【企画展】渡邊浩幸 木の器展(12/6-18)

12月の企画展は、3年ぶりに木工作家・渡邊浩幸さんの個展をひらきます。

やさしくあたたかな食卓。
心の通った楽しい会話や、
美味しい食事を引き立ててくれるのが、
使う人のことをじっくりと考えながらつくられた
渡邊浩幸さんの木の器。

くらしを楽しみながら作品作りをしているからこそできる、
スープボウルの手触りの良さ、レンゲやスプーンの口当たりの良さ、
ランプシェードのひかりのやわらかさが
いつもの食卓を特別なものしてくれます。

暮らしに寄り添う作品を見つけにいらしてください。

———

12月の企画展「渡邊浩幸 木の器展」

会期:2017年12月6日(水)-12月18日(月)※12月12日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
作家在店:
12月7日(木)たべるとくらしの研究所
12月8日(金)、9日(土)シエスタラボ

———

12月8日、9日は、
スープスプーンとレンゲをつくるワークショップを開催します。

【ワークショップ概要】
・スープスプーンづくり:12月8日11時~15時頃
・れんげづくり:12月9日15時~18時半頃
※12/8はお昼の時間を挟んでの開催になります。途中30分ほどお昼の時間を取りますので、軽食をご持参ください。

【参加費】各回3800円(お茶と季の菓子工房しゅうのお菓子付き)
【場 所】Siesta Labo.(札幌市中央区南1条西12丁目ASビル1階)
【定 員】各回6名


時間をかけて自分の手で作ったカトラリーでいただく
お食事やおやつの時間は特別なひとときに。
渡邊さんとのおしゃべりも楽しみつつ、
ぜひお越しください。

———
【Blog】
11月の展示終了と12月の展示のお知らせ(11/21)

おなかと気持ちがあったかくなるような…渡邊浩幸さんの木の器展。(12/2)

【スタッフ愛用品】使うほど訪れる豊かな時間。(12/2)

【木の器展・作品紹介】おおらかなフォルムと繊細な使い心地のカトラリー(12/7)

【木の器展・作品紹介】見るたびに嬉しくなる灯りを作り出すもの。(12/9)

いつまでも使い続けたい器(12/12)

スタッフ愛用のカトラリー

———
【たべるとくらしの研究所さんとのコラボイベント】

また、12月1日・2日、6日-9日、13日-16日の期間、
個展にあわせて、たべるとくらしの研究所さんで、
渡邊さんの器を使い、お食事を出してくださることになりました。
実際に使って、その良さを感じて頂きたいと思います。

12月7日は、たべるとくらしの研究所では、
バードホイッスルをつくるワークショップも開催します。
詳しくは、直接お問い合わせください。

たべるとくらしの研究所
札幌市中央区南9条西11丁目3-12
TEL:011-522-8235
営業時間:11時~17時

———


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です