【定番石鹸】マルセイユ石鹸 自分好みの石鹸に育てよう

みなさま、こんにちは。
お店スタッフゆはらです。

今月は『マルセイユ石鹸』を大解剖!しております。
連載ラストはより気持ちよく使っていただくための小技をお伝えしたいと思います。

これまでの3回のブログはお読みになりましたか?
もう十分、よさはおわかりいただけたかと思います!
マルセイユ石鹸はたくさんの方におすすめできる石鹸なのです。

ただ、前回までのブログにもありましたが、
これから、いざ、使ってみると…思っていた以上に、溶けやすいかも!
という事態と、どう向き合うかというテーマに直面します。

とくに、赤ちゃんから家族みんなで使うため、
今までヤギのミルクの石鹸を使っていた方。
同じように使えるのね、とマルセイユ石鹸に切り替えてみたら、なんだか減りが早い!と感じるかもしれません。
ヤギのミルクの石鹸は固め、マルセイユ石鹸はやわらかめの石鹸なのです。
石鹸の固さのちがいは、溶け崩れやすさ、つまり消費量に影響します。。

でもご安心を!

いい方法があります。
マルセイユ石鹸をより固くすればいいのです!

石鹸を固くする方法は簡単。

真空の包みから出し、
日光の当たらない風通しのよい場所に
1週間ほど置くだけ。
表面が白っぽく変わり、さらりと乾燥していればOK 。
(ブロック石鹸をカットしたあとの、乾燥させる手順と同じ方法です)

製造スタッフにコツを聞いたところ、
・数日ごとに、接地する面を変える
・強いにおいのしない場所に置く
と、さらに良いとアドバイスをもらいました。

乾燥させて固くなった石鹸は、溶け崩れしにくくなるので長持ちします。
さらにうれしいことに、泡立ちもよくなりますよ!
もちろんほかの石鹸でも、同じことが言えます。
マルセイユ石鹸はとくに、変化を実感しやすいのではないでしょうか。

お風呂場の環境はご家庭ごとに違いますが、
・通気性のいいソープディッシュに置く
・ソープディッシュに石鹸を「立たせて」置く
・シャワーが当たらない場所におく
・使うときだけお風呂場に持ち込む
など、工夫をしてみても、
なんだか石鹸が減るのが早い気がする…という方、ぜひ、準備段階として、
「乾燥させる」を取り入れてみてください。
乾燥させる期間は必ず1週間でなくても、数日でも違いはあると思います。
または2週間くらいにのばしてみたり。
自分好みの石鹸に育てるたのしみが増えた、というかんじで試していただけるといいなぁと思います!
 

マルセイユ石鹸のご購入はこちら>>

——————————————-
定番石鹸ブログ「マルセイユ石鹸」
vol.1 シエスタの原点『マルセイユ石鹸』
vol.2 『マルセイユ石鹸』製造のポイントは「見守り」
vol.3 マルセイユ石鹸 お気に入りポイントはシンプル


Chappoの涼しげな夏の麦わら帽子、展示販売しています

直営店シエスタラボではChappoさんの帽子の展示販売をしています。

涼しげで、デザインも素敵な麦わら帽が届いています!
日差しが強い季節に活躍するのはもちろん、
被るだけおしゃれ度がアップする不思議で万能な帽子。

是非被って、お似合いの帽子、見つけてみてくださいね!

スタッフおすすめの帽子をご紹介します。

アンティークの木型を使ったクラシカルな形の帽子

つばが広めで黒リボンが素敵な帽子です

やさしいピンクリボン帽

どんな洋服にも合いそうな万能帽

 

少し小ぶりなこの帽子
頭にちょこんとのせる感じがかわいいです!

実際に被ってみると、可愛さ倍増です。ぜひ試着してみてくださいね!
試着の際はお気軽にスタッフにお声がけください。
お似合いの帽子探し、被り方などお手伝いさせていただきます。

※6月18日現在、店頭にある帽子をご紹介しています。
すべて1点ものなので、売り切れの場合はご了承ください。
追加入荷も予定されていますので、またブログでご紹介します。


【暮らしのコラム】そろそろ梅しごと・・・

こんにちは、さかいです。

あっという間に6月の半ば。
気温もころころと変わり、ちょっと体調をくずし気味になりそうな予感。。。
そんな今日、オフィスでとなりの席のスタッフから、
「元気がでるよ!」と梅干しをもらいました!
疲労回復のなどの効果もあるといわれている梅干し。

もともと梅干し好きで、ほぼ毎日梅干しを食しています。

昨年は、お店スタッフで梅干し作りに挑戦!
スタッフ宅へ向かう途中のJR車窓からの風景がのどかでパチリ。


梅好きなのに重い腰が上がらずに、やらなかった梅しごとも
みんなと一緒ならば、楽しい!!と集まり、始めたのでした。
しかし、初めにやることといったら
・梅をキレイに洗う
・丁寧に水気をふき取る
・ホシと言われる部分を竹串で取り除く
・塩を入れる
これだけなのです・・・
これを渋っていたとはなんというナマケモノなのだろう(笑)
あとは、各自持ち帰り梅酢が上がるのを待ち、天日干しして出来上がり!
やってみると、苦がなくむしろ楽しくできました。


出来上がりは、昔ながらのすっぱーい、しょっぱーい梅干しになりました。
これはこれでおいしく大切に食べています。

気がつくと、あと数個・・・
少し寝かせると塩味もまろやかになるかな?と試してみようと思っているので
今は、梅さんを少しお休みさせています。

そして、今年もみんなで梅干し作りをする予定です。
昨年と同じコースで、札幌から少し離れたところに住むスタッフのおうちに集まり
おいしいうどんを食べ、スタッフ宅のプチ畑を堪能し、梅しごと・・・
となりそう。(笑)

今年も梅干し作りに、梅の甘露煮に・・・と
次々と梅しごとをして、猛暑?といううわさの夏に備えたいと思っています!!

 

 


【夏至のひかり】ROUSSEAUさんとの出会い。

こんにちわ、スタッフさかいです。
6月26日までシエスタラボでは企画展「夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU」
を開催しています。

札幌では、初めてのご紹介となるROUSSEAU(ルソー)さん。
一点ずつ手作業でガラスを切り出し作り出した「ガラスのハコ」、
そこに、植物 鉱物 化石・・・自然が時間をかけてつくりだしたカタチを合わせた
テラリウムを作っています。

2016年6月~7月にNHK Eテレ 番組「趣味どきっ」でテラリウム講師として
出演されていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

今回は、キャンドル作家 nuri candleさんとのふたり展ということで
キャンドルとも使えるように・・・と普段使っているものよりも
厚めのガラスを使ったトレイやケースも作ってくださいました。

△や□を組み合わせて作るROUSSEAUさんのガラス作品。
組み合わせによって様々な形が作られます。

透明なガラスに1面だけカラーガラスを使用している作品もあるのですが
カラーガラスは、今回の展示「夏至のひかり」のイメージカラーです!

2014年より活動を始められ、東京や名古屋を中心に活動されています。
ROUSSEAUさんと出会ったのは、昨年の3月にNAOT TOKYOでひらかれた
布花作家utopianoさんとのふたり展におじゃました時でした。

窓ガラスが大きく、開放感あふれた空間に置かれたガラス作品は
光にあたりキラキラしていました。
それが作り出す壁に映る影もとても素敵で、しばし見入ってしまいました。

その時に選んできたケースが下の写真です。
カルサイトという鉱物の結晶構造を再現したそうで
組み立てる角度が鋭角78.1度、鈍角101.9度にガラスを切り出している力作です。
角度によって見え方が変わる不思議な形が気にいって購入しました。

今回の展示では、私の持っているものよりも小ぶりなサイズが届いています!
小ぶりの方が作るのがより大変そう・・・と思い、丁寧に箱から出しました。

その他にもご紹介したい作品がたくさん!!
それはまた後日ご紹介しますね!

夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU
日時:6月14日-6月26日(6月20日は定休日)

【紹介ブログ】
夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU(6/14-6/26)
夏至のひかり、はじまりました。
ROUSSEAUさんとの出会い。


6/17 nuri candleワークショップ追加募集!!

こんにちは、さかいです。

昨日より募集を開始しました6月のキャンドル作りのワークショップ。

6/17のソイワックスを使ったボタニカルキャンドルづくり
11:00~の回が定員になりました。

nuriさんとご相談し、急きょ16:00~の回を追加でご用意しました。
明日11日11時より追加募集をします!
(ご予約は、店頭・お電話と専用ウェブページで受付します(6/11・11時~表示されます))
※募集は終了しました。

大豆から作られるナチュラルなソイワックスを使い、色とりどりの
植物を閉じ込め、お好きな香りをつけるキャンドル作りのワークショップ。

【日時】6月17日 16時~19時くらいまで
(固まる時間を含めると2.5時間~3時間ほどかかるワークショップです。
お急ぎの方はキャンドルを後日店頭お渡しできますので、ご相談ください。)
【参加費】4500円(お茶とお菓子付き)
【場所】Siesta Labo.(札幌市中央区南1条西12丁目ASビル1階)
【定員】4名

昨年も開催したワークショップ、参加してくださったみなさま
ニコニコしながら花を選んだり、香りを調合していたことを思い出します。
ぜひ、お楽しみに!!

 

 

 


author page