【暮らしのコラム】熨斗ができました。

みなさんこんにちは、さかいです。
先日東京に住む友人から早咲きの桜の便りをもらいました。

すこーし暖かくなってきたかな?と春の気配もちょっとだけ感じ始めたけれど
まだまだ雪が降る日も多いここ北海道。

私は、雪の真っ白な湖の便りを返しました。
この時期は、地域によって季節の違いが大きくてびっくりですね。

実店舗シエスタラボでは、ちょこちょこと登場していたのですが、
オンラインショップでは久しぶりの入荷となりました、
プチ石鹸セレクションのことを少しご紹介したいと思います。
豆乳アズキ、シエスタベビー、ひとつの蜜、ふたつの蜜、そして雪肌石鹸の
5種類が入った「special」。
「special」の5種に、マルセイユ、ラベンダー、アズキ、ヤギのミルク、白樺をプラスした10種類セットの「complete」。
3月いっぱいで豆乳アズキとシエスタベビーの製造を終了することとなり
このセットをご用意できるのが今回が最後となります。

お店でも、プレゼントに…自分用に…と選んでいただくことが多い
プチ石鹸セレクション。
スタッフの中でも、「ご挨拶に使いたいなぁ~」、「熨斗をつけることはできない??」という話をしていたところ、
お客様から「熨斗」のご相談をいただきました。

なるほど!!熨斗があると便利だよね!ということで、
これからの送別・ご挨拶のシーズンにもお使いいただけるよう、
プチ石鹸セレクションの大きさに合わせた「熨斗紙」をご用意しました。
「ありがとう」「ほんのきもち」の2つから選ぶことができます。
店舗・オンラインショップどちらでもご対応いたしますので、
お気軽にお声がけくださいませ。
※店舗では、ご用意に少しお時間をいただきます。
 オンラインショップでは、備考欄にその旨記入をお願いいたします。

もうすぐ3月、周りでは転勤があるかも…という話も
ちらほら聞くことが多くなりました。
昨年、千歳から埼玉に転勤した友人家族から、
住まいの地域の特産らしい「にんじんうどん」が送られてきました。
その友人もまだ食べたことはないけれど…(笑)と送ってきてくれた
「にんじんうどん」。
私もまだ食していませんが、楽しみにいただきたいと思っています。

プチ石鹸セレクションのお買い物はこちら>>


【定番石鹸】雪肌石鹸Vol.4 田中酒造さんへ行ってきました!

みなさん、こんにちは。
今月お送りしている「雪肌石鹸」について、
最終回は第一回でお伝えしていた、
田中酒造さんへ見学に行ったときの様子をお届けします!

まずは少しだけ、田中酒造さんをご紹介。
田中酒造さんは、明治32年創業、現当主は四代目で、
小樽の地酒「寶川」を守り続けています。
今回見学させていただいた「亀甲蔵」や小樽駅近くにある「本店」は
小樽の「歴史的建造物」に指定されているそうです。

古い石蔵の店内へ入ると、ありました!たくさんの日本酒!
さっそく亀甲蔵を見学させていただくと、まず見えてきたのが、
お酒の元となるお米!これがないとお酒はできませんね。
田中酒造さんでは、お米は全て北海道産を使用。
シエスタの石鹸に使われている酒粕は、
彗星という品種のお米からできています。

お米をお酒にするための準備として、まずは精米されます。
酒造り用のお米は30〜60%ほど表面を削ります。
次に、めったに見ることのできない「麹室」を見学。
麹を仕込む時は、ほかの菌を持ち込まないために、
ヨーグルト、納豆などは食べられないそうです!
続いて、たくさんの大きなタンクや機械が見えてきました。
いよいよ、お酒の仕込みの現場です。

醪、酒母などの様子を上から見ることができます。
初めて見ましたが、本当にぶくぶくと泡立っているんですね〜。
約30日間かけて発酵されたお酒は、圧搾機で「お酒」と「酒粕」に
分けられます。
ここでようやく「雪肌石鹸」に使われている酒粕に出会えました!
思わず心の中で「いつか会おうね〜」と語りかけてしまいました。
しぼったお酒は、加熱殺菌後、貯蔵タンクで熟成されます。

見学のあとは、お酒について詳しく教えてもらいながら、
試飲をさせていただきました。
残念ながら私はお酒が飲めませんので、お店スタッフのサカイとユハラが
しぼったあと、濾過していない原酒も飲ませていただき、
清酒との違いに驚いていました。

店内には外国人の方がたくさん訪れていて、
興味深そうに色とりどりのお酒や、小物などを手に取っていました。
「雪肌石鹸」で使用している酒粕も売っています。
酒粕には食物繊維が豊富で、たんぱく質をはじめビタミンB1、B2
美容に良いB6などが豊富に含まれています。
もちろん、肌の保湿、保温効果や美白効果もあります!
これで甘酒を作ったり、焼いて醤油、ジャム、砂糖、味噌などをつければ
お手軽なおやつや夜食が出来上がります。
こちらの酒粕は、少ししか搾っていないので、濃い味がするそうです。
また、まだ菌が生きているので発酵を止めるためにも冷凍がオススメです。

ご予約を承っているSAVON de SIESTA × dans la natureでつくった「ホワイトデーの菓子箱」にもこの酒粕を使ったクッキーが入っているんですよ♪

「雪肌石鹸」の酒粕を求めて、初めて訪れたお酒のできる現場。
お酒が出来上がるまでは、長い時間と色んな工程、
そしてたくさんの手間がかかっているんですね。
普段知ることのできない世界を見ることができて、楽しかったです♪
製造現場の見学は、年中無休でできるそうなので、
みなさんも小樽へ訪れた際には、「雪肌石鹸」の酒粕に会いに、
ぜひ田中酒造さんへ足をお運びください!
見学の際には、日本酒クイズにもチャレンジしてみてくださいね~♪

田中酒造さんのサイトはこちら>>

定番石鹸「雪肌石鹸」ブログ
vol.1 【定番石鹸】雪肌石鹸のご紹介
vol.2 【定番石鹸】こちら現場です!
vol.3 【定番石鹸】雪肌石鹸、ここが好き!

定番石鹸「雪肌石鹸」ご購入ページはこちらから。


【新入荷】「ふんわりくつした」②春を呼ぶ4足ご紹介します!

こんにちは。
ウェブショップ担当の工藤です。

明日21:00~数量限定で販売する
サルビアさんの「ふんわりくつした」。
昨日のブログではその特長をご紹介しました。
ss17022201
今回ウェブショップでは春待ちの気持ちを彩る
4種類をご用意しました。
ss17022201_09
一つ目は配色が楽しい「スカンジナビア」。
見える位置によって色も変わり、オシャレのポイントになりそう。
甘すぎない色合いなので、パンツスタイルにもスカートにも。
ss17022201_12
二つ目は春らしい黄色とイラストが楽しい「ちょうちょ」。
歩いていてふと目に入ったら、気持ちがぱっと明るくなりそう♪
ss1702220101__03
三つめは個人的にもお気に入りの「まちばり」。
落ち着いたグリーンが私のツボなのですが、
黄色と赤がアクセントになっていて、可愛いんです。
ss17022201_05
四つ目は柄の配置も楽しい「みずうみ」。
グレーとイエローって、オトナの女性にこそ身につけてほしい
オシャレな配色♪
横からと前からでは柄の見え方も違って履くたび新たな発見も。

シエスタスタッフの中でも愛用者が多い「ふんわりくつした」。
「柔らかくて履いていて気持ちがいい」、「伸びがいいのに
洗濯するときちんと戻る!」、「薄いのに丈夫で長持ち!」と
デザインの可愛さだけではなく、質の高さがお気に入りポイントと
なっているよう。

かわいくて機能性もばっちりのふんわりくつしたで、
今年の春は足元から着こなしを決めてみませんか?

販売は明日22日21:00から。
数量限定ですので、どうぞお見逃しなく!

お求めはこちらから
*22日21:00になるとページが表示されます。

▼ふんわりくつしたブログ
vol.1 『サルビアさんの「ふんわりくつした」をご紹介します!』


【新入荷】サルビアさんの「ふんわりくつした」をご紹介します!

こんにちは。
ウェブショップ担当の工藤です。
salviastore
今日はみなさんにうれしいお知らせがあります!
実店舗では以前からお取り扱いしていましたサルビアさんの
「ふんわりくつした」をウェブショップでも2月22日21:00より、
数量限定ですが、ご紹介できることになりました!

サルビアさんは、グラフィックデザイナーのセキユリヲさんを中心として、
「古きよきをあたらしく」をテーマに、日本国内の伝統工芸や地場産業など、
作り手たちのこだわりの技術を生かしたものづくりをなさっています。
東京・蔵前に構えられたアトリエ兼ショールームには出張シエスタで
お邪魔したことも。

そのコンセプトと生み出される作品の質の高さに共感し、
実店舗でサルビアさんの靴下をご紹介し始めたのが3年前。定期的に
買ってくださるお客様も多く、シエスタスタッフにも愛用者が多いんです。
くつした (2)
今回ご紹介する「ふんわりくつした」の「ふんわり」の秘密は
”昔ながらのゆっくり編み”で、素材も手間も時間もかけて
たっぷりかけて作られているから。新潟のくつした工房でつくられています。
salviahakiguchi
恥ずかしながら、夕方になると靴下のゴムの跡がくっきり
ついてしまう私。ふんわりくつしたはゴムが入っていないので、しめつけ感が
なく、ゴム跡の心配無し!なのもうれしいポイント。
salvia4
ゴムが入っていなくても、編み目の数が多いので、糸同士が支え合い
ずり落ちの心配もありません。
初めて手にした時「えっ?ガーゼじゃないの?」と感じさせるほどの
柔らかさは普通のくつしたより細い糸をたっぷり使っているから。
保温性にも発汗性にも優れていますよ。
ss17022201_03
正直、製法にこだわり、機能性も高い靴下というと、デザインはいまいち。
なんて印象ありませんか?その点、サルビアさんの靴下は遊び心のある色使い、
デザインが魅力♪

実店舗のお客様の中には、リハビリ中のおばあさまへのプレゼントとして
ご購入いただいた方も。
デザイン性にも機能性にも優れたふんわりくつしたならではの
エピソードですよね。

履いているだけでうきうきしそうな靴下の数々。
今回はそんなサルビアさんのラインナップの中から
4種類をご紹介。次回のブログで詳しくお伝えします!


【暮らしのコラム】行ってきました雪まつり!

みなさん、こんにちは!webスタッフの鈴木です。
インフルエンザが流行っておりますが、
我が家は今のところ、まだ大丈夫です。
でも、気を抜かないようにしなければ!ですね。

先週、雪まつりを見に妹が、
横浜からはるばる札幌までやってきてくれました。
実は去年も来てくれたのですが、私と同じくうっかり者の妹は、
ちゃんと日程を調べることなく飛行機の予約を取ってしまい、
なんと、雪まつりが終わってからの来札になってしまったのです。

そんなリベンジ!雪まつり!に便乗して、
みなさんにも雪まつりの様子をお伝えしたいと思います。
雪まつりの準備は1月から始まります。
この期間は大通公園は封鎖されて、通り抜けることができなくなるんですね~。
私も初めて知りました。

やっぱり雪まつりと言えば、大雪像!
大きな雪像が5体、制作されていて、その細かさと迫力に圧倒され、
思わず「おお~!」と声が出てしまいます。
雪像の前はイベントステージとなっていて、
お笑いライブや、アイドルのステージ、アーティストのライブ、
キャラクターが登場してのイベントなどが行われていました。

私が個人的にすごい!と感動したのは海外の方が参加して、
制作する「国際雪像コンクール」の雪像。
海外の芸術家や彫刻家の方が参加しているチームが多いので、
デザインが凝っていたり、ものすごく緻密で複雑で驚きました。
もし、いつの日か雪まつりに来た際には、ぜひチェックしてみてください!

雪まつり会場にはたくさんのお店も出ていて、
寒い中食べるラーメンや海鮮ものは温まってホッとします。
それと、雪像だけではなく氷像や、スケートリンク、
さらにはジャンプ台もあって、スキーやスノーボードの
ジャンプ大会やジャンプセッションも行われています。
写真撮影スポットや、雪像制作の様子のパネルなど、
雪像を見る以外にも楽しめるものがたくさんあるんですね!

今回は行けませんでしたが、夜にはライトアップされて、
プロジェクションマッピングのイベントなども開催しています。
大雪像に幻想的なライティング…これも楽しめそう!
ちなみに初めて雪まつりを見た娘は、
本物よりも模型に興味深々だったり、
市民雪像のピコ太郎やトランプ大統領に大興奮でした(笑)

実は札幌市民はあまり行かない雪まつり。
ものすごい人波にたじろぎましたが、
普段行かない分、観光客気分で楽しむことができました!
念願の雪まつりリベンジを果たした妹も満足していて良かったです。
たくさんの雪像たちは次の日には安全のため、全て壊されてしまいますが、
その様子を見学するツアーなども人気のようですよ。

皆さまもぜひ来年は雪まつりを見て、その後はすぐ近くにある
シエスタ実店舗へ足を運んでいただけたら、とっても嬉しいです♪


author page