バーンロムサイの夏じたく

木々が繁り、太陽が輝く鮮やかな彩りの季節。
心地よい風を感じながらのお出かけにぴったりな
バーンロムサイのガーゼやリネンを使った天然素材のお洋服を
5月の企画展でご紹介します!


写真)コットン9分袖のプルオーバー アイスブルー(6000円)/コットンタックスカートホワイト(8000円)/
  カレンシルバーピアス(3500円)/タッセル付きのかごバッグ(4000円)

今年で3回目なるバーンロムサイ展。
今回も、やわらかな色合いのトップスや、パンツ・ワンピースなど
夏が楽しくなるアイテムが並びます。


写真)ギャザースカート(9000円)

私たちスタッフにも愛用しているバーンロムサイのお洋服。
ゴールデンウィークは、まるで初夏のようなお天気の札幌でしたが、
気持ちの良い季節になると、あの軽やかな着心地が気持ちよくて、
ついクローゼットから手に取ってしまいます。

私がバーンロムサイのことを知ったのは、現在のシエスタラボが、
まだcholonさんという素敵なお洋服屋さんだった頃の事。
たびたび、お買い物に訪れていたのですが、
その時に目にしたのが色鮮やかな刺繍のお財布やポーチでした。

それからしばらくして、cholonさんでバーンロムサイの展示があり、
そこではじめてどんな風にそのお財布がつくられいているか、その背景を知りました。

バーンロムサイは、「ガジュマルの木の下の家」という意味を持っています。
実は、HIV母子感染孤児たちの家として、1999年にタイ・チェンマイに設立された場所です。
バーンロムサイでは、自立した運営を目指し、
施設内の工房で手仕事を活かしたものづくりや、ゲストハウスの運営を続けています。

なぜ自立を目指すのか…それにかけた想いが、代表・名取美和さんの言葉で、
バーンロムサイのサイトに綴られています。
少し長くなりますが、ぜひみなさんにご覧いただければと思います。

cholonさんをクローズ後、オーナーの佐々木智子さんがデザイナーとして加わり、
より魅力を増したものづくりを続けるバーンロムサイ。
バーンロムサイのことを、より多くの方にご紹介できたら、
そして何か力になれたらと、3年前から展示をさせて頂いています。

5月10日、13日、20日の12時-17時は、デザイナー・佐々木智子さんも在店くださいます。
どうぞお立ち寄りください。

バーンロムサイの夏じたく
日時:5月10日-5月22日(5/16は定休日です)
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)


出張toitaがやってくる!

出張toita

日時:4月26日(水)~5月1日(月)
場所:シエスタラボ
4月26日は、店主タカノトモコさんが在店くださり、
ラムヤートのパンの販売を行います。

美味しいモノ好きの私たちが、ワクワクしているイベントが
もうすぐ始まろうとしています。
洞爺湖のほとりにある食料品店「toita」さんが、
1週間の期間限定でシエスタラボにお越しくださいます!

洞爺湖、北海道、そして店主のタカノトモコさんが探した
日本のおいしいものをセレクトしたtoita。
いつ訪れても、お料理してみたいな、
食べてみたいなと思う調味料や乾物そしてお野菜がずらりと並んでいます。

今年も毎日の食卓が楽しくなる、
そんなものを携えてお越しくださいます。
初日4月26日は、トモコさんも在店くださり、
並べてくださるものの説明をしてくださいます。
お話もとても面白くて、毎回ぐっと引き込まれてしまいます。

また、姉妹店・ラムヤートのパンも4月26日は販売いたします。
冬の間、お休みをしていたラムヤート。
食べたいなぁと、首を長くして待たれていた方もいらっしゃるのでは。
ひとつずつ心を込めて大切に焼かれたパンをぜひ味わってくださいね。

(参考)去年の様子はこちら↓

出張toitaがはじまります!
母の日ギフト試食会!!
母の日ギフト試食会・後編!


阪急うめだ本店にて出張シエスタ!


出張シエスタ@阪急うめだ本店

日時:4月12日(水)~17日(月)
 4月12,13,16日 10時~20時
 4月14,15日 10時~21時
 4月17日 10時~18時
場所:阪急うめだ本店 9階祝祭広場

実店舗を飛び出して、全国へ伺う「出張シエスタ」。
東京 → 札幌と続き、2017年春、最後の出張シエスタは大阪・阪急うめだ本店へお伺いします!

会場限定販売として「アルガンハーブの石鹸&スキンクリーム」をご用意しました。

アルガンオイルは、モロッコの南西部にしか生育しない
アルガンツリーの実から抽出されるオイル。
伝統的な製法では100kgの実からわずか1リットルしか採ることができない
貴重なオイルです。

ビタミンEの含有量がオリーブオイルの3倍と高く、
モロッコの女性には「魔法のオイル」と呼ばれ、
スキンケアからヘアケアまで幅広く使われています。

石鹸やクリームに配合することにより、
お肌に柔らかな手触りとハリを与えてくれます♪

会期中、終日SAVON de SIESTA代表・つけしばあやこも在店していますので、
ぜひお立ち寄りください。


春のkata kata展


春のkata kata展
4月5日(水)-4月17日(月)
(4月11日(火)は定休日です)

会場 シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)

昔ながらの型染・注染の手法を用い、
オリジナルの染布を制作されている
松永武さんと高井知絵さんによるユニット・kata kataさん。
2年ぶりにシエスタラボにて個展を開催します!!

動物、植物、風景…おふたりの日々のくらしの中から感じ、
デザインされるモチーフは、活き活きとした力強さとあたたかさを感じます。

はじめてkata kataさんの作品に出会ったは2009年の夏。

まだシエスタラボがcholonさんだった頃、
「旅するもみじ市」という全国各地の作り手と、
北海道の作家が集うクラフトイベントが開催されました。

私も出展させていただいたのですが、
その時、すぐそばにブースを構えられていたのがkata kataさん。

真っ白な壁に、カラフルな手ぬぐいがたくさん掲げられ、
見ているだけで「わぁ!」と嬉しい気持ちになったのです。
ちょうど夏を前にした明るい日差しと世界観がぴったりでした。

普段、カラフルなものをセレクトすることはあまりない私ですが、
kata kataさんの作品は別。
ワクワク悩みながら1枚の手ぬぐいを選んだのを、とても印象的に覚えています。

kata kataさんの手ぬぐいは1枚ずつ、お2人によって染められています。
型紙をつくり、糊付けをして、そして染色していく。
その工程が、調布にあるショップ&工房で感じることができるのです。
展示は、雰囲気をお伝えしたくて、製作風景を映像でもご用意しています。
とても素敵な映像なので、ぜひご覧になってくださいね。

打ち合わせをするため、ショップへ伺ったとき
心惹かれたまるで絵のような布がかけられた壁の景色。
手ぬぐい以外にもkata kataさんは、オリジナルテキスタイルを制作されています。
展示では、この素敵な布をお好みのメートルでカット販売もします!!

前回の展示でも大人気だったテキスタイル。
テーブルクロスや、クッションカバーを作ると選んでくださった方が多く、
「お部屋の雰囲気がぐっと良くなった!」と、
みなさん笑顔でその後、教えて下さいました。

オリジナルテキスタイルを使ったお洋服もあり、2年前に在店してくださった武さんが履いていたオオカミ柄のパンツのかわいさに触発され、無地のお洋服ばかり選ぶ私にとっては挑戦に近いオオカミ柄のスカートを選びました。

これが大正解!履くとテンションがかなりアップし、とっても楽しい!!
展示最終日には、娘用に同じ柄の生地を購入し、パンツを作ってしまうほどの大のお気に入りに。親子の「お揃い」はちょっと気恥ずかしくセレクトしてこなかったのですが、そんな恥ずかしさを吹き飛ばすパワーが、kata kataさんの布にはあるのです。

文章を綴りつつ、私にとってkata kataさんの魅力とは、
「こういうものが好きなんだ」という思い込みを
軽々とひっくり返してくれることだなと改めて感じています。

1枚の布を手にしたとき、自分の中のどんな新しい「好き」の扉が開くか、
私自身も楽しみに展示がはじまるのを待っています。

4月8日は、kata kata・松永武さんも在店してくださいますので、
どうぞお立ち寄りください。

【関連ブログ】
kata kata 型染めワークショップ「ねこを染めよう!」
カラフルな作品が揃いました


【出張シエスタ】おへそ的、買い物のすすめ展

札幌を飛び出し、シエスタの人気アイテムを持ってお伺いする出張シエスタ。
10月は、日本橋三越本店で開催される「おへそ的、買い物のすすめ展」に参加します。

暮らしのおへそvol.21で、SAVON de SIESTA代表附柴彩子のことをご紹介いただきました。展示では、本に紹介されている素敵な皆さんのモノゴトが紹介されます。
会期中、附柴彩子も在店させていただきます。
とても素敵な展示だと思いますので、お近くの方はお立ち寄りください。

会場では、限定石鹸「フラワー」のほか、通常はウェブショップで販売を行っていないオリジナルブレンド精油なども持っていきます。

「フラワー」は、製作に使う水の一部に、下川町の森で採れる白樺の葉から蒸留した「白樺水」を使用しました。白樺水は、ほんのりグリーンの香りが広がります。

そこに、オレンジの花から採れたネロリなど、花々をイメージした精油をプラス。
フレッシュですがすがしい優雅な香りのネロリは、お肌に弾力をプラスしてくれます。
毛穴の汚れを吸着するクレイも配合し、つるりとしたお肌に洗い上げてくれます。
お揃いの香りのクリームもご用意しています。

「フラワー」は、ウェブショップでは販売のないシリーズです。
お近くの方は、ぜひお立ち寄りください。

【日時】
10月5日(水)~11日(火)10時~20時

【会場】
日本橋三越本店本館 1階中央ホール

※イベント詳細は、「暮らしとおしゃれの編集室」をご覧ください


【出張シエスタ】阪急うめだ本店 北海道物産大会出展

札幌を飛び出し、シエスタの人気アイテムを持ってお伺いする出張シエスタ。
10月は、大阪・阪急うめだ本店に呼んでいただきました。

会場限定石鹸「フラワー」のほか、通常はウェブショップで販売を行っていないオリジナルブレンド精油なども持っていきます。

「フラワー」は、製作に使う水の一部に、下川町の森で採れる白樺の葉から蒸留した「白樺水」を使用しました。白樺水は、ほんのりグリーンの香りが広がります。

そこに、オレンジの花から採れたネロリなど、花々をイメージした精油をプラス。
フレッシュですがすがしい優雅な香りのネロリは、お肌に弾力をプラスしてくれます。
毛穴の汚れを吸着するクレイも配合し、つるりとしたお肌に洗い上げてくれます。
お揃いの香りのクリームもご用意しています。

「フラワー」は、ウェブショップでは販売のないシリーズです。
お近くの方は、ぜひお立ち寄りください。

また会場にはお店スタッフ堺がお伺いします。
お声がけいただけると嬉しいです。

【日時】
10月5日(水)~10日(月)10時~20時
(7,8日は21時まで/10日は18時まで)

【会場】
阪急うめだ本店 9階催場


和田麻美子陶展

和田麻美子展画像データ

2016年9月21日(水)-9月26日(月)

作家在店日:9月26日

余計なものをそぎ落としたのびやかなフォルム。
手に馴染むやわらかな曲線でありながら、シャープな印象も漂う器。
彩りを添える、静かさと温もりのある色。
それはまるで絵画のような美しさ。

松本に工房を構える和田麻美子さんの
北海道で初めての展示を行います。
さりげなく秋の一輪を生ける花器や、
おいしいお茶の時間にぴったりのマグカップやボウルなど、
日々の暮らしを豊かに、そして穏やかにしてくれる作品が並びます。
どうぞお立ち寄りください。

【シエスタスタッフの愛用品】
暮らしを豊かにしてくれる花器(つけしば)(9月15日)
身近な自然を感じる花器(あらき)(9月17日)
いつもの景色に添える彩り(ゆはら)(9月19日)

和田麻美子HP


森のカフェフェス中止に伴う特別企画『森のマルシェ展』

0628_marche

森のマルシェ展
2016年6月29日(水)-7月11日(月)(7/5は定休日)

6月25日に開催予定だった森のカフェフェスは、
荒天のため中止となりました。
この日をずっと楽しみにしてくださっていたお客さまにとって、
天候が理由とはいえ、本当に残念な結果となってしまいました。

私たち出店者も、みなさんと素晴らしい1日を共有できるのを、
本当に心待ちにしていたので、残念な思いでいっぱいでした。

北海道内はもちろん、本州からおいしいフードや菓子を携え、
やってきた出店メンバーも多く、当日はそれぞれ臨機応変に、
札幌のお店、洞爺のラムヤートさんに集まり、
ご用意させていただいたお食事を販売させていただきました。

また同様に、マルシェ参加の作家のみなさんもも、この日のために、製作をされてきたと思います。
私自身、大好きな作り手の方たちの作品がこのままご覧いただけずに終わってしまうのは本当に残念で、急遽、6月29日~7月11日の会期で『森のマルシェ展』と題して、本州からご参加された下記の作り手のみなさんの作品をご紹介させて頂くイベントをシエスタラボにて開催させていただくことになりました。

急な開催で至らない点もあるかと思いますが、
ぜひお立ち寄りいただければ幸いです。

柴田ケイコ(高知)
森のカフェフェス 柴田

五月女寛(東京)
森のカフェフェス 五月女

岡崎直哉(東京)
森のカフェフェス 岡崎

小谷田潤(東京)
森のカフェフェス 小谷田

高旗将雄(神奈川県)
森のカフェフェス 髙旗

chappo(東京)
森のカフェフェス chappo

nuri(福岡)
森のカフェフェス nuri

岡崎直哉さん、小谷田潤さん、高旗将雄さんの作品は、7/2-3にかけて追加で届きます。

Savon de Siestaからも森のカフェフェス限定石鹸「グリーンフォレスト」を販売いたします。
ぜひお立ち寄りください。

協力:手紙社 333discs katakata
———————–

当店でチケットをお買い求めくださったみなさま
払い戻し方法をこちらにご記載しておりますので、ご一読ください。


muku 風を感じるリネンの服

ブログ画像-muku2016SS_160330

muku 風を感じるリネンの服
2016年4月13日(水)-4月25日(月)(4/19は定休日)

自然豊かなリトアニアで、リトアニア人デザイナー・ドーヴィレとミンドウガスによりデザインされるmukuの服。細部まで丁寧に作られた服は、柔らかで動きやすい着心地の良さと、シルエットの美しさに、身にまとうたび心動かされます。

春夏のコレクションから、ギンガムチェックやグレイッシュネイビーのリネン生地を使ったドルマンスリーブのワンピースや、プリーツの揺れが美しいアシンメトリードレス、パンツなどが届きます。

夏の心地よい風を感じるようなお洋服は、これからの季節のお出かけにもぴったりです。どうぞお立ち寄りください。

※受注会形式となります。お洋服はご予約後、リトアニアでお作りし、6月下旬のお渡しとなります。

展示協力:from East to East

————
関連ブログ: