【tandey展】オールレザーのボストンバッグ、愛用している方に使い心地を聞きました。

今回の展示には、帆布のバッグの他、
上質なイタリアの革を使って仕立てられたオールレザーのバッグも並んでいます。

使うほどに馴染み、味わい深くなるこのシリーズ。
今回は、6種類のデザインが届いており、
使いたいシーンに合わせてお選びいただくことができます。

シエスタの元スタッフ・かみおさんもtandeyさんのバッグを愛用しているひとり。

tandeyさんが、ブランドをスタートされた頃から、
雑誌で見かけてずっと気になっていたそう。

旦那様のご実家が、お店がある神戸から近いこともあり、
いつかは訪れたいと思いつつ、ついに手にしたtandeyさんのバッグ。

一緒に食事に行った時に、『素敵だね』と思わず声をかけてしまうほど、
雰囲気に似合っていました。

そこで、今日はかみおさんに使い心地について聞いてみました!!

————————-

■ 使っているバッグは、ボストン型

いつもカジュアルな装いが多いのですが、
年齢とともに清潔感やきちんと感が欲しいなと思って、
靴と鞄は作りの良いものを持つように心がけています。

数ある鞄の中からボストン型に決めたのは、
まずファスナーがあること。

徒歩と公共交通機関での移動がほとんどの私は、
雪の降る季節にはファスナーが必須です。
人ごみでもファスナーがあると安心です。

書類の提出など以前に比べるとたびたびあるにもかかわらず、
いつも小さな鞄を持つことが多いので、
ギリギリA4が入る大きさの革の鞄を持っていなかったこと。

そんな悩みに答えてくれたのが「ボストンバッグSサイズ」。

クリアファイルは角が飛び出るけど
ふんわり入れれば折れずにファスナーは閉まりますし、
A4の紙だけならすっと入ります。

 

肩にかけても、手で持ってもちょうどいい持ち手。
モコモコニットでもコートでも。

また実際に使ってみて感じたのは、移動の時に便利という事。
飛行機に乗るときも、座席下の収納にすっぽり入って
ファスナーがあるので中身が飛び出ることがありません。
飛行機・JRの長距離移動にもいいなと思っています。

とにかく見た目も使い勝手もとても気に入っている鞄です

■ 色は絶対黒と決めていたけど…結果ネイビーに。

きちんと感のある鞄は絶対『黒』と思っていた私は、
黒を買うつもりでいました。
ところが…選んだのはネイビー。

tandeyのスタッフさんから、
『革は使いこむうちに深い色合いが増してくるから今より濃いネイビーになりますよ』とアドバイスをもらったのです。

その一言で心が変わりました。
そうだ、それが革の面白いところではないか!!と。
ナイス!スタッフさん!!!

水分が多いべた雪が降った日、
駅まで徒歩7分くらいの道のりでしたが傘をさしていても
コートも鞄もベチャベチャに濡れてしまったことがありました。

鞄はしっかりクリームを入れてケアをしていたので、
水分を拭きとったら全くシミになっていませんでした。

これが革の面白さ!使ってケアしてまた使って。
育てる鞄なのだなと。

ファスナーも想像以上になめらかで、
手袋をつけたままでも開け閉めできるのは嬉しいポイント。

あまり見かけない雰囲気のあるネイビーの色。
ありそうでない形と色合いで持ち歩いていると褒められることが多いこと。
見る角度や光具合で色合いが違って見えるところもお気に入りです。

————————-

札幌でtandeyさんのバッグが見れることが
とっても嬉しいと教えてくれたかみおさん。
みなさんの選んだバッグが、
どんな風に育つのか見てみたいなぁとも話していました。

かみおさんのバッグの内布は、ベージュでしたが、
この生地も7色からお選びいただけます。

tandeyさんのバッグオーダー会は、10月1日(月)まで開催しています。
どうぞお立ち寄りください。

◆ 企画展「tandey bagのオーダー会」

会期 2018年9月19日(水)-10月1日(月)
※9月25日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00

※お渡し時期:11月中旬~下旬予定

◆ 展示に関するブログ一覧は、こちらから


【tandey展】選ぶが楽しめるバッグ

こんにちは、お店スタッフのかわまたです。
直営店Siesta Labo.では札幌で初めてご紹介のtandeyバッグオーダー会を開催中です。

お店入り口に下げているサンカクポシェット

ちょこっと貴重品を入れておでかけするにはちょうど良いサイズです。
この形だと黒でオーダーしてもおしゃれ感アップですね。

こちらはラウンドファスナーポシェット

コロンとしたシルエットがかわいいです。
ショルダーストラップを取り外してクラッチバッグとしても!

tandeyさんのオーダーの流れを簡単にご説明しますと・・・

1.バッグの『形』を選ぶ
2.バッグの『ボディ本体』のレザーまたは帆布の生地を選ぶ
3.内側の生地や持ち手のレザーが選べるバッグの場合は、そのお色を選ぶ

というように、「選ぶ」ことづくしですね。
きっとこの「選ぶ」ことが楽しくなってしまうはず。

店頭ではこのように生地や革サンプルが並んでいます。

サンプルを手に取り、バッグに合わせてみたり、内側に差し込んでみたり。
こんな感じかなと想像を膨らませて、「選ぶ」をお楽しみいただけます。

形選びに迷った時は、並んでいるバッグにお手持ちの小物など実際に入れて、持った感じをお確かめいただくことも可能ですよ。

お色選びもスタッフがお手伝いします。
お気軽にご相談ください。

札幌大通公園では秋のイベント定番となりました、『さっぽろオータムフェスト2018』が開催中です。

秋の味覚を楽しみながら、お立ち寄りいただけるとうれしいです。
お待ちしております。

◆ 企画展「tandey bagのオーダー会」

会期 2018年9月19日(水)-10月1日(月)
※9月25日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00

※お渡し時期:11月中旬~下旬予定


【tandey展】待ちに待ったtandey bagのオーダー会!

こんにちは さかいです。

先日まで、東京 日本橋三越で開催されていました「おへそ的買い物のすすめ展」へ伺っておりました。
お立ち寄りくださったみなさま、気にかけてくださったみなさま
そして三越のスタッフのみなさま、お世話になりました出展者のみなさま
ありがとうございます!
東京でのイベントの度にお運びくださる方、そしてはじめまして・・・の方も
多くお立ち寄りくださって、
みなさまこの度北海道で起きました地震のことで
お声がけいただき、本当にあたたかくうれしい気持ちになりました。
お店のある場所は、札幌でも被害の少ない場所にあります。
1週間ぶりに帰ってきた札幌は、日常を取り戻してきています。
みなさま、本当にありがとうございました!

直営店シエスタラボでは、9月の企画展を予定通り開催させていただきます。
神戸にお店を構える「tandey」さんのbagのオーダー会を開きます。
ただいま、明日の初日に向けて準備中!!

バッグを取り出すたびに、鏡で合わせてみてしまうのでいっこうに進みません。(笑)
今回は、サイズ違いも含め16種類のサンプルが並びます!
手持ちタイプ、肩から掛けられるタイプ、リュックにもなるタイプ・・・
お好きなデザインで、レザーや帆布からお好きなお色を選び
お作りいただけます!!

昨年、神戸と東京で偶然立ち寄ったtandeyさん。
自分なりのバッグをオーダーできる魅力的なバッグ。
さほどバッグを購入予定はなかったのですが、気に入ったバッグを作れるなんてー!
長く使えるな~と思い直し、オーダーしたのがこのスクエアトート。

もう手元に届いて1年ほど。
気に入っているので、出番も多いですが
表面、裏面しっかりとした帆布を使って、作られているので
まったく形も崩れず優れもの!!
好みの色を選んだので、合わせやすい!!
先日のブログでも、ちょっと熱弁してしまいました・・・)

色やサイズが変わると雰囲気も変わりますよね。
選べる楽しみでもあり、迷ってしまうところなのですー。

『tandey bag オーダー会』は明日19日よりスタートです。
札幌では、初めてのご紹介です。
ぜひ、お気に入りのバッグを見つけにいらしてくださいね。 

展示に関するブログ一覧は、こちらからご覧くださいね!
———

◆ 企画展「tandey bagのオーダー会」

会期 2018年9月19日(水)-10月1日(月)
※9月25日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00

※お渡し時期:11月中旬~下旬予定


【tandey展】お気に入りの鞄を作ろう!!(会期9/19-10/1)

9月19日から神戸のtandeyさんのバッグのオーダー会がはじまります。

tandeyさんは神戸に工房と併設されたショップを持ち、
ひとつずつ丁寧にバッグを作られています。
『シンプルで長くお使いいただけるバッグ』をコンセプトにデザインされたバッグは、
着こなしに問わず、大活躍するデザインばかり。

直営店店長さかいがひとめ惚れしたバッグ。
ぜひ展示を!!という声に応えてくださり、
札幌ではじめてとなるtandeyさんの個展を開催させていただきます!!

今回の展示は、バッグのオーダー会。
60を超えるデザインがあるtandeyさんのバッグから、
合わせやすさなどを考えた10数種類のデザインが並びます。
お好きなデザインをお選びいただき、
革や帆布の色を選びながら、自分だけのバッグを作ることができます♪

私も4月に神戸の工房へ行き、お話をお聞きし、
そして自分用にバッグをオーダーしてきました。

まずは形を決めるところから。
仕事で使いたかったので、
重くなった時にも肩掛けができる&A4の書類が入ることが条件。
たくさんのデザインの中から、『BASIC TOTE』という形をセレクト。

書類や雑誌も楽々。

身長153センチの私でも、手に提げても綺麗に見える長さが気に入りました。
ボタンがついているので、中身が見えてしまう事もないのもgood!

形は早々に決まったのですが、悩みに悩んだのが色。
ボディの色と持ち手の革の色が、複数のカラーから選べます。
どれもいい色!!

かなり時間をかけて迷い、タンニン染めされた風合いのある生地を選びました♪

そして…バッグの内布も9種類の帆布から選ぶことができるのです。

実は、私は大きな声では言えませんが「なくしもの名人」。
鞄の中でも、色々なものがしょっちゅう迷子になるのです。

でもあるとき白い内布のバッグを選ぶと、探し物がぐっと減りました!!
お財布や名刺入れが黒系が多いので、探しやすかったのです!!
それ以来、汚れが気になるし…と避けていた白系も選ぶように。

今回も、キナリの帆布生地で作って頂きました。

色々楽しく迷いながら作ったバッグは、約2か月後手元に届きました。
100%満足して、日々使っています。

ぜひみなさんも、「こだわり」を反映させた
お気に入りのバッグを作りにいらしてくださいね。

tandeyさんのHPinstagramもぜひご覧ください。

展示に関するブログ一覧は、こちらからご覧くださいね!
———

◆ 企画展「tandey bagのオーダー会」

会期 2018年9月19日(水)-10月1日(月)
※9月25日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00

※お渡し時期:11月中旬~下旬予定

———


【新入荷】点と線模様製作所さんのカレンダー、9/5より発売開始!

9月に入り、お店にも手帳やカレンダーが並び始めました。
来年はどんなものを使おうかなぁと考え始める頃ですね。

今年もシエスタオリジナル包装紙のデザイン等でお世話になっている
点と線模様製作所・岡理恵子さんの2019年のカレンダーが
9月5日(水)から直営店シエスタラボとオンラインショップに入荷します!

毎年楽しみにしてくださっている方も多い人気のカレンダー。
今回もとってもかわいい仕上がりです♪


(クリックで拡大されます)

月ごとに季節を感じるカレンダーが12枚。
新しい月になるのが楽しみになります。

どの月にも絵柄の一部にゴールドの箔押しが用いられています。
きらりと上品な輝きが、華やかさをプラスしてくれます。

カレンダーと日付部分が切り離せるようにミシン目が入っています。
ひと月が終わった後、お気に入りの柄は、額に入れたりカードにしたり。
色々使い方を楽しむことができます。

サイズは、縦34センチ、横16センチのサイズのかけやすいサイズになっています。
毎月めくるたびに嬉しくなる12枚の絵柄が並びます。
どんなインテリアにもすっと馴染む自然モチーフが魅力的なカレンダーです。

新しいカレンダーや手帳を手にすると、
来年が楽しみになるような気がしませんか?
新しい年のお気に入りにぜひ選んでくださいね。

点と線模様製作所のカレンダー(2019年)は、下記日程で販売開始します!

直営店シエスタラボ 9月5日(水)~
オンラインショップ 9月5日(水)21時~

▼オンラインショップのお買い求めはこちらから(9/5 21時~表示されます)