【リニューアル】熟練製造スタッフが作る石鹸たち

2019年4月1日からリニューアルする定番石鹸。
直営店シエスタラボ奥の窓から見える工房では、新しい石鹸が一つひとつ丁寧に仕上げられています。

新しい石鹸を紹介するブログの取材で、原料とレシピが変わる「ラベンダー石鹸」「白樺石鹸」の製造風景や、新しいデザインのスタンプを押している様子など、いろいろな作業を見学させてもらうと…

そこには、製造専任のスタッフでなければできない作業がたくさん!
サボンデシエスタの製品は、彼女たちがいないと始まりません!

■製造スタッフの熟練の技をご覧ください!

直営店シエスタラボの奥にある工房で一つずつ丁寧に作られている石鹸たち。
約1カ月の熟成が終わると、専用のワイヤーカッターでカットします。
すうっと綺麗に切れる様子は見ていて気持ちが良いです。
体験してみると、ワイヤーを下すのに、思ったより力が必要で、指がプルプルしてしまいました…

次に、スタンプを押し、石鹸の角や表面を磨きます。

そして、一つずつ、真空包装をかけます。ここからまだ作業はあります!

包装を体験させてもらいましたが、店頭に並べたときに文字やイラストの位置がバラバラにならないようにしなきゃ、これがお客様の手元に届くんだと思うと緊張…!1つ包むのに何分かかったことか…(汗)

きれいに包装できた!と思っても、製造スタッフの厳しい目は文字位置がわずかに上下しているズレを見逃しませんでした。

厳しいチェックの元、石鹸はお客様のお手元に届きます。

上の写真は、熟練スタッフの包装の様子。動画でお届けするともっとわかりやすいのですが、位置を決め、ぴっちり、ぴっちりと角を決め折り進めていきます。

1つの石鹸の包装完成まで、なんと30秒足らず!

「包装するときは、お客様が手に取ったときに見た目がきれいで、贈り物にしても心地よく受け取ってもらえるよう、気をつけています。また、石鹸は気温や天候、季節に関わらず、一定のクオリティを保つように日々管理を怠らないようにしています。」と製造スタッフ。

このようにして作られる石鹸製造の様子は、直営店シエスタラボの奥の工房の窓からご覧いただけます。

その日に何を作っているかは黒板をご覧くださいね。

窓からのぞくと、、、

このように製造作業の様子をご覧いただけます。

石鹸を包装している日もあります。この時は、手元の速さに注目です!

新しい定番石鹸は、試作を含め半年以上前から準備を進めてきました。
いよいよ2019年4月1日から販売を開始します!

直営店シエスタラボには、4月1日11時から、新定番石鹸が並びます。

オンラインショップでは、定番石鹸の販売ページは、2019年4月1日0:00~10:59に一旦クローズいたします。リニューアルした定番石鹸の販売ページは、4月1日11:00より公開(発売)となります。

どうぞお楽しみに!!

 

★関連情報のリンクまとめ★
▼【特集】2019年4月1日、定番石鹸がリニューアルします!

1. 定番石鹸の価格、パッケージ、ココが変わります!(2019年4月1日~)
2. 新しいラベンダー石鹸のこだわりポイント!
3.白樺石鹸に北海道産のはちみつを配合します!
4.熟練製造スタッフが作る石鹸たち
5.店頭に並びました!ちょっぴり華やかに、よりシエスタらしく定番石鹸リニューアル!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)