【暮らしのコラム】夢がかなう手帳。

いつも持ち歩くバッグの中に、必ず入っているのは『手帳とペンケース』。
仕事の予定、プライベートの予定がすべてこの中に詰まっていて、
うっかり忘れてしまうと、今日は何をするんだっけ…と途方に暮れてしまいます。

手帳も、どういうタイプが使いやすいか、高校生の頃から探し求めてきました。
マンスリータイプを使ったり、
ほぼ日手帳のような日ごとのものを使ったり、
ウィークリータイプは、時間が縦軸・横軸のものを使い比べてみたり。
それはそれは、色々なタイプのものを使ってきました。
間違いなく、手帳ジプシーだったわたし…(笑)

そんな私が昨年出会ったのが、「逆算手帳」。
やっぱり去年の今頃、手帳を探し始め、時間管理やtodoリストを書くだけではなく、
40歳からの楽しい未来を作りたいなと思い、探しついたのがこの手帳です。

中を開くと…
やりたいことを100個書くページがあったり、
ライフビジョンを描くページがあったり、楽しい!!

元々新年に、「やりたいこと」を名刺サイズのカードに書いてファイリングをしていたので、
それが手帳に変わり、常に持ち歩けることで、自分のがんばりの素になりました。

文字にするときは無謀な夢で恥ずかしい、誰にも見せられない…と思うことが多いのですが、
想いが見える形になることで、不思議と夢がかなう気がするのです。

1年使った「逆算手帳」。
とても使いやすかったので、
来年もこの手帳を使うことにしました。

SYSTEMICというノートカバーに、手帳とノートをセット。
(このノートカバーがまた使いやすくお気に入りです)

まずは100個のリストを次の週末に書くことにしています。
黙々と書いていると、自分が想像もしなかったやりたかったことがうまれてきて、面白いんです。

来年のシエスタの愉しみの種も、
自分とゆっくり向き合うことで見つけたいなと思っています!!

ちなみに…2019年の手帳のやりたいことリスト1番目には、「キャンプをする!」と書いています。
インドア派の私がキャンプをやりたいなんて…人って変わるものだなぁと思ってしまいます。

みなさんの、来年のワクワクする楽しみはなんですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)