【渡邊浩幸 木の器展】いつまでも使い続けたい器

こんにちは さかいです。

シエスタラボでは、12月18日(月)まで、今年最後の企画展
『渡邊浩幸 木の器展』を開催中です。

今日は、私が使っている器たちと届いている器のことを・・・

私が使っている「スープボウル」。
ぷっくりとしたフォルムが気に入って選んだもの。
できるだけ毎日具だくさんのお味噌汁を作っていて、
いつもは、もっぱらお味噌汁用に。
この日は、寒くなると食べたくなるシチューにしてみました。

お気に入りのポイントは、カタチのみならず実用性。
木の器は、手にした時に外側まで熱くなりにくいので、汁物にもぴったり。
どんぶり用にも、サラダボウルとしても・・・
どんなものにも合うので、出番の多い欠かせない器なのです!
あまりに使えるので、もうひとつあったなら—と悔やまれることもしばしばです。

そして、白漆の器。
白いお菓子をのせてみました。
小ぶりの器は、お菓子用にちょどよい大きさ。
いつものお菓子が、ちょっとおめかしをしたような感じがします。

今回届いている器では、プレートもおすすめです!
12cm~24cmまでのパン皿は、大きさ違いで選ばれる方も。

木がトーストしたパンの湯気を吸ってくれるので、
カリッとしたトーストが楽しめることはもちろんですが、
大きいサイズのプレートは、ワンプレートに盛り付けるのにも十分な大きさです。

その他、オーバル皿やトレイも・・・

手になじみが良く、毎日の食卓に・・・でも大切に使っていきたくなる器です。

12月8、9日は渡邊さんが在店してくださりワークショップを開催しました!

参加のみなさんが作られたカトラリー、みなさんそれぞれに形を決めて
楽しそうに、黙々と彫られていました。
出来上がりは、もちろんすばらしくうらやましい!

今週中には、
京都 yugue(ユーゲ)さんよりお菓子が届きます。

パッケージもかわいい、おいしいお菓子です。お楽しみに♪

———

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
本展示に関するブログ一覧はこちらから。

 

会期中12月16日(土)まで、たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)で、
今月のごはんに、渡邊さんの器やカトラリーを使ってくださっています。

さっそく先日、お店スタッフでいただいてきました!
手にした時の木のあたたかさ、そして思わずおいしいね!と口にしてしまうごはん。
なんとも良いお昼時間でした。


【yourwear】ニットであたたかな冬を・・・

こんにちは さかいです。

あっという間に11月も終わり…
週間天気予報を見ると、1週間 雪マークが。
そして、気温もマイナスに。
本格的な冬に突入しそうです。

寒い冬に大活躍してくれるニットアイテムは必需品。
マフラーに帽子に手袋に・・・
歩くことが多い私はしっかりと防寒装備をして外へとくりだします。

シエスタでは、昨年よりこの季節に
『yourwear』(ユアウェア)さんのニットをご紹介しています。


~yourwearさんのホームページより~
yourwear は秋冬のためのニットのブランドです。
私が生まれ育った北東北は、一年の約半分、吐く息が凍ってしまうような寒さと薄いグレーの空に覆われる冬の季節です。
窓の外、ただただ降る雪を眺め、ストーブにぴったりと寄り添って静かに過ごす時間の永いこと。。。
春の雪解けや、初夏の芽吹きを待ちこがれながら、寒さの中でカシミヤのセーターやハンドニットの柔らかなぬくもりに包まれる冬の生活も、楽しく、美しく、豊かなものです。

yourwear は「あなたの衣服」という意味。
着る人、使う人の個性を描ける、シンプルで余白のあるデザイン。
そんなニットで温かな冬が過ごせたら、と思っています。


このラムウールのポンポンニットキャップは本当にあたたか。
ひとつひとつ手編みされた帽子です。
立体的なケーブル柄が、雰囲気を出してくれます。

実は、被りたての時は少しきついかも??(笑)と思い被っていました。
愛用して1年後の帽子は、自分の頭になじんで、より被りやすいものになりました。
左が頭の形になじんできた帽子。右が新品です。

昨年は、ボブだった髪型も1年でずいぶん伸びました。
この帽子は、ショートヘアにも、ボブにも、ロングヘアにも・・・
髪型問わず気軽に被れるものうれしいポイントです!

寒い季節に、手作りのぬくもりが感じられるものが身近にあると
それだけで幸せな気持ちになります。

直営店「シエスタラボ」とオンラインショップでは、
12月もyourwearのニット帽とストールをお取り扱いいたします。
2色ずつご用意していますが、数量限定となりますのでご了承ください。

直営店にご来店可能な方は、ぜひご試着してみてくださいね!

▼商品の詳細、オンラインショップでのお買い物はこちら


【暮らしのコラム】季節を満喫!

こんにちは、さかいです。

雪がちらほら舞い始めたこの頃。
白い雪に一面覆われる季節ももうすぐそこまで来ていますね。

先日、「いいものを見せてあげる!」と
友人が山へ連れて行ってくれました。

笹やぶを抜け、針葉樹のゆるやかな傾斜の山を登り、たどり着いた先には、「きのこ」が!!

ムラサキシメジという種類らしく、菌輪上に発生するきのこ。
いくつもいくつもニョキニョキ顔を出していました。

自然のきのこに大興奮!!
ただ、このムラサキシメジは埃っぽい?土っぽい味であまりおいしくはない・・・
とのこと。
ほんの少しだけ採らせてもらいました。

きのこ狩りはもちろん楽しかったのですが、
森の空気のキレイさは格別でした。

不安定なお天気の中行ったのですが、途中から雨が本降りになってきました。
静まり返った森の中。空気がとても清々しかった。
葉っぱが傘の代わりになってくれて、さほどぬれることもなく
下りてくることができました。

この日の夕食には、きのこのシチューの差し入れが♡
採ってきたムラサキシメジも、もちろん入っていました。
味を聞いていたので、恐る恐る食しましたが、、、
シチューのクリーミーなおいしさが勝っていたのか、
土っぽい味は気にならず、おいしくいただきました。

季節を感じる、自然を感じる日々は当たり前なんだけれど、贅沢な時間だなぁ・・・
冬には、何をしようかな・・・
まずは、雪が積もったら雪だるまを作ろうかな。

 


【closet展】手をのばしてしまう服–Houttunia cordata–

こんにちは、さかいです。

11月20日(月)まで、シエスタラボにて開催中の企画展『closet -お気に入りのある日々-』。
今日は、Houttunia cordata(ホーチュニアコダータ)さんのお洋服のことをご紹介します。

Houttunia cordata 中臣さんにお会いしたのは、
東京の中臣さんのお店「coromo-cya-ya」を訪れたときでした。
とても清潔感のある、凛々しい方という印象で、初めてお会いした時点で
この方の作るものに、間違いはない!!と思わせてくれる魅力的な方。
カフェと洋服などのセレクトショップが隣り合わせになっている「coromo-cya-ya」でランチをいただいたのですが、おいしくて居心地の良い空間です。
おなかに余裕があれば、デザートも・・・と思っていたのですが、この日は断念。
後日、タルトもすっごくおいしいよ!!という情報を入手し、
食べられなかったことが悔やまれるーーー。
次回、東京へ行ったときにはぜひまた立ち寄りたいな♪と思わせてくれるお店です。

さてさて、my Houttunia cordataは
「スタンドカラー 白シャツ」と「リネンスカート ネイビー」です。

私が選んだ時はワンサイズ展開だったので、サイズ1を着ています。
(※現在は2サイズ展開になりました。)
シャツのサイズ感も袖丈の長さも、本当にジャストサイズ!!
オーダーではないのに、こんなにもジャストな洋服に出会ったことは初めてかも。

一度にたくさんは選べないので、今回はシャツだけにしようかな・・・
と思いつつスカートを試着してみたら、
スカートのシルエットのキレイさにやられてしまいました。


ウエストは、ゴムを使っていなくひもで調整するタイプ。
生地をたっぷり使ったスカートで、一見太って見えるかな??
と思ったのですが、長さもあるのですっきりと着ることができます。
なにより、ドレープのでき方がとっても素敵なのです!!
これは、スタッフゆはらとも毎日のように「生地の波うち感がたまらないね!」
と話し、試着をしています。(笑)

私は、シャツもスカートも洗いざらしのまま着ています。
しわ感はあまり気にならないなぁと思います!

シャツは写真のように inにして着ることが多いのですが、裾のカットのラインもキレイなので
下に合わせる洋服によっては、外に出して着ています。

スカートも手持ちの洋服との相性も良く、着回しも○。
またひとつ、長く付き合える洋服と出会えたなと思っています。

【お知らせ】
11/16(木)、Chappoのベレー帽などが追加入荷しました!ベレー帽の中には動物が隠れていますよ!

———–
11月の企画展「closet -お気に入りのある日々-」

会期:11月8日(水)-11月20日(月)※11月14日は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)

他の作家さんのご紹介や展示風景は、こちらからブログ一覧をご覧いただけます。
———–


【closet展】paisanoさんを訪ねて・・・

こんにちは、さかいです。
実店舗シエスタラボでは、11月20日(月)まで、
3人の作り手の作品をご紹介する企画展『closet お気に入りのある日々』を開催中です。

柿渋染めの鞄や、お財布などの革小物を出展いただいている
paisanoさんを初めて知ったのは、昨年訪れた大阪の「灯しびとの集い」。
作り手たちが集まり開催される、
それはそれは見ごたえ十分楽しいイベントです!
その中で気になり、手にとってみたのがpaisanoさんの作品でした。

シンプルかつスマートな革小物、そしてご自身で柿渋染めしたリネンのカバン・・・年齢のせいか(笑)少し落ち着いた毎日を過ごしたい・・・
と思う私はときめいてしまったのでした。
いつか札幌でご紹介したいな・・・と思っていたところ、
私たちも出展させていただいた「にわのわ」というイベントで
ご一緒させていただいたことがきっかけでした。

この夏、大分県竹田市に移住した
paisano 小河さんの工房におじゃましたのは9月のこと。
飛行機からは富士山も見え、幸先好調!!
と心弾んだことがつい先日のことのようです。

paisanoさんが工房を構えるのは、
廃校になった中学校を作り手に貸している竹田総合学院という施設です。
竹工芸や陶芸などさまざまな作り手の方が入居されていました。
paisanoさんの工房は、旧理科室。
もともと室内にあった棚などは、そのまま利用しているとのことで、
なんともかっこよく、整理された工房でした。

ちょうど外に、カバンを作るために裁断され、柿渋染めしたリネンが
干されていました。

ご自身で手掛ける柿渋染め。
天候により、染め具合が左右される難しいもの。と聞いたことがありますが
だんだんと、好みの色で染めることができるようになってきたとのこと!

作品を鏡で合わせてみたり・・・
使い勝手の良さそうな大きいサイズのトート。
お洋服を選ばずに、ガシガシと持ちたくなります。

初めての九州。ちょっと遠い旅でしたが、訪ねることができて本当に良かった。

拠点の竹田市は城下町で風情のある街並みでした。
足早な旅で、散策はできなかったので、ぜひともゆっくり再来したいな。
と思っています。

その後、paisanoさんのお財布が忘れられなくて、注文させていただきました。
とってもお気に入りのアイテムです!

アコーディオンのように広がるマチの広さ。
探し物がすぐ見つかります。

paisano・小河さんに伺うと、縫い目がない部分を作っていることもこだわりのひとつ、とのこと。

私はこのホック(金具)も気に入っています。特注だそうです!
初めは固くて開閉がしずらいかもしれませんが、すぐに気にならなくなりますよ。


革製品は、使い込むほどに味わい深くなる経年変化も楽しみのひとつですよね。
企画展にいらしたpaisano・小河さんの私物のお財布も借りて、比べてみました。

左から、
・約半年使用した小河さんのお財布
・約2カ月使用したさかいのお財布
・新品のお財布

だんだん艶がでてくるんですね!
私のお財布もどんな変化を見せてくれるか楽しみに持ち歩きたいと思います。

———–
11月の企画展「closet -お気に入りのある日々-」

会期:11月8日(水)-11月20日(月)※11月14日は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)

他の作家さんのご紹介や展示風景は、こちらからブログ一覧をご覧いただけます。
———–


author page