【特集】シエスタの「SUN PROTECT LOTION」の紫外線防止メカニズム

だんだんと春に向かい、
そろそろ紫外線からのケアに気を配りたい季節。
SAVON de SIESTAでもUVケアアイテムをご用意しています。

改めてUVケアの大切さをみなさんにお伝えしたい!と
今月は、定番コラムでは「SUN PROTECT LOTION」の事をお伝えしつつ、
正しいUVケアに関する特集をご紹介したいと思います!

紫外線を防いで、白いお肌をキープしましょうね!

▶もくじ
第1回.紫外線の正体を正しく知りましょう!
第2回.紫外線をブロックする散乱剤と吸収剤
第3回.シエスタの「SUN PROTECT LOTION」の紫外線防止メカニズム
第4回.SPF、PAってどれぐらいの値のものがいいの?
第5回.紫外線からお肌を守って「光老化」を防ぐ

実はこの特集、2016年に発売したときにスタートしたものなのですが、
その後、途中で止まってしまっており(本当にすみません!!)、
改めて第3回からスタートしたいと思います。
1回、2回目もぜひご覧になってください。

——————

第3回.シエスタの「SUN PROTECT LOTION」の紫外線防止メカニズム

2016年に発売した「SUN PROTECT LOTION」は、たくさんの方にご愛用いただいています。本当にありがとうございます!!

従来の日焼け止めと大きく違うのは、さらりとした透明なジェル状だということ。
日焼け止めは「白いもの」が多い中、
この透明感がシエスタのこだわりなのです。

特集第2回で、紫外線を防止する成分には、
紫外線を化学反応で吸収する「吸収剤」と、
反射・散乱させる「散乱剤」があるとご紹介しました。

「吸収剤」は、肌への刺激が強いため、
シエスタで作る日焼け止めは「散乱剤」を使うことが開発のポイントでした。

ただ難点が。
散乱剤である「酸化チタン」や「酸化亜鉛」は、肌への負担は少ないのですが、
白浮きしやすかったり、金属の独特なにおいがあります。

実は最初の試作品は、酸化チタンを使ったのですが、
使っていて「うーーーん」という残念な気持ちに。

色々と調べる中、出会ったのが「酸化セリウム」という新しいタイプの紫外線散乱剤でした。

酸化セリウムは、嬉しい特徴がいくつもある成分!!
・透明なのでつけたあと、白くならない
・水溶性なので、強いクレンジング剤不使用!石鹸で落ちる♪

さらに、肌に対して低刺激となるよう、酸化セリウムをプラチナでコーティングしたよりよいものを配合しました。

とても小さな球状の粒子になるので、透明感があって、光を散乱しても白浮きせず、肌が明るく見える効果があります。

試作をすると、敏感肌の私も使いやすい使用感で、これだ!と思いました。

さらに美容効果のある植物エキスを加え、
使っていて嬉しくなる「SUN PROTECT LOTION」が無事に完成しました。

ローズゼラニウムのよい香りをつけることができ、
従来の日焼け止めとはまったく違う香りの心地よさ。
お客様からも「お気に入りのお洋服や、アクセサリーを見に着けた気分」と嬉しいご感想をいただいています。

今までの日焼け止めの肌への重さ、独特のにおい、落とすときの負担感にお悩みの方は、春に向けて、ぜひお試しいただければと思います。

シエスタの日焼け止め「SUN PROTECT LOTION」、お買い求めはこちらから。

「SUN PROTECT LOTION」は、SPF17相当、PA++相当となっています。
もしかするとこの数値に物足りなさを感じる方もいらっしゃるのでは?!
次回、第4回目は「SPF、PAってどれぐらいの値のものがいいの?」(3/22更新予定)というタイトルでご紹介したいと思います!!

【定番アイテムご紹介コラム -SUN PROTECT LOTION編-】
ラクチンお手入れ~紫外線対策どうしてますか?(2018/3/2)
毎日つけたいUVローション♪(2018/3/15)
私にもできた!こまめなUVケア(2018/3/29)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)