【暮らしのコラム】今の気分に合わせてリメイクしてみる

こんにちは。お店スタッフのアラキです。
札幌はすっかり寒くなり、秋の終わりなのか、冬の始まりなのか、
どっちつかずの曖昧な季節を過ごしています。

もうこの時期になると、私は家にこもりっぱなしです。
以前、暮らしのコラムで紹介したダーニングもはかどります。
靴下はひと段落して、なぜか親指だけ穴が開いてしまった手袋や
肩の部分がほつれてしまったウールセーターの補正もしてしまいました。

そして、新たに始めた手仕事が「シャツのリメイク」。

シャツが好きで何枚も持っているのですが、
今年は、なんとなーく襟の形は「スタンドカラー」な気分でした。
新しく購入したシャツもスタンドカラーのものばかり。

そうなると、今まで着ていたシャツの襟の形が
今の気分じゃないなぁと感じてしまい、
出番がなくなってしまいました。
でも、生地は気に入っているので、着まわしたいとモヤモヤな気持ちに。

そんなモヤモヤから脱却。
シャツの襟をスタンドカラーにリメイクすることにしました!

方法は簡単。
襟の縫い目をほどいて、襟の部分を抜いたら、
閉じてミシンで縫うだけ。

やり始めたら簡単で楽しくなり、
次々にリメイクしてしまいました。

そして、しまいには夫のシャツも。
夫はびっくりしていたけど、
不思議とリメイク後のシャツの出番が多くなっているので、
ひそかに気に入ってくれたようです。

なんでもすぐに飽きてしまう(じっとしていられない)私には、
30分くらいでできる手仕事が向いているなぁと思います。

みなさんはどんな手仕事、家仕事を楽しんでいますか?


【暮らしのコラム】よもぎのチカラ

こんにちは、お店スタッフのかわまたです。

来週には立冬を迎えますね。いよいよ冬がやってきます。
この季節は、鍋料理がおいしいですね。体もお部屋も温まる!美味しいに加えて、おまけに湿度も上がります。

さて今日は鍋の話…ではありません。
温まるものと言えば、以前のコラムでもご紹介しました「お灸」です。
遂に、手作りもぐさお灸にトライしました!

少し寒くなり始めた9月の終わりに、鍼灸院で開催されていたお灸教室に友人と参加し、初心者向けのもぐさ作り、そしてそのもぐさを使って生姜灸体験をしました。

よもぎから本当に綿のようなもぐさが出来るなんて、それは感動です。昔の人の知恵は何て素晴らしいのでしょう。

それを知ってしまった以上、自家製もぐさを作ってみたい!と思いました。ですが、肝心のよもぎがもう季節的に手に入らないなぁ…とつぶやいていると、「お風呂に入れようと思って天日干ししたよもぎあるよ」と父。天日干しまで済みとは、ナイスタイミング。

遠慮なく乾燥よもぎをもらい、防寒して自宅の庭でいざもぐさ作りに励むことに。

まずカラカラに乾燥したよもぎの硬い茎を取り除き、葉っぱをすり鉢に入れてひたすら擦ります。

細かいザルで振るうと粉々になった葉っぱや茎が下のボールに落ちて、ザルにはもぐさ部分が残ります。

これをひたすら繰り返し、繰り返し。腕の筋肉がぷるぷるするのを抑えながら、2セット擦りました。

そうして出来たのがこちら。
まるで海綿みたいにふわふわもぐさが仕上がりました。

まだまだ不純物が含まれていますが、お灸教室のものと同じくらいの完成度になったのでこのあたりで完成。さらに純度を上げると、黄色い綿部分だけになります。

ボールに溜まったよもぎの粉は、不織布パックに詰めて、よもぎ風呂として利用。(とてもお湯が柔らかくなりました)

お次は、手作りお灸にいよいよ点火。

生の生姜を3ミリくらいにスライスして水に浸したものを台座にします。

こんなかんじです。
お灸教室の時と、匂いがなんだか違うけれど、おおむねできたはずです。

じんわ~りとしっかり温まり、ほんのりと生姜の香り。
煙たいけど、大満足。

やはりモノ作りは本当に楽しいなぁ~と実感します。
野菜でも植物でも手作り小物でも、自分で作ってみて初めてわかることばかりです。

創作意欲が湧いてくる寒い季節。
さて次は何を作ろう。


【暮らしのコラム】HAPPY WEDDING♥

こんにちは。
WEBショップ担当のえびなです。

今年の札幌は紅葉の赤や黄色が濃くてとてもキレイです。
お天気にも恵まれ、最高の結婚式日和だった先週末、
友人の結婚式に参列してきました。

鮮やかに色づいた庭園の木々を背景に、結婚式がはじまりました。
今回も号泣するんだろうな、、とハンカチをにぎりしめていたのに、
新郎の登場からなぜか笑いが起こり、新婦も幸せそうで、楽しそうで、
最後までみんなに笑顔があふれる式になりました。

出番のなかったハンカチですが、ふと見ると、みんなの手にも同じハンカチが!

それぞれの名前が刺繍されたこのハンカチは、13年前の友人の結婚式で
いただいたもの。
今回もその時の結婚式と同じメンバーが招待されていたのです。
結婚式にはこのハンカチ、と決めている私と同じように使っている子や、
もったいなくて一度も使っていないという子。
それぞれだけど、みんなが13年間大事に持っていて、ちょっと感激。


続いての披露宴では、新郎新婦のおもてなしに、こちらがサプライズされっぱなし。

友人たちの懐かしい写真が出てきて大笑いしたり、自分の20年前の姿にゾッとしたり。。
気づけば人生の半分以上をいっしょにすごしてきたんだなー。
今は札幌を離れてしまったメンバーも多いけど、みんなここをホームと思って
それぞれの場所でがんばっているんだなー。
と感じる嬉しい時間でした。

お食事も、デザートブッフェも美味しくて、やせ我慢して着ていった洋服が
苦しかった・・・(笑)

最後にみんなで集合写真。
それぞれに家族が増え、13年前の写真の3倍の人数になっていたのでした。


【暮らしのコラム】そろそろ畑じまい

こんにちは。お店スタッフゆはらです。
雪の便りも届き始めた、北海道。
今年も残すところ70日あまり…今のうちにあれもしたい、これもしなきゃと、焦るばかりの私。まずは火をみて落ち着きましょうか。。
ついに今季もストーブ始動です。

このストーブの上で、大根やにんじんをたっぷり干せる季節がやってきたのですね。
そう思うとうれしいです。
暖もとれるし、野菜や洗濯物はよく乾くし、灰は畑に撒けるし。
手間もかかるけど、たのしみもたくさん。
ペレットストーブさん、この冬もよろしくね~

ピーマン、パプリカ、にんじん、セロリ。
畑にはまだならせたままの野菜たち。
これを機に少し収穫。
雪や霜が降る前になんとかせねば。

赤唐辛子のこの干し方、ついにやってみました。
思いの外シンプルな編み方で拍子抜け。
なぁんだ!
慣れている人には何てことないことも、畑いじりビギナーの私はひとつひとつ戸惑います。
でもやっぱりいいなぁ。すきです。
やれてよかった。
魔除けのように玄関にぶらさげたらいいのかしら。

たくさんのめぐみをくれた畑ももうそろそろおしまい。
これまではストーブの灰を撒くくらいしか、土のためにしていませんでした。
みなさんは、どうしていますか?米ぬかを撒くのもいいと聞きました。
たのしめればいいかなぁという感じの取り組み加減で、畑のお世話をして、それなりに収穫はあるのですが…都度、誰かに相談したいことだらけです!
まだまだわからないことが次々でてきます。
お詳しい方、どうかご教授くださいませ~
畑の先生がほしい~。


【暮らしのコラム】新しい季節の訪れ、そろそろ冬支度

みなさん、こんにちは!
ウェブショップ担当のスズキです。

先日、初めて北大植物園へ行ってきました。花はあまり咲いていませんでしたが、珍しい植物がたくさんあったり、重要文化財の建物があったりして、面白かったです。少しだけ咲いていた薔薇の向こうには、色づきはじめた木々が見えて、秋がやって来ていることを実感。

娘は植物そっちのけで、たくさん飛んでいる赤トンボを指に止まらせようと粘っていました(笑)

これは、いただき物の柿にハロウィンシールが付いていたので、貼ってみました。カボチャかと思いきや、柿(1個だけ梨が混じってますが)。ナイスアイディア!こんなイベントを楽しむことでも、季節の移り変わりを感じます。シエスタのハロウィンプチ石鹸セットを飾っても、季節感が出て楽しいですよね♪

そして、寒くなって来ると用意するのが、娘の帽子。去年の帽子はきつい…と毎年新しく用意しているのですが、とんがり帽子がお気に入りなので、頭のサイズに合わせて編んでいます。

娘が選んだ毛糸で編んだ、今年の帽子。今は、編み方の動画なども手軽に見ることができるので、とても便利です。いつまで被ってもらえるか分かりませんが、被ってくれる間は毎年編んであげたいなと思っています。

そしてそして、今年こそは…と思っているのが、自分の帽子。編みたいと思いつつも、なかなか手をつけることができなかったのですが、今年こそは!…できるかなぁ…。怪しいですが、とりあえず編み目だけ作ってみました(笑)

新しい編み物の本も買ったので、この冬は編み物を色々できたらいいな~と思ってます。みなさんは、新しい季節の訪れをどのように楽しんでいますか?ぜひ、お聞かせくださいね。