【muku展】笑顔あふれるmukuの服。

ドーヴィレとミンドウガスというリトアニア人デザイナーによって作られるmukuのお洋服。
春夏のお洋服の受注会も、後半がはじまりました。

展示が始まったとき、東京出張だったので、
お洋服の全貌を見ることができず…
札幌に帰ってみるのを楽しみにしていました。

ハンガーにかかっているのを眺めるのと、
身に着けてみるのとで印象が全然違うと聞いていた今回のコレクション。
本当にそのとおりでした。
細部まで丁寧にデザインされた素晴らしいお洋服たち。

その中でも私のお気に入りをご紹介したいと思います。

胸元にスリットの入ったワンピース
シンプルなワンピースに見えますが…細かなこだわりが。

それがここ。
ウエストのデザインが、前はギャザー、後ろはプリーツになっているんです。
着るとそれが綺麗に際立ち、心奪われます。

受注会形式なので、お好きなサイズと生地からお選びいただき、お作りします。
このワンピースは、ポピーレッド・チェック・パターン柄、そして黒のストライプから選ぶことができます。

赤やチェックは、軽やかに。
黒のストライプは、小物を変えることで色々なシーンに活躍しそう。

そしてロングジャケット。
長めの丈のワンピースにどんな上着を合わせようか、迷ったことはありませんか?
夏でも夜になると肌寒い北国。
初夏~秋まで、長く着ていただけそう。

どの角度から見てもきれいなお洋服。

ワンピースとコート、どちらもお気に入りで、
試着してるだけで、ご機嫌な気分になってしまいます。
みなさんもお気軽にご試着くださいね。

毎シーズン人気のパンツは、すっきりとして見えるプリーツが特徴です。
同じ生地でセットアップのようにして着るのがお気に入り。

2018春夏コレクションのお洋服は、6月上旬のお渡しですが、
すぐにお渡しできる過去のアーカイブのお洋服も届いています。

———

2018年3月の企画展
「muku spring&summer collection -リトアニアのひかり-」

*展示の様子をブログでご紹介しています。一覧はこちらから。

会期:2018年3月14日(水)-3月26日(月)
※3月20日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

※ご予約後、リトアニアでお作りし、6月上旬のお渡しを予定しています。
※一部、すぐにお渡しできるお洋服もご用意しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です