本物のアロマキャンドル

クリスマスギフト
昨日ご紹介した石鹸とセットにしてお届けするために、
今年は特別なキャンドルをつくりました。
私は家でキャンドルをともすのが大好き!
キャンドルも時々自分で作ることも。
最初は石油を原料とするパラフィンを使ってキャンドルを作っていました。
(一般的なキャンドルのつくり方ですねー)
でもどうせ手作りするなら!と、最近は自然素材のミツロウを使って作っています。
他にも自然素材でキャンドルの材料になるものはないかなー?と調べていて
めぐり合ったのがソイワックス。
大豆からできている植物性ワックスで、ソイワックスから作ったキャンドルは、
煤が出にくく、空気もきれいなまま楽しめるそう。
また、水溶性なので燃え残りも簡単に洗い流せ、
自然界での生分解性が高く環境に優しいという特徴があるワックス。
「すごいなー、使ってみたいなー」
そんなことを思っているとき、ソイワックスやミツロウでキャンドルを作られている
My Treatさんという作家さんに出会うきっかけがありました。
お話をしながら、さらに教えていただいたこと。
本当のアロマキャンドルというのは、
ミツロウやソイワックスなど、天然のロウ100%に
精油を加えたものがアロマキャンドルということ。
それまでアロマキャンドルというのは
香りがするキャンドルだと思っていた私は目からウロコ。
ミツロウやソイワックスで作ったアロマキャンドルは、
炎がゆらゆらと柔らかくって、本当にホッとします。
My Treatさんにお願いして、今年のクリスマスはシエスタオリジナルの
本物のアロマキャンドルを3種類作ってもらうことができましたー!
どれもスゴク素敵な仕上がり★
順番にご紹介していきますね!
ラズベリーのキャンドル
ひとつめは、ケーキのようなラズベリーがのったキャンドル。
美味しそうだけど、食べちゃだめですよー(笑)
ラズベリーもミツロウで出来ているんです。
気持ちを明るく前向きにしてくれるローズウッド、
ココロのバランスを整えてくれるローズゼラニウムを中心に柑橘系もプラスした香り。
気持ちを元気に、そして素敵な笑顔を作ってくれるキャンドルです。
grace
ふたつ目は、オトナの女性のためのキャンドル。
見た目はシンプルだけど、香りはとっても華やか。
「花の中の花」と言われるイランイランをメインに香り付け。
甘くロマンティックなひと時を届けてくれるキャンドルです。
flower
最後が、ペッパーベリーやププレリウムなどをプラスしたナチュラルな印象のキャンドル。
ラベンダーやローズゼラニウムなどやさしいお花の香りと、
柑橘の香りがココロをホッとさせてくれるキャンドルです。
フラワー
そして…このキャンドルの嬉しいところは。
中のソイワックスが燃えきってしまった後も、
外側の部分をキャンドルホルダーとしてお使いいただけるのです♪
昨日ご紹介させていただいたクリスマス石鹸と、このキャンドルをセットにして、
ギフトをつくりました。
どのキャンドルがみなさんのお好みなのか…ちょっとドキドキしています。
2008 Savon de Siestaのクリスマスギフトの販売開始は、27日18時からです。
* * * * * * * * * * * *
スタッフブログでクリスマス限定のクリームについてご紹介しています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)