muku -秋のはじまりに-

お盆が過ぎるとぐっと涼しさを感じます。

秋は1年で一番大好きな季節。
お気に入りのショールを巻き、落ち葉舞う道を散歩することを想像すると、待ち遠しくなります。

秋のおしゃれや装いも気になり始める頃。
直営店シエスタラボでは、8月23日からリトアニアのお洋服ブランドmukuの秋冬の展示会もはじまります。

毎シーズン、オリジナルの生地を織るところからはじまるmukuの服作り。
リネンの産地であるリトアニア故に、とてもきれいな生地ばかり。

例えば黒いリネン生地。
春夏はさらりとした光沢のある軽めの黒。
秋冬は、雪景色に似合う温かみのある黒。
ひと言で「黒」と言っても、季節に合わせて織りあげてくる生地は、本当に素晴らしいなぁと毎シーズンうっとりとしてしまいます。

その生地を使ってデザインされるのワンピースやシャツ、そしてパンツ。
ゆったりとした着心地でありつつ、動くと美しいシルエットが広がります。

———–

私がはじめてmukuの服を見たのは、
シエスタラボで展示をしてくださった白樺かごのユーリさんが身につけていたワンピースでした。
ユーリさんが店内を歩くたび、さらり・ふわりと動くそのシルエットが素敵で、思わず「どこのお洋服ですか?」と聞いてしまったのです。

ユーリさんにご紹介していただいて始まったシエスタとのmukuの繋がり。
今回もみなさんに素敵な世界をご紹介できるのを嬉しく思っています。

はじめてのmukuとの出会いを思いだすワンピース。

お問合せを頂いているジャケット。
襟つきのジャケットが並びます!

そしてシーズンごとに変わる柄の生地。
今年の秋冬は、ブルー×グレーのストライプ生地!!

春夏は、2か月ほどの期間をかけてゆっくりご紹介しましたが、
今回は8月23日~9月4日の2週間のみの開催です。

サンプルのお洋服をご試着いただき、オーダー後、リトアニアでお作りし、
11月上旬のお渡しとなる受注会形式となります。

ぜひお立ち寄りください。

———–
muku 秋のはじまりに
会期:8月23日~9月4日(8/26は定休)
場所:シエスタラボ(中央区南1条西12丁目4-182)
———–