お酒と柚子の石鹸。

「12月ってこんなに積もったっけ?」と挨拶代わりにかわす言葉。
今年は10年ぶりの12月の大雪らしいのです。
いつも車を停めている駐車場には1週間以上停めている車が、
毎日、雪が積み重なり、「車、大丈夫?!」とドキドキしています。

来週22日は冬至。
1年で最も昼間の時間が短かく、夜が長くなる日。
冬至に柚子湯に入る方もきっと多いと思うのですが、
この日に柚子湯に入ると『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあるそう。

言い伝えだけではなく、実は科学的にも証明されていて、
柚子の皮に含まれる精油成分は、血行を促進させる働きがあって、
お風呂に入れると身体を芯からポカポカと温めてくれるそうなんです。
新陳代謝も活発になるので、疲れや痛みもとれ、冷え性にも効果があるとか。

柚子湯は、日ごとに厳しくなっていく寒さに備えるために昔から伝わる知恵なんですねー。
昔の人ってすごいなぁとしみじみしてしまいます。

来週18日(火)(1日早い発売日に変更になりました)から発売開始す柚子シリーズ。
今年も札幌の酒蔵の日本酒を配合した「お酒と柚子の石鹸」はじめ、
柚子の香りのバスソルトや、クリーム、そして化粧水を作りました。

今日は柚子の石鹸をご紹介したいと思います。
爽やかな柚子の香りに、サンダルウッドやヒノキを足して少し和の雰囲気も感じさせる香りに仕上げました。

サンダルウッドは日本語では白檀と呼ばれる精油。
甘いオリエンタルな香りの精油で、世界中に愛好者が多いのも納得の良い香り。
柚子精油とあわせると、本当に素晴らしい香りのブレンドになるんです。
またサンダルウッドは、肌を柔らかくしてアンチエイジングの効果があると言われていて、
お肌をつややかに保つお手伝いをしてくれます。

さらにお肌をきれいにする素材として、札幌の蔵元の地酒を加えています。

日本酒を作る時の仕込は、昔は杜氏さんの手によって行われていました。
その杜氏の手は、つるつるで美しかったのはよく知られていることです。
日本酒の中に含まれている発酵成分が美肌の秘密。

お肌もしっとりさせてくれるし、
冬至だけでなく、お正月らしいおめでたい雰囲気も漂う石鹸へと仕上がりました。

********************************
12月17日、HBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」に出演します。
生放送なのでドキドキしますが、もしよろしければ聞いてください。
10時7分~15分くらいの出演です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)