【暮らしのコラム】冬の外あそび。

こんにちは。お店スタッフのゆはらです。
近頃のつるつる道、緊張感ありますよね。。
これまでに踏み固められた雪が、
近頃のあたたかな日差しで昼間に溶けかかっては、夜また凍る…
それでも少しずつ、アスファルトが見えてきた道も増えてきました。
もう一息。冬はもうすぐ終わりです。

私は、寒いのが苦手です。
風に吹かれるのも苦手です。
(キンと冷えた日は寒さで顔が痛く、目出し帽で出勤したいくらいです。)
休みの日は、おうちでぬくぬくのんびり過ごしたいのです。

でも、それではもったいないそうで、冬の北海道の、
雪の積もった環境がうらやましい人もいるのだとか。
信じられませんね。。

恵まれた環境にいるのだから、文句ばかり言っていないで、冬にしかできない、
スキーやスノボをして寒さをたのしめばいいと人には言われます。
そう言われても…
ウィンタースポーツが得意なわけでもないのでまったく気が乗りません。。
でも、寒いとは言っても、空気はどんどん春っぽくなってきているし
冬らしいことをせずに、この季節が終わってしまうとなると、
もったいないような気もします。
そしてグチグチ言ってばかりいる自分にもそろそろ嫌気がさしてきたので、渋々ながら、外へあそびに行ってみました。。

はじめての歩くスキーはモエレ沼公園で。
まさかと思いましたが、なんと…
たのしかったのです…!!
ふつうのスキー板のようなエッジが効かずバタバタしたり、ちょっとした下り坂にヒヤヒヤしつつも、それを乗り切るおもしろさがありました。
レンタル料200円で一式借りられ、「すきなだけ」あそべるのです。
つまり、嫌になる前にたのしいところでやめられるのです!
これはリフト券のおトク度に縛られ、寒さで辛くなってしまうあそびと違って
私に向いていました。

そして、まったく寒くありませんでした!
むしろポカポカあたたかいのです。
動くごとに指先まで血行が良くなっていくのをじわじわ感じます。

いつも通勤でたくさん歩いていますが、冬は転ばないように足元を気にしているせいか、肩や腰が凝るだけで、ぜんぜん温まらないのです。。
やっぱり、雪に適した道具だと思い切り動けるので、ぜんぜん違うなぁ。

味をしめた私は、雪山好きな旦那の誘いにのっかって、
近所の山までスノーシューに。
ポットにお茶を用意してピクニック気分で、冬の森の中をお散歩。
結構な斜面でも意外とサクサクのぼれて、歩くとキュッキュと踏み締める雪の音。

冬の山は、みんな眠っていて何もないかと思っていましたが、意外とにぎやか。

動物は足跡がいたるところにあって、これは野うさぎ?鹿?きつね?とおしゃべり。私たちが行きたい方向に向かって、だいたい足跡があり、常に先導されている感じもおもしろいのです。

植物は冬枯れしたかけらがたくさん落ちていて、なにやらすてきな雰囲気に。
(拾いたいものがたくさんあったので、次は袋を持っていこうと決意)

スノーシューは歩くスキーと違って、後ろから迫る上手い人に気兼ねすることもなく、さらに気ままにたのしむことができました!

誰かとスキー場に行っても、滑らずにレストハウスで、ココア片手に本を読んで過ごす私が、まさか冬の外あそびをたのしいと思うなんて。

でもよく考えたら、ソリあそびは年末年始に帰省するたびにやるたのしみのひとつだし、小さい頃はわかさぎ釣りもすきでした。

楽しみ方は人それぞれ。

私にも自分のペースでできる「冬の外あそび」ならたのしめるようです。
寒さと風はやっぱり苦手ですが、寒いだろうと覚悟してそれ相応の服装をしていくし、装備も心も、ちゃんと準備しているので、そんなに気にならないことを思い出しました。(通勤中、いきなり吹雪になる方が堪えます。。)
避けていたものに取り組んだぞ、という達成感や充実感もありました。
頑なでいるのをあきらめて、流れに身を任せてみると、思っていたより心地いい場所に流れ着くことってありますよね。
冬の終わりになって、自分にしっくりくる季節のたのしみを見つけられた気がします。

ちょっと名残り惜しい気もしますが、春もやっぱり、たのしみ!
早く暖かくなってほしい!


【暮らしのコラム】ローラが教えてくれること

みなさん、こんばんは。
ウェブショップ担当の工藤です。

早咲きの桜や梅の様子がニュースで伝えられる今日この頃。
DSC_0378
札幌にはまだまだ雪がたっぷりと残り、最低気温も安定してプラスになるのには
あと1か月くらいはかかるでしょうか。そんな長~い冬。
いずれ春が来るとわかっていても、
「も~っう、いいっ!寒さも雪ももう結構です!!」と
何だか拗ねたような投げやりな気持ちになり、日々のあれやこれやが
面倒くさくなってしまう時がひと冬に1,2回あります。
DSC_0382
そんな時、こんな気持ちじゃいかんいかん!と助けを求めるように開く本。
それは「大草原の小さな家」シリーズの「長い冬」。

子供のころ、毎週欠かさず見ていた「大草原の小さな家」ドラマシリーズ。
確か、土曜の夕方6時ぐらいからだったでしょうか。
アメリカ開拓民一家の物語。包容力があり頼れるお父さん、
慈愛に満ち教育熱心なお母さん、そして4人の娘たち。
ちょっとお転婆だけど、家族想いの次女ローラの視点で描かれているドラマです。
オープニング曲や映像が今でもすぐに浮かぶほど、夢中になって見ていました。

当時は幌付きの馬車や藁のベット、お母さんの手作りの服やお菓子、
たき火で過ごす夜などを、いいなぁと憧れを持って眺めていましたが、
大人になって原作を読んでみると、決して楽ではない生活の中でも
日々の営みを大切にするその精神自体が印象に残ります。
DSC_0383
「長い冬」で描かれているのは2日をおかず吹雪が続き、
物資を届ける汽車も動かなくなったある冬のこと。
吹雪で閉じ込められ、食料も燃料も残りわずかになる中、
歌ったり学んだり手仕事をしたり、なるべく毎日を朗らかに過ごそうと
家族で協力・工夫をしながら日々を過ごしていきます。

そして、最後は5か月ぶりにやっと汽車が動き、クリスマスのお祝いをする場面。
お母さんの手料理の数々を囲んで、春が来た喜びを味わうローラと家族。
何度読んでもこちらまでうれしくなる大好きな場面です。
「あぁ、ちゃんと季節はめぐるんだな。腐らず日々を大切にしていけば、
新しい季節の喜びは倍増するんだな」とすごく当たり前のことを再認識させられます。
DSC_0368
この本を読んだ後は、ローラたちが食べそうな(あくまでイメージですが・・)
野菜スープ、グラタン、パンを食卓に並べ、その気になる単純な私。
そして、日々を大切に過ごし、春を楽しみに待とう!と
前向きな気持ちになれるのです。
早く春がこないかなぁ~♪


【暮らしのコラム】熨斗ができました。

みなさんこんにちは、さかいです。
先日東京に住む友人から早咲きの桜の便りをもらいました。

すこーし暖かくなってきたかな?と春の気配もちょっとだけ感じ始めたけれど
まだまだ雪が降る日も多いここ北海道。

私は、雪の真っ白な湖の便りを返しました。
この時期は、地域によって季節の違いが大きくてびっくりですね。

実店舗シエスタラボでは、ちょこちょこと登場していたのですが、
オンラインショップでは久しぶりの入荷となりました、
プチ石鹸セレクションのことを少しご紹介したいと思います。
豆乳アズキ、シエスタベビー、ひとつの蜜、ふたつの蜜、そして雪肌石鹸の
5種類が入った「special」。
「special」の5種に、マルセイユ、ラベンダー、アズキ、ヤギのミルク、白樺をプラスした10種類セットの「complete」。
3月いっぱいで豆乳アズキとシエスタベビーの製造を終了することとなり
このセットをご用意できるのが今回が最後となります。

お店でも、プレゼントに…自分用に…と選んでいただくことが多い
プチ石鹸セレクション。
スタッフの中でも、「ご挨拶に使いたいなぁ~」、「熨斗をつけることはできない??」という話をしていたところ、
お客様から「熨斗」のご相談をいただきました。

なるほど!!熨斗があると便利だよね!ということで、
これからの送別・ご挨拶のシーズンにもお使いいただけるよう、
プチ石鹸セレクションの大きさに合わせた「熨斗紙」をご用意しました。
「ありがとう」「ほんのきもち」の2つから選ぶことができます。
店舗・オンラインショップどちらでもご対応いたしますので、
お気軽にお声がけくださいませ。
※店舗では、ご用意に少しお時間をいただきます。
 オンラインショップでは、備考欄にその旨記入をお願いいたします。

もうすぐ3月、周りでは転勤があるかも…という話も
ちらほら聞くことが多くなりました。
昨年、千歳から埼玉に転勤した友人家族から、
住まいの地域の特産らしい「にんじんうどん」が送られてきました。
その友人もまだ食べたことはないけれど…(笑)と送ってきてくれた
「にんじんうどん」。
私もまだ食していませんが、楽しみにいただきたいと思っています。

プチ石鹸セレクションのお買い物はこちら>>


【暮らしのコラム】行ってきました雪まつり!

みなさん、こんにちは!webスタッフの鈴木です。
インフルエンザが流行っておりますが、
我が家は今のところ、まだ大丈夫です。
でも、気を抜かないようにしなければ!ですね。

先週、雪まつりを見に妹が、
横浜からはるばる札幌までやってきてくれました。
実は去年も来てくれたのですが、私と同じくうっかり者の妹は、
ちゃんと日程を調べることなく飛行機の予約を取ってしまい、
なんと、雪まつりが終わってからの来札になってしまったのです。

そんなリベンジ!雪まつり!に便乗して、
みなさんにも雪まつりの様子をお伝えしたいと思います。
雪まつりの準備は1月から始まります。
この期間は大通公園は封鎖されて、通り抜けることができなくなるんですね~。
私も初めて知りました。

やっぱり雪まつりと言えば、大雪像!
大きな雪像が5体、制作されていて、その細かさと迫力に圧倒され、
思わず「おお~!」と声が出てしまいます。
雪像の前はイベントステージとなっていて、
お笑いライブや、アイドルのステージ、アーティストのライブ、
キャラクターが登場してのイベントなどが行われていました。

私が個人的にすごい!と感動したのは海外の方が参加して、
制作する「国際雪像コンクール」の雪像。
海外の芸術家や彫刻家の方が参加しているチームが多いので、
デザインが凝っていたり、ものすごく緻密で複雑で驚きました。
もし、いつの日か雪まつりに来た際には、ぜひチェックしてみてください!

雪まつり会場にはたくさんのお店も出ていて、
寒い中食べるラーメンや海鮮ものは温まってホッとします。
それと、雪像だけではなく氷像や、スケートリンク、
さらにはジャンプ台もあって、スキーやスノーボードの
ジャンプ大会やジャンプセッションも行われています。
写真撮影スポットや、雪像制作の様子のパネルなど、
雪像を見る以外にも楽しめるものがたくさんあるんですね!

今回は行けませんでしたが、夜にはライトアップされて、
プロジェクションマッピングのイベントなども開催しています。
大雪像に幻想的なライティング…これも楽しめそう!
ちなみに初めて雪まつりを見た娘は、
本物よりも模型に興味深々だったり、
市民雪像のピコ太郎やトランプ大統領に大興奮でした(笑)

実は札幌市民はあまり行かない雪まつり。
ものすごい人波にたじろぎましたが、
普段行かない分、観光客気分で楽しむことができました!
念願の雪まつりリベンジを果たした妹も満足していて良かったです。
たくさんの雪像たちは次の日には安全のため、全て壊されてしまいますが、
その様子を見学するツアーなども人気のようですよ。

皆さまもぜひ来年は雪まつりを見て、その後はすぐ近くにある
シエスタ実店舗へ足を運んでいただけたら、とっても嬉しいです♪


【暮らしのコラム】プチ石鹸ラブ!

お店スタッフのアラキです。
今週から雪まつりが始まり、まだまだ冬真っ盛りの札幌ですが、
暦の上では二十四節気の立春。
冬は心も体も省エネモードで籠りがちだったのですが、
少しづつ、軽やかになりつつある今日この頃です。
さて、今日はお知らせを兼ねた暮らしのコラムです。

まずは、お知らせから。
2月22日(水)からオンラインショップで「プチ石鹸セレクションSpecial」と
プチ石鹸セレクションComplete」の再販がスタートします!

今年の4月に定番石鹸の豆乳アズキ石鹸とシエスタベビー石鹸が廃番になるため、
この二種類が入ったプチ石鹸セレクションをお届けできるのは
今回が最後となります。
数量限定、売り切れ次第終了となりますので、このチャンスをお見逃しなく!

ちなみに、「Complete」は個別に全十種類を購入するよりも、
10%オフになるのでおすすめです♪

このプチ石鹸セレクションはギフトとしてお使いいただくことが多いのですが、
シンプルで清潔感のあるパッケージなので、そのままお渡ししても様になりますし、
無料ラッピングも承っています。

そして、ここからは私個人のプチ石鹸の使い方をご紹介。

プチ石鹸をお店で初めて見たお客様からは、
「お菓子かと思いました!」「小さくて可愛いですね〜。」という感想を
よくいただきます。私も同感です!
そんな思いを形にして、使うまでの間はガラス瓶に入れてディスプレイ。

そして、ストックしているプチ石鹸は、思いついた時にちょっとしたお礼や
友人へのちょこっとギフトとして、とても重宝します。

自分用にももちろん愛用。
日々お肌の調子は変化するので、ソープディッシュに3コくらい並べて、
乾燥気味の時はヤギのミルク石鹸、肌にダメージを受けた時はマルセイユ石鹸、
香りに癒されたい時は白樺石鹸という風に、
その日の気分で気軽に使い分け出来るのは、プチ石鹸のサイズ感の良いところです。

それから、旅行や日帰り温泉には、
手持ちの石鹸ケースにちょうど良いサイズなので、必ず持って行きます!

なんだか色々書いていて気付いたのですが、
私は豆皿や小さい置物とかちびっこい物がどうやら好きなようで、
プチ石鹸愛も思った以上に強いなぁ~と思いました。

プチ石鹸ラブ!の仲間が増えるといいなぁ~なんて密かに思ってます♪

プチ石鹸セレクションのお買い物はこちら>>