工房に花が咲きました。

space1-15から、今のお店に工房を移して4ヶ月。
石鹸は環境の変化を受けやすいので、慣れるまで時間がかかりましたが、
製造もやっと軌道にのってきました。

そんな工房での日々ですが、先日素敵な出来事がありました。
点と線模様製作所の岡理恵子さんが、
壁に模様を描いてくださったのです!

150118-oka02

定休日の10時頃、お店にいらしてくださった岡さんが、
その場で提案してくださった模様。
私たちの石鹸で使う素材をモチーフにしていただきました。
下絵の段階から、もうワクワク!!

150118-oka03

使うインクは今回は北海道ココロカラー
北海道の自然に育まれた動植物や風景から作られた色。
きれいな24色が揃っています。

150118-oka04

150118-oka05

最初のひと筆は、見ていた私も緊張。
あっという間にハマナスの葉が描かれていきます。

150118-oka06

ブルーグリーンで描かれた葉の中に、鮮やかな色味が加わると、
嬉しくなるくらい華やかな雰囲気に。
カモミール、ラベンダー、クローバーが咲いていきます。

150118-oka07

最後に描いてくださったのは山葡萄。
最初から最後まで途切れない集中力で描いてくださったのは岡さんには、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

150118-oka01

翌日の工房の風景。
工房は、衛生管理に気を配るため、どうしても無機質な空間になってしまっていたのですが、岡さんの絵が加わったことで、温かみのある場所へと変身しました。
あぁ、本当に嬉しい。

レジ横の窓からご覧いただけますので、
お店にいらしたときは、ぐぐっと近寄ってご覧ください。

いつかこの壁画のパッケージで包まれた石鹸が作れたら…
幸せな気持ちになるような石鹸が作れそうな気がします。
また新しい夢ができました。

岡さんのブログでも、様子をご紹介いただいています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)