さわやかな香りのオイルができました!

こんにちは、さかいです。

実店舗シエスタラボで開催しております『バーンロムサイの夏じたく』は
今日が最終日となりました。

以前同じ場所でお店をされていたcholon 佐々木智子さんが
デザイナーとして携わっているバーンロムサイ。

初日よりたくさんの方が足を運んでくださり、『cholonさんのお洋服や雑貨が大好きだったのでなんだかうれしいです!』と言ってくださる方や『バーンロムサイの運営について力になれたら・・・』とくまちゃんのキーホルダーをお子様に選んで下さった方も。
みなさまのあたたかいお気持ちに、ご紹介できたことをうれしく思います。

本日も19:00までオープンしていますので、お時間ございましたらぜひお立ち寄りくださいね。

ボディオイル

体調には自信あり!!のわたしですが、むくみにはめっぽう弱い・・・(笑)
夜に「あら、今日もこんなにむくんでる・・・」と気づくこともしばしば。

そんなときの救世主がシエスタのボディオイルです。
寝る前にこれを使いながら、足全体を軽くマッサージ。
リンパの溜まるところは少し念入りに。
すると、翌朝にはすっきりとしているのです。
初めは、むくんだなぁ・・・と思った時だけしていたのですが
最近では、翌朝のすっきり感が快適で毎日の日課になっています。

2,3か月に1度のペースでお作りしているボディオイル。
当初は限定メニューには入っていなかったのですが、今月のシリーズの香りがとってもさわやかで、暖かくなり、これから木々の緑がますます濃くなる季節に使うのにぴったりではないかしら??と、急きょボディオイルを追加してご用意しました!

さっそく、毎日使っていますがオレンジの香りの中にすっきりとしたユーカリとローズマリーが丁度よいバランスで気持ちもリフレッシュできます。
とても好きな香りなので、もう1本ストックしようかとたくらみ中です!


晴れの国・岡山の日差しは強かった!

スペシャルセット

こんにちは、かみおです。

すっきりとした香りが印象的な
5月の限定商品にたくさんのご注文をいただきありがとうございました!
発送が始まっているので、すでにお使いの方も多いかもしれませんね。
今年は気温が上がるのが早いようですが、
すっきりとした香りが気持ち良いですよね。

ss150502_04

ゴールデンウィークに岡山県倉敷へ行ってきたのですが、
5月の岡山を甘く見ていました・・・。
予想以上に暑くて、夏の暑さに弱い道産子の私はバテバテ。
ちょっと歩いては休憩。
ちょっと歩いては冷たい飲み物を求めて喫茶店へ(笑)。
晴れの国岡山というだけあって、
本当に良いお天気でグングン気温が上がっていました。

札幌に戻って気が付いたのですが、
手の甲が日焼けで荒れてカサカサになってしまったのです。
ケアをせず強い日差しを浴び続けていたからかなと思っています。

ユーカリとローズマリーのクリーム

5月の限定商品ユーカリとローズマリーのクリーム
私も早速愛用しています!
北海道も気温が上がる日が増えてきたので、
保湿クリームは少し重いかなと感じる時があるのですが、
このクリームはすっきりとした香りが気分も一緒にシャキッとさせてくれるので、
この季節にとっても使いやすいクリームなんです。
うっかり日差しを浴びすぎてしまったときにはササッと保湿ケアを。

外出先では小さなポーチにリップ替わりのベビークリームとスティック型のクリームが今の私の定番です。

ユーカリとローズマリーのクリーム

岡山では暑くてバテバテでしたが、
美味しいものもちゃんと持ち帰りました(笑)。
江戸時代の製法で全て手作りされているというかりんとうです。
今までには食べた事のない不思議な食感。
美味しくてお気に入りです!
また岡山行きたいなー。
倉敷かりんとう


スタッフも愛用しています

ライラックの花が咲く頃、急に寒くなることを「リラ冷え」と呼ぶのですが、
水曜日からのお天気がまさにリラ冷え。
今年はとくに寒くて、自宅では耐えきれずストーブをつけました…
早くあたたかさが戻るといいですね。

banromsaiの展示も、今日を含めてあと3日の会期となりました。
期間中、私たちスタッフもみなお洋服を着ているのですが、
やわらかなガーゼ素材がとっても心地よく、お気に入りです。

どれもサイズは1サイズのものが多いのですが、
身長別にそれぞれの着こなしができて楽しいです。
私が153cm、柚原が160cm弱、堺が168cmです。
着た雰囲気を想像する参考にしてくださいね。

150515-banromsai01
ドルマンスリーブ×イージーパンツ

ガーゼ素材のドルマンスリーブは今回DMの写真でご紹介したこともあり、大人気の1枚。夏は1枚で、冬は重ね着をすると1年通して楽しんでいただけます。
イージーパンツは、cholonのお洋服をご存知の方は「あ!」と感じるデザイン。私もcholonの頃に買って、本当によく着ていました。堺のようにロールアップしてもいいですし、ロールアップなしでシンプルに着ていただいてもかわいいです。

150514-banromsai7
ギャザーワイドパンツロング丈×タッセルつきストール

ギャザーワイドパンツは試着してくださった方が、夏にぴったり!とみなさん口を揃えておっしゃるお洋服。柔らかなガーゼ素材が本当に素肌に気持ちよく感じます。
タッセルつきのストールは、6色あるので何色にしようと迷うのも楽しいアイテム。

150515-banromsai02
ドルマンスリーブ×ギャザースカート

生地をたっぷり使ったロング丈のスカートです。歩くとふわりと揺れる軽いガーゼ生地を2枚重ねていて、2枚の長さに差をつけた特徴あるデザイン。裾に並べたビーズは、チェンマイの工房でひと粒ずつ手刺繍で刺されているもの。

ドルマンスリーブもギャザースカートもネイビーですが、雰囲気があってカレン族のネックレスもぴったり。私も堺も、おススメの組み合わせです!!
手織りのストール
ガーゼ素材のストールのほかに、手織りのストールやインドコットンを使ったカラフルなストールも並んでいます。
写真は手織りのもの。ストライプのブルーがとても爽やかで、素材はコットンですがハリのあるさらりとした風合い。

11243947_1388609778135205_1188442950_n
banromsaiの縫製場から出る残った布を裂き、つなぎ合わせて作る「リボン」で織り上げた「さき織り」のトートバッグ。青と白のさわやかなボーダー柄で、お洋服とぴったり合います。

0801

初日にbanromsaiの智子さんが撮影してくださった写真。
堺がカシュクールワンピース、柚原がギャザーワイドパンツを着ています。
カシュクールワンピースは前ボタンをすべて外して着てもとっても素敵。

今日はbanromsaiの智子さん、堺、わたしがお店に立っています。
どんな感じで組み合わせようかな、と迷ったらご相談くださいね。
(智子さんは12時-17時の在店です)

0176
子供用ワンピース 2700円

今回、チェンマイで買い付けていただいた子供服も並んでいます。
色とりどりのワンピース。

150515-banromsai10

スタッフ番外編でりさに着てもらいました。
3歳だとワンピース、今回は小学生のお母様も選んでくださっているのですが、大きくなるとトップスとして長く着ていただけます。
着せるととってもかわいいのですが、りさが恥ずかしがってあまり写真が撮れず…
お洋服のかわいさが伝わりますか?本人も「脱がない!」とお気に入りのお洋服でした。


色鮮やかな布

150514-banromsai

今回のbanromsaiの展示では、カラフルで丁寧な刺繍がとっても印象的なお財布やポーチなども並んでいます。

banromsaiのあるチェンマイ郊外の山々には、山岳民族の村々があり今も独自の文化を大切にした暮らしを続けています。女性たちの手による織りや刺繍の民族衣装もその一つ。細やかな刺繍や鮮やかな色使いはそれぞれの民族ごとの特徴があるそう。この民族衣装に使われていた古い布を使い、さまざまな布の製品を作っています。衣装をチェンマイの工房で丁寧にほどき洗ってから、また縫い合わせたり、更にビーズ刺繍を加えたり。小さな端切れも大切にし、可能な限り布をいかすことを心がけているそう。

150514-banromsai2

長財布は古布の中でもとりわけ美しい部分をたっぷり使い、手仕事で仕上げた世界にひとつの製品です。ビーズ刺繍やふちのステッチは山岳民族のスタッフが手で縫い上げています。近くでみると、美しく細かな刺繍にため息が出ます。

150514-banromsai3

フラップにマグネットの留め具が付いており、中にはファスナー付きの仕切りやカードを入れられるポケットもあり使いやすさもしっかり考えられているもの。
ひとつひとつ内側のタイシルクの色が異なるので、広げてご覧になってくださいね。

150514-banromsai4

お財布としてはもちろんですが、通帳ケースとしてや、ちょうど葉書がはいるので、色々なお店からのお知らせやショップカードなどを整理するのにもぴったり。

150514-banromsai6

少数民族の伝統的な衣装を丁寧にほどき、テープ状の素材を縫い合わせポーチに仕立てられたシリーズ。タッセルは、ひとつひとつ異なるものがついています。

150514-banromsai5

見ているだけで楽しい気分になる華やかなピンクの色合い。
フラットポーチやバッグも素敵です。

私が、banromsaiのことを知ったのは、この古布のシリーズがきっかけだっただけに、個人的にも思い入れの強い作品です。大胆な柄で色遣いも鮮やかですが、不思議と落ち着いた上品な雰囲気も兼ね備えていて、バッグの中に入っていたら楽しいだろうな、と感じます。
お手にとってご覧くださいね。

150420-バーンロムサイ2
banromsaiの夏じたく 5月6日~5月18日
(16日はデザイナーの佐々木智子さんも在店してくださいます)


木下綾乃「ねこをもらったよ」原画展。

nekowoimg

イラストレーターであり、雑誌や書籍、雑貨等の分野で活動中の木下綾乃さん。
『ねこをもらったよ』はご自身のこれまでの猫との想い出をもとに、
ねことの別れと出会いを通じ、女の子の成長を描いた新作絵本です。

ちょっと切なくなる、心がキュっと締め付けられるような。優しい絵本。

5月20日~6月1日の期間、
「ねこをもらったよ」の原画展を開催します。
絵本48ページ分の原画が店内に飾られる予定です。

期間中は、絵本、原画作品の販売はもちろん、
木下綾乃さんのステーショナリーも販売いたします。

全国をずっと巡回してきたこの原画展も、
残すところ札幌のシエスタラボと神戸のみ。

bag

また5月23日16時頃~閉店まで、5月24日は18時まで木下綾乃さんも在店してくださり、限定サイン会とライブペインティングを行います。
その場でトートバッグにねこのイラストを描いていただけるというイベント!!
シエスタラボ名前と会期も入ったこの時だけバッグ。
24日はご予約も承っていますので、
ご希望のお時間を添えて店頭スタッフまでお申し付けください。
1枚1500円(税別)、約20分ほどで描いていただける予定です。

※木下さんの在店日を間違って記載しておりました。上記は修正した日程となっております。

また!!
この展示にあわせて、木下さんに石鹸とクリームのパッケージを描いていただきました。アウトドアが好き、という木下さんのお話を伺いながら、イメージを膨らませ、
ラベンダーとカモミールを使った、やさしいミルク色の石鹸が出来上がりました。
カモミールミルクティーを連想するような、ホッとする石鹸です。

まずは、会期中店頭で先行販売をさせていただき、会期終了後ウェブショップでもご紹介予定です。
(完売時は、ウェブショップでの販売はございません。ご了承ください)

木下さんの優しいイラストの世界、お近くにいらっしゃる際は、お立ち寄りください。