【暮らしのコラム】ホットでミルクな日々

こんにちは。お店スタッフあらきです。
暦の上では春分が過ぎ、桜の開花宣言も始まり、季節は春ですね。

ところが、札幌は、日差しは春らしく感じるのですが、
気温は寒い日が続いています。
春分の日にお店の近くの大通公園に行ってみたら、まだまだ雪景色。
春まではもう一息です。

暖かい春を待ち遠しく思いながら、温かい飲み物で体を暖める日々。
コーヒー、紅茶、ハーブティー・・・お茶タイムに「何を飲もうかな?」
と考えるのは楽しいですよね。

色々ある中で、私が最近よく飲むのはホットミルクです。

もう何年も牛乳は飲んでいなかったのですが、友人からいただいた
「スパイス紅茶」がきっかけで、ホットミルクを楽しむ日々が始まりました。

「スパイス紅茶」は茶葉にジンジャー、シナモン、カルダモン、
ブラックペッパー、クローブ、ナツメグがブレンドされていて、
牛乳と一緒に温めれば簡単にチャイができてしまう優れもの。
作ってみたら、とても美味しくできました。

そして、チャイ以外にも、思いついたホットミルクのアレンジを
その日の気分によって、色々楽しんでみることにしました。

いちごジャムをスプーン一杯分入れるだけの「ホットイチゴミルク」に
おしるこが余ったので、「ホットミルクおしるこ」。
そして、Siesta Labo.のお隣「アトリエモリヒコ」で売っている、
ホットチョコレートバーを使った「ホットミルクチョコレート」

さらに、テレビの某番組で、ホットミルクでフワフワクリーミーな泡を作る方法を
紹介していたので、チャレンジしてみました。

方法は簡単で、温かい飲み物専用のオレンジ色の蓋のペットボトルに、
温めた牛乳を入れて、蓋をしっかり締め、
火傷しないようにタオルで巻いて、50回くらいシェイクします。
そして、そーっとカップに注ぐと完成!
フワフワの泡で、ちょっぴり気分が上がります。

この他にも、色々なアレンジを楽しんでいるのですが、味にハズレなし。
何でも受け止めてくれるホットミルクの懐の深さと言ったら!

ちなみに、ちょっと豆知識。
冬に飲む牛乳(成分無調整)は、夏に比べると、
味にコクや濃さがあることをご存知でしたか?

牛は夏が苦手で、えさを食べる量が減り、水を飲む量が増える為、
脂肪が低下して、さらっと軽い口当たりの牛乳になるのに対して、
冬は寒さに耐える為、えさをしっかり食べて脂肪を蓄えるので、
濃厚でコクのある牛乳になるそうです。
牛乳にも旬があるんですね~。

私のホットでミルクな日々は、もうしばらく続きそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)