【暮らしのコラム】おとなの歩くスキー

こんにちは。お店スタッフゆはらです。
去年はじめて体験してからすっかりトリコのスノーシュー!
年末年始に十勝へ帰省した時も持っていき、雪原をかけめぐってきました!
一方、同じく去年初体験した歩くスキーは、あまりうまくできず、なんだか苦手意識を持ったままでした。。

全然気乗りしなかったのですが、夫と休日が重なったある日、歩くスキーに誘われちゃったので、人生2回目のチャレンジをしてきました。

はじめはやっぱりうまくいかず。
挑戦したクラシカルコースというのは、みんなが滑り固めたレールのようなコースになっているのですが、その道をはみ出してあらぬ方向へ行ってしまったり、レールの段差に足を取られたり。
滑らかにすべるように進めず、ふつうにコース脇を、靴でお散歩している人に追い越される始末。
お金払ってなにむだなことしてるんだ。。

「私はやっぱり敷かれたレールには乗れない人間なんだ。はみ出し者だから。」
「いや、敷かれたレールから抜け出すのは、簡単なことじゃないんだ。」
「そうかぁ、世の中は許してくれないか・・・。」
とか大人の会話をしているうち、
あれ?もうここまで来た?
あら?スムーズに足を運べてるかも!
無意識になって、素直にレールに身を委ねるとこんなにもラクに進めるなんて!
生き方もこうなりたいものだ!

なんだか、いろんなコツがわかったようで、あれやこれやで、6キロも歩くスキーを堪能。
帰る頃には、全身に血がめぐり、心も体もスッキリ。
いやーうまくなった、うまくなった〜とご満悦で公園を後にしました。

でも、人生はそう甘くはないんだなと、翌日思い知らされたのです。
…内股のスジがいたい!!
普段でたらめに歩いている私。
ひたすらまっすぐなレールに乗るのには、やはりそれなりに自分を矯正しなければならないということを知りました。
「敷かれたレールの上を歩む」の酸いも甘いも疑似体験をした(ような気になった)真冬の休日なのでした。。

やはり私には、思うがままに歩けるスノーシューの方が合ってるのかしら。


【暮らしのコラム】冬の楽しみと暮らしのメンテナンス

みなさん、こんにちは!
ウェブショップ担当のスズキです。


いや~、降りましたね!雪!
北海道では珍しくもない雪ですが、関東の雪景色をテレビで観て、大変そうだなぁ!と思っていました。
地元が横浜なので、子どもの頃、こんな風に少しだけ積もった雪に大喜びして、一生懸命かき集めた雪で雪だるまを作ったことを思い出しました。ところどころに泥が混じり、札幌で作れる綺麗な雪だるまと比べると、かなりみすぼらしかったのですが、それでも完成したときとても嬉しかった記憶があります。溶けてしまうまでの数日間、土手を段ボールで滑ったり、雪合戦をしたり…全力で雪遊びをしていました。


先日、近所の屋外スケートリンクへ家族で行ってきました。普段は陸上競技場ですが、1月~2月上旬まではスケートリンクになります。初めてのスケートに最初は戸惑っていた娘も、1時間ほど練習するとしっかりと立つことができるようになり、私たちと手をつないでリンクを元気に滑って楽しそうでした。
屋外なので景色も良く、火照った身体に冷たい風がとても気持ち良かったです!お正月休みでなまった身体が、シャキッとした気がしました(笑)寒くても、冬を楽しんでいきたいですね。


月に1回ほど、休みの日に「今日は暮らしのメンテナンスをしよう!」と思い立ち、木でできたカトラリーやカッティングボードにオイルを塗ります。オイルは普通のオリーブオイルを薄く塗って、しっかり乾かします。たったの10分ほどの作業ですが、カサカサだった木がしっとり艶々になったのを見ると、よしよし、また使うぞ!という気持ちになります。


もうひとつの「暮らしのメンテナンス」は、アクリルたわしを新調すること。と言っても、買うのではなく編みます。これも15分ほどで編みあがり、ボロボロになったアクリルたわしと交換すると、気持ち良い!我が家ではアクリルたわしは、キッチンのシンクと洗面台に使用しているのですが、石鹸だけで水垢や汚れがスッキリ落とせるので重宝しています。

暮らしを丁寧に…と思っていても、なかなかそうはいきません。本や雑誌に紹介されている暮らしぶりと自分を比べて落ち込むよりは、小さなことを少しやって、大きな満足感を得る。そんな風に切り替えて暮らしを楽しんでいきたいなと日々思っています。


【暮らしのコラム】エゾリスと初詣

こんにちは さかいです。

2018年になって、もう12日も過ぎてしましました。
早い早い・・・と言いながら、あっという間に月日が流れていきそうです。

シエスタは1月5日から仕事始めでした。
いつもより早く家を出て、出勤前に北海道神宮へ初詣に行ってきました。

朝の空気は、キーンと冷たく清々しい気持ちになります。

さすが お正月。
早い時間でしたが、参拝の方も多いよう。
お守りを授かり、おみくじをひいて・・・
さあ 仕事へ!!

神宮の空気の澄んだ木々の中を歩いていると、何か気配が・・・
エゾリスです!!

神宮に行くとエゾリスに会えないかな~と目を凝らすのですが
この日は、気にする前に現れてくれました。

わりと近くで見ていたのですが、カメラカメラ・・・と探しているうちに
どんどん遠くに行くし、動くし。
何度かパシャリパシャリとしましたが、
画面にいたリスさんはこの1枚のみでした。(笑)
真っ白な雪原を走るリス。少し木に登ってはまた走って、楽しそう。
しばし、リスを追ってウロウロしてしまいました。

私の2018年も楽しい1年になるように、いつも笑って過ごしたいと思います!

みなさまにとっても、佳き1年になりますように—

どうぞこの1年もよろしくお願いいたします!!


【暮らしのコラム】ゆったりくつろぎ時間

こんにちは。お店スタッフあらきです。
札幌は冬本番。氷点下になる日も多く、寒い日が続いています。

今日は冬至なので、あたたかい柚子湯に入って体と心をほぐしたいですね。

冬至が過ぎるとクリスマスがやってきて、その後は年末年始に突入。
家族や友人と集まる機会が増え、外に出かけると街は華やかなイルミネーション。
なんとなく、毎日がせわしなく過ぎていくような気がします。

そんな日々だからこそ、家で過ごす時間はゆったりとしたいもの。

家時間をゆったりくつろぎ時間にするために、
我が家では欠かせないものがあります。
それは、レコードプレイヤーです。

気分に合わせてボリュームを大きくしても、長い時間聴いていても、
レコードから流れてくる音は柔らかく、心地よく過ごせます。

そして、レコードに針が落ちる瞬間、ふいに訪れる心の静けさ。
アナログの良さはこんなところにあるのかなーと思います。

じっくり聞くのも良いものですが、
私はだいたい針仕事をしたり、本を読んだりしながら楽しんでいます。

今時期は、友人へのクリスマスカードや年賀状など
手紙を書く機会も多くなります。

ついつい集中して夢中になってしまうのですが、
レコードはA面が終わったらB面に裏返すひと手間があるので、
良い息抜きになっています。

もうすぐクリスマス。イベント的なことは特別にしないのですが、
この時期にしか聞けないクリスマスソングを聴いて
地味に気分だけは盛り上げています(笑)

一年に一枚づつクリスマスソングのレコードやCDを増やしているので、
今年のクリスマスは何を買おうかな?と考えるのもこの時期ならではの楽しみです。

今年も残すところあと少し。
みなさまも思い思いの素敵なクリスマス&年末年始をお過ごしくださいね。


【暮らしのコラム】気分はクリスマス

こんにちは、お店スタッフのかわまたです。
今年も残り2週間ほどで終わり、クリスマスもすぐそこ。それが過ぎると年末です。クリスマスへ向けての準備やお仕事など師走らしく忙しい日々もあと少しですね。きっと今頃サンタもトナカイも駆け回ってることでしょう…


地元の洋菓子店のシュトーレンをちょっとずつ楽しんでいます。ナッツやイチジクがたっぷり!
シエスタラボの店頭でもユーゲさんのシュトーレンが並んでいますよ。

この季節は雰囲気だけでもクリスマスと思い、以前ドイツの各地のクリスマスマーケットで巡った時に集めたオーナメントを部屋に飾ります。

いつも懐かしいなぁーと回想してしまいます。
ケーテ・ウォルファルト社のオーナメントはひとつひとつ手作りされているので、それぞれのペイントや表情に個性があります。じっくり見ているだけでも、クリスマスアドベントを楽しめそうですね。

本店(ローテンブルク)では日本では見ることができないスケールのクリスマスピラミッドやオーナメント、ランプ、布製品などを扱っていて、一歩お店に入るとそこは真冬のクリスマス気分になりますよ。

本場ドイツではかわいい出店の他、必ず設置されるのが移動式遊園地です。おとぎの国のようなメリーゴーランドをはじめ、ロングすべり台、観覧車など…日本より回転速度が早くて少し驚いてしまうけれど、高速道路で速度制限がないドイツでは普通の速さなのかなぁと思いました。

何はともあれドイツのクリスマスマーケットは温かい光と街並みに溶け込み、とても美しく、おもちゃ箱に世界に一気に引き込まれるような楽しさがあるんです。
一番印象に残っているのは、ニュルンベルクのマーケット。
小さな中世の街並みに、巨大クリスマスピラミッドが出迎えてくれます。

札幌の大通公園でもすっかりお馴染みとなりましたミュンヘン・クリスマス市。
今年はまだ行っていないのですが、シエスタスタッフから会場の様子の写真を見せてもらいました。大きなクリスマスツリーもあるそうです。

私も近いうちに寄ってみようと思います。氷点下の寒さにホットワインは温まりますね。楽しみです。

みなさんも素敵なクリスマスをお過ごしください。