こっくり×艶肌・豆乳アズキの石鹸

140829-soap01.jpg
《特集・9月におすすめしたい石鹸たち》
1回目:季節の変わり目に・ラベンダー石鹸(8/29)
2回目:こっくり×艶肌・豆乳アズキの石鹸
3回目:シエスタの万能クリーム・カレンデュラのクリーム
==============================

数回に分けてご紹介している9月におすすめのシエスタのスキンケアアイテム。
2回目の今日は、豆乳アズキの石鹸をご紹介したいと思います。
シエスタで一番人気の石鹸は、十勝のアズキを使った「アズキの石鹸」。
毛穴の汚れも落としてくれて、つるつるに洗いあがるタイプで、
最初はみなさん「アズキ?」とびっくりされるのですが、
一度使っていただくと、リピーターになってくださる方がたくさん。
ただ、時々こんなお声もいただいていたのです。
「夏はいいんだけど、秋冬になるとちょっと物足りないのよね…」
乾燥の厳しい季節になると、やっぱりみなさんもう少し保湿力がほしいのです。
そんなお声からできたのが豆乳アズキの石鹸。

アズキの中には、『サポニン』という洗浄成分が含まれています。
昔の女性は、アズキの粉末を絹の袋に入れて洗顔に使っており、
日本に昔から伝わる美肌の素材。
古い角質や毛穴の汚れを無理なく取り除き、透明感のある若々しい肌を保ちます。
豆乳アズキの石鹸のアズキは、十勝でオーガニック栽培されたものを、
一旦ゆでて細かな乾燥粉末にしていただいたものを使用しています。
ここまでは、「アズキの石鹸」と一緒の特徴。
「豆乳アズキの石鹸」はここにふたつの保湿成分を配合していきます。
ひとつめは、シアバターをたっぷりとプラス。
「ウィメンズゴールド(女性の宝)」とも呼ばれるシアバターは、
西アフリカ・ブルキナファソ地域にのみ自生する木。
この木の実から採れたものがシアバターとなります。
肌や髪が必要とする脂肪分やビタミン類などの成分に富み、
直接肌にクリームとして塗ることもできる美容成分。
石鹸に配合すると、リッチでクリーミーな泡立ちになり、肌が喜ぶ洗い上がりに。
秋冬の素材としては、かかせず、シエスタの秋冬の石鹸にはほぼ配合されています!
豆太さん
もうひとつは、豆乳。
保湿力を高める「大豆イソフラボン」をはじめ、レシチンやビタミン類などが豊富な成分。
手稲の伏流水と、十勝の大豆から製品作りをしている豆太さんの新鮮な豆乳を使っています。
アズキ×豆乳×シアバター。
3つの成分で、汚れも落としてしっかり保湿のつるつる艶肌を実現。
作った当初は、秋冬の限定石鹸としてご紹介していたのですが、
やはりお客様からのリクエストが多くて、その後、定番石鹸に。
アズキしか使ったことがなかった…そういう方は、ぜひ一度お試しくださいね。
Savon de Siestaサイト:豆乳アズキ石鹸
Siesta Labo.サイト:豆乳アズキ石鹸
次回は、スキンクリームをご紹介します!!
=======================
・スタッフブログも更新「sippo's samplingさんの展示が始まっています
・~9/1 実店舗では、「Jewelry in landscape-ジュエリーのある景色-」を開催中です
sippo's samplingさんのジュエリーをご紹介しています。
・~8/31 ハンズメッセに参加しています。
端っこ石鹸・石鹸のつかみ取り…うれしいお得がいっぱい♪
・9月、10月の予定をこちらにまとめました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)