【限定】フレッシュライムの石鹸(3/6発売)

いよいよ3月がはじまりましたね。

今月の限定石鹸は、ヘンプシードオイルを配合したフレッシュライムの石鹸です。

洗い上がりは、お肌に潤いのヴェールをまとったようなしっとりとした使い心地。また、ワクワクする春の気持ちを後押ししてくれる、搾りたてのライムような爽やかな香りをお楽しみいただけます。

冬から春への移り変わりは、気候や環境の変化でお肌にも影響が出やすくなり、いつのまにか吹き出物が出来たり、かさついたりと、肌トラブルが起こりやすく、そうした肌状態を『ゆらぎ肌』と呼びます。

そんな春の『ゆらぎ肌』には、心身のバランスを整え、お肌に潤いを保って良い状態をキープすることが大切です。

そのために『ヘンプシードオイル』をブレンドした特別な石鹸をご用意しました。

ヘンプシードとは『麻の実』のこと。この麻の実、実は意外と身近にあるものなんです。七味唐辛子の中に含まれているちょっと大きめの粒も麻の実です。

この実から採れるヘンプシードオイルには、アミノ酸のリノール酸、αリノレン酸、またアトピーに有効とされるγリノレン酸がバランス良く含まれています。肌表面の水分を保ち、潤いバリアを強化してくれると言われる頼もしいオイル。肌や髪にすばやく浸透する保湿力の高い美容成分として注目されています。

石鹸に、ヘンプシードオイル(アサ種子油)を配合することにより、すっきりと泡切れが良く、洗い上がりのお肌は一枚潤いのヴェールをまとったようにしっとり。春先のゆらぎやすいお肌の皮脂バランスを整えてくれます。

また、ストレスを緩和してくれるフレッシュなライムの香り。

ライムの香りには、柑橘の中でもほんのりした苦みと、シャープな爽やかさがあります。気持ちをしゃきっと元気づけるだけでなく、お肌の皮脂バランスも整えてくれるので、春先のゆらぎやすいお肌にぴったり。

さらに、ライム同様、皮脂バランスを整え、お肌を清潔に保つレモンのような香りのリツェアクベバ精油も加え、泡立てると爽やかな香りが広がります。

また隠し味として加えたフランキンセンスやパチョリが、ほんのりお肌に残り、香りが持続するスペシャルなレシピです。

ライムとともにブレンドしたリツェアクベバ精油は、アオモジという木の実から採れます。香り高い枝は、日本では古くから楊枝の材料としても使われています。

木の実から採れた精油は、レモンに似た、甘酸っぱいフレッシュな香りで、石鹸や香水、デオドラント剤の成分に使われています。ココロとカラダに元気を与えてくれる精油です。

爽やかでありながら、どこか落ち着きをまった香りは、虜になる方が多く、このフレッシュライムのブレンドは今までも作るたび大人気!

1個使った後、もうひとつ…とリピートしてくださる方が多い石鹸です。

フレッシュなライムの香りと優しい潤いに包まれてみませんか?

3月の『フレッシュライムのシリーズ』は、石鹸、スキンクリーム、バスソルト、ボディオイルをご用意しました。石鹸以外の商品はまた改めてブログでご紹介させていただきます。

発売は、3月6日(水)からとなります!

・直営店Siesta Labo.  3月6日(水)11:00~
・オンラインショップ 3月6日(水)21:00~

春のゆらぎ肌対策に、ぜひお試しください!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)