【暮らしのコラム】雪山のすすめ

こんにちは。
ウェブショップ担当のえびなです。

みなさま、冬をたのしんでいらっしゃいますか?

春から秋はなるべく動かず、ひっそり(ぐーたら?)すごすのですが、
冬だけは元気になるわたし。

お休みの前の日の夜に雪が降るとそわそわ。
雪がいっぱい積もると、早起きもへっちゃら。
朝一で山へと向かうのです。

家から1時間も車を走らせれば、スキー場。
あー、北海道に帰ってきてよかったー!と思う瞬間です。
スノーボードを抱えて、完全防備でゴンドラに乗込みます。

この前のお休みの日は、雪がひざの上くらいまで積もっていて、
すべっている間も、前が見えないくらいに
ふわっふわの雪がどんどん降ってきました。
そんな日はスノーボードが雪に浮いて、
ボードに乗った自分が、きんと雲にのった孫悟空に思えるくらい、
空を飛んでいるような感覚に!

この感覚を味わいたくて、何歳まで続けられるのかなーと思いつ、
毎年山へと向かってしまいます。

さらに今年は、平昌オリンピックを見すぎて、
つい、自分も飛べそうな気になりましたが、
現実は。。。
怪我をしない程度に、おばあちゃんボーダーを目指そうと、
すぐに目標修正です(笑)

お天気や気温によって山の様子もさまざま。
モノクロの静かな世界だったり、
青空に空気中の水蒸気がキラキラと反射したり。

ゲレンデに寝転んで、それを見ているだけで、
ふわーっと体の中から浄化されるような気がします。

最近は、観光バスでやってきて、山頂の景色を見るために、
ゴンドラに乗車している観光客の方もよく見かけます。
札幌にいらっしゃる機会があれば、ゲレンデツアーもいかがですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)