【お知らせ】ビジネスピープルからの贈り物 vol.4

こんにちは。ツケシバ(オット)です。

先月末から一田憲子さんのメディア『外の音、内の音』で連載(6回シリーズ)いただいている『ビジネスピープルからの贈り物』という特集での、私の4回目となる私の記事のご案内です。

私は、本当に価値のあることをやろうと思ったら、なかなか一人ではできないと思っています。逆に、一人の力は小さくても、たくさんの人の力を合わせれば、とても大きなことができるはずだと思っています。

SAVON de SIESTAも、今から12年ほど前に附柴彩子がひとりで始めたことが、今では、16人のスタッフが活躍するようになり、できることが本当に多くなりました。始めた当時は、想像すら難しかったことが、今は普通にできるようになりました。

この背景には、スタッフ一人一人の想いと、様々な創意工夫、そしてたくさんの努力があり、更には、原料、資材、販売、デザイン、お金のやりくりなどたくさんの社外の専門家の方々のご協力があります。どれ一つ欠けたとしても、今の私たちはありませんでした。

新しいスタッフや、ご協力いただける方が増えるにしたがって、できることが増え、ひとつひとつの仕事の質が上がり、より多くのお客様により良い商品やサービスをお届けることができるようになっています。

実は、今もたくさんのことに挑戦しています。

それは、SAVON de SIESTAが、5年後、10年後、20年後、どうなっていたいのか?を思い描いて、それに向かう試行錯誤の連続です。

何か新しいことにチャレンジするときは、最初から上手くいくことはほとんどありませんが、それでも、将来の理想の実現を目指して、創意工夫と努力を積み重ねて、コツコツとやっています。

一田憲子さんには、どうしたら失敗するかもしれないことを、最初からあきらめてしまうことなく、挑戦できるのですか?と聞かれました。

今回の記事は、そのご質問に対する答えを、とても分かりやすくまとめてくださったように思いました。

よろしければご覧ください。

▼記事はこちらです。
ビジネスピープルからの贈り物 vol.4

▼参考ブログ
【お知らせ】ビジネスピープルからの贈り物 vol.1
【お知らせ】ビジネスピープルからの贈り物 vol.2
【お知らせ】ビジネスピープルからの贈り物 vol.3


【ワークショップ】katakata 型染めワークショップ 「ねこを染めよう!」

伝統的な型染め、注染の技法や、プリントによる
オリジナルの染布を制作しているkata kata・松永武さんと高井知絵さん
この春、2年ぶりとなる個展を開催してくださいます。

動物、植物、風景…
お2人が日々の暮らしの中から感じ、デザインされるモチーフは、
物語が紡ぎ出されるようなあたたかさと、
活き活きとした力強さを感じます。

今回の個展では、手ぬぐいや紙モノのほか、オリジナルテキスタイルの販売、
そしてkata kataさんがデザインに関わる器や扇子など暮らしの道具をご紹介します。

春のkata kata展
会期:4月5日(水) – 17日(月)※4月11日は定休日

普段は東京のアトリエで製作をされるkata kataさんですが、
展示中の4/8は、札幌へお越しくださり、在店くださいます。
また前回もとっても好評だったワークショップも開きます。

今年の春の新作の模様は、ねこ。
ごろんと寝ころんだねこを土佐和紙に型染の技法で染めていきます。

できあがった作品は、ご自宅で一晩水やお湯につけて
のりを落として完成。

和紙は水に強い紙なので、破けることはありません!
すごいですねー。

色ののせ方で、出来上がりはそれぞれの個性が表現される素敵なものに。
できあがった作品は、インテリアとして飾ったり…
松永さんと一緒に楽しい時間を過ごしましょう!!

kata kata 型染ワークショップ「ねこを染めよう!」

日時:4月8日 (1)11時~12時半位 (2)16時~17時半位 
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
参加費:3000円(季の菓子工房しゅうのお菓子とお茶付)
お申込みについて:3月25日11時より、店頭・お電話(011-206-0710)・専用HPからお申込みください。(HPは3/25・11時より表示されます)


【暮らしのコラム】愛着のある物を長く大切に使う

こんにちは。お店スタッフの荒木です。

札幌も外を見ると陽射しがキラキラしている日が多くなり、
そんな景色を見ていると、なんだか気持ちも明るくなりますね。

冬から春へと季節が変わっていくのを感じながら、
最近の私は家時間を少しづつ利用して「ダーニング」をしています。

「ダーニング」という言葉、聞き慣れない方が多いと思います。
「ダーニング」とは、イギリスの伝統的な修繕技術で、
簡単に言うと日本で言う「カケハギ」です。
穴が開いた靴下やシャツ、セーターをお直しする方法なのです。

私は足元が冷えるので、冬は厚手のウールの靴下を愛用しているのですが、
すぐにかかとに穴が開いてしまいます。
ウールの靴下は編み模様も凝っていて、どれもお気に入り。
捨てることができない靴下がいつのまにか引き出しにいっぱい!

そんな時に本屋で目にした「暮しの手帖84号」。
表紙の゙くつしたのお直じという文字にくぎ付けに。
「そうそう、お直しできたら、また履くことができる!」と嬉しくなりました。

やってみたら、楽しくて楽しくて。

毛糸は家にあった物なので、靴下の色と全然合っていないのですが、
それがかえって可愛かったり。
30分から1時間で完成するので、集中も切れず、
達成感もあり、良い気分転換になるのです。

桜が咲く頃には、かごいっぱいの穴の開いた靴下や手袋が、ダーニングされて、
誇らしげに次の冬の出番を待つ状態にできたら良いなぁとちくちくする日々なのです。

「ダーニング」に出会えて、愛着のある物を、自分で直しながら
長く大切に使うことの幸せを感じることができました。


【期間限定】伊勢丹立川店 こんな素敵なブースになっています。

初めての伊勢丹立川店、1階にPOP UP SHOPとして昨日から展開させていただいております。

今回、私達スタッフは在店していないのですが、ブースの素敵な写真を送っていただきました。


定番のフレグランスやバスソルトなど、どんな香りかしら?って思っているものはありませんか?
もし、1つでもあれば店頭サンプルでお試しいただき、お好きな香りを見つけていただければ嬉しいです。

フレグランスの香りをお試しいただくオススメの方法!

シエスタのフレグランスは木製スティックを伝わって香りがふんわり香るタイプなので、スティックを1本、そっと瓶から抜いて香ってみてください。
その時にアルコールがお洋服などに落ちないように気をつけてくださいね。

定番の石鹸やクリームも勢ぞろい。
現在、ブログでご紹介させていただいている「ヤギのミルクの石鹸」もご用意しております。
ブログで気になったらぜひ見に行ってみてくださいね。


【期間限定】伊勢丹立川店 今日からスタートです。

こんにちは。カワグチです。

本日3月22日~28日まで、7日間の期間限定ですが、「伊勢丹立川店」1階で
シエスタ商品の販売がスタートいたしました。

定番の石鹸、バスソルトやフレグランスはもちろん、先日の伊勢丹新宿店でも販売いたしました
「アルガンオイル配合の限定石鹸とクリーム」もご用意させていただきました。

また、オンラインショップでは予約販売となっております「モリンガオイル」も少しだけですがご用意できました。

今回、シエスタのスタッフは店頭にはおりませんが、実際に商品の香りや使用感など、お試しいただければと思います。

個人的にオススメなのは「モリンガオイル」。
オイルが苦手な私でしたが、使い始めて3ヶ月、そろそろ2本目突入です。

他の商品と同様に、テスターも店頭にご用意しておりますので、ぜひ1度お肌で実感してみてください。

※3月16日のブログ内で「アルガンオイル配合の限定石鹸と限定クリーム」について、
伊勢丹立川店での販売についての情報が抜けておりました。
申し訳ございません。


1 2 3 4 5 6 477