【定番石鹸】今月は米ぬか配合!『ひとつの蜜の石鹸』

こんにちは、さかいです。

ここ数日、暖かい日が続きようやく長い冬が終わり、
春になったなぁ・・・と実感しています。

さてさて、今月の定番石鹸紹介は
『ひとつの蜜の石鹸』です。

『ひとつの蜜の石鹸』とは・・・
もともと2013年2月の限定石鹸としてお作りしたもので、
使い続けたい!!というお声も多くいただき
定番石鹸に仲間入りしました。
私も、その時また使ってみたいなぁ~と思ったひとりなのです。

木綿の袋に入れた米ぬかは、お肌の洗顔料として
日本の女性に愛されてきたスキンケア素材。
優れた保湿効果を持っていて、お肌がもっちりツルツルに。
米ぬかに含まれているビタミンEやカルシウムがお肌に栄養を与えてくれます。

当時のスタッフみんなで、さらにプラスするアイテムを
何にするか「うーん」と相談。
いろんなアイディアが出てきた中で、
全員一致で「それだ!」となったのが黒蜜!!でした。
石鹸にお砂糖成分を入れると保湿効果がアップするのは、
シエスタの石鹸ではすでにみんな実感済。

黒砂糖で作られる黒蜜なら、間違いなく
良い使い心地になる石鹸が出来る!と想像できたそうです。
(ちなみにシエスタには、『ふたつの蜜の石鹸』というものもあり、
これにはメープルシロップとはちみつの2種類の蜜が使われています!)

黒蜜が入っていることで、泡立ちもよく、簡単にフカフカの泡の完成。

そして…洗った後のお肌。
米ぬかの保湿とスクラブ効果で、お肌がもっちりすべすべになるんです。

思い入れのある石鹸。
こだわりポイントもあります。

○米ぬかは農薬が一番残りやすい部分です。
今回の石鹸で使った米ぬかは、完全無農薬米のコシヒカリの米ぬかを探して使用しています。
かなり細かく引いてあって、まるできなこのようにさらさら。

○黒蜜も有機黒蜜を使用。
肌に良いだけじゃなく、安心して使える素材にこだわって作っています。

以前この石鹸を作ったときには、『保湿』を重視して、
米ぬかエキス配合のバスソルトも作ったとのこと。
和の香りが漂う柑橘をイメージした香りで、オレンジとヒノキの精油で香りをつけたそうです。
お風呂上がりのお肌がかさかさせず、しっとりとしたお肌になるんですって。
これは、私も試したことがないのですが、聞いてみるとなんだか使ってみたくなりました。
「機会があったらいつかまた作りたいなぁ・・・」と言っていたので、
期待して待ちたいと思っています。(笑)

来週は『ひとつの蜜の石鹸』製造裏話をお伝えします。お楽しみに!

『ひとつの蜜の石鹸』ご購入はこちらから


【暮らしのコラム】お味噌さん

こんにちは、さかいです。

通勤途中に早くもスノードロップが咲いていることを発見し、
春の訪れを感じていた矢先の先週の雪・・・
また、たっぷりと積もった雪に、
咲いていたスノードロップも覆われてしまっていました。
どうしているかな?と心配していたのですが、
先日見たら雪もとけ、元気に顔を出していました!
小さな白いお花に力強さを感じ、なんだか誇らしく思ってしまいました。(笑)
日当たりの良い場所では、クロッカスも咲き始めていて、さすがもう4月。
春めきを感じています。
どどーーーん

このこけしさん。3年物の手作りお味噌を入れておりました。
3年前、お店が移転する前にシエスタラボで行われた
最後のワークショップが「お味噌つくり」でした。
この時、お手伝いとして参加し、一緒に作り、少しお持ち帰りさせていただいたのです。
熟成途中に1度はカビの危機にさらされましたが、なんとか乗り越え、食べてみたら
そのおいしいこと!!
ひとりで食べるのがもったいなく?家族や友人が来た時のお味噌汁などに少しづつ使って
残りが少なくなり、眠らせておりました。

なくなってしまう前に、作りたいな・・・と思いつつ年が明け・・・
2月が終わり、3月になり・・・気づけばもう4月。
結局作れずじまい。
ついに、残りのお味噌でお味噌汁を作り、食べました。
そんな日の朝食です・・・
(にんじんが好きで、スティックにしてほぼ毎日1本ポリポリと食べています)

さらにまろやかになった大豆感がたっぷりのお味噌汁はやはりおいしかったです。

お味噌作りも冬がオススメと聞きますが、特に時期は関係ないとも聞くので
時間を見つけて、やはりまた挑戦したいなぁ。。。

今年もまた、お店スタッフで梅干し作りにも挑戦したいな。

やりたいことがたくさんで時間がたりないーーーいとあせっております。(笑)


【定番石鹸】雪肌石鹼vol.3 雪肌石鹸,ここが好き!!

こんにちは さかいです。
今月ご紹介しています「雪肌石鹸」
今日は、雪肌石鹸、ここが好き!!をご紹介していきたいと思います。

お店でも、リピートして使ってくださる方が多い雪肌石鹸。

オンラインショップのレビューに寄せてくださるお声でも
「きめ細やかな泡立ち」「香りに癒される・・・」「しっとり感が好き!」
と言ってくださる方が多く、うれしく思います。

シエスタスタッフでも、雪肌石鹸愛用者が多いのです。
今日は、愛用中の製造スタッフに聞いてみました!
やはり、「泡立ちの気持ちよさ、洗い上がりのお肌のつるっと感が好き。
和の香りも好みなので、ついつい使い続けてしまう」とのこと。

酒粕を使っていることが特徴のこの石鹸。
初めての方、おみやげに・・・と選んでくださる方にも
・北海道小樽で作られた酒粕を使っていること
・美白効果があるともいわれている
など、酒粕効果で自信をもっておすすめできる石鹸です。

先日、スタッフで行った小樽田中酒造さんの見学。
DSC_0252
当たり前といえば当たり前なのですが、知らない工程がたくさん。
酒粕のできる過程もお話しいただき
終始「ほほーーー」と聞き入ってしまいました。
DSC_0247
見学のあといろいろ試飲させていただき
シエスタで使っている酒粕はこの日本酒の副産物なのね!とありがたく
ちょうだいしました。(笑)
酒粕や麹をおみやげに買ってきたので、
お菓子や甘酒を作ってみたいと思っています。

次回ブログでは、田中酒造さん見学の様子を詳しくお伝えします!

定番石鹸「雪肌石鹸」ブログ
vol.1 【定番石鹸】雪肌石鹸のご紹介
vol.2【定番石鹸】こちら現場です!

定番石鹸「雪肌石鹸」ご購入ページはこちらから。


【企画展】sasaki hitomi アクセサリー展のお知らせ(3/1-3/13)

こんにちは、さかいです。
まだ冬の気配たっぷりの札幌ですが、気持ちはどんどん春に近づいています。

みつばちトート

先日ご案内させていただいたように2月の企画展は「みつばちトート展」。
いよいよ来週からはじまります。
今回もカラフルな店内になりそうで、今から楽しみにしています。

そして、少し早いお知らせですが、3月のシエスタラボの企画展は、素敵なアクセサリーを作られるsasakihitomiさんの個展を開催します。

IMG_7351

植物などで、ネックレスや耳飾りなどを作っている佐々木ひとみさん。
シエスタでは、約1年ぶりにご紹介できることになりました。

151111-sasakihitomi02

151121-sasakihitomi7

sasakihitomiさんの作品は、身につけていると必ずと言ってよいほど
「それはどなたの?」とか「ステキだね!!」と言われるので、
うれしくてにんまりしてしまいます。

1月に金沢のアトリエでおじゃましてきたのですが、
前回のご紹介からも新作がたくさんできていて、次はどれにしようか・・・と
ワクワクしながら帰ってきました。

そして、個展開催中に、ワークショップもしてくださることになりました。
今回は「バレッタ作りのワークショップ」です。

IMG_7356

トントン カンカン 工具を使って模様を作り、バレッタにチクチク縫い付けて完成。
盛りだくさんなワークショップ。
特別なひとつを作りませんか?

sasakihitomi ワークショップ バレッタ作り

日時:3/2(木) 11時~(2時間から2時間半ほど予定しています)
定員:6名
参加費:3000円 (季の菓子工房しゅうのお菓子付き)

IMG_7358

実際につけていただくこと、こんな雰囲気に。
2/16よりご予約を開始します。
素敵な作品を、sasakiさんと一緒に作ってみませんか?

ご予約お申し込みページはこちら(2/16 11時より表示されます)


【暮らしのコラム】季節を愉しむ・・・・・を目標に

こんにちは
さかいです。

1月もあっという間にすぎてもう半ば。
1/20頃は七十二候でいうと「款冬華 ふきのはなさく」
雪の下からふきのとうが顔をだす頃。
ここ北のまちは、毎日が寒くて雪もたんまり・・・
でも、その雪の下では着々と次の季節の準備が進んでいるのですね。

季節を感じる、昔ながらの日本の暮らしの暦
二十四節気、それをもっとこまかに分けた七十二候。
これを毎日にもいかせたら~と思いつつもしきれていなかったここ数年(笑)
image3
この本も数年前に買ったのだけれど、なんとなーく眺めて終わってしまっていたなぁ・・・

今年は折々に目を通し、無理せず自分らしく取り入れていきたいなと思っています!
image2
これは、トコトコ季語かるた。というもので
昨年 CONTEXT-Sさんにてひらかれた高橋和枝さんの個展で見つけました。
高橋さんのやさしい絵と春夏秋冬それぞれの季語を使った俳句のかるた。
季節が進むごとに、選んで飾っています。
毎日見るたびに和まされ、四季がはっきり感じることができるところに住んでいるのだから、そこをうまく表現していきたいなと思うのです。

滞りがちだったお手紙書き。
友人たちに季節の便りもしていきたいな。
郵便局へ立ち寄るとついついかわいい切手を見せてもらい選んでしまいます。
先日見つけた切手。
季節を感じるものではないかもしれないけれど、安野光雅さんの切手
気持ちがやわらいでいくような、すてきな切手です。
童画のノスタルジーシリーズの切手。安野光雅さんは第4集。
思えば、第1集の酒井駒子さんの切手からすべて買っていました。
image1
ついつい脱線してしまいましたが、四季を愉しむ。
季節の移ろいを逃さぬように過ごしたいな。
これが忘れがちだけれど、いつもココロにあることなのだなと思うのです。


author page