【muku展】冬でもあたたかなリネンの服

実店舗でのmuku展もあと残り3日となりました。
2週間の会期はあっという間です!!

リネンのお洋服というと、もしかすると夏のイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。
でも、しっかりと織られたリネン生地は、冬でもとっても温かいんです。
リトアニアは、冬は氷点下5度以下になる気候。
北海道ととても似ていると思いませんか?
そんな国で作られるリネンのお洋服は、雪の季節でも気心地よく過ごせます。

私も自分用のお洋服をオーダーしたいと思いつつ…どれにしようか迷っています。
今回の秋冬のコレクションで、お客様から人気のアイテムを見ていると、とても参考になったので、ブログでもご紹介したいと思います!

今期、一番人気があるのが、パッチスカート。
ふんわりとしたシルエットがとても素敵。

mukuの服は、サンプルをご用意してお好きな形と生地を選んでいただくオーダー形式です。
切り替えがはっきりとわかるストライプも素敵ですが、ブラックやネイビーの生地をお選びいただいても活躍しそうです。

パッチスカートは、トップスとあわせて
セットアップで来て頂くのもかわいいのです。
おすすめのトップスは、サイドにギャザーの寄せられた「ギャザートップス」。
雰囲気ががらりと変わりますよね。
このセットをお選びくださる方もとっても多いです。

パンツは、お休みの日だけではなく、仕事にも着ていける!と、少し細身の『紐付きパンツ』が人気です♪
フラットシューズも、ヒールもどちらもバランスよく合わせられそう。

『ポケットパンツ』を、スタッフの私物のお洋服と合わせてみました。
すんなりと馴染むのもとっても嬉しい。

 

ワンピースは、ギャザードレスとシャツドレスが人気のアイテム。
ギャザーワンピースは、重ね着も楽しめるデザインです。

企画展「muku 秋のはじまりに」は、9月4日までの会期です。
そのほかのお洋服をご紹介したブログもぜひご覧になってくださいね。
▼ 関連ブログはこちらから。


【愛用コラム】シュクレの香りに癒されます

お砂糖でできたマッサージ&スクラブ「シュクレ」。
シエスタでは、季節の限定商品の一つとして、年に数回販売しています。

その季節ごとに合わせた香りや成分で、使い心地もそれぞれ違い、
パッケージにもこだわっています。

愛用者のお声をご紹介したいと思った時に
一番に思いついたのが、元・スタッフで、
現在はシエスタサポーター、かみお。

5年以上愛用している彼女に、
シュクレの使い心地や、お気に入りの点を教えてもらいました。

●シュクレを使うことになったきっかけは?

今から6年ほど前、シエスタで働いているときに、
スタッフにサンプルを貰ったのがきっかけです。
「お砂糖のスキンケア?」と最初はピンときませんでしたが、
洗顔後に、顔に使ってみました。

そしたら、びっくり!

こんなにも、肌がしっとりして、ベタベタしないなんて。
シュクレを洗い流して、タオルで拭いたあとの肌の質感が
今までと全然違いました。

もともと肌が弱いので、お化粧を落とすクレンジングが
肌にダメージを与えていそうで抵抗がありました。
シュクレを使うことで、肌がふんわり柔らかくなり、
クレンジングによる肌へのダメージが軽くなる気がしました。
そう感じてからは、手放せないアイテムです!

※※当時かみおが使ったシュクレは、「アビサル・ジャパン」さんの商品でした。かみお同様、愛用する社内スタッフも増えたので、「自社のオリジナルのシュクレが欲しい!」と今では、シエスタ独自の配合で作っていただいています。

●シュクレの気に入っている点は?

香りの濃度がちょうどいいんです。
同じ香りでも、石鹸では苦手に感じても、シュクレでは違った香りに感じることがあります。
濡れた顔につけてマッサージしていくと、最初に香るトップノートから、
だんだんと香りが変わっていく、その変化も楽しんでいます。
シエスタのシュクレは、いくつかの精油をブレンドしているので、
色々な香りの変化があるのだと思います。

そして、シエスタのシュクレは、毎回違う香りのブレンドで、
同じ香りがまた販売されるかわからないドキドキ感もあります。
もしかしたら二度と出会えないかも、、と思うともう一つ欲しくなってしまいます。
新作が出ると、これはどんな香りだろう?というワクワクします。

過去の限定シュクレでお気に入りは
「プリマヴェーラ」「グレープフルーツとジュニパー」の香りでした。
また販売されるのを熱望しておりますっ!!

▼2014.08.11 のブログで、かみお、アツく語っております!
シュクレ使ってみました!
※上記ブログ内のシュクレは2014年8月限定商品のため、現在は販売しておりません。

●「かみお流」の使い方を教えてください。

「洗顔のあと、濡れたお顔にのせてマッサージ、またはパックをして、洗い流す」
これがシュクレの基本的な使い方ですよね。

私は、その使い方は守りつつ、季節によって肌の状態をみながら、
シュクレを使った後のケアを変えています。

基本的には「夜」の洗顔後に、週3回ほど使用しますが、
猛暑が続き、肌のべたつきが気になるときは、
「朝」の洗顔後に使用します。
シュクレを使うことで肌が潤うので、化粧水のみで
乳液は使いません。こうすることで、日中の肌のべたつきが軽減されたと思います。
化粧ノリもよく、崩れにくく感じました。

●顔以外にどんなところに使っていますか?

かかとケア、デコルテ、肩こりのマッサージなど、お風呂で使っています。
体を洗った後に湯船に入りながらのデコルテ周りのマッサージは、
シュクレの香りも感じながら、体も気持ちもリラックスして、とても気持ち良いのでおすすめです!

注意点は、シュクレは水分や湿気で溶けたり、固まりやすいので、
普段も保管時は水平に置き、蓋もしっかりと閉めます。

お風呂で使うときは、スプーンでお皿に小分けして
使ってみてくださいね。

————————

以上、ここでインタビューは終了予定でしたが、、
かみおは、「洗髪」にシュクレを使うことに
最近ハマっているとのこと。

私たちスタッフも興味津々!
もっと詳しく、「洗髪」+「シュクレ」の話を聞いてみました。
ぜひあわせてご覧ください♪

愛用コラム「シュクレで美髪ケア」

シュクレのオンラインショップページはこちら
※季節によって販売がない場合もございます。


【限定商品】ローズウッドとゼラニウムのシュクレ(ウェブショップ:9/5・21時~,直営店9/6より販売開始)

9月5日21時から発売の9月の限定シリーズでは、
保湿効果も兼ねそなえた『シュガースクラブ&マッサージ シュクレ』もご用意しました。

秋は空気が乾き始め、乾燥が気になり始める季節。
早め早めに、シュクレで保湿ケアをしていただけると気持ちよく過ごしていただけます。
今年に入り、約3倍の大きさのものも作り始め、とってもご好評頂いています♪

シュクレは中をあけると一粒ずつ植物オイルでコーティングされたお砂糖が入っています。お顔だと小さじ1/3くらいを取り、濡れた肌にのせて溶かしながらマッサージ、最後にさっと洗い流すだけで、古い角質が取れお肌がすべすべ。そして植物オイルが潤いを、お砂糖が肌を柔らかくしてくれる嬉しいアイテムです。

ふわりとローズウッドとゼラニウムの香りも広がり、スキンケアをするひとときががリラックスタイムに。

私たちシエスタスタッフにも愛用者が多いシュクレですが、今回、元スタッフで今はシエスタサポーターとして助けてくれているカミオさんに、話を聞きました。

▼【愛用コラム】シュクレの香りに癒されます

カミオさんは、顔だけではなく、デコルテやヘアケアにも使っています。
話を聞きつつ、私もヘアケアを試してみたくなりました!!
ぜひ参考にしてくださいね。

シュクレを気持ちよく使っていただくためにコツがひとつあります。

これからの季節、お風呂で使う方も多いと思いますが、
お砂糖は水分が加わると固くなりやすいですよね。
シュクレも、容器の中に水が入ってしまうと溶けたり、固くなったり、使用感が変わってしまいます。
乾いた手やスプーンなどですくって、小皿にうつしてからお風呂に持ち込んでいただくと使用感が変わらず、最後まで楽しんでいただけます。
100gサイズには、専用のスプーンも付属してお届けします。

9月の限定シリーズは、塩や海藻など北海道の海の恵みを使った石鹸や、潤いたっぷりのクリームなどをご用意していました。
ウェブショップ:9/5 21時~、直営店やお取扱店:9/6~販売を開始します。

▼ 限定石鹸「塩と海藻の石鹸」はこちらで詳しくご紹介しています。


【暮らしのコラム】お気に入りの柄をご紹介♪

みなさん、こんにちは!
ウェブショップ担当のスズキです。

9月に入り、すっかり秋めいてきた札幌。慌てて長袖を引き出しから探し始めているところです。(前にもそんなことを書いた気がしますが…)そんな、長袖を発掘しているときや、夏ものを片付けようかと洋服の整理をしているときに、ふと気になったのが「面白い柄」の服が多いということ。最近は、無地で着回ししやすいシンプルな服が人気がありますが、どうも私はちょっとユーモアや個性のある柄を選んで買ってしまいます。今日は、その中からお気に入りの柄をご紹介していきます!

まずは、「眼鏡」柄のシャツ。このシャツを着ていると、特に眼鏡をかけている人からの反応があります。「あ!眼鏡だ!」「いいですね~それ」と眼鏡をかけている人には絶賛されますが、私は特に眼鏡をかけていません(笑)色とりどりの眼鏡はちゃんと形も違うんです!そこがたまりません!

続いて、夏らしい入道雲の半袖ワンピース。よく見ると、カモメも飛んでいます。柄的に(素材的にも)夏にしか着れないですが、それでもこのワンピースを着ると夏を感じて嬉しくなります。

ちょっとリアルだけど、どこかとぼけた感じが好きなカモメ柄のパンツ(写真左)。一見、柄が目立って他の服と合わせにくそうですが、トップスを無地にすると意外と合うので万能な一本。そして、「え?ピーマン?」と、よく聞かれるのがこのパプリカの刺繍が入ったパンツ(写真右)。野菜柄シリーズのパンツのうちのひとつなのですが、ピーマンじゃなくてパプリカというところがお気に入りです。ピーマンとパプリカどう違うのかというと、よくわかりませんが(笑)遠目に見ると水玉に見えるけど、近づいて見てみるとパプリカ。いいですね~。

これも夏らしい一枚なのですが、風鈴の刺繍が首周りに施されています。麻素材で、ゆったりシルエットのトップスなので、夏はとても重宝していますが、あまり風鈴に気づかれることはないです。。。

最後に、私が一番気に入っている柄をご紹介。そうです、くじら柄なんです!北欧風のテキスタイルだけど、よく見るとくじらで構成されていて、おおっ!と思って買ってしまいました。ちなみに、着てみるとこんな感じです。

くじらなんて!と思われるかもしれませんが、着てみるとそんなに派手じゃなく、カジュアル過ぎないところが気に入っています。

いかがでしたでしょうか。無地でシンプルな装いもとても素敵ですし私も憧れますが、時々こんな柄の服を選ぶと、いつもとは違った気持ちになれて楽しいですよ♪