【暮らしのコラム】太陽はどこに。

こんにちは、お店スタッフのかわまたです。

夏至も過ぎ7月…夏真っ盛りですね~とお伝えしたいところですが、北海道はそうも言えないお天気続きです。例年だと庭のラベンダーを「暑いよ~」とぶつぶつ言いながら刈り取り、カラっとそのまま干して、新しいラベンダーの香りに包まれている時期。どうしたんでしょう、太陽が見当たらないです。

前回のコラムでは、はりきってハーブ用の土の用意までしたところをお伝えしましたが、さてその後の我が家のハーブたち・・・

【暮らしのコラム】ハーブティーの魅力(2018年4月のブログ)

まずはホーリーバジル。
寒さが残る5月。かろうじて何とか発芽!

束の間の暑さで少し大きくなりましたが、結局また寒さに耐えきった6月。葉っぱもほんの少し大きくなりました。

今年初めてコリアンダーの苗を買ってみました。

私が育て方を全然勉強していなかったので、わずかの収穫しかなりませんでした。
葉っぱを洗って、刻んで、天日干しにして保存してみました。


スープやお肉料理、サラダにもパラパラっと。一気にアジアンな気分♪

先月は晴れた日に押し花でもやってみよう~と思いつき、花をちょきちょき。
アイロンで一気に押し花にするという技でやってみました。
意外に黙々と細かい作業で、集中力が試されます。
雑草のようにいっぱいの忘れな草もこうすれば、きれいを楽しめるということがわかりました!

押し花ってこんなに簡単に、しかもなかなかの仕上がりでできるんだーという話を友人にしたところ、その友人からなんともオシャレな押し花のソープディッシュをもらいました。

生活の中にお花があるってやっぱりよいなぁと思う日々。
早く太陽が照ってくれる日がきてくれないかしら~。


【暮らしのコラム】初夏の小樽で「侘びサビ」を感じる

こんにちは。お店スタッフあらきです。
6月になって、木々の緑がぐっと濃くなり、日々成長して、
様変わりする植物の生命力に、なんだか元気づけられる毎日です。

冬の間、引きこもりしていた私も、休みの日に天気が良いと、
嬉しくなって、外に出かけることが多くなります。

先日は、小樽に行ってきました!
小樽といえば、観光地として有名ですよね。
古い建物があったり、素敵な雑貨屋さんやカフェもあり、
私も小樽の街巡りは大好きです。

でも、今回は街巡りではなく、
「ぶらぶら港歩き」をしてきました。

「港には何も無いじゃない」と思われるかもしれませんが、
私にとっては、大好きなものがいっぱい。
それは、「錆」です。
港には、潮風にさらされて、経年変化で錆びたものがあちらこちらに。

なぜかとても心が惹かれるのです。

のぞき穴発見!(たぶんロープを結ぶ穴)
覗いてみたり。

これは、船止めなのですが、
私には、宇宙に浮かぶ惑星に見えたり。

そして、「天空の城ラピュタ」の世界だーなんて思った風景たち。

自然が作り出した、錆びたものたちに美しさを感じて、
散策していると、あっという間に時が過ぎていました。

静かな海とただただ自然にそこにあるものたち。
たまには、こんな小樽の楽しみ方も良いですよ。


【暮らしのコラム】天気予報が気になる

こんにちは。
Webショップ担当のえびなです。

今週に入り、今年初の真夏日を記録したり、暑い日が続いた札幌。
北海道が全国で一番気温が高かったようですね。
なんとも、そんなタイミングでシエスタの入居しているビルの
空調設備工事中!!
エアコンが使えない日々。。。
エアコンの代わりに導入中の冷風機は、石鹸優先でフル稼働。
人は汗を拭き拭き、時々石鹸の前で涼みながら仕事をしていました(笑)

エアコンが使えないと聞いて、前の週末から天気予報が気になり、
何度もチェック。
見るたびに予想最高気温が上がっていく!!

ひぇ~!!と思いながら、
なぜかふと小学校の修学旅行で聞いた話を思い出しました。

当時住んでいた旭川からの修学旅行先は札幌。
北海道庁の赤レンガ庁舎を見学にいった時のことです。

テレビやラジオのない時代、
道庁の塔に旗を立てて、お天気をしらせていた、と聞いて、
当時のわたしは、そんなの近くの人しか見えないのに。。。
と思った記憶が。

数十年(笑)の時を経て、気になったので調べてみました。
1892年から、
晴れ=白
曇り=赤
雨=青
雪=緑
と道庁の塔の上に旗を掲げて、その色で天気を報せていたのだそうです。

当時は明治時代。
今は高いビルに囲まれている赤レンガ庁舎ですが、
その時代には、あの高さでも遮るものがなく、遠くからでも
よく見えたのでしょうね。

でも、なんで雪が緑?
白じゃないの?
あー、そうか、雪の季節に白い旗を立てても見えないわー。
ちゃんと伝わるように考えられた色だったんだなぁ。
などなど、いろんな想像がふくらみました。

そんな赤レンガ庁舎の庭は、今はわたしの日々の通勤路。
季節ごとにいろいろな花が咲き、緑がまぶしかったり、
雨の日は鬱蒼とした茂みに吸い込まれてみたくなったり、
と、街の真ん中にありながら自然のいろいろな表情が楽しめます。

今日は朝から雨でしたが、キレイな白い花が咲いていました。

そして、昨日より10度近くも気温が下がった札幌。
なんと、そんな今日からエアコンが使えるように。。。(笑)
今日からは仕事がはかどる、、かも?

来週末(6/16、17)は、出張シエスタでLOPPISにお邪魔するので、
またまた天気予報が気になる1週間になりそうです。
よいお天気になりますように☆


【暮らしのコラム】週末ご褒美♪

みなさん、こんにちは。
ウェブショップ担当の工藤です。

突然ですが、朝ごはんはパン派ですか?
ごはん派ですか?

私はトースト&コーヒーの朝ごはんをかれこれ
十数年続けています。
こだわりがあって・・・というよりは出勤前の1分でも惜しい朝に
手軽さ重視で落ち着いたメニュー。

平日はその繰り返しなのですが、時間的に余裕のある
週末はちょっと趣向を変えて・・・。
金曜にお気に入りの店のパンを買いに行ったり、
時には遠方のお店からお取り寄せしたり。

いつもの食パンしか手元にない時はフレンチトーストに。
いつものパンすら無い!という時はホットケーキミックスで作るスコーンを。
牛乳や水を加えず、おろしたじゃがいもだけをつなぎにするので、
ふわっとおいもの香りがしておススメです。

週末はおいしいパンがある!と思うだけで、
にまっとしながら眠りにつける単純&食いしん坊な私。

あのパンには、ヨーグルトを合わせたいなぁ、
コーヒーも豆から挽こうかな、フルーツも欲しいかも・・と
週末だからこそできる手間も楽しく思えます。

バタバタせずに普段よりも豪華(といってもたかが知れてますが)な
朝食を取っていると、「あぁ、贅沢・・・」と自己満足。
結局は家事に追われるいつも通りの週末だったとしても、
朝食一つでテンションも変わるというもの。

何でも手軽にできてしまう時代だからこそ
手間をかけていること自体が贅沢で、
自分へのご褒美になっているのかな、と思います。

さて、今週末はどんな朝食にしようかな♪


【暮らしのコラム】梅と桜のお花見

みなさん、こんにちは!
ウェブショップ担当のスズキです。

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎてしまい、すっかり通常モードでしょうか?
連休中、札幌はあいにくの天気で、せっかくの休みも家で大人しくしておりましたが、そんな中、曇りだけど雨は降ってない日に、近所の円山公園へお花見に行ってきました。


毎年、ゴールデンウィーク中は公園内で火気を使えることもあり、花見をしながらジンギスカンやバーベキューをする人であふれていて、公園内は煙がもくもく…初めてその光景を目にしたときは驚きました。
この日は肌寒かったこともあり、人は少なめでした。


ジンギスカンの煙から逃れるように、北海道神宮のほうへ階段を上がり、露店の並びを進んで行くと、梅園が見えてきます。
こちらの梅園の見ごろはゴールデンウィーク。毎年、梅と桜が一緒に楽しめるのです。これにも最初は驚きました。


梅園の横に満開の桜が咲いていて、梅の濃いピンクと桜の淡いピンクを見ながら、なんて贅沢な花見なんだろうと毎年感激します。きっと、どちらの花も暖かくなるのを心待ちにしていたんでしょうね。


公園内で見られる桜の種類はエゾヤマザクラ・ソメイヨシノ・ヤエザクラだそうです。札幌でよく目にするのはエゾヤマザクラやヤエザクラなので、ソメイヨシノを目にすると少し懐かしくて嬉しくなります。


お花見を楽しんだ後は、北海道神宮へお参りに行くのがいつものパターン。残念ながら、参道の桜はピークを過ぎてしまったのかな…という感じでした。境内にはたくさんの観光客の方がいましたが、本殿の脇は静かで、厳かな眺めが密かに私のお気に入りです。娘は入り口にある大きな鯉のぼりに向かって、大きな声でこいのぼりの歌を歌っていました(笑)

家を出たときは肌寒くて小雨もパラついていましたが、お昼を過ぎたあたりから晴れて、着こんでいた上着を思わず脱いでしまうくらいに暖かくなり、今年も来れて良かったなぁ~と思いました。
娘がいつまで一緒に行ってくれるか分かりませんが、毎年家族でこの梅と桜を楽しめたらなと思っています。

ちなみに、娘は花よりトウキビ。桜より木蓮が気に入ってました…。