内田可織 陶展

内田可織

内田可織 陶展
10月28日(水)~11月2日(月)
作家在店:10月31日 オープン~15時まで

実は、シエスタラボで陶の器の展示をするのははじめての試み。
この場所で、器の展示をするのなら、この方からはじめたい…
そう願い続けた作り手の方がいらっしゃいました。

内田可織さん。
東京に窯をかまえ、おおらかな雰囲気をまとうやさしい作品を作られています。
我が家でも、内田さんの作品をたくさん使っています。

寒い季節になると、お鍋が食卓にあがることが一気に増える我が家。
その時に、登場するのが内田さんの土鍋。
台所に立ちながら、毎回、やっぱりいいなぁーと独り言のように口にしている自分に笑ってしまいます。使い始めて10年経つというのに…毎回、気持ちを嬉しくしてくれる器の力ってすごいなぁと思います。
もしかしたら、食卓に載せたときに今までの土鍋よりおいしそうに見えるから、
その景色が見たいから、こんなにお鍋を作ってしまうのかもしれません(笑)

今回は、土鍋はじめ、耐熱器、普段使いのうつわなど、食卓を囲むのが嬉しくなるものばかり届きます。
北海道ではじめての展示となる内田可織さんの世界をどうぞお楽しみください。


chappo みんなの帽子展 vol.2

chappo
2015年10月14日-10月19日

浅草橋に拠点を構える帽子工房Chappoの須田栄治さん、船越ゆきこさんが作り出す帽子がずらりとシエスタラボに届きます。
ウール素材を中心にあたたかな帽子や、通年かぶっていただけるようなリネンの帽子など、色々な素材や形。
流行にとらわれず、毎日のくらしにとけこむような、
それでいて個性的な雰囲気が魅力のChappoさんの帽子。

実は、先日のもみじ市でもブースがお隣どおしてでした。
Chappoさんが帽子を並べ始めると、私たちも早く見たくてそわそわ(笑)
もみじ市の間も、たくさんのお客様が足をとめられ、
かぶりながら、みんな笑顔に。
そんな幸せを運んでくれる帽子です。

夏は、Chappoさんの麦わら帽子を常設でご紹介させていただいていましたが、
秋冬の帽子もとっても素敵なものばかり。

14日、15日はChappoの須田栄治さんも在店してくださいます。
素敵にかぶるコツなど、おしゃべりも楽しみにお越しください。