【Chappo展】4/11-23、夏が待ち遠しくなるような帽子展

こんにちは。お店スタッフのかわまたです。
4月11日(水)~23日(月)まで直営店Siesta Labo.では、Chappoさんの帽子展が始まります。

今日、スタッフみんなでたくさんの帽子を並べました!

個性的なChappoさんの帽子は、どんなお洋服にも合わせやすくて、お出かけが楽しくなるアイテムのひとつです。

同じような形でも、素材やリボン、ツバのステッチが違ったりと同じようでひとつとして同じでない帽子がたくさん届いてます。手に取って、裏地や後ろの留め具をじっくり観察しているのも興味深いです。チャーム付きもよいですね!

4月11日と12日(夕方まで)は作家:須田英治さんも在店くださいます。
このチャンスに須田さんのアドバイスをいただくこともできます。お手入れや被り方など、よいアドバイスをいただけそうです。

たくさんある帽子。
どれにしようかな~と迷った時は、さっと被ってみてください。
きっとお気に入りと出会えます。

カジュアルな布の帽子から上品な麦わら帽子まで揃ってます。
春夏のお出かけにいかがでしょう。
おしゃれな帽子で、お出かけも楽しくなりますね!

みなさまのご来店お待ちしております。

——————————

Chappo exhibition
「-bien dans sa peau- 自分らしく 心地よく」

*展示の様子をブログでご紹介しています。一覧はこちらから。

会期:2018年4月11日(水)-4月23日(月)※4月17日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
作家在店:4月11日(水)、12日(木)は作り手の須田英治さんが在店くださいます。
※12日(木)の在店は夕方まで


【暮らしのコラム】ハーブティーの魅力

こんにちは。お店スタッフのかわまたです。

全国ニュースでは、もう桜の季節も到来し、夏日になりましたなどのニュースを見かけますが、こちら北海道はまだ風も冷たく肌寒い日々・・・
ようやく光が春らしくなってきたなぁ、といういつも通りの4月です。

季節の変わり目は急に埃っぽくなり、アレルギーが発症したりして、肌や喉が乾燥してきます。
今そんな季節の変わり目にふさわしい名前のハーブティーを愛飲中。

こちらは昨年穂高を訪れた際にみつけたハーブティー。
薄荷が入っているのでスーッとして鼻も気持ちよいです。

わたしは体が冷えないように一年中温かいハーブティーを飲む習慣があります。
今思えばこのハーブティーの趣向はドイツに住んでいたときに染みつきました。

日本では風邪をひくとドラッグストアで風邪薬を買うことができますが、ドイツでは処方箋なしに買うことができません。代わりに症状を伝えると必ずハーブティーを勧められます。最初は「お茶で治るの?そうなのー?」と疑問もありましたが、咳や喉の症状は自然と緩和しているかもと思って続けていました。

ドイツは世界の中でもハーブ大国!オーガニックストアの多さも知られていますが、ハーブティーの種類の多さといったら、とんでもない!一日中、お店にいても飽きないほどです。ドイツ語名と日本語名を調べ、その効能を知っていくのがまた楽しい。
こういう作業が好きみたいです。

日本でもおいしいハーブティーに出会うとうれしくなります。そしてヨーロッパに行くとスーツケースにはびっしりとハーブティー。

「ハーブティーを自分で作りたいなぁー」と思ったのは、昨年ホーリーバジルの魅力を知ってからのこと。苗を分けてもらい、育てて種を収穫するところまではできました。

ということで、まだ寒いので先日は土だけ準備。
最低気温がせめて10℃くらいになったら、種蒔きしようかなと思います。

自家製ホーリーバジルティーができますように・・・
その前に発芽しますように・・・


【企画展】muku展終了と4月の企画展のお知らせ

こんにちは。お店スタッフあらきです。
先週までは春はまだまだ先と思っていたのに、
今週に入って、気温も上がりやっと春めいてきましたね。

さて、3月26日(月)まで開催しておりました
muku春夏服の受注会「リトアニアのひかり」が無事に終了いたしました。
お越しくださいましたみなさま、ありがとうございました!

今回の展示で印象的だったのは、やはりDMやポスターに登場した
ポピーレッドのお洋服。

毎回、シンプルなのに他にはない独創的で素敵なテキスタイルのお洋服を提案してくれるmuku。
今までのシリーズの中でも、一番みなさまの心をわしづかみにしたようです。

日常使いにはもちろんのこと、
「これから迎える還暦の時に着たいんです」
「夏にあるイベントのために」など、
大切なハレの日のために選んでくださった方々もいらっしゃいました。

着る方の「こういう雰囲気やイメージで着たい」という気持ちに
すっと寄り添ってくれるmukuのお洋服。
ずっと買い足してくださっているお客様はもちろんのこと
今回初めてmukuと出会ったお客様も大切な一枚に選んでくださり、
ありがとうございました。

今回ご注文いただいたお洋服は6月上旬のお渡しを予定しております。
きっと新緑の気持ちの良い季節。
ちょうどオーダーいただいたお洋服が活躍しそうな時期です。
どうぞお楽しみにお待ちくださいね。

———————————
次回の企画展のお知らせです。
4月は昨年の11月にもご紹介させていただいた
Chappoさんの春夏の帽子の展示です。

毎回楽しみにしてくださっている方も多いChappoさんの帽子。
きっと夏に向けて、気分が上がること間違いなしです。
会期頃になりましたら、どんな帽子がお店に並ぶのかを
ご紹介していきたいと思います。
どうぞお楽しみに!


Chappo exhibition「-bien dans sa peau- 自分らしく 心地よく」
会期:2018年4月11日(水)-4月23日(月)※4月17日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00
作家在店:4月11日(水)、12日(木)は作り手の須田英治さんが在店くださいます。
※12日(木)の在店は夕方まで

会場の様子はこちらでご紹介しています。

———————————

そして4月の企画展はもうひとつあります!

洞爺湖、北海道、そして店主のタカノトモコさんが探した
日本のおいしいものをセレクトしたtoita。
いつ訪れても、お料理してみたいな、
食べてみたいなと思う調味料や乾物などがずらりと並びます。

出張toita
会期 2018年4月25日(水)-4月30日(月・振)
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

どうぞお楽しみに!


【暮らしのコラム】ホットでミルクな日々

こんにちは。お店スタッフあらきです。
暦の上では春分が過ぎ、桜の開花宣言も始まり、季節は春ですね。

ところが、札幌は、日差しは春らしく感じるのですが、
気温は寒い日が続いています。
春分の日にお店の近くの大通公園に行ってみたら、まだまだ雪景色。
春まではもう一息です。

暖かい春を待ち遠しく思いながら、温かい飲み物で体を暖める日々。
コーヒー、紅茶、ハーブティー・・・お茶タイムに「何を飲もうかな?」
と考えるのは楽しいですよね。

色々ある中で、私が最近よく飲むのはホットミルクです。

もう何年も牛乳は飲んでいなかったのですが、友人からいただいた
「スパイス紅茶」がきっかけで、ホットミルクを楽しむ日々が始まりました。

「スパイス紅茶」は茶葉にジンジャー、シナモン、カルダモン、
ブラックペッパー、クローブ、ナツメグがブレンドされていて、
牛乳と一緒に温めれば簡単にチャイができてしまう優れもの。
作ってみたら、とても美味しくできました。

そして、チャイ以外にも、思いついたホットミルクのアレンジを
その日の気分によって、色々楽しんでみることにしました。

いちごジャムをスプーン一杯分入れるだけの「ホットイチゴミルク」に
おしるこが余ったので、「ホットミルクおしるこ」。
そして、Siesta Labo.のお隣「アトリエモリヒコ」で売っている、
ホットチョコレートバーを使った「ホットミルクチョコレート」

さらに、テレビの某番組で、ホットミルクでフワフワクリーミーな泡を作る方法を
紹介していたので、チャレンジしてみました。

方法は簡単で、温かい飲み物専用のオレンジ色の蓋のペットボトルに、
温めた牛乳を入れて、蓋をしっかり締め、
火傷しないようにタオルで巻いて、50回くらいシェイクします。
そして、そーっとカップに注ぐと完成!
フワフワの泡で、ちょっぴり気分が上がります。

この他にも、色々なアレンジを楽しんでいるのですが、味にハズレなし。
何でも受け止めてくれるホットミルクの懐の深さと言ったら!

ちなみに、ちょっと豆知識。
冬に飲む牛乳(成分無調整)は、夏に比べると、
味にコクや濃さがあることをご存知でしたか?

牛は夏が苦手で、えさを食べる量が減り、水を飲む量が増える為、
脂肪が低下して、さらっと軽い口当たりの牛乳になるのに対して、
冬は寒さに耐える為、えさをしっかり食べて脂肪を蓄えるので、
濃厚でコクのある牛乳になるそうです。
牛乳にも旬があるんですね~。

私のホットでミルクな日々は、もうしばらく続きそうです。


【muku展】リトアニアのクラフト雑貨のご紹介

こんにちは。お店スタッフのかわまたです。

直営店Siesta Labo.では、mukuの春夏のお洋服の受注会を3月26日(月)まで開催中です。
お洋服以外にも、リトアニアからクラフト雑貨もたくさん入荷しています。
雑貨は受注ではありませんので、すぐおうちに飾れます!

まずご紹介するのは、前回の展示でも気になっていたフクロウの笛♪

今回はさらに大きくなったフクロウがあります。
こちらは、ふぅーっと吹くと「ホォー」っと音がなります。
小さいフクロウは音が高く、大きいと低い音色。
インテリアとしても、福がやってくるかもしれない?!ですね。
鳥笛もありますよ。

こちらはコースター。

シエスタラボで見たことがある方も多いのでは…実は石鹸を置くコースターとして店頭では活躍しています。カップや鉢を置くのはもちろん、しっかりとした木製なのでインテリアとして壁にかけても素敵です。

次にこちらはリトアニアのチョコレート。

お味はアソートとなります。はちみつ、キャラメルのほかに日本ではあまり見かけない味でホップやポルチーニも入ってますよ。

最後はヘーゼルナッツのかごバッグ。

サイズは2種類ございます。ぽってりとした丸みと木の優しい色合いが特徴のバッグです。
樹皮の木目が美しく、しっかりと硬いので少し重いものを入れても型崩れすることはなさそうです。

いかがでしたか?
他にも電話線でできているカゴや木製オーナメント

白樺のソイキャンドルなどまだまだクラフト雑貨はございます。

ぜひSiesta Labo.でお手に取ってご覧ください。

———

2018年3月の企画展
「muku spring&summer collection -リトアニアのひかり-」

*展示の様子をブログでご紹介しています。一覧はこちらから。

会期:2018年3月14日(水)-3月26日(月)
※3月20日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

※ご予約後、リトアニアでお作りし、6月上旬のお渡しを予定しています。
※一部、すぐにお渡しできるお洋服もご用意しています。


author page