【企画展】シャツを着こなすコツ!お教えします!!

ホーチュニアコダータさんのシャツをご紹介する展も、
今日が前半の最終日。
毎日たくさんの方にお立ち寄りいただいています。
本当にありがとうございます!!

私自身、もう3年ほど愛用しているスタンドカラーのシャツ。
こんなに自分にぴたりと合うシャツには、出会ったことがありませんでした。
なぜそんなにぴたりと合うのか…
それは、あることを教えて頂いたから…

今日はそれをみなさんにご紹介したいなと思います。

私ごとですが、コンマリさんの「Kon Mari~人生がときめく片づけの魔法~ 」を見て影響を受け(笑)、最近クローゼットを見直す機会がありました。

何年も着ていなかった服を整理し、スッキリとした気持ちのいいクローゼット。

普段愛用するお洋服も、シエスタラボで個展を開いてくださる作家さんのものが多いのですが、
気がつくと、私がもう3年ほど愛用しているホーチュニアコダータさんのシャツが、
ワードローブの中心にあることに気がつきました。

 

mukuのワンピースに合わせたり、drop aroundのサロペットにあわせたり。
シャツをメインに、曽田耕さんのバッグをアクセントに添えたり…
夏はChappoの帽子も加えて…
どの方の作品ともしっくりなじみ、本当に大活躍で愛してやまない1枚。

たくさんのシャツがあるのに、なんでこんなにこのシャツが活躍するのか…?

展示会初日にデザイナーの中臣さんがお話くださったひと言で謎が解けました!!

「年齢を重ね、シャツが似合わなくなっていると感じている人も、
 少しの事で似合うようになるんです。 それは袖の長さを合わせること。」

メンズのシャツでは袖丈のお直しは、普通の事ですが、
レディスのブランドではお直しをする、ということがなかなかありません。

実は、私も袖丈を短くしてもらったのです。

同じ形のシャツを着ているのですが、右が元々の長さ。
左が私に合わせて直してもらったもの。

153センチと小柄なこともあり、元々の袖はどうしても長かったのです。
それを自分サイズに合わせて、お直しをしてもらうと…
スッキリ感が、全然違うのがお分かりいただけますでしょうか?

仕事の時は、必ず腕時計をするので、シャツがかからない長さにしてもらったことで、
普段も使いやすく、ちょっと今日はお出かけ気分で♪とブレスレットをつけても綺麗に映えるんです。

今回の展示でも別途お直し料がかかりますが、お直しを承っております。
ご希望の方はスタッフまでお気軽にお声がけくださいね。

小さなことですが、長く愛用する1枚にするための大きなコツ!
シャツをデザインするだけではなく、着る人に寄り添うように手を差し伸べてくれる。
ホーチュニアコダータは、デザイナー中臣美香さんの優しさを感じるブランド。
大好きな理由は、デザインや着心地だけではなく、
優しさにもあるのかもしれません。

明日25日は定休日となります。
後半週もぜひみなさまのお立ち寄りをお待ちしております。

◆企画展「Houttuynia cordata 初夏の爽やかなシャツ展」

期間 2019年6月19日(水)~7月1日(月)
※6月25日(火)は定休日
場所 シエスタラボ
札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F
営業時間 月曜日~金曜日 12:00~19:00
土曜日・日曜日 11:00~19:00
※営業時間が変則的になっております。ご注意ください

本展に関するほかのブログは、こちらからぜひチェックしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)