【playground】日々の装いに、赤いピアスを差し色に。

7月3日まで期間限定でご紹介しているplaygroundのガラスのアクセサリー。

playgroundは、荒井美乃里さん、丸岡勇太さん、八木麻子さん、
それぞれもガラス作家として活躍される3人のユニットブランドです。

先月末、搬入のために3人そろって、札幌にお越しくださったときに、
どんな風に作品作りを分担されているのですか?とお聞きすると、
まず集まって、どんな作品をつくるのかアイディアを話し合うんです、とお答えが。

じっくり、じっくり話して、方向性を決めた後は、
それぞれが手を動かし、試作を持ち寄るそう。
ひとりだと思い浮かばないことが、3人だとできるんですと、
素敵な笑顔で、教えてくださいました。

綺麗な色と形のピアスや指輪が並ぶ中、自分用にピアスを選びました。

マットな風合いが魅力のplaygroundのガラス。
その制作過程は、まるで化学の実験のよう。

ガラスはとても繊細で、600度と605度、
たったの数度違うだけで、焼き上がりが異なるそうです。
少し温度が高いだけで、透明なガラスになってしまうため、
マットな仕上がりにするために、何度も何度も試作を繰り返し、
今の風合いがうまれたそう。

何とも言えない美しい色合いは、よく見ると、ガラスが2色重ねられています。
ニュアンスのある色合いは、こうしてうまれているのです。

たくさんの色があるなか、選んだのは赤&スモーキーなグレーの組み合わせ。
なかなか赤を身につけることはないのですが、
差し色として、耳元に添えると、きっと素敵だろうなぁと、
私的にはちょっと挑戦した色.

赤、と決めたものの今度は形で迷うのです(笑)
ガラスをひとつずつ研磨しているので、同じものが2つとないのです。

こうして、じっくりと選んだピアスは、宝物のひとつに。

余談ですが、娘の最近の趣味が石集め。
保育園に行く道々、石を拾い、「今日も綺麗な石があった」と見せてくれます。
それを、気がつくと、春・夏・秋・冬と書かれた袋をつくり、彼女のイメージで季節に分け、大事にしまっています。

playgroundさんの作品を選びながら、「あぁ、なんだか娘の気持ちがよく分かる」と思ったのです(笑)


playground 記憶のカケラ
2017年5月31日(水)-7月3日(月)※火曜定休
期間限定販売 @Siesta Labo.

紹介ブログ
記憶のカケラを拾い集めるようなジュエリー
心おどるガラスのアクセサリー</a


【7月の企画展のお知らせ】菫色の研究 utopiano×鉱物アソビ

直営店シエスタラボでは、6月の企画展「夏至のひかり」が開催中ですが、
今日は少し先のご案内をさせていただきますね。

7月の展示は、布で花を咲かせる布花標本の「utopiano FABRIC FLOWERS」、
鉱物の新しい愉しみ方と可能性を展示するラボラトリオ「鉱物アソビ」、
おふたりの繊細で美しい世界が広がる展示「菫色の研究」を予定しています。
トークイベントとワークショップも開催します。

菫(すみれ)色の研究 utopiano×鉱物アソビ
日時:2017年7月8日(金)-7月17日(月)

・7月8日、9日はトークイベントの為、18時閉店となります。
・7月11日は定休日です。

昨日のサカイのブログでも少しご紹介をさせていただいたutopianoさん。
植物を観察し、花びらや葉から直に型紙をおこし、
白い布を1枚ずつ丁寧に染め、コテをあて、形作られる布花。
香りをもっているような繊細な布花を作られています。

3月には初めての著書「布花標本 布で作る20の植物とブローチ」を出版。
お人柄もとても素敵な方で、昨年開催してくださったワークショップもとても素敵な時間でした。(昨年の様子はこちら

去年はブローチのみの作品でしたが、今年は菫(すみれ)色のどんな花々と出会えるのか…と楽しみでなりません。

そして。
いつかお店でご紹介させていただく機会があれば…とサカイと話していた鉱物アソビ・フジイキョウコさん。
鉱物ならではの天然の造形美を、花・星・お菓子など身近なモノに見立てて、新しい鉱物世界を提案されています。
独自の視点で選ばれた、宝石のように美しい鉱物が並びます。

2008年に上梓された著書「鉱物アソビ」は、鉱物ブームのきっかけとなりとても話題になった1冊。
続編「鉱物見タテ図鑑」と共にロングセラーになっています。

書籍のお花の写真も実は、花の部分が鉱物なんです!
とても奥が深く、面白い鉱物の世界。
それを分かりやすくお伝えしてくださる特別企画「出張 鉱物Bar」も開催します。

■「出張 鉱物Bar」とは…??

“石をみながら酒をのむ”をコンセプトとした
鉱物アソビさんが企画される「鉱物Bar」。
2009年より毎年、東京で開催され、とても人気のイベントですが、
今回の展示にあわせ札幌でも開いてくださることになりました。

初めて鉱物世界に触れる……という方のためにも、
スライドトークショーで「暮らしのなかでの鉱物の愉しみ方」を紹介。
菫をイメージしたオリジナルカクテルと、
鉱物のようなお菓子 (お茶付き)と共に、鉱物世界に浸るスペシャルなひとときです。

【出張 鉱物Bar】
日時:7月8日、9日 19時~
料金:お一人様5,500円(オリジナルカクテルと、お菓子付きトークイベント)
ご予約について:
・6月19日11時より、専用ウェブページとお電話でご予約を受付いたします。
・ノンアルコールカクテルもご用意しています。ご予約の際にお伺いいたします。(準備の都合上、当日変更は承れません。)
・ご予約後のキャンセルはご遠慮下さい。(やむを得ずキャンセルの場合は、キャンセル料が発生いたします)

また、utopianoさんも素敵なワークショップを開催してくださいます。
作るのは、菫色の雨に染まる「紫陽花」をイメージしたコサージュ。

初心者の方でも丁寧にお教えくださいますので、ご安心ください。

【utopianoさんの布花ワークショップ】
日時:7/16 15:00~17:30 / 7/17 10:30~13:00
参加費:7500円(コサージュ1本分のkitと、お茶会付き)
ご予約について:6月21日11時より、専用ウェブページとお電話でご予約を受付いたします。

お申し込みに当たってのお願い:
・いずれも若干お時間が押す場合がございます。余裕を持ってご参加ください。
・kitの準備がございますため、7/1以降のキャンセルは何卒ご容赦くださいませ。
 何らかの理由で当日ご参加いただけなかった場合は、kitをお送りすることでWSへのご参加に替えさせていただきます。
・布花を制作・販売している「プロ」の方の参加はご遠慮ください。
・細かい作業となりますため、恐れ入りますがお子さまとご一緒でのご参加は何卒ご容赦くださいませ。

また、『出張 鉱物Bar』開催の7月8日、9日は18時閉店となります。ご了承ください。


【暮らしのコラム】そろそろ梅しごと・・・

こんにちは、さかいです。

あっという間に6月の半ば。
気温もころころと変わり、ちょっと体調をくずし気味になりそうな予感。。。
そんな今日、オフィスでとなりの席のスタッフから、
「元気がでるよ!」と梅干しをもらいました!
疲労回復のなどの効果もあるといわれている梅干し。

もともと梅干し好きで、ほぼ毎日梅干しを食しています。

昨年は、お店スタッフで梅干し作りに挑戦!
スタッフ宅へ向かう途中のJR車窓からの風景がのどかでパチリ。


梅好きなのに重い腰が上がらずに、やらなかった梅しごとも
みんなと一緒ならば、楽しい!!と集まり、始めたのでした。
しかし、初めにやることといったら
・梅をキレイに洗う
・丁寧に水気をふき取る
・ホシと言われる部分を竹串で取り除く
・塩を入れる
これだけなのです・・・
これを渋っていたとはなんというナマケモノなのだろう(笑)
あとは、各自持ち帰り梅酢が上がるのを待ち、天日干しして出来上がり!
やってみると、苦がなくむしろ楽しくできました。


出来上がりは、昔ながらのすっぱーい、しょっぱーい梅干しになりました。
これはこれでおいしく大切に食べています。

気がつくと、あと数個・・・
少し寝かせると塩味もまろやかになるかな?と試してみようと思っているので
今は、梅さんを少しお休みさせています。

そして、今年もみんなで梅干し作りをする予定です。
昨年と同じコースで、札幌から少し離れたところに住むスタッフのおうちに集まり
おいしいうどんを食べ、スタッフ宅のプチ畑を堪能し、梅しごと・・・
となりそう。(笑)

今年も梅干し作りに、梅の甘露煮に・・・と
次々と梅しごとをして、猛暑?といううわさの夏に備えたいと思っています!!

 

 


【定番石鹸】マルセイユ石鹸 お気に入りポイントはシンプル。

こんにちは。カワグチです。

6月の定番石鹸、オススメはマルセイユ石鹸です。

今日はスタッフの中でも、マルセイユ大好き!な彼女たちに、お気に入りポイントなどを聞いてみましたので、ご紹介させていただきます。

8種類ある定番の中で、なぜマルセイユ石鹸を選ぶのか聞いてみたのですが、やはり「シンプル」で「肌に負担をかけない」でも「汚れはしっかりと落としてくれる」とのこと。

たっぷりのオリーブオイルと2種類の植物オイルだけでできているマルセイユ石鹸は、本当にシンプル。

お肌のタイプによっても使用感は変わると思いますが、敏感肌で子供のころアトピーだったスタッフにとってはシエスタ1番のしっとり石鹸だそうです。

シンプルな石鹸なのでサッパリかな?と思われるかもしれませんが、お肌を保護してくれるしっとり感がお気に入りとのこと。

沢山、お気に入りポイントがでてくる彼女たちですが、他にもまだあります。

端っこ石鹸を食器洗いに使用しているそうなのですが、以前は液体洗剤を使っていてスポンジを握っていた部分だけカサカサに。
マルセイユ石鹸で洗うようになってからはすっかり良くなって、むしろしっとりになったそうです。
(実際、彼女の手はしっとりです。)

そんな彼女たちお気に入りのマルセイユ石鹸ですが、少し溶けやすいのが難点。
でも、水切りの良いソープディッシュに置いたり、なるべく乾燥する場所に置く、それだけでも溶けやすさが全然違います。

香りについても、無香料なので少し寂しい気がしないかな?と思ったら、天然の石鹸そのものの香りで癒されるので、むしろそれが良いのだそう。

他の7種類の定番石鹸や、毎月の限定石鹸もあるので色々使ってみるけれど、最後にはやっぱりマルセイユ石鹸に戻ってくる・・・
そんなシンプルだけどなくては困る石鹸がマルセイユなのです。

次回はマルセイユにまつわるお話をお伝えします~

 

マルセイユ石鹸のご購入はこちら>>

——————————————-
定番石鹸ブログ「マルセイユ石鹸」
vol.1 シエスタの原点『マルセイユ石鹸』
vol.2 『マルセイユ石鹸』製造のポイントは「見守り」
vol.3 マルセイユ石鹸 お気に入りポイントはシンプル


6月の限定商品・お取扱い店情報

取扱店担当のカワグチです。

6月の限定石鹸は3つのミントシリーズ。
ひんやり成分メントールを含むスキンケアシリーズをご用意しました。

ではさっそく、今月の限定商品、お取扱い店のご案内です。

札幌スタイルショップ/札幌市
(3つのミントの石鹸・レモングラスとミントのバスソルト)

ハンズビー/札幌市 (3つのミントの石鹸)

ヒシガタ文庫/札幌市
(レモングラスとミントのバスソルト・ボディスプレーシトロネラ)

クラフトスタジオ/新千歳空港
(3つのミントの石鹸・レモングラスとミントのバスソルト)

hokkaya/小樽市
(3つのミントの石鹸・レモングラスとミントのバスソルト・ボディスプレーシトロネラ)

アトリエダイス/旭川市
(3つのミントの石鹸)

MALULU/香川県
(3つのミントの石鹸・レモングラスとミントのバスソルト・ミントのクリーム)

西武池袋本店 2階 
(3つのミントの石鹸・レモングラスとミントのバスソルト)

ココルミネSTORE/新宿駅構内 
(3つのミントの石鹸・レモングラスとミントのバスソルト)

シエスタオンラインショップでは大変ご好評のため、すでに残りわずかになっている商品もございます。
在庫状況などにつきましては各お店へお問い合わせください


1 2 3 4 5 6 7 8 9 503