リラックスも大切です♪

マッサージが大好きです。
特にアロマオイルを使ったものが。
前の仕事が営業で、車の移動+立っている時間が長かったのです。
しかもヒールを履いているので、私の足は夕方にはパンパン(涙)
時々行くアロマトリートメントがかなり嬉しい時間でした。
営業の仕事を離れたので、今はそんなにむくむ事はないけれど、
先日久しぶりにアロマリフレクソロジーに行ってきました。
きっかけは石鹸を買ってくださった方が、お店をやっていらっしゃって、
何度かメールをやり取りするうちに行ってみたいと、出掛けてきました。

千春さんのお店は1対1でトリートメントをしてくださる素敵な場所でした。
オイルの選び方から今までのお店と違っていてびっくり。
香りからだけでなく、私の筋肉のつき方から合うオイルを選んでくださるんです。
いろんなことに、ほぉ〜!と驚き。
トリートメントも気持ちよくって、途中で寝てしまいました(笑)。
トリートメントだけじゃなく、雑貨もお店には置いてあって、それを見るだけでも愉しい!!
なんだかとてもリラックスできました。
千春さん、ありがとうございます。
またお願いします♪
千春さんのお店はコチラ。
 アロマテラピーサロン ナチュラルケア 北海道恵庭市恵み野
 


琺瑯とブーケ。

メールマガジンの方にはチラリと書いたのですが、
石鹸を作るためのアトリエを借りることにしました。
ここ1週間は引越し作業に終われています。
昨日は荷物の搬入。そして荷解き。
まだまだゴタゴタした室内ですが、徐々に整えて行きたいと思います。
飾りたいポスターも出番を今か今か、と待ちわびています。
さて、昨日の問題事。
アトリエの暖房は外のタンクに灯油を灯油屋さんに入れてもらって、初めてストーブがつくというもの。
それが灯油を頼むのをすっかり忘れていて、配達が午後になるとのこと。
はっきり言って寒かったです(涙)
昨日の札幌の気温1℃!!
温かい飲み物を!と思わずコンビニに走ってしまった私です。
買ってきたのはお湯に溶かして飲む、ホットレモン。
体がポッと温まって美味しかったです★
そして夜、仲の良いお花屋さんへ。
普段はミニミニブーケを買うのですが、
昨日は野田琺瑯の小さなお鍋を持っていって、それに合うようにお花を生けてもらいました。

とてもかわいく仕上がって大満足です!


幸せのおすそわけ。


ギフト用のオーダーで、お友達の結婚祝い用にお願いします!というご注文が多いです。
季節柄、結婚式が多いのかな?
私自身も今年の1月に結婚式を挙げました。
大好きな家族と大好きな友達に囲まれて、本当にHappyな1日でした。
お客様がプレゼントを贈られるお友達にも素敵な1日を過ごして欲しい、という気持ちを込めてラッピングしています!
なんだか私も幸せのおすそ分けをしてもらっているような感じで、とても嬉しいです♪
私の結婚式、ちょうど仕事も辞めて時間があったのでいろいろなモノをつくりました。
ウェルカムボードやゲストひとりひとりへのメッセージカードetc.
細かい作業が好きなので、愉しい作業だったのです。
(父には今夜も内職かい?と笑われましたが)
最後のお見送り用にドラジェも作りました。
(どんどん小さなプレゼントが増えていくので、この仕事が一番愉しかった!)
でも今思えば、ドラジェの代わりに小さな石鹸を贈っても良かったなぁ…と。
最後は『ドラジェ』よね〜と思っていたのですが、もっと自由に考えれば良かった、と。
そんな訳で、妹には結婚するときはお姉ちゃんが石鹸を作ってあげるからね〜と話しているのです(笑)


昨日は試験でした。

昨日はアロマテラピー検定の1級の試験でした。
ここ1週間とても忙しかったので、思うように勉強が進まず、
かなり不安なままの受験。
う〜ん、結果は微妙です。
おそらくギリギリのラインかと。
精油に関する問題はOKだったのだけれど、歴史に関する問題で撃沈(涙)
12月中旬の合格発表を待ちます。
12月中旬を過ぎても、日記で報告がなかったら、
「あ〜ツケシバさんは今回はダメだったのね」と思ってください(涙)
でもこのアロマテラピー検定は本当に愉しんで勉強できる試験です。
精油にはこんな作用があるのね、とか、
この香りは好きだな〜、などとても面白い。
今ショップに出している石鹸は無香料のものですが、
時々香りのついた石鹸も作っていきたいな、と思っているのです。


いい言葉だ。


『物語のある暮らし雑貨(主婦と生活社)』という本を読んでいます。
茨城県・つくば市にある私の大好きなカフェ、ShingosterLivingさんが掲載されていたので買ったのだけれど、とても素敵な雑誌です。
昨日も寝る前に読み返していて、すご〜くココロに響いた言葉があったのでご紹介。
長野県にあるギャラリーカフェ『夏至』のオーナーさんの言葉なのだけれど、
「嗜好品というものが好きなんです。仕事で疲れた後にシングルモルトを傾けたり、人がまばらな喫茶店で珈琲をのんだりすると、いろんなことからふっと救われる瞬間があるんです。現実的なエネルギー源は食べ物で、嗜好品は必要不可欠なものではないけれど、肉体を保つためだけではなく自分自身を保つために必要なもの。たとえばそれは器だって同じ。用他だけど考えたら工業製品に勝るものはないけれど、私たちのお店ではそういう心の栄養を提供できる場所でありたいな、と思っているんです」
私が考えていたことをずばり言葉にしてもらったような感じです。
石鹸もお店に行くといろんな種類のものがあります。
それなのに、どうして私が手作りにこだわるかというと。
やっぱり、使ってくださった方が愉しくなるように…ということなんだと思います。
機械に任せて作ったものではない、温かさを伝えていければな…と思います。
いつもその気持ちを大事にしながら、お届けしていきたいと思います。


1 543 544 545 546 547 548 549 550 551