【tandey展】オールレザーのボストンバッグ、愛用している方に使い心地を聞きました。

今回の展示には、帆布のバッグの他、
上質なイタリアの革を使って仕立てられたオールレザーのバッグも並んでいます。

使うほどに馴染み、味わい深くなるこのシリーズ。
今回は、6種類のデザインが届いており、
使いたいシーンに合わせてお選びいただくことができます。

シエスタの元スタッフ・かみおさんもtandeyさんのバッグを愛用しているひとり。

tandeyさんが、ブランドをスタートされた頃から、
雑誌で見かけてずっと気になっていたそう。

旦那様のご実家が、お店がある神戸から近いこともあり、
いつかは訪れたいと思いつつ、ついに手にしたtandeyさんのバッグ。

一緒に食事に行った時に、『素敵だね』と思わず声をかけてしまうほど、
雰囲気に似合っていました。

そこで、今日はかみおさんに使い心地について聞いてみました!!

————————-

■ 使っているバッグは、ボストン型

いつもカジュアルな装いが多いのですが、
年齢とともに清潔感やきちんと感が欲しいなと思って、
靴と鞄は作りの良いものを持つように心がけています。

数ある鞄の中からボストン型に決めたのは、
まずファスナーがあること。

徒歩と公共交通機関での移動がほとんどの私は、
雪の降る季節にはファスナーが必須です。
人ごみでもファスナーがあると安心です。

書類の提出など以前に比べるとたびたびあるにもかかわらず、
いつも小さな鞄を持つことが多いので、
ギリギリA4が入る大きさの革の鞄を持っていなかったこと。

そんな悩みに答えてくれたのが「ボストンバッグSサイズ」。

クリアファイルは角が飛び出るけど
ふんわり入れれば折れずにファスナーは閉まりますし、
A4の紙だけならすっと入ります。

 

肩にかけても、手で持ってもちょうどいい持ち手。
モコモコニットでもコートでも。

また実際に使ってみて感じたのは、移動の時に便利という事。
飛行機に乗るときも、座席下の収納にすっぽり入って
ファスナーがあるので中身が飛び出ることがありません。
飛行機・JRの長距離移動にもいいなと思っています。

とにかく見た目も使い勝手もとても気に入っている鞄です

■ 色は絶対黒と決めていたけど…結果ネイビーに。

きちんと感のある鞄は絶対『黒』と思っていた私は、
黒を買うつもりでいました。
ところが…選んだのはネイビー。

tandeyのスタッフさんから、
『革は使いこむうちに深い色合いが増してくるから今より濃いネイビーになりますよ』とアドバイスをもらったのです。

その一言で心が変わりました。
そうだ、それが革の面白いところではないか!!と。
ナイス!スタッフさん!!!

水分が多いべた雪が降った日、
駅まで徒歩7分くらいの道のりでしたが傘をさしていても
コートも鞄もベチャベチャに濡れてしまったことがありました。

鞄はしっかりクリームを入れてケアをしていたので、
水分を拭きとったら全くシミになっていませんでした。

これが革の面白さ!使ってケアしてまた使って。
育てる鞄なのだなと。

ファスナーも想像以上になめらかで、
手袋をつけたままでも開け閉めできるのは嬉しいポイント。

あまり見かけない雰囲気のあるネイビーの色。
ありそうでない形と色合いで持ち歩いていると褒められることが多いこと。
見る角度や光具合で色合いが違って見えるところもお気に入りです。

————————-

札幌でtandeyさんのバッグが見れることが
とっても嬉しいと教えてくれたかみおさん。
みなさんの選んだバッグが、
どんな風に育つのか見てみたいなぁとも話していました。

かみおさんのバッグの内布は、ベージュでしたが、
この生地も7色からお選びいただけます。

tandeyさんのバッグオーダー会は、10月1日(月)まで開催しています。
どうぞお立ち寄りください。

◆ 企画展「tandey bagのオーダー会」

会期 2018年9月19日(水)-10月1日(月)
※9月25日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F)
営業時間:11:00-19:00

※お渡し時期:11月中旬~下旬予定

◆ 展示に関するブログ一覧は、こちらから


【ウェブ企画展】「秋のはじまりに」。素敵な作品が揃いました!

本日9/21・21時~オンラインショップではじまるウェブ企画展「秋のはじまりに」。
4回にわたって作家さんのことをご紹介してきました。

作家さんご紹介
 VOL1 -ufuさんのこと-
 VOL2 -しゅうさんのこと-
 VOL3 -po-to-boさんのこと-
 VOL4 -nuriさんのこと-

今日は、実際にご用意していただいた作品を発表したいと思います!!
どれも素敵で、展示のタイトル通り「秋のはじまり」の楽しさをお届けできるものばかりです。

▼ ufu ピアス&ネックレス

シンプルで様々なシーンに合わせやすい
素敵なアクセサリーを制作されているufuさん。
ピアスとネックレスをお願いしました。

ネックレスは、2017年のクリスマスギフト用に制作していただき、
大好評ですぐに完売してしまったもの!!
再販のリクエストをいただいており、ご用意いたしました。

また、ネックレスとコーディネートできるピアスもお願いしました。

何度も打合せを重ねながら作って頂いたピアス。
左右がアシンメトリーで、実際につけると、揺れる雰囲気がとても素敵。
漆黒のブラックスピネルが、お肌をきれいにみせてくれます。

▼ 季の菓子工房しゅう 山ぶどうの琥珀羹(こはくかん)

まるで宝石のような和菓子・琥珀羹(こはくかん)。
古くから日本で親しまれてきた和菓子の一つ。
煮溶かした寒天に砂糖や水あめなどを加えて固めたお菓子で、
外側のシャリシャリ感と内側のプルっとした食感を楽しめます。

「秋」を閉じ込めたような色合いの秘密は秋田産山ぶどうジュース。
季節を感じられる、しゅうさんらしいお菓子です。

▼ po-to-bo ヘアゴム&ブローチ

秋の装いにピッタリのシックなヘアゴム、そしてブローチをお願いしました。
少し艶のある釉薬のかかった動物たちが3種類。
白鳥・リス・シカは、胸元はもちろん、ニット帽やマフラーのアクセントに。

モノトーンのマットな色合いが大人っぽいヘアゴム。
よく見ると繊細なレース模様で、大人の女性の装いにもピッタリ♪
ニュアンスのあるヘアアレンジにも馴染みます。

▼ nuri アロマキャンドル

まるで絵本のような、つい見とれてしまう立体的な模様と繊細な絵付け。
手に取ると、天然のエッセンシャルオイルがやさしく香ります♪

まだ空気が夏の名残をはらんでいて、なんとなく気持ちが落ち着かないこの時季。
キャンドルに火をともして特別な時間を過ごしませんか?
手作業の温かみを感じる丁寧な絵付けがされたキャンドルの
ゆらゆら揺れる火を眺め、いい香りに包まれていると、
気持ちがゆる~っとほぐれていきます。

秋のはじまりに。
ゆるやかで穏やかなひとときをお届けします。


【ウェブ企画展】秋のはじまりに
会期 9月21日(金)21時~10月7日(日)
販売ページはこちらをご覧ください。(21時より表記されます)

ご注意:
・オンラインショップ限定販売となります(直営店でのお受け取りは承ります)
・数量限定の作品もございます
・ご予約商品もございます。商品ページをご確認ください。


【ワークショップ】松風さんの和菓子教室「かぼちゃの薯蕷まんじゅう」

秋の季節を感じられる松風さんの和菓子教室を10/6に開催します。
教えてくださるのは、ニセコで和菓子を作られている松風・渡辺麻里さん。
札幌・space1-15にも工房を持たれています。

9月も予定していましたが、地震の直後で残念ながら中止をさせていただきました。
10月のお教室は、9月の分もみなさんにお喜びいただけるよう、
ご用意できたらと思います。

教えてくださるのは、「かぼちゃの薯蕷(じょうよ)まんじゅう」。

自然薯や、大和芋などで作る薯蕷まんじゅう。
見ているだけで思わず微笑んでしまう可愛さですね!!

できあがったお菓子は、その場でお茶と共にお召しあがりいただくほか、
可愛らしくラッピングしてお土産にお持ち帰りいただきます。

松風さんの和菓子教室
【日時】10月6日11時~13時くらいまで
【参加費】1回3900円(お茶とお菓子付き)
【持ち物】エプロン・手拭き用ふきん・お持ち帰り用のマチのある袋
【場所】Siesta Labo.(札幌市中央区南1条西12丁目ASビル1階)
【定員】6名
【お申し込み開始】9月22日11時よりこちらのページで受付開始です。
(準備の都合上、9/22・10時~11時直前までページが表示されません。)
【ご注意】前日と当日のキャンセルは、キャンセル料3400円が発生いたします

秋のひと時を一緒に過ごしませんか。


【出張シエスタ】札幌スタイルフェア at ロイトン札幌(9/20,21)

直前のご案内になってしまいましたが、
9/20(木),21(金)の2日間、札幌市のホテル・ロイトン札幌で開催される
札幌スタイルフェアに参加させていただきます!!

SAVON de SIESTAの定番商品、季節限定商品などを販売します♪

札幌スタイルからは、SAVON de SIESTAのほか、
下記のみなさんも出展されます。


↑クリックで大きくなります

 ・ハピネスロード(裂き織りバッグ)
 ・The St Monica(白樺樹液と馬油のスキンケア)
 ・アビサルジャパン(お砂糖スキンケア)
 ・クワイアン(北海道木材のウクレレ)
 ・イチムラ(インテリア家具)
 ・黒羽陶工房(手描きの磁器食器)

20日の夕方には、無料のウクレレライブも予定されています。
ウクレレというとハワイの楽器のイメージですが、
北海道産のエゾマツで作られたウクレレの音は本当にきれいな音色なんです。

また、会場でお買い物していただくと、
9月末までお使いいただけるロイトン札幌レストランのランチが
10%OFFになるチケットをプレゼントもご用意しています!!

ロイトン札幌から徒歩圏内のシエスタラボではtandeyさんのbag展
大通公園ではオータムフェストが開催中です。
秋のお散歩を兼ねて、ぜひお立ち寄りください。


【出張シエスタ】「おへそ的、買い物のすすめ展」、9/17が最終日です。

日本橋三越で開催中の「おへそ的、買い物のすすめ展」も
いよいよ今日9/17が最終日です。
毎日たくさんの方がご来場くださり、本当にすばらしい時間をすごしています。
また今回の震災に対して、あたたかなお声もたくさんいただき、
本当に感謝しています。ありがとうございます!!

「暮らしおへそ」に掲載された方の作品や
セレクトされたものが一度に見れるこの展示は、見ごたえがたくさん。
ついつい私も毎日お買い物をしています(笑)

また、トークイベントも開催されていて、昨日はディレクターの一田憲子さんと、
kuboパン店主の久保輝美さんのお話もきけるなど、
形はないけれど、じんわりとあたたかなものが得ることができます。

最終日も、すばらしい1日になるはず。
どうぞお立ち寄りください。
18時閉場ですので、お気をつけください。

数量限定でご用意したフェアリーローズシリーズは、
シュクレとクリームは完売しましたが、
石鹸はあと少しご用意があります。
ローズ、オレンジ、ベルガモットのやさしい香りを、
ぜひお手にとってお試しくださいね。

——-

おへそ的、買い物のすすめ展
日時:9月12日(水)~9月17日(月・祝)10時~19時(最終日は18時閉場)
会場:日本橋三越本店新館7階 催物会場

特設ページでは、参加者紹介など、詳しいご案内がはじまっています。
 →「おへそ的、買い物のすすめ展」in日本橋三越
事前にご覧いただいてからご来場いただくと、楽しさ倍増です。

またサイトには、プライベートでもシエスタをご愛用くださっている三越の方のインタビューが掲載されています。
写真に写っているのはすべて私物。こんなにたくさん!と感動しています。
 →「おへそフリークの一押し」暮らし編


author page