【出張hal】身長・体型問わず着られるワンピース

こんにちは、さかいです。

直営店シエスタラボで開催中の企画展「出張hal」も7月9日(月)までとなりました。

静岡県沼津市の生活雑貨店「hal」から店主・後藤由紀子さんが愛用するアイテムが並んでいます。

リネンブランドfogさんとコラボしてつくったワンピースは、
身長や体型を問わず着られるデザインになっています。
受注販売も可能です。

私、169cmのさかいが、薄手リネンの黒色ワンピースを試着してみました。


透け感があり、重たくなりすぎないところがお気に入り。
切り替えのところで付属のリボンをすると、
よりすっきりとしたシルエットになります。
バッグはhal別注のスレッドラインです。

なんと!妊婦さんも着ることができます!
シエスタスタッフの妊婦さんに着てもらいました。

4色ございますので、お時間がありましたらご試着してみてくださいね。

晴雨兼用の長傘も届きました。柄のタッセルが揺れて素敵ですよ。

halオリジナルの手ぬぐいは、3種類あります。

ほかにも、後藤さんが愛用するグラスやお財布など。

毎日の生活の中で、使いやすいアイテムが揃っています。
7月9日(月)まで開催しております。

——————-
◆ 企画展「出張hal」

*展示の様子をブログでご紹介しています。一覧はこちらから。

会期 2018年7月4日(水)-9日(月)
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00


【暮らしのコラム】太陽はどこに。

こんにちは、お店スタッフのかわまたです。

夏至も過ぎ7月…夏真っ盛りですね~とお伝えしたいところですが、北海道はそうも言えないお天気続きです。例年だと庭のラベンダーを「暑いよ~」とぶつぶつ言いながら刈り取り、カラっとそのまま干して、新しいラベンダーの香りに包まれている時期。どうしたんでしょう、太陽が見当たらないです。

前回のコラムでは、はりきってハーブ用の土の用意までしたところをお伝えしましたが、さてその後の我が家のハーブたち・・・

【暮らしのコラム】ハーブティーの魅力(2018年4月のブログ)

まずはホーリーバジル。
寒さが残る5月。かろうじて何とか発芽!

束の間の暑さで少し大きくなりましたが、結局また寒さに耐えきった6月。葉っぱもほんの少し大きくなりました。

今年初めてコリアンダーの苗を買ってみました。

私が育て方を全然勉強していなかったので、わずかの収穫しかなりませんでした。
葉っぱを洗って、刻んで、天日干しにして保存してみました。


スープやお肉料理、サラダにもパラパラっと。一気にアジアンな気分♪

先月は晴れた日に押し花でもやってみよう~と思いつき、花をちょきちょき。
アイロンで一気に押し花にするという技でやってみました。
意外に黙々と細かい作業で、集中力が試されます。
雑草のようにいっぱいの忘れな草もこうすれば、きれいを楽しめるということがわかりました!

押し花ってこんなに簡単に、しかもなかなかの仕上がりでできるんだーという話を友人にしたところ、その友人からなんともオシャレな押し花のソープディッシュをもらいました。

生活の中にお花があるってやっぱりよいなぁと思う日々。
早く太陽が照ってくれる日がきてくれないかしら~。


【定番商品】シュクレ100gサイズ販売休止のお知らせ

こんにちは。お店スタッフあらきです。

もうすぐ7月なのに、札幌はなかなか気温が上がらず、なんだか中途半端な季節を過ごしています。暑い夏が苦手なのですが、今年は早く夏らしくなって欲しいなと思ってしまいます。

さて、今回はマッサージ&スクラブ「シュクレ」のご紹介です。

季節の限定商品として、ふた月に一度のペースで販売しているアイテムです。
一度お使いいただくと、その使い心地の良さに、リピートされる方やプレゼントに選ばれる方がとても多い商品なのです。

7月4日(水)にオンラインショップとお店で、「上富良野ラベンダーと柑橘のシュクレ」の35gと100gが発売になります。

◆お知らせ◆
お得な大容量100gのシュクレの販売が、
7月の「上富良野ラベンダーと柑橘のシュクレ」を最後に、
いったんお休みすることになりました。

100gは、夏に向けて、全身のボディケアにおすすめなお得なサイズです。

現在、オンラインショップとお店では、限定商品「グリーンガーデンのシュクレ」も100gサイズのみ、わずかですが在庫があります。

お店では、実際に使い心地をお試しいただけますので、
気になる方はお声がけくださいね。

▼7月限定商品の詳細とウェブショップでのお買い物はこちら

***************************

まだ使われていない方にとっては、
「シュクレ?それは何?」ですよね。
改めて、詳しくご説明しますね。

主原料は北海道産の砂糖大根(ビート糖)。

その砂糖が肌に触れたときにざらりとした強い刺激にならないよう、微細な粒子に整え、一粒一粒を植物オイルでコーティングしているのです。
さらに、天然精油配合で、季節に合った香りを楽しめます。

使い方はとっても簡単。
1 手と顔を濡らします。
2 シュクレをスプーン小さじ三分の一ほど指先に取ります。
※粒が気になる方は、水を含ませペースト状に。
3 肌にやさしくなじませて、マッサージ。
4 シュクレの粒がなくなったら、ぬるま湯でサッと洗い流す。
そのまま2~3分顔にのせたままパックすると、保湿力アップします。

※容器に水が入ってしまうと、残りのシュクレが溶けたり、固くなってしまうのでご注意ください。

さらに、お顔以外にも手やかかと肘、ひざ、頭皮など全身にお使いいただけます。

頭皮へのおすすめの使い方はこちらのブログをご覧ください
シュクレで美髪ケア

 

そして、使うことでお肌にとって、何が良いのか?ですよね。
砂糖の保湿成分は、高浸透圧で角質層まで浸透し、
水分皮脂バランスを整え、角質が柔らかくなります。
さらに、砂糖の吸水・保湿力で、化粧水が肌に浸透するのをサポートしてくれたり、
乾燥などにより低下した肌のバリア機能も修復してくれるのです。

お使いいただいてるお客様からは、
「使い続けるうちに、肌が柔らかくなった。」
「肌に透明感がでてきた。」
「お化粧のノリがよくなった」
などなど、嬉しいお声をいただいています。

私は、子供のころからアトピー肌で、大人になった今も季節の変わり目や、疲れがたまると、ひじの内側などが荒れてしまいます。
そういう時は、ちょっと贅沢かなと思うのですが、シュクレで優しくマッサージしながら体を洗います。
肌が荒れている時は、乾燥もひどいのですが、シュクレを使うと、お風呂上りに痒くなるのを防げて、とても助かっています。

シュクレのオンラインショップページはこちら
※季節によって販売がない場合もございます。


左奥が通常サイズ35g。右が100gサイズ。蓋にスプーンがついています。

体に使う時に強い味方が、シュクレの100gサイズです。
通常サイズの約三倍の容量で、少しお得になっています。

このサイズを持っていると、ボディのケアが楽しくなりますよ♪
使うと、お肌の調子が良くなり、毎日がなんだか楽しくなる。
そんな「シュクレ」ぜひ一度お試しくださいね。

 


【企画展】tamakiniime展終了と7月の「出張hal」「八木麻子個展」

こんにちは、お店スタッフのかわまたです。
6/13(水)より開催しておりました、企画展「tamaki niime展」は6/25(月)にて終了いたしました。
たくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございました!

期間中の札幌のお天気は気温が低く、風の強い日が多かったので、ショールは巻いてお帰りになる方も多く、みなさんトータルコーディネートがぴったりでお店をあとにされておりました。

肌触りのよいものは毎日でも身につけたくなります。
ショールもお洋服もこの夏の主役になると良いなぁと思います。

———

さて、7月の企画展のご案内です。2つご紹介いたします!

7/4(水)~7/9(月)の6日間は、静岡県沼津市の生活雑貨店「hal」より、ワンピースや小物、バッグなどが並びます。店主の後藤由紀子さんも在店してくださいます。

◆ 企画展「出張hal」

会期 2018年7月4日(水)-9日(月)
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00

作家在廊日:7月4日(水)

———

そして7/18(水)~7/30(月)までは、ガラス作家「八木麻子個展~summer time~」をお届けします。こちらは北海道で初めての個展です。
夏らしいさわやかな色合いの作品が並びます。

◆ 企画展「八木麻子個展<summer time>」

会期 2018年7月18日(水)~30日(月)※7月24日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00

作家在廊日:7月18日(水)

お楽しみに!!

———
【ワークショップ参加者募集(7/1締め切り)】

7月13日(金)に開催する、utopianoさんの布花ワークショップ「白ばらのブローチ」の参加者を若干名追加募集いたします。

日時:7月13日(金)17時半~20時半
会場:シエスタラボ
※他の実施回は満席となりました。

ワークショップの後には、季の菓子工房しゅうの和菓子をご用意いたします。夏のお茶会もぜひ楽しみにしてください。

ワークショップ詳細、申し込み方法はこちら


【暮らしのコラム】初夏の小樽で「侘びサビ」を感じる

こんにちは。お店スタッフあらきです。
6月になって、木々の緑がぐっと濃くなり、日々成長して、
様変わりする植物の生命力に、なんだか元気づけられる毎日です。

冬の間、引きこもりしていた私も、休みの日に天気が良いと、
嬉しくなって、外に出かけることが多くなります。

先日は、小樽に行ってきました!
小樽といえば、観光地として有名ですよね。
古い建物があったり、素敵な雑貨屋さんやカフェもあり、
私も小樽の街巡りは大好きです。

でも、今回は街巡りではなく、
「ぶらぶら港歩き」をしてきました。

「港には何も無いじゃない」と思われるかもしれませんが、
私にとっては、大好きなものがいっぱい。
それは、「錆」です。
港には、潮風にさらされて、経年変化で錆びたものがあちらこちらに。

なぜかとても心が惹かれるのです。

のぞき穴発見!(たぶんロープを結ぶ穴)
覗いてみたり。

これは、船止めなのですが、
私には、宇宙に浮かぶ惑星に見えたり。

そして、「天空の城ラピュタ」の世界だーなんて思った風景たち。

自然が作り出した、錆びたものたちに美しさを感じて、
散策していると、あっという間に時が過ぎていました。

静かな海とただただ自然にそこにあるものたち。
たまには、こんな小樽の楽しみ方も良いですよ。


author page