【sasakihitomiジュエリー展】ヘアアレンジにおすすめ!色とりどりのスカーフ

こんにちは。お店スタッフあらきです。
2月14日(水)から始まりました企画展「sasakihitomi exhibition 春きざす」は、
2週目の展示になり、26日(月)まで残すところあと数日となりました。

今回の展示も、昨年に引き続き、初日、2日目と作家のsasakihitomiさんが在店してくださいました。

sasakiさんにお会いするたびに、にこやかで可愛らしく、
ふんわりとした雰囲気を纏いつつ、
時にピリッと甘さの中にもスパイスが効いたような表情の時もあり、
作品のイメージ通りの方だな~と思ってしまいます。

そして、スカーフを使った素敵なヘアアレンジ。
いつも、ついつい見とれてしまします。

スカーフはsasakiさんデザインのオリジナルなのですが、
「真似してみたい!」と思ってしまいますよね?

sasakiさんにアレンジのコツをお聞きすると、
「意外と簡単で、巻く太さや巻き方は適当で良いんですよ~」とのこと。
スタッフも色々とアレンジを試してみました。

sasakiさんと同じ巻き方でスカーフを棒状にたたんで、
頭の上からくるっと一周させて、再び頭の上でねじりながら結んだアレンジです。
太さを変えるとイメージが変わりますよね。

こちらは、新柄「いちごりす」で正方形ではなく長方形のロングタイプです。
同じ巻き方なのですが、こちらは長さがあるので結ばずにクルクルとねじ込んでいます。
スタッフの間では「アラジン巻き」と呼んでいます。

他にも三つ編みに巻き込みをしたり、結んだスカーフの先を肩の方へ流したり・・・

そして、これは簡単だなぁと思ったのは、こちら。

三角巾を巻くように頭にあてて、ヘアゴムで髪の毛と一緒に縛るだけ。
スカーフの端が長めに出るので、ゴムの周りを隠すように一結びです。

スカーフの素材は「コットン」「シルク」「厚手シルク」の3種類ありますが、
ヘアアレンジにはハリ感のあるコットン素材がおすすめです。

みなさま、参考になりましたでしょうか?

スカーフは全部で12種類の柄があるのですが、
全ての柄はブログでは紹介しきれないので、新柄の2種類をご紹介しますね。

左の写真が「青い庭」で素材は「シルクコットン」のみ。
コットン100%よりも肌触りが柔らかく、シルクよりもハリがあるので、
首にひと巻きで様になります。

右の写真がヘアアレンジにも使用した「いちごりす」。
素材は「コットン」になります。食いしん坊のりすのエプロン姿が
とっても可愛らしいですよね。

どちらも今までになかった長方形のロングタイプです。
「正方形だとアレンジが難しい」といったお客様の声から誕生したそうですよ。
確かに、肩にかけたり、首にひと巻きで簡単に装いのアクセントになるので、
1枚あると出番が多くなりそうです♪

紹介しきれなかった他の柄は、ぜひお店に来て見てみてくださいね。
広げて全体を見ると、色々な物語を想像できて楽しいですよ。
アレンジも詳しくはスタッフまでお聞きくださいね。

みなさまのお越しをお待ちしております!

スカーフについての昨年のブログも、もしよければご覧くださいね。

—————————-

2018年2月の企画展「sasakihitomi exhibition 春きざす」

*展示の様子をブログでご紹介しています。一覧はこちらから。

会期:2018年2月14日(水)-2月26日(月)※2月20日は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)