【特集ルームフレグランスの楽しみ方】

1020_fragranceyomimonos

合成保存料を使わず、自然の香りを楽しめるSAVON de SIESTAのRoom Fragranceについて、シエスタのスタッフがそれぞれの楽しみ方をご紹介いたします。

〇どんな香りが使われているのか?
〇使う場所によってスティックの本数を変えるヒント
〇いつもの場所を特別な場所にする使い方
〇香りで仕事がはかどる効用

そんな観点からご紹介させていただいた特集、皆様の参考になればうれしく思います。

vol.1 ココロがホッとする植物の香り
vol.2 見つけた!私ごのみのバランス
vol.3 香りで作る「特別な場所」
vol.4 デスクワークがはかどる香り

【お知らせ】フレグランスフェアを開催します。

1020_fragrancefair

10月20~31日までルームフレグランス1本ご購入につき1袋、
シエスタ定番のバスソルトの中から乾燥が気になり始めるこの時季に
おすすめの「しっとり」をプレゼントいたします。

*実店舗では20日のオープン時から、ウェブショップでは
20日17:00以降のご購入分からプレゼント適用とさせていただきます。

寒くなりお家で過ごす時間を楽しくしてくれるフレグランスやバスソルト。
お試しください♪

▼ご注文はこちらから
Room Fragrance


【特集】紫外線をブロックする散乱剤と吸収剤

紫外線特集

UVケア商品を開発する中で、
改めて実感した紫外線からお肌を守ることの重要性。
連載形式で、UVケアの大切さをご紹介しています。

▶もくじ

第1回.紫外線の正体を正しく知りましょう!
第2回.紫外線をブロックする散乱剤と吸収剤
第3回.シエスタの「SUN PROTECT LOTION」の紫外線防止メカニズム
第4回.SPF、PAってどれぐらいの値のものがいいの?
第5回.紫外からお肌を守って「光老化」を防ぐ

第2回は、紫外線防止のために化粧品に配合される成分について説明したいと思います。

story02

日焼け止めやUVケアのスキンケアに配合される「紫外線防止剤」。
じつは2種類の成分があります。
『吸収剤』・『散乱剤』と呼ばれる成分なのですが、
違いをご存知ですか?

UVを防止する方法が異なり、
「吸収剤」は紫外線を取り込み、
「散乱剤」は鏡のように紫外線を跳ね返す
という特徴があります。

私自身もUVケアを開発する前は、その違いがあまりよく分からず、
毎回選ぶとき、どちらがいいのかな…と迷っていました。
それぞれ長所、短所を知ると、選びやすくなります。

● 使い心地はよいけれど、敏感肌の方は使いにくい紫外線吸収剤

紫外線吸収剤

UVを自らに取り込み、熱エネルギーなどに変えて放出させることで、
お肌を紫外線から守る吸収剤は、化学合成された成分です。
長所として、白浮きせず、さらさらとなめらかな使い心地のよさが挙げられます。

短所として、吸収できるUV量に限りがあるので、定期的な塗り直しが必要だったり、
化学反応で熱を放出するタイプの吸収剤は、その熱や、化学反応で変化してしまった物質により、人によっては、刺激を感じてしまうことがあります。

● 肌に優しいけれど、白浮してしまう紫外線散乱剤

紫外線散乱剤

鏡のようにUVを跳ね返す散乱剤は、吸収剤と違って化学変化を起こさないので、
敏感肌や乾燥肌の方も比較的安心して使いやすい成分です。
酸化チタンや、酸化亜鉛などの、天然成分が使われています。

ところが、紫外線散乱剤には、大きな短所がいくつかあるのです。
それは「白浮き」することと、滑らかな使い心地にならないこと。

酸化チタンも酸化亜鉛も真っ白な成分なので、
どうしても肌に色がついてしまうのです。
またこってりとした重い使い心地で、夏にはちょっと肌が苦しく感じるテクスチャー。

● 一長一短の紫外線防止剤

「吸収剤」「散乱剤」、どちらが良いというのはなかなか言いづらく、
それぞれ長所と短所があります。
肌への安心さをとるか、使い心地の良さをとるか…
市販のUVケア用品は、両方を組み合わせたものも多くみられます。

シエスタのUV製品は、敏感肌の方が使いやすい製品にしたかったので、
当初は紫外線散乱剤である酸化亜鉛を使った開発を進めていました。

酸化亜鉛を使った試作品第1号。
できた!という喜びとともに使うと、なんとなくお肌が白く浮く残念な使い心地。
肌への負担を減らしたいけれど、きれいになれなかったら意味がない!と、
開発はいきなり暗礁に乗り上げてしまいました(涙)

どうしたものか、と開発スタッフで頭を悩ませ、出した答えは…こんな想い。

『UV効果も大事だけれど、毎日使うものだから、
お客様がキレイに、楽しく使ってもらえるものを作りたい!』

もう一度、素材を見直して、イチから考え直しました。
何度と試作を繰り返し、出来上がったのが「UV PROTECT LOTION」。

次回は、UV効果×使い心地の良さをクリアした、「UV PROTECT LOTION」の仕組みをご説明したいと思います。

160707-UV5
石鹸で簡単に落とせるUVケア。
はじめての方も安心の無料サンプルをご用意しています。


【特集】紫外線についてしっかり知って、きれいなお肌をキープしましょう。

6月23日の発売スタートからたくさんのご注文をいただいていますSUN PROTECT LOTION。開発のこだわりや実際に使った感想をこちらのブログでご紹介させて頂きました。

日焼け止めを開発する中で、改めて学びなおした紫外線からお肌を守る重要性。
分かっているようで、分かっていなかったなぁーということも多く、なぜ紫外線からお肌を守るか正しくわかると、ケアも入念になりました(笑)
SUN PROTECT LOTIONを選んでくださった方にも、納得して使っていただきたくて、今日から数回に分けて、私の学んできたことを簡単にはなりますが、分かりやすくご紹介したいと思います。

ちょっと化学の授業っぽくなるかもしれないのですが、そういう仕組みなんだ!とわかっていただき、私たちが本気で作ったSUN PROTECT LOTIONだけではなく、UVケア用品を選ぶヒントになったら嬉しいです。

ぜひお付き合いください。

▶もくじ

第1回.紫外線の正体を正しく知りましょう!
第2回.紫外線をブロックする散乱剤と吸収剤
第3回.シエスタの「SUN PROTECT LOTION」の紫外線防止メカニズム
第4回.SPF、PAってどれぐらいの値のものがいいの?
第5回.紫外からお肌を守って「光老化」を防ぐ

story01

■ 紫外線の正体を正しく知りましょう!

16062003

お肌を守るためには、紫外線ケアが大切!
おそらくみなさんも日々の暮らしの中で、日焼け止めを塗ったり、
日傘や帽子、ストールなどでしっかりとケアをされていると思います。

でも…紫外線の正体がなにか、なかなか説明を聞く機会もないのでは。
第1回目では、基本の基本、紫外線ってなに?ということをご紹介したいと思います。

紫外線は、太陽からふりそそぐ電磁波の事。
紫外線の他、『可視光線』『赤外線』の3種類が地球に降り注いでいるのですが、紫外線はその中でももっとも波長の短い電磁波。
体内のビタミンD合成を助けたり、血行や新陳代謝を助けるといったはたらきがあります。日光浴が大切!と考えられていたのも、この紫外線の働きからです。

でも、今の科学ではビタミンDは普通に食事をとっていれば足りなくなることもないということが分かっていて、それよりも肌へのダメージの方が懸念されています。

■ 3種類ある紫外線

良い面もある紫外線ですが、お肌に刺激を起こすということも事実。
波長の長い順にUV-A,UV-B,UV-Cと3種類に分けることができ、刺激の強さが異なってきます。

一番刺激が強いのはUV-Cですが、こちらはオゾン層や大気圏でほぼカットされています。オゾンホールが問題となっている、北極や南極では、カットされず降り注ぐため深刻な皮膚障害が問題となっています。

私たちのくらす場所では、基本的にUV-AとUV-Bが降り注いでいるため、
日焼け止め化粧品も、これらをカットする成分が配合されています。

それでは、UV-AとUV-Bがどう違うのか、ご紹介していきますね。

■ 皮膚を赤くひりひりさせたり、水ぶくれを起こすUV-B波

海に行ったり、アウトドアをしたり…
1日中外で過ごした後、気がつくと肌がヒリヒリ水ぶくれに。

それを起こすのがUV-B波。
波長が短いので、表皮までしか影響しませんが、パワーは強力。
その刺激の強さはUV-A波の1000倍とも言われています。

特にUV-Bは夏季に多く、明るい屋外には大量に降り注ぎます。

今の季節は、UV-B波を防ぐことは必須となりますね。

■ お肌に深くダメージを与えるUV-A波

UV-B波が表皮までしか届かないとすると、
その下の基底層や真皮まで達するのがUV-A波。

UV-A波に刺激された肌の中のメラノサイトが、メラニン色素を放出するとシミができやすくなってしまいます!!
はれや痛みはないけれど、じわりじわりと肌に影響を及ぼすのがUV-A波です。
光によるお肌の老化「光老化」をもたらすのもUV-A波なんです。

UV-Bとは異なり、UV-Aは季節による量の変動が少なく夏だけでなく冬場も気を付ける必要があります。更に、UV-Aは明るい屋外だけでなく、屋内や日陰にも届くことから、外出しない日にも知らず知らず浴びています。

UV

だから紫外線からお肌を守るときは、このUV-A波とUV-B波。両方の対策をしっかりしてあげることが大事になってきます。

お肌のためには、紫外線を浴びないのが一番大事ですが、それは難しいこと。
対策として、
1.日傘やストール、帽子などで物理的にカット
2.日焼け止めを塗ってカット
が挙げられます。

第2回目では、2種類ある日焼け止めについて、ご紹介したいと思います!
ぜひお付き合いください。

160707-UV3
石鹸専門店「Savon de Siesta」が本気で作ったUVケア「SUN PROTECT LOTION」、ご購入はこちらから。
さらりとした使い心地で、石鹸で落とせます。


ミニ特集 | 私たちのスキンケア事情-シュクレ-

ブログ画像-ミニ特集シュクレ

神尾)まず橋本さん、いつものスキンケアはどうしてる?
橋本)手作りの化粧水と植物性のオイルでできているクリームです。

神尾)私も所化粧水に植物性オイルでできているクリーム、そしてシュクレ!私、シュクレがないと生きていけないほど大好きなのっ!!!

神尾のシュクレLOVE熱がすごく、橋本ちょっと戸惑う…

神尾)橋本さんは、お肌の悩みってある?
橋本)私は超がつくほどの敏感肌で、一時期は温泉に湯治に行くほどひどかったんです。敏感肌用と言われる、ありとあらゆるスキンケア用品を使ってみたものの、ことごとく合わずダメ。痒くなったり、ポツポツと湿疹が出たり。でも、最近はシエスタの石鹸で洗顔して、手作りの化粧水にクリーム、で安定しています。お化粧もファンデーションでかぶれちゃうので、軽くお粉をはたくだけだし、口紅もグロスもかぶれちゃうので、今は手作りのリップグロスを塗るくらい。

神尾)そんな敏感肌の橋本さんがシュクレをつかってみたきっかけは?
橋本)入社して歓迎会の時に頂いたのがきっかけです。お砂糖のスキンケアって一体なに?と不思議に思いながら使ってみました。

柚子のシュクレ

神尾)どうだった?
橋本)本当に、びっくりしました!(ちょっと興奮気味に)洗い上がりがすごくしっとり・するするしていたので、思わず化粧水をつけずに寝てしまったくらい。
神尾)敏感肌でも大丈夫だった?
橋本)少し心配しましたけど、私の場合は、大丈夫でした。その後、なくなるまで毎日使っちゃいましたよー!
神尾)シュクレの粒々が刺激になったりはしなかった?
橋本)お砂糖を自分の好みで溶かしてマッサージ出るので、粒々が痛いとかはなかったです。
神尾)うんうん。自分で調整できるところがいいよねー。

神尾)シュクレのお気に入りポイントは?
橋本)お肌がしっとりするのに、お肌の汚れもしっかり落ちるところ。パウダーだけのお化粧でも、時々毛穴の汚れが気になるんですよ。そんなときは、まずはスチームで顔全体を温めて、その後にシュクレでマッサージしながらパックしています。
神尾)それ、私もやってる!!!私はお風呂に使ってしっかり汗が出たころに使うようにしているよ。ちょうど毛穴も開いた頃かなと思って。シュクレで角質もやわらかくなるから、潤いは残るのに、すっきりするよねー。

神尾)あと、私は夫にも使わせてる。(強制的に)夏はゴルフで真っ黒に日焼けして、冬には乾燥で顔が粉拭きイモみたいになってしまうのだけど、顔に何か塗るのが大嫌いな人で。シュクレはべたべたしないから、スキンケアをしない男性にもいいと思うんだ。
橋本)なるほどー。たしかに男性にもおすすめできますね。

ブログ画像-ブーケドゥシエスシュクレ_160405

神尾)私は基本的には夜しか使わないんだけど、朝も使う?
橋本)朝も使いますね。朝は石鹸洗顔はしないで、顔を濡らした後にシュクレで軽くマッサージして洗い流すだけ。簡単だし、朝からもちもちのお肌になって、気持ちいいです。前はもったいなくて少しずつ顔にしか使わなかったけど、今度使う時は肘やひざ、かかとのケアに使ってみたいなと思っています。

神尾)へぇー。シュクレ初心者なのに色々使いこなしているね?!
橋本)実は…(モジモジ)。あまりにもシュクレが気に入ったので、自分で作ってみようと思って。お砂糖と植物性のオイルを混ぜて作ってみたんですが、それはそれはひどいものができました…。
神尾)それは無理だよー(笑)!シュクレはアメリカで特許取得もしている製法だよ!
橋本)ですよね…(笑)

最後に出たまさかの「手作りシュクレ」告白は、他のスタッフもびっくり!日頃、工房と事務所、別々で仕事をしているスタッフ同士は、じっくりと話し合う機会が意外とすくないので、新鮮でとても楽しい結果となりました。


特集 | お店スタッフならではの乾燥対策!

シエスタブログ-0216シエスタのスキンクリーム6

連載形式でご紹介しているシエスタスタッフのお肌ケア。
今日はお店スタッフさかいの工夫をご案内します!!

◇普段のスキンケアはシンプル、でも丁寧に◇

もともと乾燥気味の肌なのですが、秋冬そして、
これからの季節の変わり目はみるみるお肌がカサカサに・・・

普段のスキンケアは、化粧水にカレンデュラクリームを肌になじませてるシンプルケアなのですが、乾燥が進んでくると、あわてて化粧水にボディオイルを1,2滴プラスしています!!
そして、仕上げにクリームをたっぷりとつけると、お肌がしっとり♪

そんなシンプルなスキンケアですが、
シエスタで働き始めてからは、手荒れ対策がしっかりできるようになりました!

シエスタスタッフの手あれを防ぐ方法

そのひみつは・・・
スタッフ特典ともいっても良いのでは??と思うのですが

毎月おつくりしている限定スキンクリーム。
店頭ではサンプルをお出しして、みなさまにも試していただけるようになっています。
完売した後のサンプルの行き先は…レジのそばにクリーム入れがありまして、そこに入れるのです。

シエスタスタッフの手あれを防ぐ方法

お店スタッフは、乾燥や手荒れが気になってくるといつも
クリーム入れからその時の気分でクリームを選んで使っているのです。
手が届くところにある選べる楽しさ。。。
小さな贅沢&楽しみです。
そうやってこまめにクリームつけることで、手荒れが少なくなりました♪

継続は力なり・・・といいますが
面倒がらずに何事も続けていくと成果があらわれるのですね。

日々のスキンケアだけではなく、いろいろなことも細くても長く続けていきたいなぁと思うこのごろです。

—————————————
特集 | シエスタスタッフの手がきれいな訳
もくじ

第1話 シエスタのスタッフが綺麗なわけ(2月16日)
第2話 さらば!手荒れ!!(2月17日)
第3話 3つの工夫(2月18日)
第4話 乾燥対策!(2月20日)