【暮らしのコラム】ルームフレグランスで春の気分転換♪

こんにちは。お店スタッフのアラキです。
札幌はやっと芽吹きが始まり、散歩が楽しい季節になってきました。
道端の雑草さえも可愛く見えたりします!(笑)

春になると、日々の生活の変化は何も無い私ですが、
前向きな気分になったり、何か新しいことがしたい!と
意味もなく思ってしまいます。

すぐに何かは思いつかなくても、
部屋の中を、冬モードから春モードへと変えることで、
少し満足します。
衣替えをするように、ベッドカバーやスリッパ、
クッションカバーを暖かい素材からさらりとした素材へ替えたり、
壁に飾っている、絵や写真を替えたり…。

そして、香りも。
SAVON de SIESTAのオリジナルルームフレグランスを愛用しています。
冬の間は、気分を上げるために、華やかな「花の香り」を使っていましたが、
春になると、爽やかでスッキリ感のある「森の香り」にチェンジ。

香りが変わるだけでも、気分転換になりますよね♪

このルームフレグランスなのですが、オススメの使い方をご紹介しますね。

私は、ルームフレグランスを1本購入すると、
お気に入りの瓶に小分けにしてしまいます。
スティックも分けて差して、足りない分は竹串を差しちゃいます。

ちなみに、小分けにする時は、キッチンや洗面所で
こぼれない様に、気合を入れて、慎重に詰め替えています。

ルームフレグランス1本で、トイレに置いたり、

作業机に置いたり、

読書する椅子の傍らに置いたりと色々な場所で香りが楽しめるんですよ。

そして、玄関は、ルームフレグランスを置く棚も台も無いので、
壁に飾るという方法はとても便利!

我が家は、そんなに広くなく、むしろ狭い方だと思うので、
小さい瓶での香りの広がり方のほうが、穏やかでちょうど良いな~と思います。

5月24日(予定)から、直営店Siesta Labo.では、ルームフレグランスの詰替え販売が始まります。
私自身も詰替え販売のスタートをとても楽しみにしています。

詳しい内容についてはこちらのブログをご覧ください。
【お知らせ】フレグランスの詰め替えをお店で販売開始します!!(5/24~)


【オリジナル手ぬぐい】スタッフも使ってみました!

5月1日から発売するSAVON de SIESTAのオリジナル手ぬぐい。
「かまわぬ」さんとコラボし、
お色もイエロー、ブルー、ピンク、グレーの4色をご用意しました。

スタッフも、どの色を選ぼうか、どうやって使おうか、
社内でもよく話題にしています。

点と線模様製作所の岡さんによるデザインの柄がとても可愛いので、
手を拭いたり、かばんに入れておくだけではもったいない!と、
使い方を工夫してみました!

①バッグの持ち手にクルクルと巻きつけみました。
シンプルなバッグに少しだけアクセントが加わりました。
手ぬぐいを細く折りたたんで、端から巻きつけていきます。
最後に残った端の部分は中に折り曲げて見えないようにしています。

②バッグの目隠し用に。
チャックなどふたがついていないバッグに
目隠し用に被せてみました。
カゴのバッグに合わせるのも可愛いですね!
チラ見せしたくなってしまう手ぬぐいです。

③何にでも合わせやすいグレーをテーブルセンターに。
濡れてもすぐ乾きますし、汚れても洗えばいいやという
気楽さも手ぬぐいだからこその魅力です。

ご自宅用にも、プレゼントにも。
4色セットでお買い求めいただくと、お得な価格になります。

かまわぬさんとコラボした手ぬぐいの紹介は
こちらのブログもご覧ください。
【オリジナル手ぬぐい】完成しました!

色々な使い方ができそうなシエスタの手ぬぐい。
便利に楽しく使っていただけたら嬉しいです!

【発売開始日】5月1日より(ウェブショップは21時から販売開始です)
【価格】
1枚:税別1400円
4カラーセット:税別5000円

※てぬぐいは、頒布会・ファンド・お誕生日など各種割引適応のオリジナルアイテムです


【定番石鹸】ひとつの蜜の石鹸vol.3 愛用者の声

こんにちは。お店スタッフあらきです。
今月ご紹介している『ひとつの蜜の石鹸』。
今回は愛用者の声をお届けしますね。

お店で、『ひとつの蜜の石鹸』をリピートして購入されているお客様に
感想をお聞きすると、一番多いのは、
「使い続けるうちに、肌の色が明るくなりました!」
というお声です。

オンラインショップのレビュー投稿でも、一部抜粋させていただくと、
「洗顔後はくすみぬけしたように肌が明るくなって、ツルツルです。」
「一番のお気に入りの点は、洗顔後、肌のトーンが明るくなり、
透明感が感じられることです。」
などの声をいただいています。
使われた多くの方が、『ひとつの蜜の石鹸』の
優しいスクラブ効果を実感されているようです。

それもそのはず、配合されている「米ぬか」が、
古い角質を取り除き、明るく健やかな肌を保ってくれます。
なので、いわゆる「くすみ肌」でお悩みの方には、
ぜひ一度お試しいただきたい石鹸です。

ところで、この石鹸の表面には「米ぬか」の粒々が見えるのですが、
泡立て使った時に、その粒々によるざらざら感があるのでは?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、ご心配なく。
泡立てると、あら不思議。粒々感もざらざら感も全く無く、
配合されている「黒蜜」の力でメレンゲのような
フワフワで優しい泡になるのです。

そして、洗い流すと、泡切れがとても良いんですよ。
これが、「優しいスクラブ効果」と説明される理由なんですね。

お肌に負担をかけず優しく洗い上げてくれるのに、スクラブ効果もあるなんて、
『ひとつの蜜の石鹸』は、なんて優秀なんでしょう!(笑)

そして、もう一つ嬉しいのが、黒蜜効果による「保湿感」。
スクラブ効果に保湿感もプラスされているので、
4月以降、在庫が無くなり次第、廃盤になってしまう
「豆乳アズキ石鹸」の代わりとして、おすすめしたい石鹸です。

「アズキ石鹸」や「豆乳アズキ石鹸」とタイプが似ているので、
人気があるふたつの石鹸と比べると、
地味にひっそりと売られている感があった『ひとつの蜜の石鹸』ですが、
この機会に、すべすべしっとりの米ぬか&黒蜜パワーを
多くの方に実感していただけたらな~と思います。

ちなみに、来月は母の日ですね。
アルガンオイル配合の4月の限定石鹸「ビジューボヌール」とセットにして、
プレゼントなんてどうでしょうか?
どちらの石鹸もアンチエイジング対策に嬉しい石鹸です♪

最後におまけ。
シロクマに見えなくもない?
お店スタッフで泡立て実験をした時に、
遊んじゃいました。

ひとつの蜜の石鹸のご購入はこちらからどうぞ。

——————————————-
定番石鹸ブログ「ひとつの蜜の石鹸」
vol.1 今月は米ぬか配合!『ひとつの蜜の石鹸』
vol.2 ひとつの蜜の石鹸 製造の様子


【暮らしのコラム】つぎの日曜は山へいこう?

みなさま、こんにちは。
お店スタッフゆはらです。

家の前にしぶとく残っていた雪も、最後は駆け足でなくなりました。
庭にも何かの芽がどんどん出てきています。
春のパワーはすごいですね。

さて、以前のコラムで書いた、スノーシューハイキングの際、自分は意外と山歩きグッズが揃っていることに気が付きました。
今回はいくつか紹介してみたいと思います。

どんな山登りにもかかせない3種の神器といえば、
リュック、シューズ、ゴアテックスのレインウェア。

まずリュックを買ったきっかけは、
10数年前の富士山登山での失敗。。。

そのときは、普段使いもしてた、普通のリュックでいったのですが、
リュックに密着した背中が汗でびちょびちょになって、気持ち悪く、
かなり萎えました。。
登っている間ずっと気になって、注意散漫になるし、イライラするし。

次からは背中対策をしないとダメだと決意し、
詳しい人(今では夫です)からアドバイスをもらったり、
お店をまわったりして、ようやく納得して買いました。

今では当たり前になりましたが、
このリュックは背中部分がメッシュになっています。
通気性があることで、汗をかくことをおさえ
不快感や、汗冷えによる体温の低下を防いでくれます。

使い勝手、見た目、すごく気に入っているけれど、
だいぶ色も褪せて劣化していると思います。

シューズ、レインウェアは、
富士登山のために揃えた装備。
ながい付き合いなのですが、この子たちの劣化のために、
泣きながら山を下りたことがあります。

それは数年前に白馬岳にのぼったときのこと。
初日、山小屋に着いたときはすてきな景色が
広がり、夜には星もキレイに見えていました。
しかし翌日は朝から小雨。
霧も深く、山頂もよくわからないまま通りすぎる状態。

ずっと降っていたけれど、
ザーザーというほどではないし、
歩き始めからレインウェア上下を着ていたので 油断がありました。

「防水」だったはずのシューズは劣化していて、
気付かない間に雨がしみこんでいたようです。
気付いたときには、靴の中までぬれていて、
靴擦れをおこしてしまっていました。

そこが痛く、かばっていたら、別の箇所の筋が痛くなり、
もうどう歩いたらいいのか、どうにもならなく、
でも進むしかこの痛みから解放される選択肢はなく。
泣きました。

もう何年も履いていたので、交換時が来ていたようです。
また、レインウェアの肩部分もザックの形に
くっきりと雨がしみていました。
あたる部分が、だめになっていたようです。

雨がしみるのは、肩だけだったので
低体温症になることはなかったのですが、
休憩時の山小屋で見た、雨でびちょびちょのトレイルランナーさんは
尋常じゃないほどガクガク震えていました。。

彼は一切の雨対策をしていませんでした。
(無事搬送してもらえたのでしょうか。。。)

この一件があって、シューズ、レインウェアも新調されたのでした。

花よりも…

私の山でのおたのしみはやっぱり食事!
行動食もたくさん用意しますが、
泊まり掛けならより、食糧班として張り切っちゃいます。

今までで一番よかったのは、いろんな野菜のナムル。
前日に冷凍して持っていくので傷むのを抑えられます。
炊いたごはんにぜんぶ乗せてピビンパにするもよし、
翌朝のスープ雑炊にトッピングするもよし!

まぁメニューはどうあれ、 コッヘル・バーナーがあれば、
あたたかで幸せなごはんが食べられます。
そして、ごはんの後は少しのアルコールもあるとうれしいです。
ワインをパウチ型水筒に入れてボトル分を軽量化。
コーヒーを挽いて持っていくこともあります。

思えば、本州で登ったことのあるところは
たいてい途中に山小屋や水汲み場、トイレなどがありました。
それに比べて北海道は、
そのように整備されている山は限られています。
そのため私にはハードルが高く、今はなかなか山登りから遠のいています。

でもアウトドア装備があることで
助けられることもありました。

2011年3月の東日本大震災のとき、東京に住んでいたわたしは、
その頃、リュックに山歩き用のシューズで仕事にいっていて、
なぜかレインウェア上下も持ちあるいていました。

地震発生後、全ての電車が止まってしまい、
いわゆる帰宅難民と化していましたが、この装備なら帰れるな、と
約20キロの道のりを軽快に歩き、スムーズに帰宅できました。
その後の計画停電期間の不安も含めて、
アウトドアグッズは災害時に心強いなと実感しました。

いつも目の前のことにとらわれて、
見えていないもののことを忘れてしまう私。。

すっかりしまいこんでいたので、しばらく思い出すこともなかったのですが、
しっかり道具が揃っているということは、
どうやら一時、山登りにはまっていたのかも。
すきだったのかな?

かといって、さぁ、今週末は山へいこう!
というパッションが今の私にはないのですが…

まずはアウトドアグッズの進化を見に、
久しぶりにショップを覗くのはたのしいかも。
外ジンギスカンシーズンに向けて、役立つものが見つかるかもしれないし♪


【春のkatakata展】手ぬぐいなど、新アイテム入荷しました!

本日4月14日(金)、「春のkata kata展」に入荷したアイテムを
ご紹介いたします!

●手ぬぐい

お問い合わせの多かった「マッコウクジラ」の手ぬぐいが入荷しました!


「たんぽぽ」。隙間から昆虫たちが見え隠れしていますね!


「ハチドリ」。花の蜜を求めて、青のグラデーションが綺麗なハチドリが舞っています。

●バッグ

既に販売していたA4サイズのバッグのほかに、「プチバッグ」も追加で入荷しました!


プチバッグは裏地つきです。シンプルなお洋服とあわせるとカラフルな絵柄のバッグが映えます。

●ティッシュケース

追加の柄が入荷しました。持って出歩くのが楽しくなりそうなティシュケース。
内ポケットもついています。

「春のkata kata展」は4月17日(月)まで。
会期が残りわずかとなりました。
シエスタスタッフも、プレゼントや自分用にお買い物を楽しんでいます。
沢山のご来場お待ちしております!

スタッフのおすすめ商品や
店内の様子をブログでご紹介しています。

春のkata kata展(2017年 4/5-4/17)
カラフルな作品が揃いました
少し先の夏を楽しむ道具
スタッフのお気に入り-手ぬぐい編-
スタッフのお気に入り-器・紙モノ編-
手ぬぐいなど、新アイテム入荷しました!
4月17日が展示最終日です。



●春のkata kata展 @Siesta Labo.
2017年4月5日(水)-4月17日(月)

(4月11日は定休日です)


author page