【暮らしのコラム】みちくさ散歩

こんにちは。お店スタッフのアラキです。
お盆が過ぎた札幌は、暑さも和らぎ涼しいくらいです。
あの暑かった夏はどこへ?と思ってしまう今日この頃です。

今年の夏は札幌も晴れの日が続き、暑かったので、
インドア派の私でさえ、旭川に遊びに行ったり、
すごく久しぶりに円山動物園へ行ったり、
ビアガーデンも楽しみました!

そして、遠くに行かなくても楽しんでいることがあります。
それは、何の目的も持たずに、
カメラをぶら下げてのみちくさ散歩。
近所をぶらぶらと散歩することです。

近くに「中島公園」があるので、
園内を散歩するのも好きなのですが、
最寄りの地下鉄駅「幌平橋駅」周辺が
私のお気に入りです。

家から駅までの道のりも、
大きな街路樹が茂っていて気持ちが良く、
駅に着くと、周辺には「鴨々川」という
子供たちの遊び場になるような川が流れています。
川沿いには、大きなポプラやうっそうと茂った大きな木々。
小さな森みたいなんですよ。

そんな木々を仰ぎ見ながら、
夏の青い空を眺めて、深呼吸。

そして、足元の小さな草花の世界に魅了されて、
カメラをパチリ。

地下鉄駅の前なので、駅へと急ぎ足で通り過ぎる人達には、
上を見たり、しゃがんで下を見たりする私の姿は、
かなり怪しいですよねー(笑)

でも、そんなことを気にせず、
夏の一日を楽しむのです。

誰かと共にわいわいと楽しむのも好きですが、
一人で気ままにじっくりと、
近所の手軽な自然に向き合う「みちくさ散歩」は、
私にとって、「あー夏を味わった!」と思える
大切なひと時なのです。

ちなみに、幌平橋駅の階段を地上へと上がっていくと、
まるで絵の様な緑の空間が現れるのです。
この瞬間も大好きです!

みなさんはどんな夏を過ごされましたか?


【暮らしのコラム】お灸生活

こんにちは、お店スタッフかわまたです。

先日、立秋を迎え暦のうえでは秋となりました。札幌の空気も少し秋に近づいた様子です。そろそろ夏の疲れが出てきそうな予感。
皆さん体調管理に苦労されていませんか?

私はきちんと体調管理をしたいと思い、体力作りや筋力アップ、食事では野菜をたくさん摂るように気をつけたり、自分に合った方法とペースが身につくよう、ここ数年心掛けてきました。ですが、油断はしないようにしています。

今の季節におすすめな体調管理方法は「お灸」です。

お灸と聞くと、「熱そう」とか「ほんとうに効くの?」など疑問に思う方も多いのですが、私も最初はそうでした。
きっかけは昨年、東京の友人に誘われて銀座にあるお灸ルームを訪れ、自分でも簡単にできるお灸を体験したことでした。

お灸は「もぐさ」から出来ています。
その「もぐさ」は「よもぎ」から作られます。植物の効果は、不思議な力ばかりです。

本を見ながら、押すと少し痛く感じる体のツボと呼ばれる場所を探してその上に火をつけて置きます。台座にはシールがついてるので、少し斜めになっても大丈夫。

立ち仕事が続いたときは、ひざのお皿の外側にある「足三里」というツボがおすすめです。


あとはツボからじんわりと温まり、台座が冷めたら終了~。(わずか2分くらいです)
じっくり効いてくる感じが気持ち良いです。
火がついている間はもちろんじっとしていないといけませんが、夏の静かな夜には就寝前のお灸が日課となっています。寝つきもとてもよいみたいです。

「今日はどこが疲れているかな」と体の様子を観察しながら、それに効くツボを探す体調管理法は私に合っているようです。

もぐさの香りに包まれながら、1日をリセット。ちょっと変わったリラックス方法ですが、ドラッグストアなどで簡単に購入できますので、お灸デビューしてみませんか?

◆お知らせ◆

12周年の感謝を込めて、8/2-8/14まで創業記念セールを開催中です

▼詳しくはこちら
12周年の感謝を込めて


▼ 12周年創業セール対象商品はこちらをご覧ください。
▼ クーポンご利用方法はこちらをご覧ください。
くじ引きも開催中です!

▼はじめての方へ。石鹸サンプルご用意しました!お申込みはこちら


【タオルフェア】7/19から、いよいよスタート!

みなさま、こんにちは。
SiestaLabo.スタッフゆはらです。

ついに明日、7/19(水)より
『タオルフェア』がはじまります!

オーガニックコットン使用のオリジナルタオル類が10%OFF !
でお求めいただける、お得な期間です。

【タオルフェア特集】

Vol.1
今年もタオルフェアを行いますっ!
Vol.2
小さいサイズのピッタリな使い方
Vol.3
ふかふかタオルシーツとタオルケット
Vol.4
ふわふわとさらさら、今日はどっち?
Vol.5
「7/19から、いよいよスタート!」
vol.6 ただの「タオル」じゃないんです!
vol.7 ぐっすり眠りたい!を実現するシーツ&タオルケット

【日時】
ウェブショップ:7/19(水)11時~8/1(火)10時
直営店:7/19(水)~7/31(月)

【対象アイテム】
・オーガニックコットン バスタオル(生成り、ブラウン)
・オーガニックコットン フェイスタオル(生成り、ブラウン)
・オーガニックコットン ウォッシュタオル(生成り、ブラウン)
・オーガニックコットン ハンカチタオル(生成り)
・オーガニックコットン ボディタオル
・オーガニックコットン タオルケット(生成り)
・★フェア限定商品 オーガニックコットン タオルシーツ(生成り)
・リネンガーゼのバスタオル
・リネンガーゼのフェイスタオル
・リネンガーゼのハンカチ

☆タオルケットとタオルシーツをセットでご注文のお客様には数量限定15%OFF!
 (8月末お渡し・お届けの予約販売となります)
☆タオルシーツは、数量限定販売後、売り切れ次第、
 予約販売(8月末お渡し・お届け)に切り替わります。

【ご注意ください】
バースデー割引、頒布会割引、ファンド割引等、
各種割引は適用外となります。ご了承ください。

ふかふかの使い心地

オリジナルタオル類はシエスタにもたくさんの愛用者がいます。
中でも、オーガニックコットンタオルの
『ふかふかな使い心地』は、一度使うとやみつきになるようです。

こどもの枕に巻いて使っているスタッフからは、
寝るときに「気持ちいい~」といいながら、顔をすりすりさせて使っているとのうれしい声もありました。
柔軟剤なしでふんわり感がつづくので、お子さんにも安心して使えますね。
ご主人が、ふかふかな使い心地に感動して、
今までのタオルが使えなくなったというスタッフも。
タオルケットを使っているスタッフも4人ほどいます。
ほどよい重みとふかふかでやわらかな肌触りが、すごく気持ちいいそうです。
いいな…。

スタッフの感想からは「ふわふわ」ではなく「ふかふか」
という表現が多くありました。
やさしいのに、押すと跳ね返すようなハリとコシを感じるタオル。
へたらず使い続けることができます。

一方で、この気持ちいい状態をキープするのには、何か特別なことをしなくてはならないのでは?と思い、
踏み出せずにいたスタッフも。
この風合いを長く味わうのにはいくつかのコツがあるのでご紹介します。

まず、塩素系漂白剤・蛍光増白剤が入った洗剤は、
変色やなめらかさを損なう原因になるので避けてください。
厚みがあるのに乾きやすい!との声も多い、
オリジナルオーガニックコットンタオルですが、
洗い上がりにパタンパタンとよく振ると、パイル糸がほぐれ、
よりふんわりと乾かせます。
また、早く乾かしたいからと、直射日光に当てると、
硬くなったり、変色の原因になります。
風通しのいい日陰に干すのがおすすめです。

シエスタオリジナルタオルは、種から製品の仕上げまで、
農薬や化学薬品が使われていません。
ブラウンのタオルも化学染色したのではなく、茶色の綿花からつくられた、天然の色です。
自然なかたちで大切に栽培されたコットン。
お肌と同じように、やさしくお手入れをして、長く使い続けたいですね。

リネンフェイスタオルは使い道がたくさん

スタッフそれぞれにお気に入りポイントなどを聞いたところ、
おもしろい回答が多かったのが、『リネンガーゼ』タオルのフェイスサイズ。
こちらは、ぺらんと薄くて軽い上、さらさらの肌触りで、とても乾きがいいのが特徴です。

そのため、
・銭湯や温泉に持っていきやすい
・屋外での作業やスポーツの際、汗取りに首に巻く
・キャンプの時など、日焼け防止に首に巻く
・冷房対策に肩にかける
・旅先で枕にひく
・こどもの水遊びに持っていく
などの声がありました。
てぬぐいの使い方に近い感覚ですね。
私はタオルと言えばお風呂場まわりで使うイメージだったので、目から鱗です!
もちろんこちらも吸水性もいいですよ。
おでかけのおともにバッグに忍ばせておけば、とっさの時に活躍しそうです。

————————-

ふだんから店頭に並んでいるオリジナルタオル。
出産祝いや結婚祝いで友人に贈るギフトには、
石鹸と一緒に、当たり前のように、そして何の気なしに、
シエスタのタオルも組み合わせていましたが、
今回オーガニックコットンについて勉強して、贅沢でありがたい気持ちが広がりました。
生産者や環境にやさしく、使う人にも心地よいオーガニックコットン。
これからはより積極的に選びたいなと思います。

▼「タオルフェア」アイテムのご購入はこちらから☆
(オンラインショップは7/19(水)11時より対象商品がフェア価格になります)


【暮らしのコラム】はじめまして!お店スタッフに加わったかわまたです!!

はじめまして。
5月より新しくお店スタッフとして加わりました、かわまたなつみと申します。

札幌生まれですが、20代の頃は東京・大阪・ドイツで生活をしていました。
どこに住んでも、北海道は四季を五感でたっぷり贅沢に楽しめるところが魅力的だと感じています。

そんな北海道の魅力をさらに盛り上げたい!
全国の方にこの魅力を広めていきたい!という思いで、
シエスタで働きたいと望むようになりました。

暮らしの中には、人それぞれずっと長く使っていきたい愛用品があります。
私はシエスタの商品がその愛用品のひとつになっていただけたら嬉しいです。

また私自身、長く愛用できるものを自分自身で作りたいという思いで、
ブローチや小物づくりを趣味にしています。
試作のつもりが、自分用になったものものもありますが、
夢中になれる趣味のひとつになりました。

入社して2か月ほどお店に立つようになり、
直接お客様から商品の使い心地のご感想や、
「この香りがとても好きです!」などのお声をいただけることが、
とても温かく感じております。

お客様の毎日の暮らしに、何か感動をもたらすことができるような商品をお届けできるよう、
常に新しい気持ちでご来店お待ちしております。

どうぞよろしくお願いします!


【定番石鹸】マルセイユ石鹸 自分好みの石鹸に育てよう

みなさま、こんにちは。
お店スタッフゆはらです。

今月は『マルセイユ石鹸』を大解剖!しております。
連載ラストはより気持ちよく使っていただくための小技をお伝えしたいと思います。

これまでの3回のブログはお読みになりましたか?
もう十分、よさはおわかりいただけたかと思います!
マルセイユ石鹸はたくさんの方におすすめできる石鹸なのです。

ただ、前回までのブログにもありましたが、
これから、いざ、使ってみると…思っていた以上に、溶けやすいかも!
という事態と、どう向き合うかというテーマに直面します。

とくに、赤ちゃんから家族みんなで使うため、
今までヤギのミルクの石鹸を使っていた方。
同じように使えるのね、とマルセイユ石鹸に切り替えてみたら、なんだか減りが早い!と感じるかもしれません。
ヤギのミルクの石鹸は固め、マルセイユ石鹸はやわらかめの石鹸なのです。
石鹸の固さのちがいは、溶け崩れやすさ、つまり消費量に影響します。。

でもご安心を!

いい方法があります。
マルセイユ石鹸をより固くすればいいのです!

石鹸を固くする方法は簡単。

真空の包みから出し、
日光の当たらない風通しのよい場所に
1週間ほど置くだけ。
表面が白っぽく変わり、さらりと乾燥していればOK 。
(ブロック石鹸をカットしたあとの、乾燥させる手順と同じ方法です)

製造スタッフにコツを聞いたところ、
・数日ごとに、接地する面を変える
・強いにおいのしない場所に置く
と、さらに良いとアドバイスをもらいました。

乾燥させて固くなった石鹸は、溶け崩れしにくくなるので長持ちします。
さらにうれしいことに、泡立ちもよくなりますよ!
もちろんほかの石鹸でも、同じことが言えます。
マルセイユ石鹸はとくに、変化を実感しやすいのではないでしょうか。

お風呂場の環境はご家庭ごとに違いますが、
・通気性のいいソープディッシュに置く
・ソープディッシュに石鹸を「立たせて」置く
・シャワーが当たらない場所におく
・使うときだけお風呂場に持ち込む
など、工夫をしてみても、
なんだか石鹸が減るのが早い気がする…という方、ぜひ、準備段階として、
「乾燥させる」を取り入れてみてください。
乾燥させる期間は必ず1週間でなくても、数日でも違いはあると思います。
または2週間くらいにのばしてみたり。
自分好みの石鹸に育てるたのしみが増えた、というかんじで試していただけるといいなぁと思います!
 

マルセイユ石鹸のご購入はこちら>>

——————————————-
定番石鹸ブログ「マルセイユ石鹸」
vol.1 シエスタの原点『マルセイユ石鹸』
vol.2 『マルセイユ石鹸』製造のポイントは「見守り」
vol.3 マルセイユ石鹸 お気に入りポイントはシンプル


author page