nuri キャンドル展

2014年6月18日(水)-6月23日(月)

なんて美しくて、凛としているんだろう。
京都を拠点に制作活動をされるnuriさんのキャンドルを初めてみた時、心の中にぽっと灯った小さなやさしい灯り。

夏至の季節に、北海道ではじめての展示会を開きます。
花々が丁寧に描かれたすこし大人の佇まいのアロマキャンドル、
愛らしい表情の動物のキャンドルたち。
様々な作品が並びます。

nuriさんの創るキャンドルの灯りは、空間だけではなく、そばにいる人の気持ちまでも穏やかにそして優しくしてくれる気がします。時には、キャンドルの灯りでひと時をすごしてみませんか?

作家在店日/ワークショップ
6月21日、22日。左記期間中、トリモチーフキャンドル/お花のモビールキャンドル、2種のキャンドルワークショップを開催します。


みつばちトート展

2014年7月9日(水)-7月14日(月)

毎月ウェブショップを中心に、カラフルなトートバッグを発表しているみつばちトート
ジャスミン、すみれ、コーヒーブラウン…
色の名前もかわいくて、どれにするか迷うのも楽しみのひとつ。

職人さんがひとつずつ手作りで作るトートは、
シンプルなデザインで、「道具」としても素晴らしく、
毎日使うのが嬉しくなるバッグ。

この夏、シエスタラボにて2年ぶりにみつばちトートの展示会を開きます。過去のアーカイブの中から、色々な組み合わせのトートバッグ、そしてシエスタラボ先行販売の特別なバッグも並ぶ予定です。ぜひお立ち寄りください。


玉木新雌 初夏のショール展

2014年6月4日(水)-6月9日(月)

兵庫県西脇市で、昔ながらの力織機という機械を使ってオリジナルのショールを創る玉木新雌さん。
手織りのような手間と時間をかけて、ふんわりとやわらかく織り上げ、縫製も1枚ずつ丁寧に。洗いをかけて天日に干され、風にたなびく姿は心奪われ美しさ。

細部まで人の手をかけて、丁寧に作られたショールは、赤ちゃんの肌のようにふっくらやさしく、「一度手にすると、手放せなくなりました…」そう教えてくださる方も多いのです。

今回も1枚1枚異なる200枚のショールが、シエスタラボに届きます。絵画のように色彩豊かなショールは、選ぶのも楽しく、お気に入りの1枚がきっと見つかるはず。今回は、お洋服(大人/子ども)も届きます。

新緑の美しい季節、ご来店お待ちしております。


chappo みんなの帽子展

chappo みんなの帽子展
4/9(水) – 4/14(月) 11:00 open – 19:00 close

———————————–

浅草橋に拠点を構える帽子工房・須田製帽の4代目、Chappoの須田英治さん、パートナーの舩越ゆきこさんが作り出す帽子は、そんな楽しさにあふれている。流行にとらわれず、使いやすく、毎日の暮らしにとけこむような、でも少しだけ個性的な帽子が魅力。

今回届くのは、麦わら帽子や、リネン素材を使った、これからの気持ちいい季節にぴったりの帽子たち。

男女、年齢問わず、それぞれ「自分のスタイル」でかぶれるchappoの帽子。帽子好きの方も、「かぶってみたかった」という帽子初心者さんも、みんな集まれーー!そんな気持ちで、ご来店お待ちしております。

Chappo須田さんも9日・14時~19時、10日・11時~17時と在店してくださいます。帽子ってあまり被ったことがなくって…という方も、ぴったりの帽子を須田さんが選んでくださいます。


冷えとりの小物たち

1/23(木) – 1/26(日) 11:00 open – 19:00 close
(最終日は18時まで。通常と営業日・営業時間が異なります。)

———————————–

「冷えとり」とは。
下半身をあたためて頭寒足熱の状態にすることで自己治癒力や免疫力を高めて健康になるという健康法のこと。具体的には、半身浴をすること、食べ過ぎをしないこと、心おだやかに過ごすこと、お風呂以外は靴下を履いて足もとをあたたかく保つこと。

私自身、冷えとりをはじめてから、体の調子がよくなり、本当に嬉しく感じていました。それと同時にぶつかるのが「靴」の壁。
なかなか足に合う靴を見つけにくくなりました。そんなとき出会ったのがCo.&Kokorone・室根ご夫妻の冷えとり靴。東京で靴づくりをされる室根さんをお招きして、冷えとり靴の受注会を行います。(室根さんご夫婦は26日に在店いたします。またお渡しは、4月頃を予定しています)

また、エフロクブンノイチさんでは、オリジナルの冷えとり靴下、レギンス、重ね着に最適な自然素材の「えみおわすの服」をご用意します。

冷えとりをされている方も、これからやってみようかなと思う方も、自分の体にじっくりと向き合える企画展です。
寒い季節ですが、みなさまのお越しをお待ちしております。


曽田耕 100bags展

11/28(木) – 12/1(日) 11:00 open – 19:00 close
(最終日は17時まで。通常と営業日・営業時間が異なります。)
———————————–

東京・駒形の鉄工所跡のアトリエで、靴や鞄など革から作品を作られる曽田耕さん。

札幌ではじめての展示会となる今回は、100点のバッグをもってシエスタラボへいらっしゃいます。一度見ると忘れることのできない不思議であたたかな魅力を持つ曽田さんの鞄。しっかりとした厚手の革から作る鞄は、使えば使うほど経年変化によって素敵な飴色に変わり、よい味がでてきます。

28日・13時~14時、18時~19時は曽田さんも在店されます。制作の背景のお話を聞きつつ選ぶのも楽しいひと時です。


ぬくもりの森

12/5(木) – 12/8(日) 11:00 open – 19:00 close
(最終日は17時まで。通常と営業日・営業時間が異なります。)
———————————–

外はしんしんと寒いけれど、おうちの中はあたたかでホッとする北国の冬。家で過ごす時間を心地よく、そしてより大切なひとときにしてくれる3人の作家さんの作品をご紹介します。

■ kikikoko

窓辺をゆらりゆらりと彩るのは、kikikokoさんのオーナメント。
ブナ材を丁寧に珈琲で染め、ぐっと曲げながら形作る作品。
ふとした瞬間、壁に映る影をみてはきれいだなと思うのです。

■ オッタエーカル・八重樫茂子

色合いと美しい織目のマフラーやショール、フロアマットや小物たち。スウェーデンで織りを学び、小田原の一軒家で制作をされるオッタエーカル・八重樫茂子さん。
「長く大切に使い、丁寧に洗う」を繰り返すことで1枚のフェルトのように変化していくウールの織物。いつしか自分だけのとっておきの1枚に。

■ ユーリとビヨルク

シンプルで無駄のない美しい形のかごを作られるのは、北欧・ロシアで白樺樹皮細工を学び、北海道の白樺を使い作品をつくるユーリとビヨルクさん。自ら森に入り、白樺の樹皮を採取して、丁寧に編まれた手編みのかご。今回は特別に20種類ほどの色々なタイプの白樺かごが並びます。

たくさんは取れない白樺樹皮。貴重なものだからこそ、ずっと大事にできるものを。そんなひとつを見つけていただけたら嬉しいです。
※作品は会期終了後の制作やお渡しになる場合がございます。


手仕事のブローチ展

7/25(木) – 7/28(日), 8/1(木) – 8/4(日)
 木曜・金曜/11:00 open – 19:00 close
 土曜・日曜/12:00 open – 18:00 close
最終日は17時まで。通常と営業日・営業時間が異なります。
———————————–
お出かけ支度、最後の仕上げに胸元へ。
お気に入りのバッグにちょこんとつけてみたり。
小さいけれど、オシャレのアクセントになるブローチたち。

今回シエスタラボに並ぶのは、丁寧な手仕事で作られたブローチばかり。

おおらかな造形と、温もりを持った鳥や花の陶のブローチはBIRD’S WORDSから。
繊細なフォルムとやわらかな銀の輝きを美しいと感じるのは、松本美弥子さんの作品。
果物やスパイスを樹脂に閉じ込めた木のスプーンブローチは、sippo’s sampling

自分のためのお気に入りを探したり、
プレゼントとして選んだり。
小さな宝物を見つけていただけますように。

みなさまのご来店、お待ちしております。


大丸札幌店 「いいモノ・いいコト マルシェ」

3/13(水)-3/18(日)
10:00 open – 20:00 close
(最終日は18時まで)
会場:大丸札幌店7階催事場

———————————————–

大丸開店10周年を記念したイベント「いいモノ・いいコトマルシェ」にspace1-15のメンバーと出展!! 会場限定販売の「ミモザの石鹸とクリーム」をつくりました。 space1-15のみんなも、それぞれ特別な「なにか」を企画しているみたいです。また同じ会場では北海道クラフト作家さんもブールを構えています。

札幌駅からもすぐの会場ですので、ぜひお立ち寄りください。 ※3/14-3/16は実店舗は臨時休業いたします


girlielounge 春の靴

3/20(水・祝日)-3/24(日)
12:00 open – 18:00 close (最終日は17時迄)
(通常と営業時間が異なります。)

———————————————–

アリス、ドロシー。映画の中で主人公が履いていたのは、きっとこんな靴。エスプレッソ、カプチーノ、チャイ。カフェでお茶をするように、そのときの気分にぴたりとあつ靴を選ぶ。ワクワクする素敵なネーミングの靴を作るgirlieloungeさん。

上質な本革を使って、神戸の職人さんがひとつひとつ作る靴。履いたときのデザインはもちろん、中敷きにリバティやリネット(京都)のリネンをつかっているので、眺めているだけで、絵になるかわいさ。

北海道ではじめてのご紹介となる今回は、新作の靴をはじめ14種類の中からお選びいただけます。(ご予約後の製作のため、お渡しは5月上旬頃となります)また3/20はgirlielounge主宰クラタさんが在店して、靴選びのお手伝いをしてくださいます。

長い冬が終わり、そろそろ春を感じるこの季節。踊りだしたくなるような軽やかな春の靴を探しにいらしてください。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11