【渡邊浩幸 木の器展】12月18日まで開催中です。

こんにちは、お店スタッフゆはらです。
シエスタラボでは、12月18日(月)まで、今年最後の企画展『渡邊浩幸 木の器展』を開催中です。

お足元の悪い中、毎日たくさんのご来店、ありがとうございます!

京都のカフェ・ユーゲさんのお菓子と組み合わせてプレゼント包装される方もいらして、これは喜ばれるに違いない!と私たちまでうれしくなります。
(※ユーゲさんのお菓子、完売の際はご容赦ください。)

メンテナンスオイルワックスを入れたギフトも長く大事にしてもらえそうで、いい組み合わせだなぁと拝見していました。
(※メンテナンスオイルワックスは再入荷しております。)

贈り物の季節っていいですね!

そして、お声をかけると結構な確率でみなさん、ハッとしてくれるのですが、今回もランプシェードが届いているので、ぜひ、天井を見上げてみてください!
後日のお渡しとなりますが、コードの長さも調整いたします。
詳しくはスタッフまでお声がけください。
こちらのブログでもご紹介しています。)

こちらはたべるとくらしの研究所さんで今月のごはんをいただいた時の様子です。
お客様とお話していると、今まではパンをのせるくらいでしか木のお皿を使っていなかったという方もちらほら。
もちろん、それもとってもいい使い方。
でもそれだけではちょっともったいないかも!
写真のように、おかずも乗せてみてください!
すてきな食卓になりそうです。

たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)で、渡邊さんの器やカトラリーで食事をたのしめるのは、本日、12月16日(土)までとなっております!
まだの方はお急ぎを~

実際にお料理を乗せたときのサイズ感や、器・スプーンがすっと手になじむ感じを確かめてみてください。
何よりとってもおいしかったので、ぜひ!

渡邊さんの作品はどれも美しく、「コツコツ集めたくなるよね~」とほれぼれしながら、日々、話しています。
せっかくの機会なので、みなさまもぜひ、お手にとってみてください。
ご来店お待ちしております!

———

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」
会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
本展示に関するブログ一覧はこちらから。


【渡邊浩幸 木の器展】スタッフ愛用のカトラリー

直営店シエスタラボでは、12月18日(月)まで、企画展『渡邊浩幸 木の器展』を開催しています。

これまで、本展示の様子やおすすめの器についてブログでご紹介してきました

今回は、スタッフが愛用する渡邊さんのカトラリーをご紹介したいと思います。

 

・スタッフゆはら

ジャムスプーン、調味料スプーン、マドラーを使っています。
それぞれ出番が多く、先日はゆず茶を飲む際のお供に調味料スプーン、マドラーを選びました。(暮らしのコラムにも登場しています!)

ジャムスプーンはジャムをぬる時はもちろんですが、
お味噌をバケツのような大きい樽からふだん使う用の小さな入れ物に移す際には、必ず出動します。

容器のふちにジャムスプーンの面がぴったり合うので、余すことなくキレイにお味噌をこそげ落とせるところが気に入っています!


・スタッフあらき

渡邊さんのカトラリーは、私が持っている他の木のカトラリーに比べて、持ち手が太目なので、使う前は、ごつごつしてるのかな?と思っていました。でも、実際使ってみると、良い意味で裏切られました!

よーく見ると、細かい彫りの跡が見えるのですが、この彫り加減が絶妙で、手に取るとびっくりするほど持ちやすく、手に馴染み、肌触りが優しいです。

そして、お気に入りのポイントは、すくう部分の先が適度に薄く、口当たりが良いのは勿論の事、ゴロゴロ野菜のシチューやスープ、ポトフの時に具材を一口大にすっと気持ち良く切ることができるところです。

時々かぼちゃの煮つけを盛り付けたりと、盛り付けにも使っています。金属と違って、野菜を傷つけず、崩すことなく盛り付けできるので、重宝しています。


・スタッフかわまた

私はフォークを使っています。
商品名はパスタフォークなので、パスタの時はもちろんそれ以外でも活躍できるフォークです。リンゴなど少し硬い果物にも合うので、果物を食べる時にも使っています。

木のカトラリーは今まであまり出会う機会がなかったのですが、使い始めてすぐ気づいたことは、熱いものを食べる時にぴったり!そして、お皿にぶつかっても大きな音がしないことでした。

万能フォーク!長い付き合いになりそうです。


いかがでしたでしょうか。
用途を考えて作られている使いやすさと、
金属と違って、手触りや口当たりが優しいのが皆、お気に入りのようです。

会期中12月16日(土)まで、たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)では、
渡邊さんの器やカトラリーを使ってくださっています。
お時間あるかたは使い心地を確かめにお出かけになってみてください。

シエスタラボ店頭でも、お気軽に手に取ってご覧ください。

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
本展示に関するブログ一覧はこちらから。


【渡邊浩幸 木の器展】いつまでも使い続けたい器

こんにちは さかいです。

シエスタラボでは、12月18日(月)まで、今年最後の企画展
『渡邊浩幸 木の器展』を開催中です。

今日は、私が使っている器たちと届いている器のことを・・・

私が使っている「スープボウル」。
ぷっくりとしたフォルムが気に入って選んだもの。
できるだけ毎日具だくさんのお味噌汁を作っていて、
いつもは、もっぱらお味噌汁用に。
この日は、寒くなると食べたくなるシチューにしてみました。

お気に入りのポイントは、カタチのみならず実用性。
木の器は、手にした時に外側まで熱くなりにくいので、汁物にもぴったり。
どんぶり用にも、サラダボウルとしても・・・
どんなものにも合うので、出番の多い欠かせない器なのです!
あまりに使えるので、もうひとつあったなら—と悔やまれることもしばしばです。

そして、白漆の器。
白いお菓子をのせてみました。
小ぶりの器は、お菓子用にちょどよい大きさ。
いつものお菓子が、ちょっとおめかしをしたような感じがします。

今回届いている器では、プレートもおすすめです!
12cm~24cmまでのパン皿は、大きさ違いで選ばれる方も。

木がトーストしたパンの湯気を吸ってくれるので、
カリッとしたトーストが楽しめることはもちろんですが、
大きいサイズのプレートは、ワンプレートに盛り付けるのにも十分な大きさです。

その他、オーバル皿やトレイも・・・

手になじみが良く、毎日の食卓に・・・でも大切に使っていきたくなる器です。

12月8、9日は渡邊さんが在店してくださりワークショップを開催しました!

参加のみなさんが作られたカトラリー、みなさんそれぞれに形を決めて
楽しそうに、黙々と彫られていました。
出来上がりは、もちろんすばらしくうらやましい!

今週中には、
京都 yugue(ユーゲ)さんよりお菓子が届きます。

パッケージもかわいい、おいしいお菓子です。お楽しみに♪

———

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
本展示に関するブログ一覧はこちらから。

 

会期中12月16日(土)まで、たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)で、
今月のごはんに、渡邊さんの器やカトラリーを使ってくださっています。

さっそく先日、お店スタッフでいただいてきました!
手にした時の木のあたたかさ、そして思わずおいしいね!と口にしてしまうごはん。
なんとも良いお昼時間でした。


【木の器展・作品紹介】見るたびに嬉しくなる灯りを作り出すもの。

直営店で開催中の渡邊浩幸さんの木の器展。
12/8,12/9は、渡邊さんも在店くださり、先日のブログでもご紹介したレンゲやスープスプーンをつくるワークショップも開催されています。
みなさん、素敵な作品を作られています。

今日は、渡邊さんの作品のなかのインテリアを彩るものをご紹介したいと思います。

今回の展示、はっと目を引くのは、天井から並ぶ木のランプシェード。

形もすらりとしたものから、漆で仕上げられたもの、
丸みをおびたものまで様々。
暮らしの中の灯り。
気持ちをうれしくしてくれるものだなと感じています。

▼ 【BLOG】いつもの朝に 渡邊浩幸さんの木のモノを

基本のコードの長さは、約1メートルですが、
つける場所により、ご希望の長さにカットしたり伸ばしたりすることができます。
(長さ調整の場合は、一旦お預かりして、調整して、後日お渡しいたします)
また設置も賃貸の方でも、簡単に取り付けることができる形になっていますので、ご安心を。

コペンハーゲン、ヘルシンキ。
北欧の都市の名前がつけられたオイルランプ。

ムーミンのおうちのような形のヘルシンキは、
蓋をあけるとオイルランプが現れます。

初日に撮影した写真なので、既に売れてしまったものも含まれていますが、
ドライフラワーベースも人気です。
ユーカリやドライの草木を一輪差すだけで、絵になります。

京都のカフェ・ユーゲさんからは、シュトーレンや焼き菓子が届いています。

ユーゲのシュトーレンは、とってもおいしい。
関美穂子さんの可愛らしい包装紙に包まれ、手土産にもぴったりです。



ジャムクッキーや、ナッツの入ったユーゲクッキーも、一度すべて完売してしまいましたが、12/13(水)にまた届く予定です。どうぞお楽しみに♪

【企画展】渡邊浩幸 木の器展

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

会期中、たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)で、
渡邊さんの器を使ってお食事がいただけます!

本展示に関するブログ一覧はこちらから。


【木の器展・作品紹介】おおらかなフォルムと繊細な使い心地のカトラリー

渡邊浩幸さんの木の器展が、12月6日(水)からはじまりました。
あたたかみのある作品が店内に並び、とても素敵な雰囲気です。

初日は、たくさんの方がお立ち寄りくださいました。
ありがとうございます。

今回の展示会では、器、カトラリー、インテリアを彩るもの。
本当に様々な種類の作品を作ってくださった渡邊さん。
今日は、届いているカトラリーの事をご紹介します。

展示のたびに大人気のレンゲ。
口に触れる部分が、薄く薄く作られていて、
今までのレンゲの概念がひっくり返ってしまうような使い心地の良さ。
前回の展示会でも、人気の作品でしたが、
今回は新しいサイズも登場し、3つの大きさが並んでいます。

一番大きなサイズは、お食事に。
中くらいは杏仁豆腐などデザートに。
そして一番小さなサイズは、小さなお子さんに。

私は大切な友達が結婚するたび、
お祝いにプレゼントでも使わせていただいている大好きな作品です。

スプーン、フォーク。
ジャムスプーンにバターナイフ、そしてデザートフォーク。
カトラリーも様々。

アジアのカトラリーにヒントを得ることもある、とお話くださった渡邊さん。
どこかそんな雰囲気も漂います。

シンプルに見えますが、実際に手に取っていただくと、
そのフィット感に驚かされます。
手にあたる部分が、沿うようにやさしく丸く彫られているのです。

あら、かわいい♪と、
思わず笑みのこぼれるスプーンたち。
ベビースプーン、調味料スプーン、マドラー。

ベビースプーンと調味料スプーンは、上手にすくえるよう少し角度がついている心遣い。

そして。
中川ちえさんがご紹介されていたこちらの記事を読んで以来、
気になっていた味噌べらも届きました。
これからの季節、お味噌を仕込む方もいらっしゃるのでは。
味噌しごとが楽しくなりそうな作品です。

お茶の時間が嬉しくなるものも。
ミルクピッチャーとコーヒーメジャースプーン。
コーヒーメジャースプーンは、使うとだんだんと色が移り
程よい色合いに育っていくそう。

メンテナンスオイルはお手入れにひとつあると便利なアイテムです。
平澤まり子さんのイラストのシールが貼られた素敵な佇まい。

渡邊さんの本も販売していますので、ぜひご一緒にご覧ください♪

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

会期中、たべるとくらしの研究所さん(水-土営業)で、
渡邊さんの器を使ってお食事がいただけます!

本展示に関するブログ一覧はこちらから。