesta Labo.がspace1-15(※)にオープンしたとき。勇気を出して会いに行って声をかけたんだよね。それからお店で作品展を開かせてもらうようになって。子どもをおんぶしながら縫ったり、寝た合間の時間で作品を作ったり、大変だったけどやりがいがあった!(笑)本当に楽しかったです。

※space1-15は、2009年~2014年までSiesta Labo.がお店を構えていた場所です。

─tamamiさんたちが作るものは『BlueBird』の名の通り、幸せを運んでくれると思っています。お客様も本当に楽しそうに選んでますし、何よりお客様の立場になって作品作りをされていますよね。

自分でも持ち歩いたり、使ってみて良かったものを作品にしています。日常でちょっとあったら楽しいなというものを作りたいですね。普段可愛いものを身につけないから、バッグの中は可愛くしたいっていう女性も多いと思うんです。だから、可愛い小物が多いかな。

BlueBird tamamiさん
─シンプルな服装が多いtamamiさんですが、バッグの中の小物がいつも可愛いですよね!布選びにもこだわりがあるんですか?

この布がこういう形になったら可愛いんだろうな、と空想するのが好きなんです!探し求めていた生地に巡り合ったときはすごく興奮します(笑) アヤちゃんもそうだと思うけど、ものを作る人は出来上がった時を想像してワクワクしたり、不安になったりしますよね。でも作品をお客様が喜ぶ顔を見たり、お話しできるのが楽しいです。

布は、その人のセンスや組み合わせで全然違うものになりますよね。同じ白い布でも、小物を作る人や、ブラウスを作る人、スカートを作る人がいて、全く違う表情になるのが面白くて仕方ありません。

─娘が生まれた時にtamamiさんに作ってもらったブランケットは、今でも大事にしています。tamamiさんの作品は、暮らしに馴染むんですよね。

ワークショップなどお客様と接するときに、昔の『BlueBird』の作品を持ってきてくださったり、鍋敷きとして作ったものを子どものおもちゃとして使っていたり、ボロボロになるまで使ってくれているのを見ると本当にうれしいです!この方の生活の一部として楽しい思い出になっていたのかなと思いますね。

─日々の暮らしの中で大切にしていることはありますか?

睡眠です(笑)。それと夜、ビールをプシュッとあけたら、もうミシンには触らないと決めています。たまに自分を開放する時間を作るようにしています。何やってもダメだなって、自分の事が好きではない時期がありました。でもある時からもう少し自分を可愛がってあげて、今日頑張った自分を褒めるように気をつけています。今日洗濯した!っていう、ちょっとしたことでもいいんですよね。ダメだったことを数えるのではなく、できたことを数える。そういう風にしてから、作ることがより楽しくなりました。

あと、黒豆納豆もいいですよ(笑)朝に食べると疲れにくい気がします。

─tamamiさんのお家はいつも片付いていて、キレイ!何か気をつけているのでしょうか。

物の定位置を決めているという事ぐらいですよ。動かしたら戻す!行方不明にならないようにする!

BlueBird tamamiさん
─SAVON de SIESTAの商品でお気に入りはありますか?

スティックタイプのスキンクリームがすごく好きです。塗りやすくて便利ですよね。プレゼントに便利な商品が多いのがシエスタさんの魅力だと思います。ルームフレグランスは玄関で使っているんですが、子どもの学校のママ友が家に来て気に入って買いに行ってくれたようです。人工的な香りではないので、頭が痛くなりません。ちょっと体調を崩した方にも安心して贈ってあげられます。私は『花の香り』が一番好きで、優しい気持ちになりますよね。
今気になっているのは、サンプルを使ってよかったUVローション。早くお店に行かなくっちゃ!

BlueBird tamamiさん
─ルームフレグランスは、合成香料を一切使わないで、植物から採れるエッセンシャルオイルの自然の香りにこだわって作りました。

ありそうで、ないですよね。天然成分だけでできているのに、最後までしっかり香りも残っていて長持ちするところも気に入っています!説明書を読むと約1か月と書かれていますが、我が家では2か月くらいはしっかり香ります♪シエスタさんの商品は、求めていることに対してちゃんと返してくれるところに信頼感があります。

─背筋がのびます。お客様の期待に応えられるよう頑張ります!また『BlueBird』の個展もSiesta Labo.で是非開催してくださいね!

シエスタさんで展示会をするとハラハラしないんです(笑)。大船、いえ、シエスタ号に乗せてもらって違う世界に連れて行ってくれる。魔法をかけてくれるんです。本当に私たちの作品を良いと思って紹介してくれますよね。お客様にもちゃんと似合うものをおすすめしてくれるので、安心してお買い物ができますよね。愛を感じるので長くお付き合いしていきたいです!こんな素敵なお店、なかなか出会えないと思います!

BlueBird tamamiさん
2016年7月のCHECK&STRIPE展でのひとコマ。

BlueBird tamamiさん
訪れるたびに用意してくださる飲み物。しつらえが毎回すてきです。

BlueBird tamamiさん
tamamiさんの新作のポットカバー。

BlueBird tamamiさん
一目ぼれで購入したという急須と、器たち。

BlueBird tamamiさん
シンプルながら、センス良く並んだクッションカバー

——————————–

お会いするたび、元気をいただいているtamamiさん。的確なアドバイスをくれる頼りになるお姉さんのような存在であり、大切に残るものをお客様に届けたいというモノづくりに共感できる作り手のおひとりでもあります。

tamamiさんの想いに触れ、「作る」って楽しいなと改めて思うと同時に、暮らしを楽しむヒントを教えてもらった気がしました。

【関連リンク】BlueBird tamamiさん
a comfortable life(ブログ)
instagram(インスタグラム)
BlueBird(オフィシャルページ)

——————————–

ssrf10111
▲tamamiさんもお気に入りとお話してくださった「Room Fragrance」は、植物から抽出した精油を使い、合成香料を使用せず、自然の香りだけでつくりました。

1020_fragranceyomimonos
▲シエスタスタッフの使い方をご紹介しています。

1020_fragrancefair
▲10/31まで、1本ご注文ごとにバスソルト(しっとり)をプレゼントする、フレグランスフェア開催中です。

——————————–

0617_hinto01
「輝きのヒント」過去記事はこちらからご覧ください。


【企画展】身近な自然を感じる花器

おはようございます!
お店スタッフ・荒木です。

和田麻美子さんの展示がもうすぐに迫り、
私たちもとても楽しみにしています。

araki3

今日は私が選んだ和田さんの器のことをご紹介したいと思います。

選んだのは、独楽を連想させる不思議な形の花器。
やさしい色合いのグリーンがお気に入りで、
落ちたばかりの「いが栗」の緑に似ているなと思いました。

色とりどりの色彩が素敵な和田さんの作品ですが、四季がはっきりしている長野の自然からインスピレーションを得ていると後から教えて頂き、納得!
身近な自然の何かの色に似ているから、見ていてなんだかほっと落ち着くのかな?と感じています。

araki2

シンプルにドライの植物をさして飾るのも素敵。

araki

また、お気にりの場所に、他のものと組み合わせてオブジェとして飾ってみると、
一枚の静物画を見ているような空間が出来上がりました。

器を選ぶとき、どうやって使おうかと色々考えてしまいますが、
和田さんの器はただただ直感で自分のお気に入りを選んでみるのもよいですよ。

そして、その器から自然に広がっていてく世界を楽しんでほしいです。
9月21日~はじまる「和田麻美子陶展」、どうぞお楽しみに!


【日々】webチームに新スタッフが加わりました!

時々「スタッフさんは何人いるんですか?」とご質問をいただく私たち。
新しいスタッフも増え、17名のスタッフで毎日仕事をしています。

5月からは、ウェブショップチームに新しいスタッフ・鈴木が加わりました!
みなさまとメールなどでやり取りをさせて頂くことも多く、
ブログでもこれから記事を書いていくことになりますが、
今日はまず自己紹介をさせて頂きますね。
ぜひお付き合いください。

160826-suzuki

みなさま、はじめまして!

5月から新しくWEBショップのスタッフに加わりました、鈴木美幸(すずきみゆき)です。

すでにオンラインでご購入してくださった方は、メールの挨拶文に鈴木の名前が入っていたので、あれ?と思われていたかもしれませんが、きちんとご挨拶するのはこれが初めてとなります。

出身は神奈川県横浜市。
関東の暑い夏から逃れ、札幌へ単身飛び込んできてから、
あっという間に12年が経ちました。

札幌は冬は大変ですが、それすらも魅力に感じるほど、
私の第二の故郷になっています。

毎日の暮らしにほんの少し関わることのできるお仕事がしたい、
そんな風に思っているところに、シエスタのスタッフ募集を見つけて、
思い切って応募しました。

石鹸だけではなく、雑貨や衣類など色々な企画展を開催して、
“毎日の暮らしに、ココロがホッとするひとときを贈る”という
コンセプトにとても共感しています。

現在3歳の娘と夫の三人暮らし。
休日は円山公園や知事公館へお散歩に行ったり、
家でのんびり過ごしたりすることが多いです。
今はあまり時間がなくてできていませんが、編み物が好きです。

image

仕事と暮らしが一緒になるような、そんな気持ちを大切にして、
みなさまの暮らしに少しでもホッとするひとときをお届けできるよう、
これからお手伝いをしていきたいと思っていますので、

どうぞよろしくお願いします。


【muku展】新しい自分を発見できる服。

muku0826-4

こんにちは。
お店スタッフの荒木です。

お店で開催中のmukuのお洋服展。
2週目もたくさんの方に足を運んでいただいています。
ありがとうございます!!

ちょっとボーイッシュな感じが好きな私は、
mukuのお洋服の中でもパンツがお気に入りです。
履き心地の良さ、形の良さ。
どれをとっても私のツボなのです!!
身につけると、不思議と自分らしくいられるというのが良いのです♪

muku0826-2

でもmukuのワンピースを着たときに、自分でもびっくりの大きな発見が。
いつもと違う自分の中の『女性らしさ』を引き出してくれる気がしたのです。

もう何年もワンピースを着たことのなかった私ですが、
実際に着てみると、襟もとのラインの美しさ、
歩くたびにふわふわと揺れるギャザーの入ったスカートの裾。
自分の中の女子が目覚める、そんな一着です。

muku0826-3

普段使いにもよし、アクセサリーなどでアレンジすれば、ちょっとしたお出かけにも使える、出番の多い1枚となること間違いなしです。
私はシンプルにイヤリングと合わせるのがお気に入り。

muku0826-1

mukuは先入観なしに、いつもの自分と違うテイストでも試してみることをおすすめします。新しい自分を発見できますよ!

muku 凛とした秋冬の装い
8月17日~8月29日

sswk160910

松風・渡辺麻里さんの9月の和菓子教室の募集が、8月27日11時よりはじまります。

日時や内容など詳細はこちらをご覧ください。

▶松風さんの初秋の和菓子教室、お申込みはこちら
(11時になりましたら、リンク先にページが表示されます。)


【muku展】着てみることでわかるその魅力。

160824-yuhara02

こんにちは。
お店スタッフ柚原です。

mukuのお洋服が並び始めてからの一週間は、荒天の日が多かったですね。
みなさま、ご無事に過ごされていますでしょうか。

お越しいただいたお客様の中には、これまでのコレクションでお選びのお洋服を着てきてくださる方が多くいらっしゃいました。
その姿をみるたび、あ~やっぱりすてきなんだなぁ!と改めて感じています。

mukuのお洋服は毎回、パンツを選ぶことが多い私。前回の秋冬はすっきりしたシルエットと肩ひも付きなのが特徴のパンツに心を奪われましたが…心を鬼にして購入しませんでした。
でも、後日みなさんがはいてらっしゃるのを見るたび、「うわー想像していたより、もっといい!」とうらやましくみています。

ハンガーにかかっている時にはわからないのです。
mukuの服は、実際に着てみることで、そして動いてみることで、
デザインや着心地の良さがとてもわかるんです。

またパンツに限らず、すべてのアイテムが、雰囲気は似ているのに、コレクションごとにみごとに別物。お時間のある方はどんどんご試着してみてることを、おすすめします!!

今回も、一部、過去のコレクションから即売するアイテムもいくつかご用意しています。これまでのものの良さもたのしんでください。

160824-yuhara01

冒頭で私がうらやましがっていた肩ひも付きパンツ、いつもなら「残念だったねぇ」とあきらめるところですが…
昨年とても人気だったため、
なんと、今回もオーダーを受け付けてくださることになりました!
うーん、うれしい悩みが増えました!

最後にすこし、今季のお洋服をご紹介します。

muku2016秋11
クロップドトップス×ポケットスカート

muku2016秋17
チュニックドレス×スカート

リトアニアの地から届くmukuの秋冬のお洋服、8月29日までの会期で、ご予約を承っております。
どうぞお立ち寄りください!


author page