【企画展】夏至のひかり、はじまりました。

今日から6月26日までの2週間、
直営店では二人の素敵な作り手の展示がはじまりました。
店内は、とても美しい景色。

ガラスの素敵な作品を作るROUSSEAU(ルソー)さんと、
nuriさんの繊細なアロマキャンドルが並びました。
お店に入るとふわりとアロマの香りが広がり、心ときめきます。

1点1点、丁寧に色づけして作られるnuriさんのキャンドル。
今回は新作の形や絵柄が並んでいます。

新作のコトリ。
ひとつずつ風合いが異なるので、「かわいい…どれにしよう」とみなさん、じっくりご覧になっていました。

ぜひ製作をしてください!とお願いしたのが、ワックスブーケ。
エッセンシャルオイルで香り付けされたワックスの土台に、
花々が添えられています。
実物はそれはそれは美しいのです。

後半週の6/21-26は、スペシャルなキャンドルをオーダーいただくことができます。
ホロスコープの知識も深いnuriさん。
星座には、それぞれ対応する植物(精油)があるのですが、
nuriさんがブレンドされたお好みの星座の香りを、
お好きな模様のキャンドルにお付けするキャンドルのオーダーを承ります。
(お渡しは7月中旬になります)

nuriさんは、17,18日は在店もしてくださいます。
(ワークショップはすべて満席になっています)
お話できる機会ですので、ぜひお立ち寄りください。

そして…ROUSSEAUさんのガラスのハコ。

「テラリウム」という言葉をご存知ですか?

陸上の植物等をガラス容器などで飼育・栽培する技術で、
19世紀にイギリス・ロンドンで発明されました。
国から国へ多くの植物を運び必要があったこの時代、
テラリウムは画期的な発明でした。
ゴムやコショウはじめ、船に乗り多くの植物がテラリウムを使い、
運ばれたその時代を思い描くと、ワクワクします。

今回は、実際に植物が植えられたテラリウムのほか、「ガラスのハコ」の作品が並んでいます。

植物、鉱物、化石、大切ななにか…
どう使うかは、手にした人の想いのままに。
美しいガラスの箱に、大きな自由を感じるROUSSEAUさんの作品。
札幌では、はじめてのご紹介となります。

今回、ROUSSEAUさんは都合があわず、札幌にはお越しになりませんが、
それぞれの作品についての文章をいただいています。
私たちシエスタスタッフから、伝えさせていただけたらと思っています。

6月の美しいひかりの中の2週間の展示。
お待ちしております。

夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU
日時:6月14日-6月26日(6月20日は定休日)

【紹介ブログ】
夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU(6/14-6/26)
夏至のひかり、はじまりました。
ROUSSEAUさんとの出会い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です