【暮らしのコラム】ホットでミルクな日々

こんにちは。お店スタッフあらきです。
暦の上では春分が過ぎ、桜の開花宣言も始まり、季節は春ですね。

ところが、札幌は、日差しは春らしく感じるのですが、
気温は寒い日が続いています。
春分の日にお店の近くの大通公園に行ってみたら、まだまだ雪景色。
春まではもう一息です。

暖かい春を待ち遠しく思いながら、温かい飲み物で体を暖める日々。
コーヒー、紅茶、ハーブティー・・・お茶タイムに「何を飲もうかな?」
と考えるのは楽しいですよね。

色々ある中で、私が最近よく飲むのはホットミルクです。

もう何年も牛乳は飲んでいなかったのですが、友人からいただいた
「スパイス紅茶」がきっかけで、ホットミルクを楽しむ日々が始まりました。

「スパイス紅茶」は茶葉にジンジャー、シナモン、カルダモン、
ブラックペッパー、クローブ、ナツメグがブレンドされていて、
牛乳と一緒に温めれば簡単にチャイができてしまう優れもの。
作ってみたら、とても美味しくできました。

そして、チャイ以外にも、思いついたホットミルクのアレンジを
その日の気分によって、色々楽しんでみることにしました。

いちごジャムをスプーン一杯分入れるだけの「ホットイチゴミルク」に
おしるこが余ったので、「ホットミルクおしるこ」。
そして、Siesta Labo.のお隣「アトリエモリヒコ」で売っている、
ホットチョコレートバーを使った「ホットミルクチョコレート」

さらに、テレビの某番組で、ホットミルクでフワフワクリーミーな泡を作る方法を
紹介していたので、チャレンジしてみました。

方法は簡単で、温かい飲み物専用のオレンジ色の蓋のペットボトルに、
温めた牛乳を入れて、蓋をしっかり締め、
火傷しないようにタオルで巻いて、50回くらいシェイクします。
そして、そーっとカップに注ぐと完成!
フワフワの泡で、ちょっぴり気分が上がります。

この他にも、色々なアレンジを楽しんでいるのですが、味にハズレなし。
何でも受け止めてくれるホットミルクの懐の深さと言ったら!

ちなみに、ちょっと豆知識。
冬に飲む牛乳(成分無調整)は、夏に比べると、
味にコクや濃さがあることをご存知でしたか?

牛は夏が苦手で、えさを食べる量が減り、水を飲む量が増える為、
脂肪が低下して、さらっと軽い口当たりの牛乳になるのに対して、
冬は寒さに耐える為、えさをしっかり食べて脂肪を蓄えるので、
濃厚でコクのある牛乳になるそうです。
牛乳にも旬があるんですね~。

私のホットでミルクな日々は、もうしばらく続きそうです。


【muku展】春を感じる洋服と雑貨たち(3/26まで)

こんにちは さかいです。

先日まで、新宿伊勢丹の北海道展に出展しておりました。
足をお運びくださったみなさま、ありがとうございます!!
後半3日間の在店でしたが、お声がけいただきとてもうれしかったです。

ミモザや早咲きの桜もちらほら咲いており、ひと足お先に春を感じてきました。
今日の札幌は、暖かい日差しを感じ北国にも春が近づいています。

直営店シエスタラボでは、
3月26日(月)まで、 mukuの洋服・リトアニアのクラフトのご紹介をしております。

今期のシリーズはオーダー後、6月上旬のお渡しとなりますが
こちらは、過去のコレクション。
すぐにお渡しできるシリーズです。

2017春夏コレクションから
ノースリーブドレスや、ブラックのドレス(こちらは同じ生地のベルト付き)

2016秋冬コレクションから
ココア色のストライプのパンツ


※上記写真右側が実際のお色に近いです

サイズが限られてしまいますが、ぴったりなものがありましたら
ぜひご試着いただきたいアイテムです!!

そしてクラフト。
ホーンボタンにゴムを通して、ヘアゴムにしてみました。
とてもお気に入りです!

以前からLT SHOPの松田さんが在店時に着けていて
密かに いいな~と思っていたもの。
今回まねっこしちゃいました。

水牛の角から作られたこのボタン、ひとつひとつ色味が違うのです。
ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

もうひとつ気になるものは・・・
HOT SPOON!

ペパーミント入りの飴状になっているもの。
そのまま熱いお湯に入れて、2分くらいおいてかき混ぜてください。
ペパーミントティーの出来上がりです。
ミント好きとしては、見逃せない一品です!(笑)

オーナメントは、木にぶら下げてもよいかも、とお客様に言われて早速飾ってみました!
すると壁に影が映って素敵な雰囲気に!
ぶら下げても、置いても可愛いアイテムです。

春になってコートは薄くなっても、まだまだ首元にはストールが欲しいですね。
グルグルと巻いても、羽織っても万能なmukuのストール。

パッと周りが明るくなるポピーレッドのワンピースやスカートは、実際に着てみると馴染みやすい、落ち着いた赤色です。

「muku spring&summer collection リトアニアのひかり 」は3月26日(月)まで。
この週末もお天気が良さそうです!
お出かけがてら、春を感じにいらしてくださいね。

———

2018年3月の企画展
「muku spring&summer collection -リトアニアのひかり-」

*展示の様子をブログでご紹介しています。一覧はこちらから。

会期:2018年3月14日(水)-3月26日(月)
※3月20日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

※ご予約後、リトアニアでお作りし、6月上旬のお渡しを予定しています。
※一部、すぐにお渡しできるお洋服もご用意しています。


【特集】SPF、PAってどれぐらいの値のものがいいの?

これからの季節気になる紫外線との付き合い方。
連載で紫外線のこと、対策方法の事をご紹介しています。

今日はUVケアアイテムを買おうとするとき、
きっと選ぶ指針にしている方も多いと思うSPFやPAの事をご紹介したいと思います。

値の意味することを知ると、ほほぅ!と納得!!
紫外線を防いで、白いお肌をキープしましょうね!

▶もくじ
第1回.紫外線の正体を正しく知りましょう!
第2回.紫外線をブロックする散乱剤と吸収剤
第3回.シエスタの「SUN PROTECT LOTION」の紫外線防止メカニズム
第4回.SPF、PAってどれぐらいの値のものがいいの?
第5回.紫外線からお肌を守って「光老化」を防ぐ

—————-

UVケア用品を選ぶとき、みなさんが目安にされるのが「SPF20」のように記載されている値ではないでしょうか?

「サンプロテクトローション」を開発するまで、私もこの数字を目安にお買い物をしていました。ただし、その意味が分かっていたかというと…決してそうではありませんでした。

そういう方も多いのでは?と今回、改めてご紹介したいと思います。

紫外線には黒くなるUV-B波と、
しわやシミの原因となるUB-A波があると第1回でご紹介しました。

SPF値は、どれくらいUV-B波からお肌を守ってくれるかの値になります。

例えば何も塗っていない素肌の状態で30分で日焼けをする人が、
SPF20の商品を塗ると何が起きるのか…

実は日焼けするスピードを20倍遅くしてくれるという意味なのです。
塗ることにより、「30分×20倍=600分(10時間)」日焼けをするのを防いでくれます。

日焼けするスピードには個人差があり、例えば20分で日焼けをする人だったら400分(6.6時間)のように、異なってきます。
多くの日本人の場合は、日焼けするまで15分~30分ほどと言われています。

昔、SPF100の日焼け止めを買ったことがありました。
今考えると、50時間分の効果がある日焼け止め…。
実際に使って、肌のダメージも大きかったですし、
きちんとした知識を知っていれば良かったと後悔しています。

SPFが高いUVケア用品には、
肌負担の高い紫外線吸収剤が含まれていることもあるので、
お肌の弱い方は注意が必要です。
(紫外線吸収剤については第2回をご覧下さい)

スキー場や山岳地帯など紫外線が強力な場所、
海や運動会など長時間、屋外にいるとき以外は、
SPF20程度でもしっかりと紫外線を防いでくれます。

———————

次に気になるのが、PA値。
PA値は、しわやシミの原因となるUV-A波から肌を守る強さになります。

女性のお肌の大敵UV-A波は、夏だけでなく冬も日差しの強い晴れた日には多く地表に届いています。
UV-A波からお肌を守ることは、10年20年先のお肌を守る事。

PA+ → 防止効果がある
PA++ → 防止効果がかなりある
PA+++ → 防止効果が非常にある

SPFと同じで、値が高くなると肌負担も大きくなるので、PA++位が日常生活にはおススメです。
ついついSPF値に目が行きがちですが、
きちんとPA表記のあるものを選んでくださいね。

日焼け止めを選ぶコツは、
どんなシーンで使いたいのかをはっきりとさせておくと選びやすいです。
下にシーン別のおすすめのSPF/PA値を載せています。

SAVON de SIESTAのサンプロテクトローションも、毎日使っていただけるよう、「SPF17相当/PA++相当」と肌負担を抑えた仕様になっています。
▼お買い求めはこちら。

また日焼けどめで何を選ぶかも大切ですが、
汗や皮脂で流れてしまいやすいので、何を使うにしてもこまめな塗り直しと、
日傘や帽子と併用することで、紫外線から肌を守ることができます♪

次は、肌老化の原因となる「光老化」についてご紹介したいと思います。

◆UVフェア(直営店・WEBショップ)◆
*UVローション1本ご購入につきプチ石鹸(非売品)1個プレゼント
4/4(WEBショップは21:00スタート)~4/30
*石鹸がなくなり次第終了となります

スタッフによるUVローションコラムも是非ご参考に!
【定番アイテムご紹介コラム -SUN PROTECT LOTION編-】
ラクチンお手入れ~紫外線対策どうしてますか?(2018/3/2)
毎日つけたいUVローション♪(2018/3/15)
私にもできた!こまめなUVケア(2018/3/29)


【sasakihitomi】ジュエリーのウェブ受注会を行います!!

直営店シエスタラボで2月に素敵な個展を開いてくださったsasakihitomiさん。
植物や動物をかたどったジュエリーを前に、みなさんが楽しそうにご覧下さったのが、とても嬉しかったです。

素敵なジュエリーを、遠方の方にもお手にとっていただけたらと、
sasakiさんとご相談して、ウェブショップでもご紹介できることになりましたっ!!
ご注文いただいてから製作に入り、5月中旬にお届けする受注会形式となります。

◆sasakihitomi ジュエリー・スカーフ受注会(ウェブショップ)
2018年3月22日(木)21時~3月31日(土)まで

ご用意したのは、2月の個展で人気のあった4つのジュエリーとスカーフ。

まるで絵画のように美しく描かれたクローバー。
耳元でゆらゆらと揺れる姿は、印象的。
左右のデザインが異なるアシンメトリーな耳飾りは、
ピアスとイヤリングをご用意しました。

空から羽根が舞い降りるようなやわらかさを感じる耳飾り。
添えられたパールが、素敵なアクセントになっています。
普段使いにも、少しフォーマルな場面にも活躍する作品です。

sasakiさんらしい個性あふれる小枝の耳飾り。
つけるとすっと馴染むから不思議。
展示でもとても人気のある作品でした。

新作のハナミズキのブローチ。
大きさがありますが、繊細なつくりなので軽く、
シャツやニットなど胸元に華を添えてくれます。
つけやすさを考え、ピンブローチタイプで仕立てていただきました。

スタッフおすすめのスカーフ「青い庭」をご紹介しています。
大人の女性でも合わせやすい柄です♪

大学時代油絵を専攻し、
その後イギリスとベルギーでジュエリー作りを学び、独立されたsasakiさん。
どこか異国の絵本のような世界を感じるのは、そんなバックグラウンドがあるからかもしれません。
sasakiさんの世界をぜひ楽しんでくださいね。

ウェブショップでの受付は3月31日(土)までとなっております。

↓お買い物はこちら↓


sasakihitomiプロフィール

1980年 広島に生まれる。
2002年 広島市立大学 芸術学部 油絵科を卒業。
2003年 イギリス サリーインスティテュート ファンデーションコースに通う
2007年 HRD Awards 2007 (アントワープダイヤモンド 国際コンペ)でファイナリスト受賞。
2008年 ベルギー アントワープ王立芸術アカデミー ジュエリー科でBA取得後、帰国。
2015年よりシエスタラボで数度にわたり個展を開催いただいています。

2018年個展の様子は、こちらからご覧ください。


【muku展】笑顔あふれるmukuの服。

ドーヴィレとミンドウガスというリトアニア人デザイナーによって作られるmukuのお洋服。
春夏のお洋服の受注会も、後半がはじまりました。

展示が始まったとき、東京出張だったので、
お洋服の全貌を見ることができず…
札幌に帰ってみるのを楽しみにしていました。

ハンガーにかかっているのを眺めるのと、
身に着けてみるのとで印象が全然違うと聞いていた今回のコレクション。
本当にそのとおりでした。
細部まで丁寧にデザインされた素晴らしいお洋服たち。

その中でも私のお気に入りをご紹介したいと思います。

胸元にスリットの入ったワンピース
シンプルなワンピースに見えますが…細かなこだわりが。

それがここ。
ウエストのデザインが、前はギャザー、後ろはプリーツになっているんです。
着るとそれが綺麗に際立ち、心奪われます。

受注会形式なので、お好きなサイズと生地からお選びいただき、お作りします。
このワンピースは、ポピーレッド・チェック・パターン柄、そして黒のストライプから選ぶことができます。

赤やチェックは、軽やかに。
黒のストライプは、小物を変えることで色々なシーンに活躍しそう。

そしてロングジャケット。
長めの丈のワンピースにどんな上着を合わせようか、迷ったことはありませんか?
夏でも夜になると肌寒い北国。
初夏~秋まで、長く着ていただけそう。

どの角度から見てもきれいなお洋服。

ワンピースとコート、どちらもお気に入りで、
試着してるだけで、ご機嫌な気分になってしまいます。
みなさんもお気軽にご試着くださいね。

毎シーズン人気のパンツは、すっきりとして見えるプリーツが特徴です。
同じ生地でセットアップのようにして着るのがお気に入り。

2018春夏コレクションのお洋服は、6月上旬のお渡しですが、
すぐにお渡しできる過去のアーカイブのお洋服も届いています。

———

2018年3月の企画展
「muku spring&summer collection -リトアニアのひかり-」

*展示の様子をブログでご紹介しています。一覧はこちらから。

会期:2018年3月14日(水)-3月26日(月)
※3月20日(火)は定休日
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182)
営業時間:11:00-19:00

※ご予約後、リトアニアでお作りし、6月上旬のお渡しを予定しています。
※一部、すぐにお渡しできるお洋服もご用意しています。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 570